ケルンがバウムガルト監督と契約延長! 就任1年目でECL出場権獲得に導く

2022.06.27 18:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ケルンは27日、ステッフェン・バウムガルト監督(50)との契約を2024年6月30日まで延長したことを発表した。

バウムガルト監督は、2017年4月からパーダーボルンを4年間指揮。その後、今シーズンからケルンの新指揮官に就任した。

昨シーズンを16位で終え、ホルシュタイン・キールとの昇格・降格プレーオフを制してギリギリでの残留を決めたチームを引き継いだ中、今シーズンは常に安定したパフォーマンスを維持。最低限のノルマである残留を早々に確定させると、7位フィニッシュでヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)出場権獲得に導いた。

その手腕が評価され、2023年までとなっていた現行契約をさらに1年延長することになった同監督は、来シーズンの目標を語っている。

「我々は、話し合いの中で比較的早くこれからも一緒にやっていこうということになった。私はケルンにいることが好きだ。いつもそれを強調してきたし、とても楽しい。そして、それこそが私にとって一番大事なことなんだ」

関連ニュース
thumb

ドルトムントがケガ人の状況を報告…主将ロイスが来週にも練習復帰か

ドルトムントを率いるエディン・テルジッチ監督が、次節のケルン戦に向けて、ケガ人の状況を語った。 ケルン戦を10月1日にに控え、29日に会見に臨んだテルジッチ監督は次のように話した。 「ケルン戦では、長期負傷中のセバスティアン・アラー、マハムド・ダフード、マテウ・モレイ、ジェイミー・バイノー=ギテンスに加え、グレゴール・コベル、 ジョバンニ・レイナ、マルコ・ロイスが欠場する」 「レイナはアメリカ代表での国際親善試合で筋肉疲労を起こし、7日から10日間の離脱となる。復帰は水曜日のセビージャ戦以降になるだろう」 また、シャルケとの“レヴィア・ダービー”で負傷したロイスについては「幸い、ロイスのケガは当初心配したほどひどくはない。来週にも少しずつチームのトレーニングに復帰できることを期待している」 2022.09.30 01:51 Fri
twitterfacebook
thumb

遠藤&伊藤フル出場のシュツットガルト、退場者出しケルンにゴールレスドロー《ブンデスリーガ》

シュツットガルトは28日、ブンデスリーガ第4節でケルンとのアウェイ戦に臨み、0-0で引き分けた。シュツットガルトのMF遠藤航とDF伊藤洋輝はフル出場している。 前節、堂安フライブルクとの日本人対決に敗れたシュツットガルトは2分け1敗スタートとなった中、遠藤と伊藤が開幕から4試合連続揃って先発となった。 1勝2分けスタートのケルンに対し、[3-5-2]で臨んだシュツットガルトは遠藤がボランチ、伊藤が左センターバックでスタート。 開始20秒、遠藤のミドルシュートで幕を開けた一戦は、シュツットガルトが良い入りを見せる。5分、CKからマヴロパノスのヘディングシュートが枠を捉えるもGKシュワーブのセーブに阻まれた。 さらに22分にも決定機。カウンターからヒューリッヒのパスを受けたムヴァンパがシュート。しかし、ここもGKシュワーブのセーブに阻止された。 良い流れが続くシュツットガルトは38分、やはりカウンターから絶好機。だが、ムヴァンパはGKとの一対一を止められ、ゴールを割ることができずに前半を終えた。 迎えた後半、開始5分にまたもムヴァンパに決定機が訪れたシュツットガルトだったが、これを決めきれずにいると、56分に退場者。ファイファーがヒューバースの足首にタックルを見舞って一発退場となった。 10人となったシュツットガルトだったが、ケルンに主導権を握られることなく時間を進めていく。 ラストプレーの追加タイム5分には大ピンチを迎えるも、ティールマンの強烈なシュートをGKミュラーがビッグセーブで凌ぎ、0-0で終了。勝ち点1を持ち帰っている。 2022.08.29 00:31 Mon
twitterfacebook
thumb

元ドイツ代表FWウートが手術へ…最低3週間の離脱か

ケルンの元ドイツ代表FWマルク・ウートが手術を受けるようだ。ケルンのスポーツディレクター(SD)を務めるクリスチャン・ケラー氏が公式会見で明かした。 ウートは7月末に行われ、PK戦までもつれたDFBポカール1回戦のヤーン・レーゲンスブルク戦にフル出場していたが、この試合で恥骨を負傷。以降の公式戦4試合を欠場していた。 23日に会見に臨んだケラーSDは、ウートの状態について「彼の問題を解決するのには手術が必要となり、すぐに復帰することはできない。3~4週間はかかるだろう」とコメントした。 ここまで1勝2分けで8位に位置するケルンは、25日にヨーロッパ・カンファレンスリーグ予選プレーオフ2ndレグでフェヘールヴァール(ハンガリー)戦を戦い、28日にブンデスリーガ第4節でシュツットガルトと対戦する。 2022.08.24 00:30 Wed
twitterfacebook
thumb

途中出場の鎌田が2戦連発もフランクフルト、ケルンに追いつかれドロー《ブンデスリーガ》

フランクフルトは21日、ブンデスリーガ第3節でケルンをホームに迎え、1-1で引き分けた。フランクフルトのMF鎌田大地は69分から出場、DF長谷部誠はベンチ入りも出場機会はなかった。 前節ヘルタ・ベルリン戦では開始早々のトラップミスで失点に絡んだものの同点弾を挙げて借りを返した鎌田。チームは試合終了間際のPK取り消しで引き分けに終わった中、鎌田はベンチスタートとなった。 1勝1分けスタートのケルンに対し、押し込む入りとしたフランクフルト。しかしシュートに持ち込むには至らず、膠着した前半はゴールレスで終了した。 迎えた後半も同様の構図で試合が進んだ中、69分に鎌田が2シャドーの一角に投入される。 すると71分、左サイド高い位置で鎌田が得たFKを自ら直接狙うと、DFの頭にかすかに当たったボールがそのままゴールに吸い込まれ、フランクフルトが先制した。 しかし82分、ティールマンに見事なボレーシュートを叩き込まれ、試合を振り出しに戻されてしまう。 勝ち越しを狙うフランクフルトは88分、鎌田のポストプレーからヤキッチが決定機なシュートを放つも、GKシュワーブの正面。7分の追加タイムでも勝ち越しゴールは生まれず1-1の引き分けに終わった。 2022.08.22 00:28 Mon
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、ケルンのエースFWモデストを完全移籍で獲得!

ドルトムントは8日、ケルンからフランス人FWアントニー・モデスト(34)を完全移籍で獲得した。契約期間は2023年6月末までで、背番号は20を着用する。 ドルトムントへの移籍を決断したモデストは、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「ケルンでは素晴らしい時間を過ごすことができた。本当に感謝しているよ。それでも僕は、チャレンジすることを決断した」 「ドルトムントからのオファーは、この年齢でチャンピオンズリーグでプレーし、最高のレベルで自分を証明するまたとない機会を与えてくれました。この機会を嬉しく思うとともに、チームとクラブ全体の成功のためにすべてを捧げることを約束するよ」 ニースでプロデビューを果たしたモデストは、その後アンジェ、ボルドー、ブラックバーン、バスティア、ホッフェンハイム、ケルン、天津権健足球倶楽部、サンテチェンヌなど数多くのクラブでプレー。昨シーズンはケルンで公式戦35試合に出場して、23ゴール4アシストを記録していた。 今夏、FWアーリング・ハーランドの後釜としてアヤックスからコートジボワール代表FWセバスティアン・アラーを獲得したドルトムントだったが、新たなエースとなるはずだったアラーに精巣腫瘍が見つかり、最低でも数カ月はチームに復帰できない見込みとなっており、穴埋めのストライカーを探していた。 2022.08.09 06:25 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly