アストン・ビラFWベイリーの家族が車両大破の事故に遭うも奇跡的にケガはなし

2022.06.13 08:00 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アストン・ビラのジャマイカ代表FWレオン・ベイリーの家族が深刻な自動車事故に巻き込まれていたことが判明した。イギリス『バーミンガム・ライブ』が伝えている。

現在、ジャマイカ代表に招集中のベイリーは、7日にホームでCONCACAFネーションズリーグのスリナム戦(3-1で勝利)に出場。だが、試合が始まる直前に母親とパートナー、息子が乗っていた自動車が激しく横転する事故に見舞われていたことが分かった。

ベイリーは11日、自身の公式インスタグラムを通じて試合直前に家族の事故の一報を知らされたこと。安否が不明な状況でのスリナム戦でのプレー、最終的に大きなケガがなく生還したことを明かした。

「忘れられないゲームデー。試合のほんの少し前、僕は最も悲惨な電話を受けた。家族が恐ろしい自動車事故に遭ったと知らされた」

「僕の頭の中をよぎったことは、言葉では言い表せない。その瞬間は、家族が生きているという希望を持ち続けること以外、何も重要ではなかった。すぐにキャンプから病院へ向かったが、それは今までで一番長い車の旅だったように思う。神の恩寵により、家族はケガもなく、今日もここにいる。そんな状況にもかかわらず、家族は僕に試合でプレーするように祝福してくれた」

「ベストゲームではなかったかもしれないけど、家族のためにプレーした。国のためにプレーしたことが、自分の世界が混乱しているときに励みにもなった。今日、家族が自分と一緒にここにいることに感謝するばかりだ」

「心配してくれた人たちには、感謝を伝えたい。僕らのプライバシーを尊重していただけるようお願いしたい」

なお、ベイリーはスリナム戦でプレーした自身の写真と共に家族が乗っていた事故車両を写した画像を投稿。その激しく損傷した車体を見る限り、家族が大きなケガなく生還できたことは、まさに奇跡的と言える。

1 2

関連ニュース
thumb

中盤補強を模索のアーセナル、来冬に再びドウグラス・ルイスへオファーか

アーセナルは来冬にアストン・ビラからブラジル代表MFドウグラス・ルイス(24)の獲得に再び向かうようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 今夏に中盤の強化を目指したアーセナル。移籍マーケットの終盤にドウグラス・ルイスを獲得しようとする動きが取り沙汰されたが、デッドラインデイに出した移籍金2500万ポンド(約41億7000万円)のオファーは断られた。 それでも、アーセナルは依然としてドウグラス・ルイスの獲得を諦めず、改めて獲得する計画を進めているとのこと。中盤の主軸であるMFトーマス・パルティの度重なる負傷に不満を抱くミケル・アルテタ監督は新たな中盤の確保を熱望しているという。 ドウグラス・ルイスとビラの契約は来夏までで、スティーブン・ジェラード監督は契約延長を希望するが、ステップアップを望む選手側に交渉を進める意思はない模様。アーセナルはこの状況を利用して、夏よりも安い1500万ポンド(約23億3000万円)程度の移籍金で獲得可能と踏んでいるようだ。 ドウグラス・ルイスはビラで公式戦通算118試合に出場して7ゴール8アシストを記録。今季もプレミアリーグ6試合に出場するが、先発は2試合にとどまっている。 2022.09.29 12:48 Thu
twitterfacebook
thumb

デルフが32歳の若さで現役に別れ…アストン・ビラやシティ、エバートンでプレー

元イングランド代表MFファビアン・デルフ(32)が現役引退を発表した。 昨シーズン限りでエバートンを退団して以降、フリーの状態が続いていた32歳は、27日に自身の公式インスタグラムを通じて現役に別れを告げた。 「今日、僕はこの美しいゲームが自分に与えてくれた幸せと感謝だけを伝え、引退を発表するよ」 「家族と友人。これまで在籍してきた素晴らしいクラブで共に働いたプレーヤー、スタッフに対して、声を大にして感謝を伝えたい。同様に僕は幸運にもそのクラブの代表としてプレーするだけでなく、ファンから素晴らしいサポートを受けた。それに対しても感謝を伝えるよ」 ブラッドフォードとリーズ・ユナイテッドの下部組織でプレーしたデルフは、リーズでプロキャリアをスタート。その後、2009年にプレミアリーグに所属するアストン・ビラにステップアップを図ると、豊富な運動量と戦術眼、複数のポジションをカバーするユーティリティー性を武器に中盤の主力として台頭した。 2015年夏からはマンチェスター・シティでプレー。本職の中盤だけでなく、左サイドバックをこなすマルチロールな働きを見せ、多才なバックアッパーとして合計7個のタイトル獲得に貢献した。 2019年夏には出場機会を求めてエバートンに加入したが、度重なるケガの影響もあり、在籍3シーズンで41試合の出場にとどまっていた。 これまでのキャリアを通じてはプレミアリーグ通算204試合に出場し、7ゴール10アシストの数字を残した。 また、2014年にデビューを飾ったイングランド代表では通算20キャップを記録していた。 2022.09.28 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

アストン・ビラ、ブバカル・カマラの右ヒザじん帯損傷を発表…

アストン・ビラは23日、フランス代表MFブバカル・カマラが右ヒザじん帯を損傷したことを明かした。 カマラは今月16日に行われたプレミアリーグ第8節のサウサンプトン戦で右ヒザを負傷。今回のインターナショナルマッチウィークではMFアドリアン・ラビオ(ユベントス)の負傷離脱により、追加招集の形でフランス代表に招集されていたが、無念の招集辞退となっていた。 クラブは同選手の離脱期間に関して明かしていないが、フランス『レキップ』は、最低2カ月と報じている。 このケガにより、カマラはカタール・ワールドカップ(W杯)開催に伴う中断前の公式戦欠場に加え、現時点での序列を考えれば、W杯招集の可能性も限りなく低くなった。 2022.09.24 00:04 Sat
twitterfacebook
thumb

ブバカル・カマラのW杯欠場濃厚に…最低2カ月の離脱へ

アストン・ビラに所属するフランス代表MFブバカル・カマラのカタール・ワールドカップ(W杯)出場は極めて厳しい状況のようだ。 マルセイユでの活躍を経て、今年6月にフランス代表に初招集されたカマラは、UEFAネーションズリーグの3試合すべてでプレー機会を与えられた。 また、今回のインターナショナルマッチウィークではMFアドリアン・ラビオ(ユベントス)の負傷離脱により、追加招集の形で本大会前最後のアピールのチャンスを与えられたが、直近のサウサンプトン戦で右ヒザを痛めたことで、無念の招集辞退となった。 フランス『レキップ』によると、そのカマラは直近の精密検査の結果、右ヒザに重度の捻挫を負ったことが判明。クラブは早期復帰のため、同選手をドバイへ向かわせており、離脱期間は最低でも2カ月を要する見込みだという。 カタールW杯は11月20日に開幕となるため、カマラのケガがそれまでに回復する可能性は高いが、現時点での序列を考えれば、ディディエ・デシャン監督がリスクを冒して招集に踏み切る可能性は低い。 2022.09.23 00:18 Fri
twitterfacebook
thumb

マンチェスター・ユナイテッドが過去10年間の移籍市場で最も無駄遣い…過払い金約340億円

大金が毎回動き、その額も年々上昇しているヨーロッパの移籍市場。2012年以降の移籍市場で、評価額以上に資金を投入しているクラブが判明した。 スポーツ研究国際センターである「CIES Football Observatory」のが、過去10年間の移籍市場の各クラブの支出と、移籍前の選手の価値を比較するデータを元に、ヨーロッパの5大リーグ(プレミアリーグ、ラ・リーガ、セリエA、ブンデスリーガ、リーグ・アン)のランキングを作成した。 対象となるのは、移籍金が発生する取引のみ。過去10年間で選手の評価額よりも多くの金額を支払う、いわゆる「過払い」が最も多かったのはマンチェスター・ユナイテッドだった。 ユナイテッドは、33回の取引があり、その中で過払金は2億3800万ユーロ(約340億円)とのことだ。 2位のユベントスは36回の取引があり、2億3400万ユーロ(約334億2000万円)。この両クラブの差はほとんどない状況だ。 3位はパリ・サンジェルマン(PSG)で31回の取引で1億6200万ユーロ(約231億4000万円)、4位アストン・ビラの44回で1億4900万ユーロ(約212億8000万円)、5位レアル・マドリーの19回で1億4800万ユーロ(約211億5000万円)と続いた。 これのクラブは、悪く言えば「無駄遣い」をしているということ。もちろん、獲得後に選手が価値を上げることもあるため、一概には「無駄遣い」とは言えないが、適正な価格以上で多くの選手を獲得しているという事実は変わらない。移籍金が高騰化していく要員を作っているとも言える。 一方で、逆に節約をしているクラブもある。 最も「過払い」がないクラブは32回の取引があるアトレティコ・マドリーで、8200万ユーロ(約117億2000万円)。続いて、バルセロナの40回で4700万ユーロ(約67億2000万円)、セビージャの54回で4400万ユーロ(約62億9000万円)、フィオレンティーナの37回で3900万ユーロ(約55億7000万円)、ヘルタ・ベルリンの31回で3100万ユーロ(約44億3000万円)と続いている。 ◆過去10年の移籍金過払いランキングトップ20 1位:マンチェスター・ユナイテッド/2億3800万ユーロ(約340億円) 2位:ユベントス/2億3400万ユーロ(約334億2000万円 3位:パリ・サンジェルマン/1億6200万ユーロ(約231億4000万円) 4位:アストン・ビラ/1億4900万ユーロ(約212億8000万円) 5位:レアル・マドリー/1億4800万ユーロ(約211億5000万円) 6位:チェルシー/1億3500万ユーロ(約193億円) 7位:アーセナル/1億2900万ユーロ(約184億4000万円) 8位:スタッド・レンヌ/1億1400万ユーロ(約162億9000万円) 9位:エバートン/9700万ユーロ(約138億7000万円) 10位:ドルトムント/7700万ユーロ(約110億円) 11位:ニューカッスル/7600万ユーロ(約108億6000万円) 12位:レスター・シティ/7400万ユーロ(約105億8000万円) 13位:リヨン/7100万ユーロ(約101億5000万円) 14位:サウサンプトン/7000万ユーロ(約100億円) 15位:ローマ/6700万ユーロ(約95億8000万円) 16位:ナポリ/6200万ユーロ(約88億6000万円) 17位:レバークーゼン/6100万ユーロ(約87億2000万円) 18位:モナコ/5700万ユーロ(約81億5000万円) 19位:リバプール/5600万ユーロ(約80億円) 20位:ウェストハム/5500万ユーロ(約78億6000万円) 2022.09.21 20:42 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly