新潟との天王山を制した横浜FCが首位返り咲き! 新監督初陣の琉球は町田に敗戦【明治安田J2第23節】

2022.06.26 21:15 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
26日、明治安田生命J2リーグ第23節の7試合が各地で行われた。

ニッパツ三ツ沢球技場では、今節最注目の横浜FCと新潟による天王山が行われた。立ち上がりからホームチームは渡邉、アウェイチームは舞行龍ジェームズがシュートを放つ白熱の展開に。徐々に新潟が敵陣でボールを回す時間が増えつつあった中、試合を動かしたのは横浜FCだった。

19分、左サイドの長谷川が右足でクロスを上げると、GKの目の前で小川が頭で合わせてネットを揺らした。

先制を許した新潟は高い支配率で試合を進めるも、なかなかゴール前でチャンスを作ることができず。38分に本間がカットインから放ったシュートはGKにキャッチされ、アディショナルタイムの松田のシュートはブロックされた。

試合を折り返すと、新潟はボックス右から鈴木がGK強襲のシュートを放つ。さらにこぼれ球を拾って二次攻撃を展開し、最後はボックス右から高木が狙うも、惜しくも枠を捉えることはできなかった。

さらに新潟は58分に決定機。左サイドからグラウンダーで入った斜めのパスをボックス松田がワンタッチで落とし、本間がダイレクトでコントロールショット。ゴール右上を捉えた完璧なコースだったが、GKブローダーセンにビッグセーブを見せつけられた。

守護神のファインプレーでリードを保った横浜FCは70分に突き放す。敵陣中央でヒールを使った巧みなコントロールを見せた長谷川からボックス右に走る渡邉へスルーパス。最後は冷静に流し込み、2点差に広げた。

その後、3点目にも迫った横浜FCが、守備でもクリーンシートのパフォーマンスで新潟に完勝。首位に返り咲いた。

フクダ電子アリーナでは千葉vs東京Vが行われた。前節に城福監督の初陣で白星を挙げた東京Vは、ミッドウィークに行われた天皇杯で川崎フロンターレ相手にジャイアントキリングを起こすなど公式戦2連勝を勢いづいていたが、この日は開始6分にFKから先制を許す苦しい展開に。

その後も失点が止まらず、37分には馬場がPKを与えて2失点目。後半立ち上がりの47分にもCKからネットを揺らされ、3-0とされる。

敗戦濃厚となるなか、後半アディショナルタイムに千葉GK新井がバスケス・バイロンとの接触の際に故意に頭を蹴られたとして逆上。相手を押し倒してしまい、一発退場となった。

千葉はすでに交代カードを使い切っていたため、GKはチャン・ミンギュが務めることに。すると、その直後のCKでンドカ・ボニフェイスにヘディングシュートを決められ失点。それでも千葉が3-1の快勝を収めている。

その他、ナチョ・フェルナンデス新監督の初陣となった琉球はホームで町田と対戦するも、0-1で敗戦。白星を飾ることはできなかった。

◆第23節
▽6月26日(日)
ジェフユナイテッド千葉 3-1 東京ヴェルディ
栃木SC 1-1 いわてグルージャ盛岡
横浜FC 2-0 アルビレックス新潟
徳島ヴォルティス 1-0 ザスパクサツ群馬
FC琉球 0-1 FC町田ゼルビア
大宮アルディージャ 0-1 ツエーゲン金沢
レノファ山口FC 2-1 ヴァンフォーレ甲府

▽6月25日(土)
ベガルタ仙台 1-1 モンテディオ山形
水戸ホーリーホック 1-1 ファジアーノ岡山
V・ファーレン長崎 0-0 ブラウブリッツ秋田
ロアッソ熊本 1-2 大分トリニータ

関連ニュース
thumb

中村俊輔が高校サッカーの応援リーダー就任! 自身は桐光学園で準優勝を経験

第101回全国高校サッカー選手権大会の応援リーダーに、横浜FCの元日本代表MF中村俊輔(44)が就任することが決定した。 中村は神奈川県の桐光学園高校出身。2度出場した経験があり、第75回大会では背番号10を背負い、チームを全国2位に導いていた。 その後、横浜マリノスに入団。イタリアのレッジーナに渡りセリエAでプレーすると、セルティックではチャンピオンズリーグ(CL)で得意とする直接FKからゴールを決めるなど、屈指のFKの名手として世界でも知られる存在に。その後エスパニョールでのプレーを経て、横浜F・マリノスへと復帰。ジュビロ磐田、そして横浜FCでプレーしている。 日本代表としても2度のワールドカップに出場するなど、98試合で24ゴールを記録している。 ◆歴代応援リーダー 第81回(2002年度):小野伸二(清水市商※) 第82回(2003年度):小野伸二 第83回(2004年度):平山相太(国見) 第84回(2005年度):大久保嘉人(国見) 第85回(2006年度):中山雅史(藤枝東) 第86回(2007年度):中澤佑二(三郷工技※) 第87回(2008年度):小笠原満男(大船渡) 第88回(2009年度):長谷部誠(藤枝東※) 第89回(2010年度):田中マルクス闘莉王(渋谷幕張) 第90回(2011年度):内田篤人(清水東※) 第91回(2012年度):遠藤保仁(鹿児島実) 第92回(2013年度):三浦知良(静岡学園中退※) 第93回(2014年度):川島永嗣(浦和東) 第94回(2015年度):柴崎岳(青森山田) 第95回(2016年度):岡崎慎司(滝川第二) 第96回(2017年度):大迫勇也(鹿児島城西) 第97回(2018年度):乾貴士(野洲) 第98回(2019年度):長友佑都(東福岡) 第99回(2020年度):内田篤人 第100回(2021年度):林大地(履正社)・前田大然(山梨学院大附※)・旗手怜央(静岡学園)・上田綺世(鹿島学園) ※は、在学中に本大会進出経験なし <span class="paragraph-title">【動画】中村俊輔が全国の高校生たちへエール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="Od5SQZZFWf8";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.08.09 19:25 Tue
twitterfacebook
thumb

J1昇格目指す横浜FCがブラジル人2名を獲得、20歳FWと21歳DF

横浜FCは8日、バイーアのブラジル人FWマルセロ・ライアン(20)が完全移籍で、ヴィトーリアのブラジル人DFマテウス・モラエス(21)が期限付き移籍で加入することを発表した。 マルセロ・ライアンはブラジルのコンフィアンサ、バイーアでプレー。カインピオナート・ブラジレイロ・セリエA(ブラジル1部)で1試合、セリエB(ブラジル2部)で3試合に出場している。なお、背番号は「31」となる。 マテウス・モラエスはヴィトーリアに所属。セリエBで23試合に出場し1得点、セリエC(ブラジル3部)で6試合に出場していた。背番号は「35」となる。 両選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆FWマルセロ・ライアン 「横浜FCファン・サポーターのみなさま。自分の人生で、この新しい挑戦にとてもモチベーションが上がっており、嬉しいです。クラブの目標そして、結果的に個人の目標に到達できるように自分の最大限を発揮したいです」 ◆DFマテウス・モラエス 「日本で伝統のある大きなクラブ横浜FCに来れてとても嬉しいです。クラブのシーズン目標を達成出来るよう、そして自分の目標も達成出来るように、自分が出来る最大限のことをしたいです」 <span class="paragraph-title">【写真】横浜FCに加入するライアンとモラエス</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">WELCOME TO YOKOHAMA FC!<br> <a href="https://t.co/BRtw9P8uTd">https://t.co/BRtw9P8uTd</a><a href="https://twitter.com/hashtag/MarceloRyan?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#MarceloRyan</a><a href="https://twitter.com/hashtag/yokohamafc?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#yokohamafc</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/J%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Jリーグ</a><a href="https://twitter.com/hashtag/JLEAGUE?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#JLEAGUE</a> <a href="https://t.co/XwerBViTvB">pic.twitter.com/XwerBViTvB</a></p>&mdash; 横浜FC【公式】 (@yokohama_fc) <a href="https://twitter.com/yokohama_fc/status/1556626288814596096?ref_src=twsrc%5Etfw">August 8, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">WELCOME TO YOKOHAMA FC!<a href="https://t.co/FchZ0yTtfN">https://t.co/FchZ0yTtfN</a><a href="https://twitter.com/hashtag/MateusMoraes?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#MateusMoraes</a><a href="https://twitter.com/hashtag/yokohamafc?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#yokohamafc</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/J%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Jリーグ</a><a href="https://twitter.com/hashtag/JLEAGUE?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#JLEAGUE</a> <a href="https://t.co/EMltP9Zpt1">pic.twitter.com/EMltP9Zpt1</a></p>&mdash; 横浜FC【公式】 (@yokohama_fc) <a href="https://twitter.com/yokohama_fc/status/1556626291725684743?ref_src=twsrc%5Etfw">August 8, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.08 22:22 Mon
twitterfacebook
thumb

横浜FCの10番、安永玲央が期限付き移籍で水戸へ!

水戸ホーリーホックは8日、横浜FCからMF安永玲央(21)の期限付き移籍加入を発表した。加入期間は2023年1月31日まで。背番号「5」をつける。 元選手の安永聡太郎氏を父に持つ安永は横浜FCユース時代の2種登録期間を経て、2019年からトップチームに正式昇格。2019年7月からカターレ富山に半年レンタルを経験後、2020シーズンに横浜FC復帰を果たした。 今季からは背番号を「10」に変更したが、明治安田生命J2リーグではここまで13試合の出場で無得点。出場しても大半が途中からで、首位を走るチームのなかで5月初旬の第14節を最後にリーグ戦で出番なしの状況だった。 期限付きながら、シーズン途中での移籍を決断した安永は両クラブを通じて次のようにコメントしている。 ◆水戸ホーリーホック 「この度、水戸ホーリーホックに移籍してきました、安永玲央です。このクラブのために自分の持っている力を全て出し、勝利に貢献できるよう日々努力します! そして、水戸ホーリーホックのファン・サポーターの皆さんに認めてもらえるように頑張ります!」 ◆横浜FC 「横浜FCファン・サポーターのみなさん。この度、水戸ホーリーホックに期限付き移籍することが決まりました。今シーズン、自分が納得いくプレーがあまりできませんでしたが、水戸に行って更に成長して帰ってきます。行ってきます! これからも応援よろしくお願いします!」 2022.08.08 11:15 Mon
twitterfacebook
thumb

大宮が首位・横浜FCを撃破し相馬体制初のホーム白星で暫定ながら降格圏脱出! 3位仙台は快勝でトップ2を射程圏に【明治安田J2第30節】

6日、明治安田生命J2リーグ第30節の8試合が各地で行われた。 首位の横浜FCはアウェイで21位・大宮アルディージャと対戦し、壮絶な打ち合いの末に敗れた。 左クロスに詰めた柴山昌也の今季初ゴールで大宮が3分に先手を取ると、横浜FCもクロスのこぼれ球に右足を振った亀川諒史のシュートがディフレクションしてネットを揺らし、14分に同点とする。 後半開始早々の48分には奥抜侃志に左サイド突破から再び柴山がゴールを奪ってホームチームが再び前へ出るも、2分後に横浜FCもボックス手前からサウロ・ミネイロが強引に左足を振り抜き、グラウンダーのミドルを右隅に沈めて首位の意地を見せる。 たが、次の1点はまたしても大宮に。新里亮のロングボールをボックス外で処理しようとしたGKスベンドブローダーセンと岩武克弥が被ってしまい、まさかの後逸。がら空きのゴール前でフリーとなった富山貴光が難なくネットを揺らし、三度大宮がリードを奪うと、アディショナルタイムの7分もしのぎ切って9試合ぶりの勝利。相馬直樹監督就任後は初となる、5月25日以来のホームゲーム白星で、暫定ながらも降格圏を抜け出している。 2位のアルビレックス新潟は13位の徳島ヴォルティスをホームに迎えた。 山下良美主審がプロ契約締結後、初の笛を吹いた一戦は徳島がショートカウンターから17分に先手を取る。中盤でのボールを奪うと、センターサークル内から児玉駿斗が右前方へスルーパスを送り、ボックス右へ侵入した藤尾翔太の短い折り返しを白井永地がシュート。GK小島亨介が弾いたところを一美和成が押し込んだ。 58分にはまたもこの3人の連携から徳島が追加点を奪取。右サイドで組み立て、児玉の斜めのパスから白井が右のポケットを取ってクロスを送ると、一美が高い打点のヘディングを叩き込んでリードを広げる。 反撃に出たい新潟はボックス手前左でFKを獲得すると、高木善朗の柔らかいクロスに藤原奏哉が頭で合わせて78分に1点を返すと、7分後には右サイド高い位置での細かいボール回しから秋山裕紀が左足でインスイングのクロスを送り、ゴール前に顔を出した堀米悠斗がヘディングを沈めて試合を振り出しに戻した。 以降も攻勢を強めた新潟だったが、逆転までには至らずドローでタイムアップ。ホームで粘りを見せたものの、勝ち点「1」にとどまり、追い付かれた徳島は18個目の引き分けとなった。 3位・ベガルタ仙台は16位・ツエーゲン金沢と石川県西部緑地公園陸上競技場で相まみえた。開始早々の9分、仙台は中山仁斗が倒されて得たPKを自ら沈め、チームトップスコアラーの4試合連続で先制に成功すると、18分には富樫敬真が追加点を奪取。中盤でのセカンドボール争いを制し、フォギーニョの縦パスから中島元彦が強烈な左足を見舞うと、GKが弾いたボールを頭で押し込んだ。 後半の立ち上がりにも氣田亮真が距離のある位置から左足でネットを揺らすと、66分にはFKから再び中山が決めて4点差に。75分に林誠道に1点を返され、ラストプレーでは皆川佑介がPKをGK白井裕人にストップされたものの、4-1と敵地で快勝を収めている。 熾烈なJ1昇格プレーオフ圏内では、4位のV・ファーレン長崎が12位・東京ヴェルディに敗戦。鹿島アントラーズから今夏に加入した染野唯月の移籍後初ゴールが決勝点となった。5位・ファジアーノ岡山はチアゴ・アウベスの2ゴール1アシストで19位・いわてグルージャ盛岡に3-1と快勝。7位・FC町田ゼルビアと8位・大分トリニータの一戦は1-1の引き分けに終わっている。 ◆第30節 ▽8月6日(土) いわてグルージャ盛岡 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 ファジアーノ岡山</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">東京ヴェルディ 1</span>-0 V・ファーレン長崎 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ヴァンフォーレ甲府 5</span>-2 FC琉球 アルビレックス新潟 2-2 徳島ヴォルティス <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">大宮アルディージャ 3</span>-2 横浜FC FC町田ゼルビア 1-1 大分トリニータ ツエーゲン金沢 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">4 ベガルタ仙台</span> レノファ山口FC 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 モンテディオ山形</span> ▽8月7日(日) ブラウブリッツ秋田 vs 水戸ホーリーホック ザスパクサツ群馬 vs ジェフユナイテッド千葉 ロアッソ熊本 vs 栃木SC <span style="color:#cc0000;font-weight:700;"></span> 2022.08.06 22:04 Sat
twitterfacebook
thumb

北九州が横浜FCのDF中塩大貴を期限付きで獲得、背番号は「36」

ギラヴァンツ北九州は1日、横浜FCのDF中塩大貴(25)が期限付き移籍で加入することを発表した。 期限付き移籍期間は2023年1月31日まで。4日に合流する予定とのこと。背番号は「36」となる。 中塩は浦和レッズの下部組織出身で、ジュニアユース、ユースから立正大学へと進学。その後、2020年にヴァンフォーレ甲府へと入団していた。 2021年に横浜FCへと完全移籍。2021シーズンは明治安田生命J1リーグで5試合、YBCルヴァンカップで4試合に出場。今シーズンは明治安田生命J2リーグで10試合に出場していた。 中塩は両クラブを通じてコメントしている。 ◆ギラヴァンツ北九州 「ギラヴァンツ北九州のみなさん。横浜FCから加入しました中塩大貴です。北九州の勝利のために、全力を尽くします」 「また、素晴らしいスタジアムでプレーできることを楽しみにしています。共に戦いましょう!応援よろしくお願いいたします!」 ◆横浜FC 「横浜FCファン・サポーターのみなさん。中塩大貴です。この度、ギラヴァンツ北九州に期限付き移籍する事が決まりました。チームが昇格に向けて一つになっている中、簡単な決断ではなかったですが、横浜FCで過ごした1年半の経験を基にさらに成長して帰ってきます。一年半ありがとうございました!行ってきます!」 2022.08.01 14:49 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly