ルーカス・レイバが15年過ごした欧州に別れ…古巣グレミオ復帰が決定的に

2022.06.20 19:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
今シーズン限りでラツィオを退団する元ブラジル代表MFルーカス・レイバ(35)が古巣グレミオに移籍することが決定的となったようだ。ブラジル『ESPN』が報じている。

2017年夏にリバプールから加入したレイバは、ここまで公式戦198試合に出場し、4ゴール12アシストを記録。コッパ・イタリアと、2度のスーペル・コッパ制覇に貢献した。

今シーズンはマウリツィオ・サッリ監督の下、公式戦45試合に出場するなどアンカーの主力として活躍。しかし、クラブとレイバは今シーズン限りで終了する契約を更新しないことで合意し、スタディオ・オリンピコでのホーム最終戦では別れのセレモニーも行われていた。
予てより、15年を過ごしたヨーロッパを離れる決断を下していたレイバは、ボタフォゴやアトレチコ・ミネイロといった母国クラブからもオファーが届いていたが、最終的に古巣グレミオへの復帰を選択。

レイバとグレミオは2023年12月末までの契約で合意に至っており、メディカルチェックを受診した後、今後数日以内に契約書にサインする予定だという。

関連ニュース
thumb

GK獲得に失敗した神戸、新たなブラジル人GKが浮上…昨年までグレミオに所属した23歳

フラメンゴのブラジル人GKウーゴ・ソウザ(23)の獲得に迫りながらも破談に終わったヴィッセル神戸。新たにブラジル人GKをターゲットにしているようだ。 ウーゴ・ソウザはブラジル代表に招集歴もあるGK。カンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで46試合に出場し11試合でクリーンシートを達成し、199cmの長身を生かしたプレーが注目を集めている。 当初日本行きを望んでいないとされたウーゴ・ソウザだったが、クラブ間合意に至り、本人も日本行きを受け入れたと思われたが、家族の事情を理由に翻意。そして現在はベンフィカへの移籍が接近しているとされている。 補強に失敗した神戸だったが、新たなターゲットが浮上。グレミオでプレーしていたGKフェリピ・メギオラロ(23)だという。 ブラジル『グローボ』のジャーナリストであるエドゥアルド・モウラ氏がレポートしている。 「元グレミオのフェリピ・メギオラロは、フラメンゴのウーゴとの交渉に失敗したヴィッセル神戸のターゲットとなった」 「数日前にコンタクトがあり、今月末まで交渉される」 フェリピはポンチ・プレッタの下部組織育ち。その後、グレミオの下部組織に移籍すると、2019年にファーストチームへと昇格した。 2020年8月からはメジャーリーグ・サッカー(MLS)のFCダラスへとレンタル移籍を経験。2021年12月にグレミオに戻っていたが、2022年で契約が満了を迎えて退団していた。 MLSで12試合、カンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで2試合に出場しているフェリピは、U-23ブラジル代表歴があり3試合に出場。A代表も出場こそないが、2018年、2019年に招集を受けた経験がある。 2023.01.19 17:40 Thu
twitterfacebook
thumb

ブラジル移籍のスアレスが37分間で衝撃のハットトリックデビュー、点取り屋は健在「キャリアのベスト」

ウルグアイ代表FWルイス・スアレスが、新天地で衝撃的なデビューを果たした。 フローニンヘン、アヤックスやリバプール、バルセロナでゴールを量産してきたスアレス。アトレティコ・マドリーでは期待に応える活躍はできずにいると、2022年7月に古巣のナシオナルへと完全移籍した。 スアレスはカタール・ワールドカップ(W杯)で3試合に出場もゴールはなし。ウルグアイもグループステージで敗退するなど失意の中、1月にグレミオへと完全移籍を果たした。 そのスアレスは、17日に行われたレコパ・ガウーシャ決勝のサン・ルイス戦に出場。圧巻のパフォーマンスで力の差を見せつける。 開始5分、左サイドからの浮き球のパスをボックス内左で受けたスアレスが、飛び出したGKの頭上を越えるループシュート。これが決まり、グレミオが先制する。 その後1点ずつを決め、2-1で迎えた31分には、相手の浮き球のパスをカットすると、そのままダイレクトで繋ぎ、最後は抜け出したスアレスが冷静に決めて3-1とする。 そして38分にはボックス左からのクロスがクリアされて浮き球になるも、ボックス内右で待ち構えたスアレスがダイレクトボレー。GKが戻るも強烈なシュートがネットに突き刺さり、37分間でハットトリックを決める鮮烈デビューを決めていた。 試合後、スアレスは最高のデビューについて「キャリアのベストだと思う」とコメント。「アトレティコでも良いデビューだった。精神的なものだと思う」と回想し、「決勝で集中した時は今日のようなプレーをしなければいけない」と、レコパ・ガウーシャの優勝を喜んだ。 <span class="paragraph-title">【動画】ルイス・スアレスがブラジルでのデビュー戦で37分間の衝撃ハットトリック</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="mPXazXh2WiI";var video_start = 104;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.18 12:20 Wed
twitterfacebook
thumb

世界的スターを盛大にお出迎え! スアレスのグレミオ入団セレモニーに3万人サポが集結

ウルグアイ代表FWルイス・スアレスのグレミオ入団セレモニーが行われた。イギリス『ガーディアン』が伝えている。 リバプールやバルセロナなどで活躍し、世界屈指のストライカーとして名を馳せたスアレス。昨夏にアトレティコ・マドリーとの契約を終え、古巣ナシオナルに帰還し、欧州での選手キャリアに区切りを打つ形となった。 ナシオナル帰還はカタール・ワールドカップ(W杯)までのプレータイムを確保するという目的だったこともあり、年内までの短期契約。先月31日にはカンピオナート・ブラジレイロ(ブラジル全国選手権)のグレミオとの2年契約締結が発表された。 5日にグレミオの本拠地で行われた入団セレモニーには家族とともに参加。3万人を超える熱狂的サポーターがスタンドを埋め尽くし、ピッチへの登場とともに大歓声も。ウルグアイが誇る世界的スーパースターは隣国ブラジルの地でも盛大にお出迎えされた。 <span class="paragraph-title">【動画】スアレスが本拠地のピッチに登場! 3万人がお出迎え</span> <span data-other-div="movie"></span> <iframe width="700" height="394" src="https://www.youtube.com/embed/AvE5UP2NLTQ" title="Luis Suárez welcomed by 30,000 fans at Brazil's Grêmio arena" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture; web-share" allowfullscreen></iframe> 2023.01.07 19:09 Sat
twitterfacebook
thumb

ナント、元ブラジル代表DFファビオのグレミオ移籍を発表!

ナントは4日、元ブラジル代表DFファビオ・ダ・シウバ(32)がブラジルのグレミオへ完全移籍したことを発表した。なお、グレミオとの契約は2024年までとのことだ。 2008年に双子の弟であるDFラファエウ・ダ・シウバ(現ボタフォゴ)と共にフルミネンセからマンチェスター・ユナイテッドに加入したファビオだったが、当時の絶対的主力であったフランス代表DFパトリス・エブラとのポジション争いに敗れて、定位置を掴むことができず。 2014年にユナイテッドを退団すると、その後はカーディフ、ミドルズブラと渡り歩き、2018年の夏にナントに加入しフランスへ活躍の場を移した。ナントでは、両サイドバックを主戦場に在籍4年半で公式戦96試合に出場。しかし、今季はここまで公式戦9試合の出場に留まっていた。 ナントはチームを離れるファビオに対し、公式サイトで「ナントはファビオの高いプロ意識、チームへの貢献、そして献身的な姿勢に感謝している。クラブは、ファビオの残りのキャリアが最高のものになることを祈っている。ありがとう、ファビオ!」 2023.01.05 01:01 Thu
twitterfacebook
thumb

グレミオ、昨夏にFC東京退団の元ブラジル代表DFブルーノ・ウヴィニを獲得

昨年8月にFC東京を退団した元ブラジル代表DFブルーノ・ウヴィニ(31)がグレミオと契約を結んだようだ。 イタリア『TuttoMercatoWeb』によれば、契約期間は2023年12月31日までの1年契約とのことだ。 母国ブラジルの名門サンパウロでプロデビューのブルーノ・ウヴィニは、トッテナムやナポリ、シエナ、トゥベンテといった欧州クラブでのプレー歴を持つセンターバック。2016年夏から中東に活躍の場を求め、昨季はアル・イテハドの一員として公式戦28試合2得点1アシストを記録した。 ブラジル代表歴も豊富で、U-20代表の主将として2011年の南米ユース選手権とU-20ワールドカップ(W杯)の優勝に貢献。2012年にロンドン・オリンピックでもプレーすると、同年にフル代表デビューも遂げ、3キャップを記録している。 2021年にFC東京に加入すると、明治安田生命J1リーグで2試合、YBCルヴァンカップで5試合1得点、天皇杯1試合に終わり、2年目となった昨シーズンは選手登録されておらず、昨年8月に両者合意のもとで契約を解除していた。 2023.01.03 23:05 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly