ユベントス、ディ・マリア獲得から撤退か…新候補はサッスオーロのイタリア代表FW

2022.06.24 07:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスがアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア(34)の獲得をあきらめることになるかもしれない。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。

今季限りで7シーズンを過ごしたパリ・サンジェルマン(PSG)を退団したディ・マリアに対してユベントスは早い段階で手を挙げていたが、同選手はバルセロナからのオファーや母国アルゼンチン復帰について家族と相談する時間が欲しいと、ユベントスへの回答を保留。

それでも獲得を諦めないユベントスは、提示していた2年契約のオファーからディ・マリアが希望に沿った延長オプション付随の1年契約にオファーに変更。返答期限を延長し回答を待っている状態だった。
しかし、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』よれば、いつまで経っても返答を寄越さないディ・マリアに対し、ユベントス側が我慢の限界を迎えたとのこと。そして新たなターゲットとしてサッスオーロのイタリア代表FWドメニコ・ベラルディ(27)に関心を寄せているとのことだ。

ベラルディはサッスオーロ出身のウインガー。2013年にユベントスに保有権が移ったことがあったものの、ここまでサッスオーロ一筋を貫き、公式戦出場325試合で120ゴール73アシストの成績を残す。

今季も絶対的主力としてセリエAで33試合15ゴール17アシストの活躍を披露するベラルディに対し、サッスオーロは3000万ユーロ(約42億6000万円)以上の移籍金を設定していることから、獲得は一筋縄ではいかないことが予想される。

関連ニュース
thumb

ブレーメル弾で逃げ切ったユベントスがラツィオを下し準決勝へ駒を進める!《コッパ・イタリア》

コッパ・イタリア準々決勝のユベントスvsラツィオが2日に行われ、1-0でユベントスが勝利した。 ラウンド16でモンツァを下したユベントスと、ボローニャを下したラツィオによる4強進出を懸けた一戦。 4日前に行われたリーグ戦で昇格組のモンツァに屈辱のシーズンダブルを喫したユベントスは、その試合からスタメンを6人変更。GKシュチェスニー、ディ・マリア、パレデス、デ・シリオらに代えてキエーザやヴラホビッチ、アレックス・サンドロ、GKペリンらをスタメンで起用した。 一方、公式戦5試合無敗と好調のラツィオ戦は、直近のフィオレンティーナ戦からスタメンを5人変更。ペドロやミリンコビッチ=サビッチ、ヒサイらに代えてインモービレやベシーノ、ラッツァーリらをスタメンで起用した。 立ち上がりから一進一退の展開が続く試合は、両チーム共にアタッキングサードまでボールを運ぶが、なかなか決定機まで持ち込めずに時間が経過。ユベントスは28分にファジョーリの左クロスからボックス中央のラビオがドンピシャヘッドで合わせたが、このシュートも相手GKの正面を突いた。 ハーフタイムにかけては、ややユベントスが押し込むと44分にスコアが動く。右CKから三次攻撃までつなげると、右サイドで再びボールを収めたコスティッチのクロスをゴール前に抜け出したブレーメルがバックヘッドでゴール左へ流し込んだ。 迎えた後半、1点を追うラツィオはインモービレを下げてペドロを投入。さらに59分にはベシーノを下げてミリンコビッチ=サビッチをピッチに送り出した。 後半も膠着状態が続く中、ユベントスはヴラホビッチとファジョーリを下げてケアンとミレッティを投入。すると70分、ロカテッリのロングパスでDFの裏に抜け出したケアンがチャンスを迎えたが、ボックス右から放たれたシュートは相手GKのセーブに防がれた。 その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指すが、拮抗した展開が続く。試合終盤はラツィオが猛攻を仕掛けたが、最後までユベントスの牙城を崩すことは出来ず。試合はそのまま1-0で終了。勝利したユベントスが、インテルの待つ準決勝へ駒を進めた。 2023.02.03 06:59 Fri
twitterfacebook
thumb

ポグバの再デビューはお預け…アッレグリがラツィオ戦欠場明かす

ユベントスのフランス代表MFポール・ポグバの再デビューは、再びお預けとなるようだ。イタリア『スカイ』が報じている。 昨夏、6年ぶりとなるユベントス復帰を果たしたポグバだが、開幕前の7月にヒザを負傷。その後、9月初旬に手術を受けて以降はリハビリが続いている。 先月29日に行われたセリエA第20節のモンツァ戦(0-2で敗戦)では長期離脱以降、初めてベンチ入りを果たして再デビューに近づいたが、今回新たな問題が発覚した。 3日に行われるコッパ・イタリア準々決勝のラツィオ戦に向けた公式会見に出席したマッシミリアーノ・アッレグリ監督は、ポグバが屈筋の負傷で同試合を欠場することを明かした。 「明日、スタメンを決める。ボヌッチを除けば、起用できない唯一のプレーヤーは、屈筋に問題を抱えていたポグバだ。トレーニングの強度が増すと痛みが出てくる」 「多くのプレーヤーが長期のケガに対処してきた」 「キエーザは10カ月離脱しており、ポグバは4月からプレーしていない。コンディションを戻すには時間がかかる」 「ポグバには時間がかかるし、誰も奇跡を起こすことはできない。我々は彼を賢く、そして彼が体調を整える適切なタイミングで使用しなければならない」 ポグバの欠場が確定した一方、直近のモンツァ戦の途中出場で戦列復帰を果たしたセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチに関しては、ラツィオ戦でスタメン復帰を果たすことになるようだ。 2023.02.02 00:43 Thu
twitterfacebook
thumb

ラツィオが伊代表DFルカ・ペッレグリーニを獲得! 今季前半戦はフランクフルトでプレー

ラツィオは31日、ユベントスからイタリア代表DFルカ・ペッレグリーニ(23)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。なお、今回の契約には買い取りオプションが付帯している。 ペッレグリーニはローマの下部組織出身で、2019年夏にイタリア代表DFレオナルド・スピナッツォーラとの実質トレードの形でユベントスに加入。その後、カリアリやジェノアへの武者修行を経て、昨シーズンはユベントスでセリエA18試合に出場していた。 昨夏にはフランクフルトに1年間のレンタルで加入し、今季ここまでは公式戦14試合に出場。ただ、レンタル契約を早期解消する形で、生まれ故郷のライバルチームへ加入することになった。 また、ラツィオは同日、メキシコのセラヤからU-20パラグアイ代表FWディエゴ・ゴンサレス(20)の加入を発表した。 左ウイングを主戦場とする右利きのアタッカーは、今季ここまでのリーグ戦で14試合4ゴールの数字を残している。 2023.02.01 05:04 Wed
twitterfacebook
thumb

リーズ、ユベントスからアメリカ代表MFマッケニーを買取OP付きのレンタル移籍で獲得

リーズ・ユナイテッドは30日、ユベントスからアメリカ代表MFウェストン・マッケニー(24)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得した。背番号は「28」を着用する。 2021年夏にシャルケからユベントスへ加入したマッケニーは、複数ポジションをこなせるユーティリティ性の高さでチームを支え、公式戦90試合以上に出場。今季もここまで公式戦21試合に出場して3得点2アシストを記録していた。 また、41キャップを誇るアメリカ代表では、リーズに所属するMFブレンデン・アーロンソン、MFタイラー・アダムスと共に昨年末に行われたカタール・ワールドカップにも出場。全4試合に出場しチームのベスト16進出に貢献した。 なお、クラブは2月5日に行われるノッティンガム・フォレスト戦でマッケニーがプレミアリーグデビューする可能性を示唆している。 2023.01.31 07:01 Tue
twitterfacebook
thumb

ユベントスに痛手…今季8Gのミリクが左太もも負傷で離脱へ

ユベントスのポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリクが、左太もものケガで戦線離脱を強いられた。 今夏にマルセイユからレンタルで加入したミリクは、ここまで公式戦23試合で8ゴールをマーク。昨年10月からリーグ戦7連勝を飾っていたチームで3ゴール1アシストを記録するなど攻撃陣を牽引する働きを見せていた。 しかし、先日に行われたセリエA第20節のモンツァ戦の終盤に左太ももを負傷。痛そうな表情を浮かべながらピッチを後にしていた。 ユベントスによれば、ミリクは左太もものハムストリングスに中程度のケガを負っていることが確認されたとのこと。また、クラブはミリクが2週間後に再検査を受診することを明かしている。 なお、再検査後に離脱期間などが発表されるとのことだが、『フットボール・イタリア』はミリクの離脱期間について6~8週間程度になると報じている。 2023.01.31 00:06 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly