アストン・ビラFWベイリーの家族が車両大破の事故に遭うも奇跡的にケガはなし

2022.06.13 08:00 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アストン・ビラのジャマイカ代表FWレオン・ベイリーの家族が深刻な自動車事故に巻き込まれていたことが判明した。イギリス『バーミンガム・ライブ』が伝えている。

現在、ジャマイカ代表に招集中のベイリーは、7日にホームでCONCACAFネーションズリーグのスリナム戦(3-1で勝利)に出場。だが、試合が始まる直前に母親とパートナー、息子が乗っていた自動車が激しく横転する事故に見舞われていたことが分かった。

ベイリーは11日、自身の公式インスタグラムを通じて試合直前に家族の事故の一報を知らされたこと。安否が不明な状況でのスリナム戦でのプレー、最終的に大きなケガがなく生還したことを明かした。

「忘れられないゲームデー。試合のほんの少し前、僕は最も悲惨な電話を受けた。家族が恐ろしい自動車事故に遭ったと知らされた」

「僕の頭の中をよぎったことは、言葉では言い表せない。その瞬間は、家族が生きているという希望を持ち続けること以外、何も重要ではなかった。すぐにキャンプから病院へ向かったが、それは今までで一番長い車の旅だったように思う。神の恩寵により、家族はケガもなく、今日もここにいる。そんな状況にもかかわらず、家族は僕に試合でプレーするように祝福してくれた」

「ベストゲームではなかったかもしれないけど、家族のためにプレーした。国のためにプレーしたことが、自分の世界が混乱しているときに励みにもなった。今日、家族が自分と一緒にここにいることに感謝するばかりだ」

「心配してくれた人たちには、感謝を伝えたい。僕らのプライバシーを尊重していただけるようお願いしたい」

なお、ベイリーはスリナム戦でプレーした自身の写真と共に家族が乗っていた事故車両を写した画像を投稿。その激しく損傷した車体を見る限り、家族が大きなケガなく生還できたことは、まさに奇跡的と言える。



1 2

関連ニュース
thumb

中山雄太所属のハダースフィールドがアストン・ビラの逸材DFケスラー=ヘイデンをレンタルで獲得

チャンピオンシップ(イングランド2部)のハダースフィールド・タウンは12日、アストン・ビラのU-20イングランド代表DFカイン・ケスラー=ヘイデン(19)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 アストン・ビラの下部組織育ちのケスラー=ヘイデンは、スウィンドン・タウンやMKドンズへのレンタル移籍を経験している。 ファーストチームには昇格していないが、2021年7月にクラブと長期契約を結んでいる逸材。2020-21シーズンのFAカップでデビューは果たしている。 右サイドバックや右ウイングバックでプレーが可能で、U-20イングランド代表でも3試合に出場している。 2022.08.12 22:50 Fri
twitterfacebook
thumb

ノリッジがMFラムジーをレンタル移籍で獲得、アストン・ビラのアカデミー育ちのU-21イングランド代表

ノリッジは6日、アストン・ビラのU-21イングランド代表MFアーロン・ラムジー(19)がレンタル移籍で加入することを発表した。 なお、アストン・ビラと契約を延長した上でのレンタル移籍に。背番号は「20」となる。 アストン・ビラのアカデミー育ちのラムジーは、チェルトナムへのレンタル移籍を経験。ファーストチームに昇格せずにノリッジへとレンタル移籍することとなった。 2021-22シーズンのEFLカップでファーストチームデビュー。今夏のプレシーズンツアーでもファーストチームに帯同していた。 また世代別のイングランド代表を経験。試合には出場していないが、U-21イングランド代表にも招集されていた。 2022.08.06 07:45 Sat
twitterfacebook
thumb

チェルシーが期待の若手MFチュクエメカを獲得!「ここ数日はチェルシーで頭がいっぱいだった」

チェルシーは4日、アストン・ビラからU-19イングランド代表MFカーニー・チュクエメカ(18)を獲得したことを発表した。契約は6年間となる。 すでにクラブ間合意が伝えられ、正式発表を残すのみとなっていたチュクエメカ。アストン・ビラとの契約が残り1年となっていた18歳を巡っては、バルセロナやドルトムント、ミランと競合していたが、この度チェルシーが移籍金1500万ポンドに最大500万ポンドのボーナスが付随した条件で合意に至った。 移籍が決まったチュクエメカは、慌ただしかったここ数日を無事に終えられたことに安堵のコメントを残している。 「かなり忙しかったけど、ここ数日はチェルシーのことが頭から離れなかったから、すべてが終わって嬉しいし、ホッとしているところだよ」 「すごく興奮している。ピッチに立って、選手みんなに会って、試合に勝って、トロフィーを獲得することが待ち遠しいよ」 チュクウェメカはアストン・ビラの下部組織出身で、昨年5月に行われたプレミアリーグのトッテナム戦でトップチームデビュー。本格的にトップチームに昇格した昨シーズンは、プレミアリーグ12試合、EFLカップ2試合に出場した。 セントラルMFを主戦場とする選手で、広い視野や軽やかな身のこなしを生かしたボールキープや推進力が魅力。ユースでは10番を背負い、一昨季のFAユースカップでは準々決勝のニューカッスル戦のハットトリックを含め7ゴールという高い得点力を示し、大会制覇に貢献した。 チェルシーのトッド・ベーリー会長は「カーニーはヨーロッパで最もエキサイティングな若手の一人だ。スタンフォード・ブリッジでプレーしている姿を見るのが楽しみだ」とコメントしており、新シーズンのチェルシー残留を示唆している。 2022.08.04 19:27 Thu
twitterfacebook
thumb

補強進まないチェルシーが移籍金32.5億円でU-19イングランド代表MFチュクウェメカ獲得か、アストン・ビラと合意報道

チェルシーがアストン・ビラに所属するU-19イングランド代表MFカーニー・チュクエメカ(18)の獲得で合意したようだ。イギリス『BBC』が伝えている。 今夏の移籍市場ではターゲットとしている選手がことごとく他クラブへと移籍。ここまでイングランド代表FWラヒーム・スターリング、セネガル代表DFカリドゥ・クリバリ、そしてアメリカ代表GKガブリエル・スロニアの獲得に終わっている。 そのチェルシーだが、若き才能であるチュクウェメカの獲得でアストン・ビラと合意に至ったとのこと。移籍金は2000万ポンド(約32億5000万円)と見られている。 チュクウェメカはアストン・ビラの下部組織出身で、2021年7月にファーストチームに昇格。昨シーズンはプレミアリーグで12試合に出場していた。 契約期間は残り1年となっていた中で、今夏のオーストラリアへのプレシーズンツアーには不参加。移籍の可能性が取り沙汰されていた。 チュクウェメカには、チェルシーの他、バルセロナ、ミラン、ドルトムントなども興味を示していたが、今回は無事に確保できたようだ。 なお、チュクウェメカとの条件についての交渉、そしてメディカルチェックを受けることは決定。あとは個人の条件で合意するのみとなった。 2022.08.03 11:48 Wed
twitterfacebook
thumb

「アストン・ビラにとって正しいこと」、主将はく奪のミングスが大人な対応

アストン・ビラのイングランド代表DFタイロン・ミングスが、キャプテン交代を受け、自身の見解を示した。 2019年1月にボーンマスから当時チャンピオンシップ(イングランド2部)にいたビラにレンタル加入したミングス。最終ラインの主力としてプレミアリーグ昇格に貢献すると、翌シーズンに完全移籍へ移行。直近3シーズンではリーグ戦30試合以上に出場するなど、ディフェンスリーダーとして活躍し、昨夏にはイングランド代表MFジャック・グリーリッシュのマンチェスター・シティ移籍に伴い、新キャプテンに任命されていた。 しかし、昨シーズン途中からビラの指揮官に就任したスティーブン・ジェラード監督は、自身初のフルシーズンに向け、新たなチーム人事を発表。 その発表ではスコットランド代表MFジョン・マッギンが新キャプテンに任命されたほか、アルゼンチン代表GKエミリアーノ・マルティネスが副キャプテン、元イングランド代表DFアシュリー・ヤングが第3キャプテンに指名され、ミングスはわずか1年でリーダーグループから完全に外される形となった。 ジェラード監督はこの人事発表に際して、「ジョン(・マッギン)はピッチ上でのパフォーマンスと、トレーニングでの姿勢や取り組み方を通じて、キャプテンを務める準備ができていることを証明してくれた。彼はドレッシングルームの人気者で、自分自身に高い基準と期待をかけている」、「エミ(マルティネス)はチームのシニアメンバーからリスペクトを示される存在であり、アシュリー・ヤングはその経験が物語るように、トップチームの完璧なアンバサダーだ」と、説明している。 一方で、キャプテンはく奪の形となったミングスに対しては、「当然、タイロン・ミングスとも話し合い、この決断を下した理由を説明した。そして何より、キャプテンとしての責任を持たないことで、タイロンが自分のプレーに集中でき、彼にとってもチームにとってもプラスになると信じている」とコメント。セビージャからブラジル人DFジエゴ・カルロスが加入したことで、暗にポジションが安泰ではないことを示唆している。 今回のキャプテン交代に関してはビラサポーターの間でも賛否両論があり、前キャプテンを信頼する一部サポーターからは指揮官の今回の決定を不服とする意見も挙がっている。 そういった中、当事者であるミングスは自身の公式ツイッターを通じて、「アストン・ビラにとって正しいこと」と、指揮官の決定を全面的に支持している。 「僕にとって、これはジョンや自分についてではなく、アストン・ビラにとって正しいことなんだ」 「僕自身、監督の決定に全く問題を感じていない。もちろん、このチームを(キャプテンとして)率いるのが大好きだった。それでも、ジョン・マッギンを知っている人なら誰でも、彼がどれほど影響力があるかを知っていると思うし、彼というキャプテンの下でプレーすることは名誉なことだよ」 昨シーズンは時おり不安定なパフォーマンスは見受けられたものの、イングランド代表にも定期的に招集され、本来であればチームの顔の一人といっても過言ではない立場にあるミングス。 今回の指揮官の決定は間違いなく受け入れがたい部分があると思われるが、チームや同僚を優先する献身的な姿勢を評価したい。 2022.07.28 15:23 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly