「恥を知れ!」ルーニー妻が大炎上、ドバイへの家族旅行報告もイルカとの写真に非難殺到「ショックを受けている」

2022.06.15 20:35 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
【写真】コリーンさんの眩しいビキニ姿も、炎上したイルカとのファミリーショット(5枚目)





1 2

関連ニュース
thumb

「PK神」「未来は手の中」PK3本ストップのリバプール守護神が賛辞集める

リバプールのアイルランド代表GKクィービーン・ケレハーを称える声が止まない。 リバプールは9日に行われたEFLカップ(カラバオカップ)3回戦でダービー・カウンティと対戦し、0-0で90分を終了。PK戦を3-2で制し、勝ち上がった。 6日に行われたプレミアリーグ第15節トッテナム戦から先発全員を入れ替えた影響か、3部の相手に終始押し込む展開を作りながらも得点は挙げられず、ゴールレスで90分を終了。勝負の行方はPK戦に委ねられた。 ここで尋常ではない存在感を発揮したのが守護神のケレハー。5人中3人のキックをセーブする傑出した働きを見せ、勝利に貢献した。 ユルゲン・クロップ監督も手放しで称賛し、クラブの公式インスタグラムが公開したPKストップシーンにも、ファンから「ようこそケレハー卿」、「PK神」、「未来は安全な手の中にある」、「なんてクールな伝説」、「この男はプレッシャーに強い!」、「売却はダメだよ、お願いだから」、「ケレハーを売るな!」などの惜しみない賛辞が送られている。 ケレハーは昨シーズンのカラバオカップでも準々決勝のPK戦で2本をストップ。チェルシーとの決勝戦でも好セーブを連発し、PK戦でのショットストップこそなかったものの、優勝を手繰り寄せるキッカーを務めていた。 カラバオカップ制覇はケレハーの手にかかっていると言っても、過言ではないだろう。 <span class="paragraph-title">【動画】神降臨!ケレハーがカラバオカップでPK3本をストップ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CkwuAXsoypx/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CkwuAXsoypx/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CkwuAXsoypx/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Liverpool Football Club(@liverpoolfc)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.11.10 20:15 Thu
twitterfacebook
thumb

PK戦勝利のリバプール、クロップ監督は殊勲のGK称賛「彼にとって大きな意味を持つ」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、チームを勝利に導いたアイルランド代表GKクィービーン・ケレハーを称えた。クラブ公式サイトが伝えている。 リバプールは9日に行われたEFLカップ(カラバオカップ)3回戦でダービー・カウンティと対戦した。 先週末のトッテナム戦から先発全員を入れ替えたリバプールは、3部の相手に終始押し込む展開を作りながらも得点は挙げられず。66分にFWロベルト・フィルミノやFWダルウィン・ヌニェスら主力を投入するもスコアは動かないままPK戦に突入したが、ケレハーが5人中3人のシュートをセーブする傑出した働きを見せ、3-2で勝利した。 主力の多くを休ませEFLカップ4回戦進出を決めたクロップ監督は、まず殊勲のケレハーを称賛。開幕前の負傷から復帰まで時間がかかった選手にとって、大きな意味を持つ試合だったと語った。 「今夜は本当に良い3本のPKストップがあったと思う。向こうのシュートはすべて隅に決まっていたはずで、シュート前にミスしたり、少し滑ったりしたわけではない。本当に良いシュートばかりで、だからこそ彼がそれを防いだのは大きな意味がある」 「彼は休暇から戻って負傷し、トレーニングに復帰してからもコンディションを上げるまで本当に長い時間がかかった。GKコーチは信じられないような仕事をしており、ケレハーもきっと同じように言うだろう。この地に足の着いた青年はほとんど笑わないが、彼が笑うようならそれが彼にとって大きな意味を持つとわかる」 また、クロップ監督はチーム全体にも言及。若い選手たちに公式戦での出場機会を与えながら、勝利を掴めたことを喜んだ。 「とても良かった。試合に向けて準備する時間はあまりなかったが、少なくとも1回は練習ができた。去年も言ったが、勝利を逃して『若いチームだし、真剣ではない』と言われるのは嫌だ」 「勝ち上がりを目指したチームに対して、(若手たちに)本物のフットボールをする機会を与えられたのだから嬉しい。ダービーにとって、こうした試合が金銭的にとても重要なものだったのは間違いない。それでも、我々はこうして勝ち進めたのだから、本当に素晴らしい経験だ」 2022.11.10 10:47 Thu
twitterfacebook
thumb

スパーズ戦からスタメン総入れ替えリバプール、3部ダービーに薄氷のPK勝利《EFLカップ》

リバプールは9日、EFLカップ3回戦でダービーをホームに迎え、0-0で90分を終了。PK戦を3-2で制し勝ち上がった。 3日前に行われたプレミアリーグのトッテナム戦を2-1と逃げ切ったリバプールは、トッテナム戦のスタメンから全選手を変更。若手メンバー主体で臨んだ。 3部のダービーに対し、[4-3-3]で臨んだリバプールは最前線にトップチーム初スタメンのスチュワート、右にフラウエンドルフ、左にカルヴァーリョの3トップで臨んだ。 そのリバプールが終始押し込む展開で推移すると15分、CKの流れからルーズボールをチェンバレンがボレー。しかしシュートは惜しくも枠を外れた。 その後も5バックで構えるダービー相手にリバプールが押し込む流れとしたが、スコアを動かせずゴールレスで迎えた後半、51分にボックス内から際どいシュートを打たれるピンチを迎えるも枠を外れて助かった。 ひやりとしたリバプールは52分、チェンバレンのミドルシュートでゴールに迫るもGKワイルドスミスのセーブに阻まれた。 66分にはフィルミノ、ヌニェス、エリオットと主力を投入したリバプールは後半終盤の81分、エリオットのボレーでゴールに迫ったが、ここもGKワイルドスミスの好守に阻まれ、0-0で90分を終了。 迎えたPK戦では5人中3人のシュートをGKケレハーが止めたリバプールが3-2で勝利。辛くも4回戦へ勝ち上がっている。 2022.11.10 07:08 Thu
twitterfacebook
thumb

ラベル・モリソンがルーニー率いるDCユナイテッド加入! 昨季ダービーに続く共闘に

D.C.ユナイテッドは21日、ダービー・カウンティを退団したジャマイカ代表FWラベル・モリソン(29)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は2023年12月末までとなるが、さらに1年の延長オプションが付随している。 DCユナイテッドでは前ダービーの指揮官であるウェイン・ルーニー監督が、新指揮官に就任しており、モリソンは同胞指揮官に続く形でメジャーリーグ・サッカー(MLS)入りを決めた形だ。 モリソンはマンチェスター・ユナイテッドの下部組織出身で、2010年にトップチームに昇格。各年代のイングランド代表にも名を連ねる逸材だったが、そのキャリアは移籍の連続で、2012年1月に当時チャンピオンシップのウェストハム移籍でユナイテッドを離れると、その後はレンタル移籍も含めて通算11クラブを転々とした。 渡り歩いた国々も多岐にわたり、イタリアのラツィオをはじめ、メキシコのアトラス、スウェーデンのエステルスンド、そして最近だとオランダのADOに移籍。ADOとは2020年9月に1年契約を結び、同年11月にルーツを持つジャマイカのフル代表デビューも遂げたが、昨年1月に契約を解除となり、以降はフリーの状態が続いていた。 そういった中、ユナイテッド時代に短期間ながらチームメイトでもあったルーニー氏は自身の指揮するダービーに後輩を誘い、プレシーズン期間のトライアルを経て、昨年8月にダービーに正式加入。 昨シーズンのチャンピオンシップ(イングランド2部)では36試合4ゴール4アシストの数字を残すなど、主力としてプレーしていた。 2022.07.22 14:33 Fri
twitterfacebook
thumb

ピルロ率いるファティ・カラギュムリュクが、FWディアニェ、FWカジム=リチャーズのストライカー2人を獲得

アンドレア・ピルロ監督が就任したファティ・カラギュムリュクは19日、ガラタサライのセネガル代表FWムバイエ・ディアニェ(30)とダービー・カウンティの元トルコ代表FWコリン・カジム=リチャーズ(35)を完全移籍で獲得することを発表した。 ディアニェはユベントスにも在籍した経験があり、フランス、べルギー、サウジアラビア、ハンガリー、中国、イングランドでプレー経験があるストライカー。キャリアの大半がレンタル移籍となっており、トルコでは、カシムパシャ、ガラタサライでプレーした。 スュペル・リグでは通算78試合で52ゴール7アシストを記録し、結果を残しており、2021-22シーズンはリーグ戦で14試合に出場し2ゴール2アシストだった。 カジム=リチャーズはイングランドにもルーツがある元トルコ代表選手。アーセナルのユースにも所属していた他、イングランド、トルコ、フランス、ギリシャ、オランダ、スコットランド、ブラジル、メキシコと世界を渡り歩いた。 7年ぶりにトルコへと復帰。スュペル・リグでは、通算で113試合に出場し10ゴール14アシストを記録していた。 2022.07.20 11:11 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly