熊谷紗希、W杯まで1年での欧州遠征に「日本人同士でやっていたら出てこないシーンが出て来る」

2022.06.23 23:20 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
なでしこジャパンのDF熊谷紗希(バイエルン/ドイツ)がメディアのオンライン取材に応対した。

来年の女子ワールドカップに向けて強化を進めているなでしこジャパン。現在はヨーロッパ遠征に臨んでおり、セルビア女子代表、フィンランド女子代表との対戦を控えている。

チームのキャプテンも務める熊谷だが、今回の遠征に向けて選手たちの様子については「遠征に新しい選手もいる中、この遠征のこの2試合にかけて、良い準備をして入っているので、アジアカップよりもと言うことはないですが、しっかりとした気合いを感じています」と、気持ちの面でもしっかりと準備していると感じているようだ。

24日にセルビアと対戦する中、印象については「やったことがないので元々はたくさんの情報はなかったですが、バイエルンのチームメイトにもいて、直近はドイツに勝って勢いがあります」と語り、「チームメイトもそうですが、アグレッシブに戦うイメージです」とコメントした。

バイエルンのチームメイトは9番のFWヨバナ・ダムヤノビッチだが、特徴については「常に100%でアグレッシブにできる選手で、練習からモチベーション高くやれる選手で、彼女の特徴としては前でのキープ力。体を使った反転だったりと言うところは持ち味です。決定力が高いので、明日の試合ではそこを押さえていきたいです」とコメント。対戦相手としてしっかりと抑えたいとした。

また「抜け目ないですし、色々な形のストライカーがいる中でも、独特の持ち味があると思います」と警戒。なでしこジャパンとしても非常に重要な相手となりそうだ。

W杯を1年後に控えた中での貴重な欧州勢との対戦。熊谷は今回の遠征に対して「W杯まで1年ちょっとという中で、代表チームとしてやれる時間は限られています」と語り、「今回はヨーロッパでヨーロッパのチームと戦える。セルビアとフィンランドもなかなか普段やれる相手ではないので、自分たちの成長含め、チームとしてやれる時間は貴重になるので、この時間はチームが次に進むためには重要な時間になると思います」と、今回の2試合からもしっかりと何かを得たいとした。

昨年11月にはアイスランド女子代表、オランダ女子代表と対戦したが、無得点で終わってしまった。「ヨーロッパ相手だからということもありますが、自分たちがどうやってチームとして戦うかも重要です」と熊谷は語り、「時間がない中ですが、1年後にW杯にチームとして完成度を上げて戦うということを、最初はエラーもあると思いますが、やるべきこと、次につながるチャレンジをしていきたいと思っています」とトライが重要だとコメント。「明日の試合は監督がやっていこうとしているところをできる限り選手が全うすることが大事だと思います」と、狙いを持ってやるべきことを出せるかが重要なポイントになるとした。

やはり海外のチームを相手にプレーすることは重要だと語る熊谷。「日本人同士でやっていたら出てこないシーンが出て来ると思います。その中で自分たちができることを増やさないといけないし、そこは1つ大きなチャレンジとして、ダイナミックなサッカーを出させない守備を含め、映像を見ていると結構前からプレスをかけてくるイメージもあって、そこをどれだけ自分たちが落ち着いて剥がせるかもキーになると思います」と普段とは全く異なる試合になると予想。「相手あってのサッカー、相手の良さを出させない守備もある中で、自分たちがチームとしての守備の形をできればなと。チャレンジしたいと思うので、少しでも多く出したいと思います」と、その中でもどこまで戦えるのかを見たいとした。


関連ニュース
thumb

連覇狙う日本が白星発進!! 主導権握り山本柚月弾でオランダ下す《U-20女子W杯》

11日(日本時間12日)、U-20日本女子代表(ヤングなでしこ)はFIFA U-20女子ワールドカップ(W杯)コスタリカのグループD第1節でU-20オランダ女子代表と対戦し、1-0で勝利を収めた。 2002年から2年ごとに行われているU-20女子W杯。2018年のフランス大会では日本が初優勝を飾り、女子サッカー史上初の三世代制覇(U-17、U-20、A代表)を成し遂げた。 2020年大会はコスタリカとパナマでの共催が予定されていたが、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により中止に。今年はコスタリカにて4年ぶりに開催される運びとなった。 大会初となる2連覇を目指す日本は[3-3-2-2]のシステムを採用。GKには福田史織、最終ラインは右から田畑晴菜、石川璃音、長江伊吹と並び、ウイングバックは右に杉澤海星、左に小山史乃観が入る。大山愛笑がアンカーを担い、中盤の2列目には藤野あおばと天野紗。2トップはWEリーグでも出場を重ねる山本柚月と浜野まいかが務めた。一方のオランダは[4-2-3-1]でスタートした。 開始早々に中盤でのボール奪取からショートカウンターを仕掛けて藤野がシュートまで持ち込む良い入りを見せた日本は、序盤からポゼッションと素早いトランジションでゲームの主導権を掌握。6分には藤野のクロスから山本がヘディングを放ち、3分後にも山本がミドルを狙った。 オランダに効果的なビルドアップを許さず、その後も高い位置で藤野が奪い、山本とのワンツーを経てボックス左からフィニッシュ。さらに左ポケットを取っての折り返しから天野の右足と多くのシュートシーンを作ると、待望の先制点は23分に生まれる。 最終ラインでのボール回しから田畑が天野へ縦パスを送り、ボックス手前右で受けた浜野はターン後、即座にアウトサイドでのスルーパス。オフサイドラインギリギリでボックス右へ抜け出した山本はGKとの一対一を冷静に制し、左隅へと流し込む。VARによる長いオフサイドチェックを経て、改めてゴールが認められた。 これまでアイドリング中といってもいいほどチャンスのなかったオランダも、失点後にようやく温まったか速攻からボックスへ侵入する回数を増やす。ただ、日本の守備陣も慌てることなく対応。ボール奪取後のパスにミスが少なく、再びペースを握り返すと、ショートカウンターやショートパス、クロスからと多彩な攻撃を仕掛けて浜野や天野らがフィニッシュへ。先制時を除いてほぼ枠内シュートがなかったのは懸念事項だが、終始日本のペースで前半を終えた。 劣勢だったオランダはハーフタイムに2枚替えを行い、日本も天野に代えて松窪を投入。松窪は後半のキックオフ直後にいきなりのシュートを放つなど、スムーズにゲームへ入る。 オランダも縦1本でボックスを陥れたが、石川が好対応を見せてフィニッシュまでは持ち込ませず、対照的に日本は藤野が立て続けにゴールを脅かせば、53分にも松窪がアウトサイドに掛けた左足のミドルを放った。 降り出した雨が次第に強まるとともにオランダにもチャンスシーンが増え、ボックス右からのペデモルスの強引な右足は枠右を捉えるも、GK福田がきっちりとセーブ。さらに、CKこぼれからはアウエと、日本は連続してシュートを浴びることに。 それでも日本が攻勢を貫くと、松窪の折り返しや大山のダイアゴナルパスから浜野が決定機を迎え、藤野のグラウンダークロスにもニアへ飛び込む。だが、いずれもGKのファインセーブに阻まれ、追加点を奪えない。 終盤には同点を狙うオランダのシンプルな攻撃に押し込まれる時間があったものの、日本はこれをしのぎ切ってゲームをコントロール。チャンスを多数迎えながら1点止まりという決定力に課題は残ったものの、難しい初戦を勝ち切って白星スタートを切った。 なお、U-20日本女子代表は第2戦でU-20ガーナ女子代表戦(14日26時K.O.)、第3戦でU-20アメリカ女子代表戦(日本時間18日8時K.O.)とそれぞれ対戦する。 U-20日本女子代表 1-0 U-20オランダ女子代表 【U-20日本】 山本柚月(前23) ◆U-20日本女子代表 GK:福田史織(浦和L) DF:田畑晴菜(C大阪堺)、石川璃音(浦和L)、長江伊吹(長野L) MF:杉澤海星(大宮V)、大山愛笑(メニーナ)、小山史乃観(C大阪堺)、天野紗(INAC神戸)[→松窪真心(JFAアカデミー)]、藤野あおば(ベレーザ) FW:浜野まいか(INAC神戸)[→吉田莉胡(EL埼玉)]、山本柚月(ベレーザ)[→土方麻椰(メニーナ)] 2022.08.12 07:47 Fri
twitterfacebook
thumb

日本も参加のU-20女子W杯開幕、初日から40m級のロケット砲ゴラッソが誕生!

FIFA U-20コスタリカ女子ワールドカップ(W杯)が幕を開け、早くも鮮烈なゴラッソが誕生した。 2002年から2年ごとに行われているU-20女子W杯。2018年のフランス大会では日本が初優勝を飾り、女子サッカー史上初の三世代制覇(U-17、U-20、A代表)を成し遂げた。 2020年大会はコスタリカとパナマの共催が予定されていたが、新型コロナウイルス(Covid-19)の影響により中止に。今年はコスタリカにて4年ぶりに開催される運びとなった。 現地時間10日に行われた開幕戦、グループBのU-20ドイツ女子代表vsU-20コロンビア女子代表は、終盤のゴールで1-0とコロンビアが勝利。開催国のU-20コスタリカ女子代表はグループAに入り、同日にU-20オーストラリア女子代表との初戦に臨んだ。 この世代のコスタリカは過去2010年、2014年大会に出場しているが、いずれもグループステージ3戦全敗で勝利がない。ホームの声援が力になったか、大会初勝利を目指すコスタリカが8分に試合を動かす。 敵陣中央の左寄り、推定35~40mの位置でFKを獲得すると、キャプテンMFアレクサンドラ・ピネル・ゴンサレスのキックは薄くバックスピンがかかったボールはぐんぐん伸び、そのままゴール右隅へと突き刺さった。 FIFAの公式も"ロケット砲"と紹介するほどの一撃で幸先よく先制に成功したコスタリカだったが、その後PKを含む3失点を喫して逆転負け。初勝利はお預けとなった。 なお、U-20日本女子代表はグループDに属し、初戦でU-20オランダ女子代表戦(日本時間12日5時K.O.)、第2戦でU-20ガーナ女子代表戦(日本時間15日2時K.O.)、第3戦でU-20アメリカ女子代表戦(日本時間18日8時K.O.)とそれぞれ対戦する。 <span class="paragraph-title">【動画】U-20女子W杯で誕生した40m級ロケット砲ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">GOLAZO de la Capi. <a href="https://twitter.com/fedefutbolcrc?ref_src=twsrc%5Etfw">@fedefutbolcrc</a> brought the house down with this in their opening <a href="https://twitter.com/hashtag/U20WWC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#U20WWC</a> match! <a href="https://t.co/D0b5fFxD4g">pic.twitter.com/D0b5fFxD4g</a></p>&mdash; FIFA Women&#39;s World Cup (@FIFAWWC) <a href="https://twitter.com/FIFAWWC/status/1557626727437930498?ref_src=twsrc%5Etfw">August 11, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.11 21:50 Thu
twitterfacebook
thumb

杉田妃和が後半ATに決勝点をアシスト!! ポートランドは逆転勝ちで首位堅持

ポートランド・ソーンスFCに所属するなでしこジャパンの杉田妃和がチームの攻撃をけん引している。 現地時間10日に行われたアメリカ、ナショナル・ウィメンズ・サッカーリーグ(NWSL)で、ポートランドはワシントン・スピリットとのアウェイ戦に臨んだ。杉田はフル出場を果たし、アディショナルタイムにアシストを記録している。 ポートランドはゴールレスで迎えた76分にオウンゴールで先制を許したが、2日にブリティッシュ・コロンビア勲章授与が決まったばかりのカナダ代表FWクリスティン・シンクレアのゴールで8分後に試合を振り出しに戻す。 さらに8分というアディショナルタイムの目安が示された追加タイム2分、自陣でボールをキープしたアウェイチームは、右サイドの中盤タッチライン際へ開いていた杉田へとパス。 半身で受けた杉田は即座に前を向き、ダイアゴナルに裏へ抜ける味方へと逆足でスルーパスを送ると、右のハイサイドを取った途中出場のFWモーガン・ウィーバーがまたぎを入れてからワンタッチでDF2枚の間を割ってボックス内へとカットインし、左足でのコントロールショットを左隅へと流し込んだ。 これが決勝点となったポートランドは無敗記録を「11」に伸ばし、首位をキープしている。 NWSLによる公式スタッツによれば、杉田はこの日チーム最多となる4本のキーパスを記録。7月はアメリカ『Just Women's Sports』だけでなく、NWSL公式の月間ベストイレブンにも選出される活躍を見せていたが、8月に入っても好調を維持している。 <span class="paragraph-title">【動画】後半ATの逆転弾をアシストした杉田のスルーパス</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">IN EXTRA TIME, FOR THE LEAD, MORGAN WEAVER!<br>This <a href="https://twitter.com/hashtag/WASvPOR?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WASvPOR</a> game is not over, yet!<a href="https://twitter.com/ThornsFC?ref_src=twsrc%5Etfw">@ThornsFC</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/BAONPDX?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BAONPDX</a> <a href="https://t.co/6KMBiylBYj">pic.twitter.com/6KMBiylBYj</a></p>&mdash; National Women’s Soccer League (@NWSL) <a href="https://twitter.com/NWSL/status/1557552967926001666?ref_src=twsrc%5Etfw">August 11, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.11 21:10 Thu
twitterfacebook
thumb

永里優季と川澄奈穂美が再戦!試合後にはツーショット披露「サッカー本当に好きな人」

シカゴ・レッドスターズのFW永里優季がNJ/NYゴッサムFCのMF川澄奈穂美と再戦した。 現地時間7日に行われたアメリカのナショナル・ウィメンズ・サッカーリーグ(NWSL)では、シカゴ・レッドスターズがNJ/NYゴッサムとホームで対戦。2-0でシカゴ・レッドスターズが勝利を収めた。永里はフル出場、川澄は67分から途中出場を果たしている。 長きにわたってなでしこジャパンで切磋琢磨した2人は試合後に記念撮影。9日に永里がピッチ上での2ショットを公開している。 「サッカー本当に好きな人。しぶとくサッカーし続ける人。コメンテーターナホミ。どこまでもこよなくサッカーな人。今シーズンはこれにて見納め。肉しか勝たん!ご馳走様でした」 7月3日の対戦時にも2ショットを披露した2人。なお、この日はメンバー外だったゴッサムFCの横山久美は「僕も会いたかったよ〜stay home」とリプライを寄せている。 10日現在、シカゴ・レッドスターズは12位中3位、ゴッサムFCは11位に位置。両者は2回戦総当たりのレギュラーシーズンでの対戦はすでに終えたが、上位6位以内に入ればプレーオフでの再々戦の可能性も残されており、日本人選手の活躍にも期待が寄せられている。 <span class="paragraph-title">【写真】アメリカで再戦、永里×川澄のツーショット</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/ChA6ccqpOpi/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/ChA6ccqpOpi/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/ChA6ccqpOpi/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">YuKi Nagasato(@yuki_nagasato)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.08.10 20:50 Wed
twitterfacebook
thumb

「センス抜群!」、「やば!かっこよすぎ!」初代得点女王、浦和L・菅澤優衣香のこだわりの愛車に称賛の嵐「オールブラックなのが推せる」

三菱重工浦和レッズレディースのなでしこジャパンFW菅澤優衣香が、こだわりの愛車をついに手にした。 昨年スタートしたWEリーグで初代得点女王に輝いた菅澤。チームは2位に終わったが、ベストイレブンにも選出されるなど、充実のシーズンとなった。 なでしこジャパンとしても活躍する菅澤だが、自身のインスタグラムを更新。愛車との対面を報告した。 「納車しました」と投稿されたのはランドローバーの「レンジローバー イヴォーク」。菅澤は「こだわりまくった愛車とついにご対面。最高にカッコイイ。大切に乗りたいと思います」と投稿し、愛車の写真も投稿した。 黒一色で統一された車体に、ホイールも黒。こだわりが感じられる仕様となっている。 この投稿には「めっちゃカッコイイ」、「似合ってる」、「やば!かっこよすぎ!!!」、「オールブラックなのが推せる」、「センス抜群!」と称賛の嵐。菅澤らしい仕様にファンからも高評価を得た。 <span class="paragraph-title">【写真】こだわり抜いたカッコイイ仕上がりの菅澤の愛車「レンジローバー イヴォーク」</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/ChAP2fEPBFb/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/ChAP2fEPBFb/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/ChAP2fEPBFb/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">YUIKA SUGASAWA(@yuippppp_9)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.08.10 13:02 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly