親子2代でシティの一員、ハーランドからユニフォームをもらった父親のジョークがセンス抜群

2022.06.15 21:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ハーランド親子のやり取りがインターネット上を大いに賑わせている。ノルウェー代表FWアーリング・ハーランド(21)のマンチェスター・シティ加入が13日に正式発表された。

ハーランドの父親であるアルフ・インゲ・ハーランド氏も2000-01シーズンから3季の間、シティでプレーをしており、これで親子2代にわたってシチズンズの一員としてプレーをすることが決定した。
ハーランドは11日に自身のインスタグラムで過去の父親のユニフォーム、「DAD」のネームが入った背番号「15」を纏う姿を公開し、話題をさらっていた。正式発表後にはお返しに「SON」のネームを入れたシティのユニフォームを父親へプレゼントした。

粋なお返しをもらったアルフ氏。そのネームを見るや「いやいや、彼(Son)はシティでプレーしないでしょ」と笑顔で冗談を飛ばした。

息子(Son)と今季のプレミアリーグ得点王ソン・フンミン(Son Heung-Min)を掛けた父親のジョークには息子も破顔。「確かにソン・フンミンはシティの選手じゃないね!」と返すしかなかった。

1 2

関連ニュース
thumb

シティ長谷川唯が初のマンチェスター・ダービーへ意気込み「世界最大級の一戦、待ちきれない」

初の大一番に臨むマンチェスター・シティのなでしこジャパンMF長谷川唯が意気込みを語った。クラブ公式サイトが伝えている。 今夏の移籍ウインドウ最終日にFA女子スーパーリーグ(FA WSL)のウェストハムからシティへ電撃移籍した長谷川は、加入直後の2戦こそケガで欠場した。 だが、10月16日のレスター・シティ戦で初出場を飾ると、加入後初ゴールまでも記録。この試合のプレーヤー・オブ・ザ・マッチ(POTM)にも選出された。 以降カップ戦での1試合を除き、全試合に出場。開幕2連敗スタートとなったチームも、長谷川の登場に呼応するように以降は公式戦7試合で全勝中だ。 6勝2敗で4位につけるシティは、7勝1分けで2位のマンチェスター・ユナイテッドとのダービーマッチを11日に控えている。チケットはすでに40000枚が購入されているとのことだ。 初のビッグマッチへ臨む長谷川はクラブのインタビューに登場。楽しみだと語った。 「大勢の観客の前でプレーできることをとても楽しみにしています。ファンの応援はこのような状況でパフォーマンスを発揮する力を与えてくれます」 「世界最大級のダービーですので非常に興奮していますし、(試合が)待ちきれないですね」 「(上位対決でもあるので)非常に重要な一戦ですね。すべての試合に勝たなければならないので本当に大事な試合です」 ウェストハム時代はチームスタイルのためにボールが行き交うことが多かったが、シティはポゼッションスタイルを確立している。日テレ・ベレーザ(現:日テレ・東京ヴェルディベレーザ)時代から馴染みのある戦術のため、長谷川はやりやすさを感じている様子だ。 また、これまでの攻撃的MFとは異なり、シティでは[4-3-3]のアンカーで起用されているが、こちらも楽しんでいると残している。 「シティのスタイルは本当に好きですし、ここでプレーできることをとても嬉しく思います。日本でも似たようなスタイルのサッカーをしていたので、うまく適応できています」 「6番の位置(アンカー)でプレーするのはフィジカル的にもメンタル的にも難しさは感じますが、攻撃と同じくらい守備も好きなので楽しくやれていますし、監督からも「その位置でうまくやれているよ」と言われているので、自信にもつながっています」 FA WSLでは上位3チームに来季のUEFAチャンピオンズリーグ(UWCL)出場権が与えられる。今季を占うであろう大一番で、なでしこジャパンの司令塔が輝きを放てるか。 <span class="paragraph-title">【動画】長谷川がシティデビュー戦で決めた素晴らしいミドルシュート</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">What a strike <br><br>That’s how to get your first <a href="https://twitter.com/ManCityWomen?ref_src=twsrc%5Etfw">@ManCityWomen</a> goal <a href="https://twitter.com/maybe10_?ref_src=twsrc%5Etfw">@maybe10_</a>!<a href="https://twitter.com/hashtag/BarclaysWSL?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BarclaysWSL</a> <a href="https://t.co/KEhsXxX80G">pic.twitter.com/KEhsXxX80G</a></p>&mdash; Barclays Women&#39;s Super League (@BarclaysWSL) <a href="https://twitter.com/BarclaysWSL/status/1581660979867185152?ref_src=twsrc%5Etfw">October 16, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.10 14:40 Sat
twitterfacebook
thumb

イングランド代表、ストーンズが56年ぶりW杯優勝に自信「実現可能」

イングランド代表DFジョン・ストーンズが、カタール・ワールドカップ(W杯)の優勝を目指すと改めて宣言した。 グループBを首位通過したイングランド代表は、4日に行われる決勝トーナメント1回戦でセネガル代表との対戦に。ここまでの全3試合に出場したストーンズは一発勝負の戦いを目前にし、前日会見で大会制覇を誓っている。 「誇りに思えるような素晴らしい旅にしたいと願っている。今大会で多くの番狂わせを目の当たりにした。だから、(セネガルに)勝って当然だなんて微塵も思っていない」 「僕たちはW杯で優勝するためにいる、と繰り返し言ってきたよね。僕は今でもそれが実現可能だと信じているよ。これまでの歩みを振り返り、どこまで進みたいかを今一度、考える必要があるね」 「前回の(ロシア)W杯、EUROと、2度のトーナメントでトロフィーまで接近したが、どちらも最後は敗れた。二度とあの感覚を体験したくないんだ。W杯の4位は素晴らしい成果ではあったが、今回はさらに上に行くべきだ」 ストーンズが言及した昨年のEUROは決勝戦でイタリア代表にPK戦の末に敗北。今大会では決勝トーナメントを見据え、「ペナルティキックの練習とそのディテールについて少なくない時間を費やしてきた」とも明かしている。 2022.12.03 17:01 Sat
twitterfacebook
thumb

来夏去就注目のライスがステップアップ願望口に…

ウェストハムのイングランド代表MFデクラン・ライス(23)が来シーズンのステップアップ願望を明かした。イギリス『テレグラフ』が報じている。 現在、プレミアリーグ最高の若手ホールディングMFとしての評価を確立するハマーズのキャプテン。今夏にはステップアップの可能性が取り沙汰されたものの、愛するクラブとの紳士協定によって残留を決断した。 しかし、今夏積極的な補強を敢行したチームは、デイビッド・モイーズ監督の限界を露呈するようなリーグ戦の低迷を強いられており、23歳MFの来夏の退団がより現実味を帯びてきている。 そういった中、現在スリーライオンズの一員としてカタール・ワールドカップ(W杯)という代表レベルにおける最高峰の舞台を経験するライスは、公式会見の場で自身の去就に言及。 周囲のチームメイト同様にクラブレベルでもチャンピオンズリーグ(CL)のような最高峰の舞台に挑戦したいと、改めてステップアップ願望を口にした。 「皆さんが知っているように、チャンピオンズリーグのフットボールをプレーし、トロフィーを獲得している友人がここにはいる。キャリアは1つしかなく、キャリアの終わりには、自分が何を勝ち取ったのか、プレーした最大のゲームを振り返りたいと思うものだ」 「僕は野心的で、それをやりたいと思っている」 なお、ウェストハムはライスの移籍金を7000万ポンド~1億ポンド(約116億~166億円)程度に見積もっており、移籍先候補に挙がるプレミアリーグのメガクラブにとって十分に支払いが可能な金額だ。 ただ、以前から有力な候補に挙がる古巣のチェルシーやマンチェスター・ユナイテッド、リバプールに関してはCL出場権獲得へ微妙な立ち位置となっており、マンチェスター・シティやアーセナルなどと競合した際にはその部分がネックとなりそうだ。 2022.12.02 05:30 Fri
twitterfacebook
thumb

「自分がいないW杯に興味なし?」ハーランドがボローニャで目撃される… その目的とは?

マンチェスター・シティのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドがボローニャで目撃されたようだ。 今夏にドルトムントからシティへ移籍し、公式戦24試合で29ゴール4アシストと絶好調のハーランド。現在は代表チームがカタール・ワールドカップ(W杯)と無縁なこともあり、束の間のオフに入ったとされる。 そんななか、イタリア『カルチョメルカート』によると、28日にイングランドや母国ノルウェーのみならず、W杯開催地のカタールからも遠く離れたイタリア北部のボローニャでハーランドが目撃されたとの情報が。 どうやらハーランドはこの前日、イタリア北部のマラネッロという小さな町に滞在。マラネッロは高級スポーツカーでお馴染みのフェラーリが本社を置く町として広く知られ、ハーランドもフェラーリ購入のために訪れていたという。 その翌日にはマラネッロから近いボローニャへと移動し、観光とショッピングを満喫したとのこと。『カルチョメルカート』には「ユーベのメディカルチェックかと思ったのに」、「自分がいないW杯には興味がないのかも」といった珍コメントが寄せられている。 <span class="paragraph-title">【動画】腕時計ブランドとコラボしたハーランド</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/ClUAJIXA9Yg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/ClUAJIXA9Yg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/ClUAJIXA9Yg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">BREITLING(@breitling)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.11.30 21:09 Wed
twitterfacebook
thumb

再び初戦でシティvsチェルシー! FAカップ3回戦の対戦カード決定

FAカップ3回戦の組み合わせ抽選会が28日に行われた。 イングランドサッカー協会(FA)に登録されている全てのクラブが出場可能なFAカップ。この3回戦からはプレミアリーグ勢、チャンピオンシップ(イングランド2部)勢が参戦する。 今回の組み合わせでは先日のEFLカップ3回戦に続きマンチェスター・シティとチェルシーという優勝候補同士の対決が実現。 さらに、前大会王者のリバプールはウォルバーハンプトン、マンチェスター・ユナイテッドはエバートンとのプレミア勢と対戦することに。また、クリスタル・パレスvsサウサンプトン、ブレントフォードvsウェストハムが1部同士で激突する。 DF冨安健洋のアーセナルとMF三笘薫のブライトンは、前者がフットボールリーグ1(イングランド3部)のオックスフォード、後者がチャンピオンシップのミドルズブラと対戦。その他ではトッテナムがフットボールリーグ1のポーツマス、DF中山雄太が長期離脱中のハダースフィールドは同じチャンピオンシップ勢のプレストンと対戦する。 なお、3回戦は2023年1月6日~9日にかけて開催される。FAカップ3回戦組み合わせは以下の通り。 ◆FAカップ3回戦 マンチェスター・シティ vs チェルシー マンチェスター・ユナイテッド vs エバートン リバプール vs ウォルバーハンプトン クリスタル・パレス vs サウサンプトン ブレントフォード vs ウェストハム オックスフォード(3) vs アーセナル トッテナム vs ポーツマス(3) ミドルズブラ(2) vs ブライトン シェフィールド・ウェンズデー(3) vs ニューカッスル ハル・シティ(2) vs フルアム カーディフ(2) vs リーズ ボーンマス vs バーンリー(2) ブラックプール(2) vs ノッティンガム・フォレスト ダゲナム&レッドブリッジ(5)orジリンガム(4) vs レスター・シティ アストン・ビラ vs スティブネイジ(4) プレストン(2) vs ハダースフィールド(2) レディング(2) vs ワトフォード(2) チェスターフィールド(5) vs WBA(2) チャールトン(3)orストックポート(4) vs ウォルサール(4) ボレアム・ウッド(5) vs アクリントン・スタンリー(3) ダービー・カウンティ(3) vs バーンズリー(3) コヴェントリー(2) vs レクサム(5) ノリッジ(2) vs ブラックバーン(2) イプスウィッチ(3) vs ロザラム(2) ルートン・タウン(2) vs ウィガン(2) フリートウッド・タウン(3) vs QPR(2) グリムズビー(4) vs バートン・アルビオン(3) フォレストグリーン・ローヴァーズ(3) vs バーミンガム(2) ブリストル・シティ(2) vs スウォンジー(2) ハートルプール(4) vs ストーク(2) ミルウォール(2) vs シェフィールド・ユナイテッド(2) シュールズベリー(3) vs サンダーランド(2) ※()内の数字は所属カテゴリー 2022.11.29 06:15 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly