EL出場のナントがフランス代表MFムサ・シソコ獲得でワトフォードと合意、2年契約

2022.07.01 21:27 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ナントは1日、ワトフォードのフランス代表MFムサ・シソコ(32)を完全移籍で獲得することを発表した。

契約期間は2024年6月までの2年間となる。

シソコはトゥールーズの下部組織出身で、2007年7月にファーストチームに昇格。2013年1月にニューカッスルへと完全移籍。その後、2016年8月にトッテナムへと完全移籍。2021年8月にワトフォードへと加入した。
これまでプレミアリーグでは295試合に出場し16ゴール26アシストを記録。今シーズンのワトフォードではキャプテンを務めており、プレミアリーグで36試合に出場し2ゴール 1アシストを記録していた。

また、フランス代表としても71試合に出場し2ゴールを記録。優勝したロシア・ワールドカップにはメンバー入りしなかったが、準優勝のユーロ2016や昨夏のユーロ2020には招集されていた。

ナントはリーグ・アンを9位で終えたものの、クープ・ドゥ・フランスで21年ぶりに優勝を達成。これにより、ヨーロッパリーグ(EL)の出場権を獲得していた。

シソコが今夏最初の補強に。背番号は「17」をつける。

関連ニュース
thumb

ムサ・シソコが英『サン』の報道を完全否定で法的措置準備! 光熱費1000万円以上未払いとの報道受け

ナントに所属する元フランス代表MFムサ・シソコが光熱費を滞納し、エネルギー会社から裁判を起こされたというイギリス『サン』の報道を完全に否定した。 昨季までニューカッスルやトッテナム、ワトフォードと、イングランドで約10年間過ごしたシソコ。今夏にナントに移籍し母国へ帰還した。 その元フランス代表MFに関して『サン』は、ロンドンのメイフェアの住居に居住していた際の光熱費6万1700ポンド(約1000万円)を滞納し、『Yu Energy』社から未払い分の支払いを求めて裁判を起こされたと報道した。 この報道を受け、シソコは自身の公式ツイッターを通じて『サン』の報道を完全に否定。名誉棄損での法的措置を検討していることを明かした。 「『ザ・サン』、あなた方は私に関係のないことで私の名前と画像を使用した。あなた方は自分たちの情報を適切に確認していない。これは私と私の家族に個人的な損害を与えている」 「同名の人物を使って、私の名前で部数を売るつもりだったのか? オーケー、私はあなた方に対して告訴を準備しており、司法がその仕事を果たしてくれるはずだ」 「話題を作るためだけに、平気で人を中傷するのはやめるべきだ。次は似非スキャンダルジャーナリストとしてもっとしっかり仕事をするべきだ」 なお、今回の一件に関して、イギリス『デイリー・メール』は、『Yu Energy』社とシソコの代理人に対してコメントを求めているという。 2022.10.27 22:37 Thu
twitterfacebook
thumb

元スパーズのムサ・シソコ、光熱費未払いで1000万円以上の借金

ナントに所属するフランス代表MFムサ・シソコが、ロンドン在住時に借金を作っていたことが判明した。イギリス『サン』が伝えている。 昨季までニューカッスルやトッテナム、ワトフォードと、イングランドで約10年間過ごしたシソコ。今夏にナントに移籍し母国へ戻ったことで、もちろん住所も変更。ただ、以前住んでいたロンドンで借金をこしらえていたようだ。 ロンドンのメイフェアに300万ポンドの家を持っていたシソコだが、そこの光熱費の支払いを怠っていたようで、6万1700ポンド(約1000万円)もの未払金が発生している模様。裁判所はフランス在住の同選手を追いかけて、支払いを求めていくようだ。 また、ある関係者も「支払い責任を回避できないだろう」と話しているという。 2022.10.27 18:30 Thu
twitterfacebook
thumb

「堂安にもチャンスはあったが…」4発快勝でGS突破のフライブルク、指揮官は勝利に「我々は幸運だった」

フライブルクのクリスティアン・シュトライヒ監督が、ナント戦を振り返った。 13日、フライブルクはヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第4節でナントとアウェイで対戦した。 1週間前の前回対戦をと完勝したフライブルク。日本代表MF堂安律は、この試合も先発出場を果たす。 そのフライブルクは26分にルーカス・キューブラーが先制点を奪う。 堂安は右サイドで攻守に渡って積極的なプレー。ダイレクトシュートや、スルーパスの抜け出して決定的なシーンを迎えた中、得点機会を逸してしまう。 迎えた後半はこう着状態が続いたが、フライブルクは71分にミハエル・グレゴリッチュ、82分にケヴィン・シャーデ、87分にチョン・ウヨンが決めて、0-4で圧勝。グループステージ突破を決めた。 試合後シュトライヒ監督がコメント。前半はなかなか苦しんだとし、堂安の決定機逸を嘆くも、運が良い勝利だったとした。 「上手く試合に入ることができず、運が良い場面も2度あった。堂安にもチャンスはあったのだが…」 「0-4のスコアは、ナントのコミットメントを反映したものではなく、我々は幸運だったと考えて良い」 「我々はチームとしてプレーした。選手たちをとても誇りに思っている」 <span class="paragraph-title">【写真】堂安律がチームメイトと大量サポーターと勝利の記念撮影</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cjqo5yvt0Jd/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cjqo5yvt0Jd/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cjqo5yvt0Jd/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">堂安律/Ritsu Doan(@doanritsu)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.10.14 12:26 Fri
twitterfacebook
thumb

ナントが“ジョーカー契約”でメスDFセントンゼを獲得

ナントは22日、リーグ・ドゥ(フランス2部)のメスからフランス人DFファビアン・セントンゼ(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「28」に決定。契約期間は2027年6月30日までの5年となる。 なお、今夏のフランスの移籍市場はすでに閉幕しているが、セントンゼは“ジョーカー”選手として移籍が承認されている。 リーグ・アンとリーグ・ドゥを管轄するLFPでは、「各クラブは最初の本登録期間(夏の移籍市場)の最終日の翌日から追加登録期間(冬の移籍市場)の初日の前日まで、いわゆる“ジョーカー”プレーヤーを加入させることができる」という規則があり、特定の条件を満たした場合、各クラブにフリートランスファーを除く、選手1名の補強が認められている。 その大まかな条件は、獲得対象の選手がフランス国内でプレーしているというものだ。 セントンゼはエビアンでプロキャリアをスタートし、クレルモン、RCランスを経て2019年にメスへ加入。メスでは右サイドバックの主力として公式戦91試合6ゴール4アシストを記録していた。 2022.09.22 23:51 Thu
twitterfacebook
thumb

ムバッペの2ゴールなどでナントに完勝のPSGが無敗をキープ!《リーグ・アン》

パリ・サンジェルマン(PSG)は3日、リーグ・アン第6節でナントと対戦し3-0で完勝した。 無敗で首位に立つPSGが、ここまでわずか1勝のナントのホームに乗り込んだ一戦。ミッドウィークに行われたトゥールーズ戦を3-0で完勝したPSGは、その試合から先発を4人変更。ネイマールやセルヒオ・ラモス、ヌーノ・メンデスらに代えてサラビア、キンペンベ、ハキミらを先発で起用。3トップにサラビア、メッシ、ムバッペを並べた[3-4-3]の布陣で試合の臨んだ。 トロフェ・デ・シャンピオンの再戦となった試合は、PSGがボールを保持するもビルドアップの場面でボールに対し積極的なプレスをかけるナントの守備に苦戦、なかなか良い形でボールを前に運べない。 それでもPSGは18分、自陣中盤でのボール奪取からカウンターを仕掛けると、ドリブルで持ち上がったメッシのラストパスを受けたムバッペがボックス左からコントロールショットをゴール右隅に突き刺さった。 さらに25分、PSGに追い風。中盤のルーズボールに反応したヴィティーニャがファビオの危険なタックルで倒されると、ファビオにレッドカードが提示され数的優位に。しかし、このプレーで右ヒザ付近を痛めたヴィティーニャは大事をとってレナト・サンチェスと交代した。 ハーフタイムにかけては膠着状態が続いたが、PSGは45分にボックス中央でボールを受けたメッシが細かなステップで相手DFをかわしシュートまで持ち込んだが、これはアッピアーのブロックに阻まれた。 迎えた後半、PSGはベルナトを下げてメンデスを投入。すると54分、ヴェッラッティのロングパスで裏に抜け出したムバッペがボックス左から折り返しを供給。パロワにディフレクトしたボールをボックス右深くで拾ったメッシがDFの股下を抜く折り返しを入れると、最後はゴール前のムバッペが押し込んだ。 追加点を奪ったPSGは62分、ヴェラッティとムバッペを下げてセルヒオ・ラモスとネイマールをピッチに送り出すと、その6分後に3点目を奪う。68分、ボックス右深くに抜け出したハキミの折り返しをネイマールがシュート。これは左ポストを直撃したが、こぼれ球をメンデスが押し込んだ。 終盤にかけてもポゼッションでナントを圧倒したPSGが危なげなく試合をクローズ。ムバッペ、メッシの活躍光ったPSGは、チャンピオンズリーグ初戦のユベントス戦に向けて弾みをつけることに成功した。 2022.09.04 06:05 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly