ダンフリースは移籍濃厚から一転インテル残留へ? 現在までに正式オファーはなしか

2022.07.04 18:05 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
インテル退団が囁かれてきたオランダ代表DFデンゼル・ダンフリース(26)は、徐々に残留の線が濃くなっているようだ。

ダンフリースは昨夏に母国のPSVからインテルへと加入し、公式戦45試合5得点7アシストを記録。序盤戦こそやや苦戦も、チームにフィットし始めた秋以降は右ウィングバックの主力としてプレーし、スーペル・コッパ、コッパ・イタリアの制覇にも大きく貢献した。

しかし、インテルの財政難は依然として深刻であり、何人かの主力選手の売却を検討。ダンフリースもバイエルンやマンチェスター・ユナイテッドなどへの売却を進めていると伝えられてきたが、移籍濃厚とみられてきた風向きは徐々に変化しているようだ。

イタリア『カルチョ・メルカート』によると、ダンフリースに対する複数クラブからの関心は確かに存在するものの、インテルは未だ正式オファーの提示を受けていないとのことだ。

クラブとしては、ダンフリースを売りに出しているものの、選手本人は引き続きインテルでのプレーを希望しており、シモーネ・インザーギ監督も残留させたい意向とのこと。インテル残留の可能性が高まったと考えられている。

インテルはカリアリから右サイドバックを主戦場とするU-21イタリア代表DFラウル・ベッラノーバ(22)の獲得が近づいており、5日にもメディカルチェックを受ける予定。当初、ベッラノーバはダンフリースの後釜として加入するのではないかとみられていたが、ダンフリースの状況が変化していることから、現在では両選手による定位置争いも視野に入れた補強と目されているようだ。

関連ニュース
thumb

執念で劇的勝利のインテル、指揮官が積極采配を振り返る 「我々には4人のストライカーがいる」

インテルのシモーネ・インザーギ監督が今季のセリエA開幕戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 インテルは13日にレッチェとのアウェイゲームに臨み、1-2で勝利を収めた。試合は開始早々の2分、チェルシーから2季ぶりに復帰したベルギー代表FWロメル・ルカクが先制点をゲットし、この上ない滑り出し。だが、48分には同点とされてしまう。 インザーギ監督は新加入の元アルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンやボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコなどのアタッカーを投入して勝ち越しを目指すも、なかなかネットを揺らせない。だが、途中出場のオランダ代表DFデンゼル・ダンフリースがドローも覚悟した90+5分に決勝点を挙げ、昇格組相手になんとか白星をもぎ取った。 試合後、インザーギ監督は「我々は95分に勝利を掴み、選手たちは優れたメンタリティを持っていることを証明した。良い形でゲームに入り、30分間は素晴らしいプレーをしたが、少し緊張していたね」と振り返り、選手たちを称えた。 決勝点を呼び込んだ積極采配についても言及。複数FWの同時起用に手応えを感じたようだ。 「我々には4人のストライカーがいる。試合の最後には全員がピッチにいたね。ジェコとルカクの同時起用だって可能だ。今日の試合は結果的にこのオプションが重要だった。レッチェのセンターバックに対して彼ら2人を対峙させ、その背後にラウタロ(・マルティネス)を置いた」 また、今夏に賛否があるなかで復帰し、いきなり結果を残したルカクについて問われると、「ロメルはとても元気だ。彼は懸命にプレーしており、大きな意欲を示している。本当に嬉しいことだ。多くのゴールを決めてくれると確信しているよ」と語り、今後のさらなる活躍にも太鼓判を押した。 スクデット奪還を目指して白星スタートを切ったインテル。20日の第2節ではスペツィアと対戦する。 2022.08.14 19:03 Sun
twitterfacebook
thumb

猛攻実ったインテル、後半ATの勝ち越し弾で劇的白星スタート《セリエA》

インテルは13日、セリエA開幕節でレッチェとのアウェイ戦に臨み、2-1で競り勝った。 昨季はミランとの熾烈なスクデット争いの末、惜しくも連覇を逃したインテルは、チェルシーから復帰のルカクが先発。ラウタロ・マルティネスと2トップを形成した。 3季ぶりにセリエAに昇格したレッチェに対し、インテルは開始2分に先制する。 左サイドからディマルコが上げたクロスをファーサイドのダルミアンがヘッドで折り返し、最後はルカクが頭で押し込んだ。 先制後もインテルが敵陣でのプレーを続ける中、球際の激しい攻防が続く。 やや荒れ模様の展開となった中、インテルが1点をリードしたまま前半を終えた。 しかし迎えた後半開始3分、ディ・フランチェスコとのパス交換からシーセイに決められ、試合を振り出しに戻されてしまった。 流れの悪いインテルは57分、ブロゾビッチに代えてムヒタリアンをインサイドMFの位置に投入、アンカーにはチャルハノールが下がった。 61分には逆転のピンチを迎えるも、ビストロビッチの直接FKはGKハンダノビッチが好守で阻止した。 守護神に救われたインテルはチャルハノールに代えてジェコを、ダルミアンに代えてダンフリースを投入。すると69分に勝ち越しのチャンス。CKの流れからディマルコの左クロスをファーサイドのダンフリースがヘッド。しかしシュートは左ポストに直撃した。 さらに71分、バストーニのアーリークロスをラウタロがヘッド。だが、枠の右に外してしまった。あと一歩でゴールが生まれないインテルは78分、左CKからデ・フライがヘッド。しかし、ここはGKファルコーネの好守に阻まれてしまう。 終盤にかけても猛攻をかけたインテルはラストプレーで勝ち越す。追加タイム5分、右CKをラウタロがヘッドで合わせ、ゴール前のダンフリースが身体ごと押し込んだ。 これが決勝点となってインテルが劇的な白星スタートとしている。 2022.08.14 05:49 Sun
twitterfacebook
thumb

【セリエA・シーズンプレビュー】ルカク復帰のインテルが本命、積極補強のユーベが対抗

2022-23シーズンのセリエAが13日に開幕する。昨季はミランがインテルとの熾烈なスクデット争いの末、11季ぶりに優勝を果たした。迎える新シーズン、覇権奪還を目論むインテルを本命、2季連続不本意なシーズンを送ったユベントスを対抗に推したい。 ◆ルカク復帰で覇権奪還へ~インテル~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20220811_2_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 昨季はミランとのデッドヒートの末、後一歩で連覇に届かなかったインテル。ただ、主砲のFWルカクが移籍し、コンテ監督が退任となった中、大健闘のシーズンだったとも言える。そのインテルは新シーズンに向けてチェルシーで不発に終わったルカクが復帰。これ以上ない戦力が戻り、年々進化を遂げるFWラウタロ・マルティネスとのコンビで優勝したシーズンのような破壊力が復活するはずだ。 守備面に関しては相変わらずの安定感を誇る守護神のハンダノビッチが健在。仮に離脱したとしても控えにGKオナナを獲得と隙がない。そして財政難により放出が噂されたDFシュクリニアル、DFダンフリース、DFデ・フライらが揃って残留濃厚な情勢と、S・インザーギ監督にとっては好ましい状況だ。現状の戦力を維持できれば、スクデットの本命で間違いないだろう。 ◆積極補強で4季ぶり王座奪還へ~ユベントス~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20220811_2_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 昨季はアッレグリ監督が復帰し、少なくとも優勝争いをすることが予想されたが、甘くはなかった。FWロナウドが去った前線は得点力不足に陥り、1月にFWヴラホビッチが加入するまで攻撃の形が見えない程だった。何とか4位に滑り込んでチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得し、体裁を保っただけのシーズンとなった。 そのユベントスは新シーズンに向けてFWディ・マリア、MFポグバ、MFコスティッチ、DFブレメルと好タレントを各ポジションに迎え入れた。FWディバラとDFデ・リフトの両主力がクラブを去ったが、戦力は増した印象だ。とりわけプレシーズンを見る限り、ディ・マリアの加入が大きそうだ。34歳となったアルゼンチン代表FWだが依然としてキレがあり、ボールを持った際の選択肢の豊富さはディバラを上回り、攻撃のバリエーションが増えそうだ。心配なのはケガがちなポグバだ。彼がユナイテッド時代同様にケガに悩まされ続けるようだとインテルの背中は遠のくばかりだ。 ◆ベルギーの至宝一本釣り~ミラン~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20220811_2_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> フロントの的確な補強、ピオリ監督の手腕で11季ぶり優勝を遂げたミランも優勝候補の一角だ。主力ではMFケシエとDFロマニョーリが契約満了で旅立ったが、大半の主力が残留しており、戦力は維持されている。得点力不足の前線にはFWオリジが加入したが、まだまだ粗削りな印象の27歳はイタリアの地で覚醒となるか。 そして何より楽しみなのが至宝MFデ・ケテラエルの加入だ。次世代のベルギー代表の中軸を担うことが期待される21歳は、ゴールとアシストでチームを勝利に導ける、かつてのレジェンドであるカカのような存在。トップ下の人材が定まらないミランとしては打ってつけのタレントと言えそうだ。昨季露呈した脆弱な攻撃陣をどれだけこの若武者が牽引できるか、ミランの命運を握っている。 ◆欧州王者が3強に続くか~ローマ~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20220811_2_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ミラノ勢、ユベントスに次ぐ存在が昨季ヨーロッパ・カンファレンスリーグ初代王者となったローマになるだろう。ユベントス退団となったディバラを迎え、モウリーニョ監督の愛弟子であるMFマティッチを獲得。それに留まらずMFワイナルドゥムまで獲得とセンターラインを強化。仮にFWベロッティまで加われば各セクションの充実ぶりは上記の3強に匹敵する。移籍が噂されたMFザニオーロも残留濃厚で攻撃陣は十分。モウリーニョ監督の戦術が浸透して鉄壁の守備が築かれれば、CL出場権獲得は難しくないタスク。あわよくばスクデット争いに絡んでいきたい。 ◆戦力維持で迎えるサッリ体制2季目~ラツィオ~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20220811_2_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> サッリ体制2季目のラツィオは戦力維持に成功している。新加入はDFロマニョーリとMFベシーノと計算の立つ実力者だ。スクデット争いに絡むには戦力不足かもしれないが、CL出場権争いには確実に絡んでくるだろう。サッリ監督の戦術がさらに浸透することが予想され、上位に食い込んでくることは間違いなさそうだ。 ◆攻守の要流出…~ナポリ~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20220811_2_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 昨季はスクデットが狙える陣容だったが、財政難によりクラブの象徴だったFWインシーニェ、DFクリバリ、FWメルテンスがクラブを去った。代役として獲得したのはセリエA未経験のMFクワラツヘリア、DFキム・ミンジェと不安が大きい。CL出場権を確保できれば十分なシーズンか。 ◆リーグ戦一本の強み~アタランタ~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20220811_2_tw8.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 上位に居ることが定着したプロビンチャの雄アタランタは静かな夏を過ごしている。目立った補強はせず、主力の流出もない。FWムリエルに移籍の噂があるが、残留すればCL出場返り咲きを狙える戦力を擁しているものと思われる。何より今季は欧州の大会に出場しないため、セリエAだけに集中できる状況。名将ガスペリーニ監督も続投しており大崩れはしないだろう。 2022.08.12 19:00 Fri
twitterfacebook
thumb

日本人選手もモデルに起用!インテルが世界地図を描いたアウェイユニを発表

インテルとサプライヤーのナイキは11日、2022-23シーズンのアウェイユニフォームを発表した。 新ユニフォームは、昨シーズン同様に白をベースにしつつ、水色で世界地図が描かれており、クラブの世界での存在感を表現している。 世界地図は、左胸に配置されたクラブエンブレムの真下にイタリアのミラノが来るようにデザインされている。また、左胸のエンブレムは本来の黒と青ではなく、ユニフォームと同様に白と水色で構成されたものを黒で囲んだカラーリングになっている。 そして、ショーツとソックスに関しては白が基調だ。 モデルにはサッスオーロから加入しインテル史上初の日本人女子選手となったMF三橋眞奈も起用。このユニフォームは、アメリカ遠征に出ているインテル女子の試合で早速着用される。 <span class="paragraph-title">【写真】三橋眞奈もモデルに起用!世界地図が描かれたインテルのアウェイユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/ChHXdrzIx5X/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/ChHXdrzIx5X/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/ChHXdrzIx5X/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Inter(@inter)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.08.12 11:30 Fri
twitterfacebook
thumb

サッスオーロ、インテルのイタリア代表FWピナモンティを買い取り義務付きのレンタルで獲得

サッスオーロは11日、インテルからイタリア代表FWアンドレア・ピナモンティ(23)を買い取り義務付きのレンタル移籍で獲得した。 なお、買い取り後は2027年6月30日までの契約を結ぶとのことだ。また『フットボール・イタリア』によれば、移籍金は2000万ユーロ(約27億4500万円)程度になるとのことだ。 ピナモンティはインテル下部組織出身のストライカー。フロジノーネやジェノアへのレンタル移籍を経て、昨季はエンポリで1年間プレー。セリエA36試合に出場し、13得点2アシストを記録した。 今夏に一度インテルへ復帰したピナモンティだが、クラブは売却を既定路線としており、アタランタや昇格組モンツァやサレルニターナなどが獲得に名乗りを挙げていた。 2022.08.12 07:20 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly