「この魔法をなんと名付ければいい?」U-23豪代表がアジア杯で衝撃弾、シュツットガルトの育成でも結果残す新星にAFCも注目

2022.06.06 20:45 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎2022 AFC
ウズベキスタンで行われているAFC U-23アジアカップで衝撃のゴールが誕生した。U-21日本代表も参戦中の同大会。4日に行われたグループB第2節のU-23イラク代表vsU-23オーストラリア代表は1-1の引き分けに終わったが、前半終了間際にオーストラリアのFWアル・クオルが挙げた一撃が目を見張る。

17分という早い時間に退場者を出したU-23オーストラリア代表は前半のアディショナルタイムに右サイドからチャンスを作ると、ジョシュア・ローリンズのクロスに飛び込んだのはクオル。ボールは走り込んだ自身のやや後方への軌道となるも、前のめりの状態からでも体をそらし、右足の裏で合わせて先制点をもたらした。

アジアカップの公式インスタグラムも「バックヒール?バイシクル?それともスコーピオンキック?この魔法のようなゴールをなんて名付ければいいのか教えてください!」と、驚きをもって評している。

スーダン生まれの20歳は2021年7月にセントラル・コースト・マリナーズからシュツットガルトへと4年契約で加入した。U-21チームでプレーを続け、今冬にはブンデスリーガ2部のザントハウゼンへと今季終了までの期限付き移籍を果たしている。レンタルバック後はチェイス・アンリとプレーをする可能性もあるだろう。

ノックアウトステージでU-21日本と対戦する可能性もあるクオル。試合後のAFCへのインタビューでは快活な冗談も飛ばしている。

「走り込んだらボールが後ろへそれるのがわかったので、ほかに選択肢もないし、やってやろうと思った。当てたらはいっちゃった。神様に感謝しなくちゃ」

「個人的には10点満点中5点かな、普通のゴールだよ。同じボールがきたらまたやるよ!うそうそ(笑)本当はすごく嬉しいよ。引き分けはちょっと残念だったけれど」

1 2

関連ニュース
thumb

ソシエダのオーストラリア代表GKライアンがコペンハーゲンへ完全移籍…2年契約

FCコペンハーゲンは9日、オーストラリア代表GKマシュー・ライアン(30)をレアル・ソシエダから完全移籍で獲得することを発表した。 契約期間は2024年6月までの2年間となる。 ライアンはセントラル・コーストから2013年7月にクラブ・ブルージュへ移籍し、ヨーロッパでのキャリアがスタート。その後、バレンシア、ヘンク、ブライトン&ホーヴ・アルビオン、アーセナルでプレー。2021年7月にブライトンからソシエダへと完全移籍した。 ソシエダでは控えGKとしてプレーすると、ラ・リーガで3試合、ヨーロッパリーグで3試合、コパ・デル・レイで3試合に出場していた。 2022.08.09 18:15 Tue
twitterfacebook
thumb

渡辺剛の相棒、オーストラリア代表DFセインズベリーがカタールに移籍

カタールのアル・ワクラSCは3日、コルトレイクからオーストラリア代表DFトレント・セインズベリー(30)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2023年6月までの1年間となる。 セインズベリーは2014年1月にセントラルコースト・マリナーズからズヴォレへと完全移籍。海外でのキャリアをスタートさせる。 ズヴォレの他、江蘇蘇寧、インテル、グラスホッパー、PSV、マッカビ・ハイファ、コルトレイクでプレー。6カ国のリーグで経験を積んだ。 コルトレイクでは2シーズンで公式戦50試合に出場し6ゴールを記録。DF渡辺剛とセンターバックでコンビを組んでいた。 オーストラリア代表としても56試合に出場し4ゴール。カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選にも出場し、日本代表戦も2試合フル出場。本大会でも主軸として考えられている中、一足先にカタールの地に舞い降りることとなった。 2022.08.04 11:43 Thu
twitterfacebook
thumb

アジアカップ2023開催地にオーストラリアや韓国など4カ国が立候補

アジアサッカー連盟(AFC)は18日、来年6月に開催されるアジアカップ2023の代替開催地にオーストラリア、インドネシア、韓国、カタールの4カ国が立候補したことを発表した。 従来は中国で開催される予定だった今大会。しかし、中国が新型コロナウイルス感染拡大の影響を理由に開催権を返上すると、AFCは今年5月に全AFC加盟協会へ代替開催地への立候補を呼びかけていた。 そして今回の発表によれば、7月15日の締め切りまでにオーストラリア、インドネシア、韓国、カタールの4カ国の協会がAFCに回答を送り、代替開催地への関心を表明したという。 なお、今後は各協会が8月31日に設定された入札書類提出期限日までに入札書類を提出し、その後AFC事務局による入札の総合評価が行われ、10月17日のAFC執行委員会で開催地が決定される見込みとなっている。 2019年に行われた前回大会では、カタール代表が初優勝。日本代表は準優勝だった。 2022.07.18 22:40 Mon
twitterfacebook
thumb

セルティック退団の豪代表ロギッチは欧州から声がかからず? オファーはインドネシアのみか

セルティックを退団するオーストラリア代表MFトム・ロギッチ(29)だが、新天地探しが進んでいないようだ。 2013年1月にセルティックの一員となったロギッチは、母国のメルボルン・ビクトリーへとレンタル移籍した期間を除き、9年間緑白のユニフォームに袖を通してきた。公式戦通算272試合46得点49アシストを記録し、7度のリーグ優勝を経験するなど、近年のクラブを支えた功労者だが、5月に退団が発表された。 オーストラリア代表でも主力選手として活躍するロギッチ。カタール・ワールドカップ(W杯)予選のペルー代表との大陸間プレーオフでは、自身は個人的な事情ということで招集外だったものの、チームメイトらがPK戦の末に5大会連続となる本大会への切符を掴んでいる。だが、今年11月に開幕する本大会を控え、現時点では新シーズンの所属先が見つかっていないようだ。 アメリカ『Fox Sports』によると、今夏ロギッチに対して正式オファーを提示したのは、インドネシア1部リーグ(リーガ1)のプルシジャ・ジャカルタのみであるとのこと。プルシジャはアジア地域を代表するMFの獲得に大金を積んだようだが、ロギッチはこのオファーを拒否した模様。その他には母国Aリーグの複数クラブが獲得を模索しているとみられるものの、欧州クラブからのコンタクトは未だ噂レベルにもなっていない。 なお、ロギッチは新シーズンもヨーロッパでキャリアを継続したいのか、母国帰還などを目的としたセルティック退団なのか、選手本人の明確な希望が明らかになっていない。ロギッチの去就はオーストラリア代表にとってみれば今秋のW杯メンバー選出も絡んでくる話題だけに、今後の動向は注目されている。 2022.06.28 19:54 Tue
twitterfacebook
thumb

ラ・リーガ残留のカディス、オーストラリア代表FWメイビルを完全移籍で獲得

カディスは24日、オーストラリア代表FWアワー・メイビル(26)をミッティランから完全移籍で獲得することを発表した。 契約期間は4年間で、2026年6月30日までとなる。 南スーダンにルーツを持つメイビルは、アデレード・ユナイテッドの下部組織育ちで、2015年7月にミッティランへと完全移籍する。 その後、デンマークのエスビャウやポルトガルのパソス・フェレイラへのレンタル移籍を経験。今年2月からは、トルコのカシムパシャへレンタル移籍していた。 ミッティランでは公式戦145試合に出場し20ゴール30アシストを記録。今シーズンはデンマーク・スーペルリーガで9試合に出場し1ゴール3アシスト、ヨーロッパリーグで2試合に出場。カシムパシャではスュペル・リグで11試合に出場し2ゴール1アシストを記録した。 スピードあるウインガーとしてオーストラリア代表としても活躍。ここまで22試合で6ゴールを記録。カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の日本代表戦では2試合ともプレーしていた。 メイびるは入団会見で「僕にとって、カディスとサインしてリーガに到達することは、サッカー選手としてのすべてを意味する」と語り、「僕と僕の家族にとって夢が叶った」とスペインでの挑戦を喜んだ。 2022.06.25 06:48 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly