色褪せないC・ロナウドのFKに再脚光、4年前のこの日ロシアW杯でハットトリック!

2022.06.16 22:45 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
【動画】ロシアW杯でハットトリック達成を決めたC・ロナウドの直接FK








1 2

関連ニュース
thumb

やられたC・ロナウドは怒り?相手選手が代名詞のゴールパフォを完コピする!「やりおる」「メンタル強すぎ」

ガーナ代表FWオスマン・ブカリがポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの代名詞を盗んだ。 カタール・ワールドカップ(W杯)のグループH第1節、ポルトガル代表vsガーナ代表が24日に行われ、ポルトガルが3-2で競り勝った。 前半をゴールレスで折り返したが後半に一気に動いたこの試合。65分のC・ロナウドの先制ゴールを皮切りに打ち合いとなると、ポルトガルが3-1とリードして試合終盤を迎える。 しかし89分、諦めないガーナがここから粘りを見せる。左サイドの背後へ飛び出したババがDFを一瞬振り切って強引に浮き球の折り返しを入れると、ゴール前にフリーで入り込んだブカリのヘディングシュートがゴール右隅に決まった。 ゴールを決めたブカリはコーナーフラッグの方へ駆け寄ると、大きくジャンプして空中で回転し、両手を広げて着地するゴールセレブレーションを披露。これは「Siuuu」と呼ばれるC・ロナウドの代名詞とも言えるものだ。 すでにベンチへと下がっていたC・ロナウドは、怒りの表情。だがこれは試合終了間際に失点を許した味方への怒りだという見方が強い。 ブカリのセレブレーションについては、ファンから「メンタル強すぎ」、「やりおる」、「煽ってる」と驚きの声も上がっているが、ブカリ自身はツイッターで釈明している。 「僕が行ったセレブレーションがロナウド選手に対して失礼ではないかという指摘があった。それは間違っている。W杯のデビュー戦で母国のためにゴールを決めた瞬間に打ちひしがれてセレブレーションをした。」 「私の生い立ちからして、年長者、ましてやアイドルの一人に失礼をすることは許されない。応援ありがとうございました」 なお、C・ロナウド本人も先制ゴールの場面ではこのセレブレーションを披露。今大会では後何度「Siuuu」が見られるだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】ブカリのゴールパフォーマンス直後のC・ロナウドの表情がこちら</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Ghana&#39;s Bukari scores on Portugal, proceeds to unleash Ronaldo&#39;s trademark Sui celebration. Camera man deserves an Oscar for immediately capturing Ronnie&#39;s reaction which is reminder that some things are more important than winning. Like Trademark Cellies <a href="https://t.co/n1fW1hWiap">pic.twitter.com/n1fW1hWiap</a></p>&mdash; Men in Blazers (@MenInBlazers) <a href="https://twitter.com/MenInBlazers/status/1595839070714093568?ref_src=twsrc%5Etfw">November 24, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.11.25 14:35 Fri
twitterfacebook
thumb

「誰も彼よりは高く飛べない」 偉業W杯5大会連続ゴールのC・ロナウド、37歳とは思えないジャンプ力が大バズり「どうやったらそんなに飛べるんだ」

史上初となる5大会連続ゴールを記録したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドだが、ゴールシーン以外でも話題を呼んでいる。 24日、カタール・ワールドカップ(W杯)グループH第1節でポルトガル代表はガーナ代表と対戦した。 今大会が5度目の出場となるC・ロナウド。大会前にはマンチェスター・ユナイテッドやエリク・テン・ハグ監督を批判するインタビューが大きな話題に。そして、初戦の直前にはユナイテッドとの契約解除が発表され、無所属の状態でW杯に出場することとなった。 そのC・ロナウドは、初戦のガーナ戦にも先発出場。するとPKをしっかりと決めて、チームの先制ゴールをマーク。これは史上初となる5大会連続のゴールとなり、新たな歴史を刻んだ。 偉業を成し遂げたC・ロナウドだが、このゴールシーン以上に話題となっている場面が。それは前半13分のシーン。クロスボールに対してボックス中央でC・ロナウドがヘディングをしているのだが、その高さが衝撃的だ。 競り合った相手DFモハメド・サリスよりも体半分高く飛び、周りの選手の顔のあたりには腰が来るほどの跳躍を見せていた。 ゴールは決まらなかったが、規格外の跳躍力には称賛の声。「信じられない高さだ」、「誰も彼よりは高く飛べない」、「どうやったらそんなに飛べるんだ」と驚きの声が届いた。もちろん、ゴールを決めていないことを揶揄するコメントも集まったが、37歳にして衝撃の身体能力を見せるC・ロナウド。5大会連続ゴールも決してまぐれではないということだろう。 <span class="paragraph-title">【写真】真実とは思えない衝撃的な高さのジャンプを見せるC・ロナウド</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/ClWaFecND6L/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/ClWaFecND6L/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/ClWaFecND6L/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ESPN FC(@espnfc)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.11.25 12:50 Fri
twitterfacebook
thumb

サントス監督、白星発進に安堵も試合運びに苦言「どこからともなく失点した」

ポルトガル代表を率いるフェルナンド・サントス監督が、白星スタートを飾ったガーナ代表戦を振り返った。『ESPN』が伝えている。 今大会の優勝候補に挙がるポルトガルは24日に行われたグループH第1節でガーナと対戦。ゴールレスで折り返した後半にFWクリスティアーノ・ロナウドのPKで先制に成功すると、一度は同点に追いつかれたものの、FWジョアン・フェリックスとFWラファエル・レオンの連続ゴールで突き放す。その後、試合終盤に1点差に迫られたが、打ち合いとなった一戦を3-2で勝利した。 同試合後、公式会見に出席したサントス監督は初戦勝利という結果に満足感を示しながらも、不用意に与えた2失点に不満を示した。 相手の攻撃をシュート0本に抑え込むなど試合を支配しながらも決め手を欠いた前半に関しては、守備面に一定の評価を下しながらも消極性を課題に挙げた。 「ボールを持つことによるセキュリティ、しかしそれは受動的なセキュリティだった。我々は幾度も後ろでプレーするばかりで、攻撃性がほとんどなかった。明らかに攻撃性が欠けていた」 「我々は(試合開始から)30~35分後に改善した。前半の最後の部分では、クロスを含む非常に危険な状況を3つか、4つ作った。ただ、簡単ではなかった」 また、ハーフタイムの段階では忍耐をチームに求めたという。 「休憩の際、私はプレーヤーたちに我慢する必要があるが、それほどではないと伝えた。ゲームは非常にクローズされており、忍耐がなければゴールは生まれないと考えていた」 「その後に(ロナウドの)ペナルティが来たが、我々はどこからともなく失点を喫した」 さらに、軽率な形で与えた2失点、試合の終わらせ方に関しては今後に向けてすぐに改善すべきだと主張している。 「今は冷静に試合を振り返って、何を改善しなければならないかを分析しなければならない。ただ、何をすべきだったのか、それは簡単だ」 「ボールをキープし、カウンター攻撃を仕掛けなければならなかった。4点目を決めるチャンスがあったし、そうしなければならなかった」 「相手からボールを奪う必要があった。相手はバランスを崩しながらも同点に追いつこうとしていた中、我々は相手にボールを渡してしまった」 「それでも、勝ち点3が大事だった。これで我々はあと1勝で次へ行けるのだからね」 課題を残しながらも今大会の初陣を飾ったポルトガルは、28日にウルグアイ代表とのタフな一戦に臨む。 2022.11.25 07:30 Fri
twitterfacebook
thumb

「大きな誇り」、C・ロナウドが男子W杯史上初5大会連続ゴール達成を誇る

男子ワールドカップ(W杯)史上初の5大会連続ゴールを記録したポルトガル代表FWクリティアーノ・ロナウドが、新たな偉業達成に満足感を示した。『ESPN』が伝えている。 今大会の優勝候補に挙がるポルトガルは24日に行われたグループH第1節でガーナ代表と対戦。ゴールレスで折り返した後半にロナウドのPKで先制に成功すると、一度は同点に追いつかれたものの、FWジョアン・フェリックスとFWラファエル・レオンの連続ゴールで突き放す。その後、試合終盤に1点差に迫られたが、打ち合いとなった一戦を3-2で勝利した。 今大会で5大会連続出場を達成したロナウドは、試合の均衡を破る1ゴールによって代表通算118点目を記録し、自身が持つ世界記録を更新。さらに、女子ではブラジル女子代表FWマルタ、カナダ女子代表FWクリスティン・シンクレアが達成も、男子では初となるW杯5大会連続ゴールを達成した。 同試合後、マン・オブ・ザ・マッチに選出された37歳FWは公式会見の場で偉業達成を振り返った。 「5度目のワールドカップで、美しい瞬間だ。僕らは勝利し、正しいスタートを切った、とても重要な勝利だよ」 「このような大会では、初戦の勝利が重要であることは分かっている。また、5大会連続ワールドカップで得点を決めた唯一のプレーヤーという記録も、僕にとって大きな誇りだ」 「チームが素晴らしいパフォーマンスを発揮してくれて、とても嬉しいよ。難しかったけど、妥当な勝利だ」 また、同会見では初戦直前に発表されたマンチェスター・ユナイテッド退団に関する質問が飛んだ。 これに対しては、「重要なのは、チームが勝利したことだ。(マンチェスター・ユナイテッドの)章は閉じられ、焦点はもっぱら、ワールドカップだけに絞られる。先ほども言ったように、僕らは正しいスタートを切りたかった。勝ったし、良いプレーもしたし、チームを助けられた。それ以外のことは重要ではないよ。重要なのは代表チームだ」と、詳しい言及は避けている。 なお、今回のゴールでW杯通算ゴール数を「8」としたロナウドは、次節ウルグアイ戦以降の試合でレジェンドのエウゼビオ氏が持つポルトガル代表のW杯通算ゴール記録(9点)更新を目指す。 2022.11.25 06:00 Fri
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドが史上初の5大会連続ゴール! ポルトガルが後半5ゴール生まれたガーナとの打ち合い制す《カタールW杯》

カタール・ワールドカップ(W杯)のグループH第1節、ポルトガル代表vsガーナ代表が24日に行われ、ポルトガルが3-2で競り勝った。 今大会の優勝候補に挙がるポルトガル。通算5度目の本大会出場となるクリティアーノ・ロナウドの最後の大舞台としても注目が集まる今大会の初陣で、フェルナンド・サントス監督は[4-3-1-2]の布陣を採用。GKにジオゴ・コスタ、4バックは右からカンセロ、ルベン・ディアス、ダニーロ、ラファエル・ゲレイロ。中盤はブルーノ・フェルナンデス、ネヴェス、オタビオのトリプルボランチにベルナルド・シウバがトップ下、2トップにロナウドとフェリックスが並んだ。 一方、2大会ぶりの出場となるアフリカ屈指の強豪ガーナは、2010年の南アフリカ大会以来のグループリーグ突破を目指す。この試合ではトーマスやアンドレ・アイェウ、クドゥス、イニャキ・ウィリアムズというワールドクラスのタレントをスタメン起用も、並びを[5-3-2]の守備的な布陣に変更して臨んだ。 後ろ重心で慎重な入りを見せたガーナに対して、立ち上がりからボールの主導権を握って押し込むポルトガル。開始5分にセットプレーの二次攻撃からオタビオがファーストシュートを放つと、その数分後には史上初の5大会連続ゴール達成が期待されるエースに大きな見せ場。 10分、相手陣内中央でのボール奪取からオタビオが中央でゴール前に飛び出すロナウドに絶妙なスルーパスを供給。オフサイドラインをかいくぐった37歳だが、ファーストタッチが大きくなってしまい、右足のシュートはGKアティ=ジギにうまく間合いを詰められてゴールとはならず。 今大会の主役にいきなり見せ場が訪れたが、以降試合はガーナが望むスローテンポで進み、時間の経過と共に膠着状態に陥っていく。 ガーナ得意のカウンターを封じ込めるポルトガルだが、攻撃では序盤の決定機以降はサイドを起点に攻め手を窺う場面が多く、ゴールの匂いをさせられない。そういった中、31分には左サイドに流れたフェリックスからの浮き球パスをボックス内でDFと競ってマイボールにしたロナウドが右足のシュートを突き刺すが、ここは競り合いの際の微妙なファウルを取られてゴールは認められず。 ポルトガルがシュート7本枠内2、ガーナがシュート0本とスタッツ上は前者が圧倒したものの、試合はゴールレスで後半に突入。 後半はガーナがよりアグレッシブな入りを見せると、前半にはほぼ見られなかった厚みのある攻撃を仕掛けていく。そして、54分と55分にはレンジは長いものの、セイドゥ、クドゥスと続けてシュートシーンを作り出した。 やや守勢の時間帯が続くポルトガルはオタビオが足を痛めて56分にウィリアム・カルヴァーリョを投入。カルヴァーリョがアンカー、ネヴェスがインサイドハーフにポジションを移す。 以降、試合はほぼイーブンな展開に戻ると、千両役者が決定的な仕事を果たす。62分、背後へのスルーパスに反応したロナウドがボックス内でDFサリスと交錯。微妙な判定ながらもこの接触プレーでポルトガルにPKが与えられる。キッカーはもちろん背番号7が務め、相手GKにコースを読まれながらも強烈なシュートをゴール左上に突き刺し、65分の先制点とした。 ロナウドのW杯史上初となる5大会連続ゴールによって均衡が破れた試合。これでゴールが必要となったガーナはリスクを冒して前に出ると、後半に入って攻撃面で存在感を示していたクドゥスが突破口を開く。 73分、左サイドでの味方のパス交換の際に中央から斜めのランニングでボックス左に抜け出したクドゥスがゴールライン際で折り返すと、DFダニーロがクリアし切れずにゴール前へ流れたボールをアンドレ・アイェウが冷静に流し込んだ。 両チームのキャプテンのゴールで1-1の振り出しに戻った試合だったが、この交代直後のポルトガルの交代策で一気に流れが変わる。 ネヴェスを下げてレオンを投入し、並びを[4-3-3]に変更したポルトガルは78分、中盤でのボール奪取からカルヴァーリョ、B・フェルナンデスと繋ぎ右ウイングにポジションを移したフェリックスにスルーパスが通る。そのままボックス内に持ち込んだフェリックスはGKの寸前でチップキック気味の右足シュートをゴール左隅へ流し込み、勝ち越しに成功する。 さらに、80分にはフェリックスの身体を張った守備からショートカウンターに持ち込むと、中央を持ち上がったB・フェルナンデスがボックス手前まで運んで相手守備を引き付けてボックス左に走り込むレオンへラストパス。これをレオンが冷静にゴール右下隅へ流し込んだ。 システム変更がもたらした連続ゴールで勝利を確信したポルトガルベンチは、88分に殊勲のフェリックス、ロナウド、ベルナルド・シウバを下げてパリ―ニャ、ジョアン・マリオ、ゴンサロ・ラモスと守備的な交代で逃げ切り態勢に入る。 しかし、諦めないガーナがここから粘りを見せる。89分、左サイドの背後へ飛び出したババがDFを一瞬振り切って強引に浮き球の折り返しを入れると、ゴール前にフリーで入り込んだブカリのヘディングシュートがゴール右隅に決まる。 このゴールで一気に緊迫感が増した9分の後半アディショナルタイムは白熱の攻防に。試合終了間際にはGKジオゴ・コスタが背後のイニャキ・ウィリアムズに気付かずにボールをピッチに置いてリスタートを試みた際にボールを奪われる失態を演じたが、ここはバランスを崩してシュートには至らず。 最後の最後で肝を冷やしたものの、ガーナとの打ち合いを制したポルトガルが3-2の勝利で白星スタートを飾った。なお、連勝を目指すポルトガルは28日にウルグアイと、初勝利を目指すガーナは韓国と対戦する。 ポルトガル代表 3-2 ガーナ代表 【ポルトガル】 C・ロナウド(後20[PK]) フェリックス(後33) レオン(後35) 【ガーナ】 A・アイェウ(後28) ブカリ(後44) 2022.11.25 03:14 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly