インテルのイタリア代表MFセンシ、吉田麻也にも興味のモンツァにレンタル移籍

2022.07.02 20:22 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエAに昇格したモンツァは2日、インテルからイタリア代表MFステファノ・センシ(26)をレンタル移籍で獲得することを発表した。

センシは2023年6月30日までの1年間のレンタル移籍となる。

チェゼーナのアカデミーで育ったセンシは、サンマリノ、サッスオーロでプレー。2019年7月にインテルへとレンタル移籍すると2020年9月に完全移籍していた。

インテルでは公式戦52試合に出場し4ゴール4アシストを記録すると、今年1月からはサンプドリアにレンタル移籍。サンプドリアでは公式戦11試合に出場し1ゴールを記録していた。

セリエAでは111試合で9ゴール9アシストを記録しているセンシ。イタリア代表としても9試合で3ゴールを記録しており、クラブ史上初のセリエA挑戦となるモンツァにとっては貴重な戦力となる。

モンツァは元イタリア代表DFアンドレア・ラノッキア、イタリア代表GKアレッシオ・クラーニョ、U-21イタリア代表DFアンドレア・カルボーニをすでに獲得しており、4人目の補強に。日本代表DF吉田麻也の獲得にも興味を示している。

関連ニュース
thumb

PSGで構想外のイカルディ…行き場を失いつつある29歳の元得点王はセリエA復帰か

パリ・サンジェルマン(PSG)の元アルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ(29)は去就が見通せない状況が続きそうだ。 かつてインテルで2度のセリエA得点王に輝き、2019年夏からPSGでプレーするイカルディ。しかし、昨季までの3年間でリーグ・アン通算23得点にとどまるなど、イタリア時代の得点力を発揮しているとは言い難い。 また、最近は妻であるワンダ・ナラ氏との離婚報道が出た他、クリストフ・ガルティエ監督から「場所を変えれば、キャリアの軌道を戻せる」と移籍を勧めるコメントを発せられるなど、心穏やかでない日々が続いている。 イタリア『トゥットスポルト』によると、イカルディはすでにPSGで構想外となっており、チーム練習に参加できていないとのこと。今夏中に新天地を探したいところだが、最もイカルディに熱視線を浴びせていたと報じられたモンツァは、12日にナポリから元イタリア代表FWアンドレア・ペターニャの獲得を発表。念願の新たなストライカーを確保した。 それでもモンツァ行きの可能性は残されているようだが、イカルディのPSGでの年俸は1000万ユーロ(約13億7000万円)と目されており、同等の額を求めているとすれば新天地選びはこの先も困難を極めるかもしれない。 2022.08.12 21:29 Fri
twitterfacebook
thumb

初セリエAのモンツァ、ナポリから元伊代表FWペターニャも獲得!

モンツァは12日、ナポリから元イタリア代表FWアンドレア・ペターニャ(27)の獲得を発表した。契約は1年間のレンタルだが、一定条件を満たすと買取義務が発生するという。 ミラン出身のペターニャはイタリアの複数クラブを渡り歩き、2020-21シーズンからナポリでプレー。アタランタ時代の2017年3月にイタリア代表デビューにも漕ぎ着けた実力者は途中出場も多かったが、通算68試合出場で9得点8アシストだった。 そうした迎えた今夏、クラブ初のセリエA参戦に向けて積極補強を敢行しているモンツァにペターニャ獲りの噂。MFステファノ・センシら実力者を次々と集め、つい先日にもDFパブロ・マリの加入を発表したなか、ペターニャ獲得にも成功した。 なお、イタリア『スカイ』によると、レンタル料は250万ユーロ(約3億4000万円)。買い取り金額は1000万ユーロ(約13億7000万円)で、150万ユーロ(約2億円)のボーナスも盛り込まれた契約の模様だ。 2022.08.12 19:35 Fri
twitterfacebook
thumb

セリエA初昇格のモンツァに今夏12人目の新戦力! アーセナルDFパブロ・マリを獲得

モンツァは11日、アーセナルからスペイン人DFパブロ・マリ(28)を1年間のレンタル移籍で獲得した。なお、今回の契約では一定の条件を満たした場合、買い取り義務が生じるとのことだ。 かつてはマンチェスター・シティに在籍し、2020年1月にフラメンゴからレンタルでアーセナルに加入したマリ。同年6月に買い取りオプションが行使され完全移籍に至ったが、2020-21シーズンは前年度から持ち越した足首のケガで合流が遅れると、その後もレギュラーに定着できずにいた。 昨季はアーセナルで3試合の出場にとどまっていた中、今年1月にウディネーゼにレンタル移籍。ウディネーゼでは、レギュラーとしてセリエA15試合に出場し2ゴールを記録していた。 積極補強を敢行しているモンツァでは今夏、クラブ初のセリエAに向けてMFステファノ・センシをはじめ、MFマッテオ・ペッシーナ、FWジャンルカ・カプラーリらイタリア代表歴のある実力者が次々と加入している。 2022.08.12 06:50 Fri
twitterfacebook
thumb

ナポリがジョバンニ・シメオネの獲得決定的に!

ナポリが、エラス・ヴェローナのアルゼンチン代表FWジョバンニ・シメオネ(26)獲得を決定的なモノとした。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏らが報じている。 ロマーノ氏によると、今夏の移籍市場で国内外のクラブの関心を集めてきたシメオネだが、ナポリ行きが迫っているという。 両クラブは1200万ユーロ(約16億4000万円)の買い取りオプションを契約に盛り込んだ、350万ユーロ(約4億7800万円)の有償レンタルという条件で合意。シメオネ自身はナポリが買い取りオプションを行使した場合、2027年までの5年契約を結ぶ模様だ。 アトレティコ・マドリーの指揮官であるディエゴ・シメオネ監督の長男としても広く知られるジョバンニ・シメオネは、2016年8月にリーベル・プレートからジェノアに加入。イタリアでのキャリアをスタート。これまでセリエAの4クラブに在籍し、全てのクラブで2桁得点を記録するなど、ストライカーとしての高い能力を発揮してきた。 昨シーズンはカリアリからヴェローナに買い取りオプションつきの1年レンタルで加入し、リーグ戦36試合17得点6アシストとキャリアハイの活躍を披露した。 なお、シメオネの獲得に成功したナポリは、元イタリア代表FWアンドレア・ペターニャ(27)をモンツァに買い取り義務付きのレンタル移籍で放出する見込みだ。 2022.08.11 23:14 Thu
twitterfacebook
thumb

アーセナルDFパブロ・マリがセリエA初昇格のモンツァへ!

アーセナルのスペイン人DFパブロ・マリ(28)のモンツァ移籍がまもなく決まるようだ。イタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が報じている。 昨シーズン後半をウディネーゼで過ごしたパブロ・マリ。主力としてセリエA15試合に出場する活躍を披露し、今夏にクラブは買い取りに動いていた。 だが、条件面でアーセナルと折り合いがつかずにいると、モンツァが獲得に名乗り。アドリアーノ・ガリアーニ副会長が直々にアーセナルに連絡を取り、合意に漕ぎつけたようだ。 伝えられるところによれば、移籍形態は1年間のレンタル移籍。モンツァがセリエA残留に成功した場合、買い取り義務が発生する条項がポイントとなっている。 なお、モンツァでは今夏、クラブ初のセリエAに向けてMFステファノ・センシをはじめ、MFマッテオ・ペッシーナ、FWジャンルカ・カプラーリらイタリア代表歴のある実力者が次々と加入している。 2022.08.10 17:46 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly