スパーズがブライトンMFビスマ獲得を決定的に! 移籍金は40億円程度か

2022.06.14 17:49 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムが、ブライトンのマリ代表MFイヴ・ビスマ(25)の獲得を決定的なものにしたようだ。イギリス『タイムズ』が報じている。

ビスマは母国でのプロデビューから2016年夏にリールに移籍し渡欧。すでにマリ代表での地位を確立していた中で、リーグ・アンでは準主力として23試合の出場にとどまった。

だが、2年目では先発出場の機会を増やしながらリーグ戦24試合に出場。2018年夏にブライトンに移籍すると、プレミアリーグでも当たり負けしない強靭なフィジカルを生かした守備で、中盤の潰し屋として評価を高めた。
同メディアによれば、トッテナムは1月からビスマへの関心を強め、他クラブも関心を寄せる中で水面下で交渉を進めていたとのこと。そしてこの度、2500万ポンド(約40億円)前後の移籍金でクラブ間合意に達したという。

個人間交渉も問題なしと見られているが、ビスマには昨年10月に女性に性的暴行を加えた容疑で逮捕された経緯があり、現在も警察の調査が進められているところだ。

関連ニュース
thumb

スパーズが今冬3人目の補強目指す! インカピエ獲得へオファー掲示か?

トッテナムが、レバークーゼンのエクアドル代表DFピエロ・インカピエ(21)獲得に動いているようだ。ドイツ『ビルト』が報じている。 今冬の移籍市場でオランダ代表FWアルノー・ダンジュマを確保し、スポルティングCPのスペイン代表DFペドロ・ポロの獲得にも迫るトッテナム。 今月31日の市場閉幕が間近に迫る中、アントニオ・コンテ率いるチームは、さらにクオリティ不足が顕著なセンターバックの補強に動く構えだ。 『ビルト』によると、トッテナムは予てより関心を示すエクアドル代表DF獲得に向け、レバークーゼンに対して2500万ユーロ(約35億3000万円)の口頭オファーを掲示したという。 すでに5年半契約での個人間合意も伝えられるものの、レバークーゼンと2026年まで契約を残すインカピエに関しては、レバークーゼンが早い時期の売却を望んでおらず、要求額にも大きな開きがあるため、前述のオファーが受け入れられる可能性は限りなく低いという。 そのため、トッテナムは残り2日間で大幅に改善したオファーを再掲示し、且つレバークーゼンが後釜を確保する必要があり、このタイミングでの交渉成立は非常に困難なオペレーションとなるはずだ。 母国のインデペンディエンテ・デル・バジェの下部組織出身のインカピエは17歳でトップチームデビュー。アルゼンチンのタジェレスを経て、昨夏にレバークーゼンへ加入。 エクアドルのフル代表ですでに24キャップを刻む21歳は、昨季のレバークーゼンで公式戦33試合に出場し、2ゴール1アシストを記録。左サイドバックとセンターバックの2つのポジションで攻守に安定したパフォーマンスを披露。 184cmと上背はないが、そのサイズを補って余りあるパワーとスピード、若さを感じさせない冷静な守備対応が光る。また、サイドバックとしてはクロス精度に課題があるものの、センターバックとして求められる持ち運びや配球力も備えるモダンなプレースタイルだ。 2023.01.29 22:51 Sun
twitterfacebook
thumb

インテルにもチェルシーにも居場所のないルカク、夏にプレミアの他クラブへ?

インテルのベルギー代表FWロメル・ルカク(29)にトッテナムやニューカッスル行きの可能性があるようだ。 2021年夏にインテルからチェルシーへと活躍の場を移したルカクだったが、低調なパフォーマンスや本人の希望もあり、1年を経たずして今夏にインテルへとレンタル移籍で復帰。しかし、度重なる負傷によって、今季のここまで公式戦出場は9試合のみとイタリアの地でも期待に応えられていない。 チェルシーとの契約を2026年夏まで残す中、ルカク本人は引き続きインテルでのプレーを希望するも、同クラブはレンタル期間延長や買い取りを行うつもりはない模様。保有元のチェルシーでも復帰は歓迎されていないようで、このままでは今夏には居場所を失うことになりそうだ。 そうした中、イタリア『calciomercatoweb』はトッテナムとニューカッスルへの今夏移籍の可能性があると報道。前者についてはインテル時代に師弟関係にあったアントニオ・コンテ監督の存在も理由の一つであると伝えた。 また、『calciomercatoweb』によると、ユベントスも新天地候補の一つである模様。同クラブは不正会計のペナルティによってUEFA主催大会から追放される可能性がある中、チェルシーの提案するルカクとセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチ(23)とのトレードを受け入れる可能性があるようだ。 2023.01.29 17:18 Sun
twitterfacebook
thumb

スパーズ移籍迫るペドロ・ポロ、スポルティング最後の一戦でサポーターへ別れ

トッテナム移籍が決定的となったスポルティングCPのスペイン代表DFペドロ・ポロ(23)がサポーターへ別れを告げた。 右ウイングバックの補強を目指すトッテナムがトープターゲットとして追っていたポロ。トッテナムは値下げや選手譲渡などの交渉を続けていたが、最終的には契約解除金の4500万ユーロ(約63億7000万円)を満額支払うことでクラブ間合意に至ったとされている。 そんな中、28日にポルトとのタッサ・ダ・リーガ決勝が行われ、スポルティングは0-2で敗戦。悔しい結果となったが、フル出場したポロにとってはこれが最後の試合。試合後はスタンドの観客へ別れの挨拶をし、大きな声援に包まれながらピッチから去っていった。 これで正式発表を待つばかりとなったポロ。ラージョ・バジェカーノやジローナの下部組織に在籍歴のあるスペイン代表DFは、2019年8月にマンチェスター・シティに加入。だが、トップチームで出場機会はなくバジャドリー、スポルティングにレンタルに出されていた。 その後、2年のレンタル期間に目覚ましい活躍を披露し、昨年5月にスポルティングが完全移籍で買い取っていた。 それから1年経たずしてトッテナムへステップアップ。2028年夏までの5年半契約を結ぶ見込みだ。<span class="paragraph-title”>【動画】スポルティングのサポータへ別れを告げるペドロ・ポロ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr">Será que foi o último jogo de Porro pelo Sporting? <a href="https://twitter.com/hashtag/sporttvportugal?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#sporttvportugal</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/TA%C3%87AnaSPORTTV?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#TAÇAnaSPORTTV</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/AllianzCup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#AllianzCup</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/Ta%C3%A7adaLiga?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#TaçadaLiga</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/SportingCP?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#SportingCP</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/FCPorto?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FCPorto</a> <a href="https://t.co/T3LYPE5VKk">pic.twitter.com/T3LYPE5VKk</a></p>&mdash; SPORT TV (@SPORTTVPortugal) <a href="https://twitter.com/SPORTTVPortugal/status/1619456844413419521?ref_src=twsrc%5Etfw">January 28, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.29 14:00 Sun
twitterfacebook
thumb

FA杯4回戦突破のスパーズ、副官はデビュー即ゴールのダンジュマを称賛 「素晴らしいクオリティ」

トッテナムのアシスタントコーチであるクリスティアン・ステッリーニ氏が選手たちのパフォーマンスを称えた。 トッテナムは28日に行われたFAカップ4回戦でプレストン・ノースエンドと対戦。 序盤からボールを握って押し込むと、試合を折り返して50分に韓国代表FWソン・フンミンの見事なミドルシュートで先制する。69分にもソン・フンミンが追加点を奪い、2点差をつけると、先日加入したオランダ代表FWアルノー・ダンジュマを投入。87分にはそのダンジュマがデビュー戦ゴールを決め、3-0で勝利した。 格下相手にきっちり勝ち切って5回戦進出を決めたトッテナム。アントニオ・コンテ監督に変わって試合後の会見に出席したステッリーニ氏は得点を挙げた2選手を称賛した。 「ソンは試合の勢いの中で自分のタイミングを待ってゴールを決めた」 「アルノーと一緒に仕事ができることに興奮している。彼の強みを発揮させたい。彼は素晴らしいクオリティを持っており、攻撃の多くのポジションをこなせる」 また、この一戦でゲームキャプテンを務めたコロンビア代表DFダビンソン・サンチェスを中心に、クリーンシートを達成した守備陣についても高く評価した。 「ディフェンスラインの3人は素晴らしいプレーをしてくれたので、彼らにも賛辞を送りたい。とても幸せだ。ダビンソンがキャプテンになり、ディフェンスラインをリードしたことでクリーンシートを達成できたのだ。良い夜だった」 「プレストンは前半、とても良く守っていたし、良く走っていた。我々の守備陣も前半は相手にカウンターを許さなかったし、良い内容だったと思う。そして後半にソニーが得点を決めたことで、相手との差と余裕が生まれた」 2023.01.29 13:25 Sun
twitterfacebook
thumb

ソン・フンミン圧巻2発にダンジュマがデビュー弾! 格下に快勝スパーズが5回戦進出《FAカップ》

トッテナムは28日、アウェイで行われたFAカップ4回戦でプレストン・ノースエンドと対戦し、3-0で勝利した。 3回戦で3部のポーツマスを1-0で破って今大会初戦を突破したトッテナムは、今ラウンドでチャンピオンシップ(イングランド2部)で11位に位置するプレストンと対戦した。 プレミアリーグ前節でフルアムを1-0で破って連敗をストップしたコンテのチームは、来週末にマンチェスター・シティとの再戦を控える中、格下相手の一戦では先発7人を変更。3トップにクルゼフスキ、ソン・フンミン、ペリシッチを配し、ベンタンクールを継続起用したが、守備陣を中心に大幅なローテーションを採用。注目の新戦力ダンジュマはケインと共にベンチに入った。 立ち上がりからボールを握って押し込むトッテナム、自陣深くにブロックを構えて守るプレストンという明確な構図の下で試合が進んでいく。 早い時間帯にゴールをこじ開けたいアウェイチームは7分、FKの流れからボックス内でこぼれ球に抜け出したクルゼフスキが左足のシュート。だが、これは相手DFの好ブロックに阻まれる。 以降は中央を締めてくるプレストンの堅守に手を焼き、なかなか個での打開やコンビネーションがうまくいかないトッテナム。その流れの中でソン・フンミンがミドルレンジから鋭いミドルシュートを枠に飛ばしていくが、いずれも相手GKの好守に遭う。 その後もボールを持たされる感が否めないアウェイチームは、ピンチこそほぼないものの、前半終盤のソン・フンミンとクルゼフスキのコンビネーションプレーも相手守備にうまく対応され、前半の内に先制点を奪うことはできなかった。 互いに選手交代なしで臨んだ後半も試合展開に大きな変化はない。だが、前半から積極的にミドルレンジから足を振っていた韓国代表FWがゴールをこじ開ける。 50分、ボックス手前右でビスマから足元にパスを受けたソン・フンミンが相手守備の寄せが甘くなったところを利用して左足を一閃。この完璧なミドルシュートがゴール左隅に決まった。 ソン・フンミンのワールドクラスの一撃で先制に成功したトッテナムだが、ここから一気に畳みかける展開とはいかず。しばらくプレストンの攻撃を受ける形となる。 それでも、これを冷静に凌ぐと、再び韓国代表FWの左足が火を噴く。69分、押し込んだ形からタンガンガのグラウンダーパスをボックス手前のペリシッチがフリック。これを足元で収めたソン・フンミンが冷静な反転でDFを振り切ってGKと一対一の形を作り出すと、左足のシュートを難なくゴールネットへ突き刺した。 この2点目で勝利に大きく近づいたトッテナムは、直後に3枚替えを敢行。セセニョンとドハーティの両ウイングバックとベンタンクールを下げて、新天地デビューのダンジュマ、エメルソン、スキップを投入。注目のオランダ代表FWは最前線に入り、ペリシッチが左ウイングバックにポジションを下げた。 その後、危なげなく時計を進めるトッテナムは殊勲のソン・フンミンがお役御免でブライアン・ヒルとの交代でピッチを去るが、注目の新戦力が最後に見せ場を作った。 87分、ビスマとブライアン・ヒルの2選手のドリブルで局面を打開し、右サイドでフリーのクルゼフスキに展開される。クルゼフスキは中を確認して丁寧なグラウンダーの折り返しを入れると、タイミング良くゴール前に入ってきたダンジュマが右足のダイレクトシュートを左隅へ流し込んだ。 そして、ダンジュマのデビュー戦ゴールでダメ押しの3点目を奪ったトッテナムが、そのままクリーンシートで試合をクローズ。格下相手にきっちり勝ち切って5回戦進出を決めた。 2023.01.29 04:55 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly