ニューカッスルがイングランド代表GKポープの獲得を発表

2022.06.24 06:10 Fri
Getty Images
ニューカッスルは23日、バーンリーからイングランド代表GKニック・ポープ(30)を完全移籍で獲得した。契約期間は2026年6月30日までとなる。
PR
ニューカッスル加入の決まったポープは、公式サイトで以下のようにコメントしている。
「ここに来たからには、来季のプレーが待ちきれないよ。この契約は実現するまでに2週間ほどかかったが、本当にすぐに決まった。ここに来られたことを嬉しく思っているし、ここでのプレーがとても楽しみだよ」

驚異的な反射神経を生かしたシュートストップを武器とするポープは、2016年夏にリーグ1(イングランド3部相当)のチャールトン・アスレティックからバーンリー入り。

2017-18シーズンに正守護神の座を掴むと、2021-22シーズンも正GKを務めたが、チームは7季ぶりにチャンピオンシップに降格が決定。しかし、ポープは今年11月に迫るカタール・ワールドカップの代表メンバー入りに向けてプレミアリーグ残留を希望していた。

PR
関連ニュース

ニューカッスルDFホールの完全移籍決定? チェルシーから買取義務ローンで昨夏加入

U-20イングランド代表DFルイス・ホール(19)が今季以降もニューカッスル・ユナイテッドでのプレーが決まったようだ。 2022年1月にチェルシーでシニアデビューし、翌シーズンは11試合の出場数をマークしたホール。左サイドバックをメインに中盤もこなせ、チェルシーでは期待株だったが、昨夏に1年のローン移籍でニューカッスル行きが決まった。 ホールにとって、一家揃ってファンだったというニューカッスル行きは買取義務条項が付いたもので、事実上の片道切符。イギリス『スカイ・スポーツ』によると、このたび、その発動条件が満たされ、完全移籍の運びとなったという。 どうやらプレミアリーグでの順位が発動条件だったようで、ニューカッスルは先の勝利を受けて14位以下で終わる可能性がなくなったため、チェルシーに2800万ポンド(約53億7000万円)を支払って完全移籍で獲得するそうだ。 なお、今季のニューカッスルではここまで公式戦16試合に出場して1ゴール。チェルシーからすれば、若き才能を手放す格好だが、プレミアリーグが定める収益と持続可能性に関する規則(PSR)の問題を緩和するものといえる。 2024.04.16 16:15 Tue

今季36ゴール、守田英正の同僚FWがプレミアで争奪戦…スウェーデン代表FWにユナイテッドとリバプールも参戦か

プレミアリーグ勢からの熱心な関心を受けているスポルティングCPのスウェーデン代表FWヴィクトル・ギョケレシュ(25)だが、争奪戦は激しいものになりそうだ。 チャンピオンシップ(イングランド2部)のコヴェントリー・シティから2023年夏にスポルティングに完全移籍したギョケレシュ。初挑戦となったプリメイラ・リーガでは27試合で22ゴール10アシストと圧倒的な得点力を見せ、首位を走るチームを支えている。 そのギョケレシュには、アーセナルやチェルシー、ニューカッスルと言ったプレミアリーグのクラブが関心を寄せており、代理人とも交渉をすでにスタートさせていると見られている。ただ、契約解除条項の金額である1億ユーロ(約161億5000万円)の支払いが移籍の条件のようだ。 そんな中、イギリス『HITC』はマンチェスター・ユナイテッドも参戦することとを報道。ストライカー補強を今夏のテーマにしているユナイテッドは、新たな少数株主である『INEOS』の後押しも受けて、資金面での遅れを取らないと見られている。 ユナイテッドは昨夏も獲得を目指したバイエルンのイングランド代表FWハリー・ケインやブレントフォードのイングランド代表FWイヴァン・トニーもターゲットにしている中、ギョケレシュが最優先と考えている状況。すでにコンタクトを取っているという。 一方で、そのユナイテッドの動きに待ったをかけようとしているのがリバプールとのこと。ユルゲン・クロップ監督が退任することが決定している中、後任の候補にはスポルティングのルベン・アモリム監督も浮上。併せて選手も獲得したいと考えているという。 長年エースとしてチームを支えてきたエジプト代表FWモハメド・サラーがサウジアラビアから熱心なオファーを受けており、退団する可能性が高く、コロンビア代表FWルイス・ディアスも他クラブに狙われている状況。ストライカーの獲得に動きたい中で、ギョケレシュが検討されているようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】圧巻のゴールラッシュ!ギョケレシュの2023-24シーズンゴール集</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="xBd7ZmTcUFY";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.16 15:05 Tue

20代後半で日の目を浴びた苦労人…33歳トリッピアーがニューカッスルと契約延長交渉へ

ニューカッスルとイングランド代表DFキーラン・トリッピアー(33)の契約交渉が始まるようだ。 20代後半にきて評価を高めたトリッピアー。ロシアW杯直前の17-18シーズンにトッテナムでポジションを掴んだ男は、イングランド代表の主力として臨んだW杯本大会も経て、世界トップクラスの右サイドバックとして知られるようになった。 すると今度は2019年夏、30代突入を控え、キャリア初の国外挑戦でアトレティコ・マドリーへ。結果的に酸いも甘いも経験することとなったラ・リーガ期を経て、現所属のニューカッスルへは21-22シーズン途中からやってきた。 加入後すぐに腕章を託され、今日に至るまで右サイドバックの1番手を譲らないトリッピアー。20代後半にきてようやく日の目を浴びた苦労人は、今年で34歳となるが、目立った衰えもない。 イギリス『フットボール・インサイダー』いわく、2025年6月までとなっている現行契約の延長交渉はまもなく始まるとのこと。どうやらかなりの数のクラブがトリッピアー獲得に関心を持っており、その状況を注視しているという。 1月には33歳にしてバイエルン移籍も浮上していたトリッピアー。今なお現役のイングランド代表プレーヤーであり、これからも息の長い選手として活躍しそうだ。 2024.04.15 10:50 Mon

「当然の勝利を収めた」トッテナムにホームで4発快勝! ニューカッスルのハウ監督は選手を称える「やりたいことが実行できた」

ニューカッスルのエディ・ハウ監督が、快勝を収めたトッテナム戦を振り返った。イギリス『BBC』が伝えた。 13日、プレミアリーグ第33節でトッテナムをホームに迎えたニューカッスル。トップ4争い中のトッテナムとの重要な試合となった中、アレクサンダー・イサク、アンソニー・ゴードンの連続ゴールで前半に2点をリードする。 後半もペースを握ると、イサクが早い時間に追加点。終盤にはファビアン・シェアにもゴールが生まれ、4-0で圧勝を収めた。 試合後、『BBC』の「マッチ・オブ・ザ・デイ」のインタビューに応じ、勝利を喜んだ。 「我々の素晴らしいパフォーマンスだった。選手たちは本当にプロフェッショナルで、勤勉なプレーを全て実行したと思う。選手たちには本当に満足している」 「我々はより多くのゴールを狙いに行き、なおもアグレッシブに戦ったので、リードを本当に良く守れていた」 「フィジカル的に素晴らしい位置にあると思ったし、やりたいことが実行できた。全員が非常に良いパフォーマンスレベルを発揮したと思う」 これでチームは引き分けを挟んで3連勝。ハウ監督は、良くない時にも勝ち続けることが大事であり、チームが見せた姿勢は非常に良かったとした。 「プレーが良くない時に勝つというのは、とてもスキルが必要であり、過小評価できない。なぜならば、全てが思い通りに行く日もあるし、今日はそれが示された」 「我々は依然として非常に効率的なチームであり、容赦ない攻撃を見せ、とても勤勉でコンパクトなチームだった。当然の勝利を収めることができた」 <span class="paragraph-title">【動画】ホームに迎えたトッテナムをニューカッスルが4発圧勝!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="J9In95EkUyM";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.14 15:15 Sun

「信念も勇気もなかった」アウェイで4失点惨敗、ポステコグルー監督がパフォーマンスに不満「十分な努力をしなかった」

トッテナムのアンジェ・ポステコグルー監督が、惨敗に終わったニューカッスル戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 13日、プレミアリーグ第33節でトッテナムはアウェイでニューカッスルと対戦した。 トップ4争い真っ只中のトッテナム。しかし、この日はアウェイで全くパフォーマンスが出せず、アレクサンダー・イサク、アンソニー・ゴードンにゴールを許し、前半で2点のビハインドを負う。 後半早々にペドロ・ポロが負傷交代。すると直後に失点し、終盤にも失点。4-0で完敗に終わった。 良いところなく惨敗に終わってしまったトッテナム。ポステコグルー監督はチームのパフォーマンスが良くなかったとした。 「我々にとって素晴らしい1日ではなかった。我々は試合の流れを掴むことができなかった」 「ニューカッスルの功績であり、今日は彼らが良かったと思った。試合の流れを決定づけたのは彼らだ」 「我々は流れを変えるのに十分な努力をしなかった。彼らは我々にプレッシャーをかけたが、他のチームほどではなかった。その解決策を常に持ってはいたが、今日は自分たちのサッカーをする信念も勇気もなかった」 <span class="paragraph-title">【動画】4位目指すトッテナムがアウェイでニューカッスルに惨敗…</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="J9In95EkUyM";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.14 11:10 Sun
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly