王者フランスがデンマークに逆転負け…ベンゼマ芸術弾で先制もコーネリウスの2発に沈む《UEFAネーションズリーグ》

2022.06.04 05:54 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
UEFAネーションズリーグ(UNL)のリーグAグループ1第1節、フランス代表vsデンマーク代表が3日に行われ、アウェイのデンマークが1-2で逆転勝利した。

前回王者のフランスは、連覇を狙う今シーズンのUNLの初陣でデンマークをホームで迎え撃った。父親の逝去に伴い、デシャン監督不在となった中、ギー・ステファンを暫定指揮官に据えたレ・ブルーは、守護神ロリスやヴァラン、リュカとテオのエルナンデス兄弟、カンテに加え、グリーズマンやムバッペ、ベンゼマといったベストメンバーを起用した。

一方、デンマークは長期離脱中のケアーを引き続き欠くものの、守護神シュマイケル、メーレ、デラネイ、ホイビュルク、エリクセンといった主力を起用。敵地での王者撃破を目指した。

共に3バックを採用して比較的マッチアップがハッキリした中、アウェイのデンマークがいきなり決定機を作り出す。開始4分、スコフ・オルセンの右サイドでの仕掛けから相手DFに当たってゴール前にこぼれたボールにドルべリが反応。右足のシュートはミートしなかったが、これが絶妙なラストパスに。ゴール左に走り込んだメーレが左足で押し込みにかかるが、これは惜しくも左ポストを叩いた。

立ち上がりのピンチを何とか凌いだフランスは、トップ下でフリーマンの役割を担うグリーズマン、カンテを起点に、相手陣内でボールを動かしながら攻め手を窺う。13分には右サイド深くからカンテが折り返したボールをベンゼマが右足ダイレクトで狙うが、これは相手DFのゴールカバーに遭う。さらに、直後にはムバッペのラストパスに抜け出したベンゼマがゴールネットを揺らすが、今度はオフサイドの判定となった。

互いに決定機を作り合った中、以降はボールを握って押し込むフランス、カウンターで応戦するデンマークという構図の下で拮抗した時間帯が続く。

相手を押し込むフランスは自陣で堅固なブロックを築くアウェイチームに対して、コマンやムバッペの個人技で打開を図るが、相手の集中した守備に苦戦。対するデンマークは高い位置を取る相手ウイングバックの背後のスペースを狙うメーレが幾度か良いゴール前への抜け出しを見せるが、こちらも最後の精度を欠き試合はゴールレスでの折り返しとなった。

迎えた後半、フランスは前半終了間際に筋肉系のトラブルに見舞われたムバッペを下げてエンクンクをハーフタイム明けに投入。立ち上がりから押し込む入りを見せると、絶好調のエースストライカーが圧巻の個人技で先制点をもたらした。

51分、相手陣内の右サイドに流れてコマンからのパスを受けたベンゼマがサポートに入ったエンクンクにボールを預けてボックス中央に走り込む。そして、エンクンクの足裏を使った絶妙な落としを受けたレアル・マドリーFWは、ダブルタッチと細かい左への持ち出しで2人の守備者をかわしてゴール左下隅の完璧なコースに左足のシュートを流し込んだ。

ベンゼマの芸術的なゴールでリードを手にしたフランスだが、ムバッペに続きヴァランにアクシデント発生。ハムストリングを痛めたヴァランは自らピッチに座り込み交代を要求。これを受け、62分にサリバがスクランブル投入された。

一方、60分に3枚替えを敢行し、ダムスゴーア、コーネリウス、ラスムス・クリステンセンをピッチに送り込んだデンマークは、より攻撃的な[4-2-3-1]に変更。すると、この交代策が同点ゴールをもたらす。

68分、ダムスゴーアの高い位置でのボール奪取からショートカウンターに転じると、ボックス手前でボールを持ったホイビュルクがゴール前に浮き球のパスを供給。集中力を欠いたエルナンデス兄弟の間で完全にフリーで抜け出したコーネリウスが右足のダイレクトシュートをゴール左隅に流し込んだ。

この同点ゴールで勢いづくアウェイチームは、直後の71分にもボックス手前右で内側へ仕掛けたスコフ・オルセンが鋭い左足のシュートを枠の右隅へ飛ばすが、これはGKロリスのビッグセーブに阻まれる。

追いつかれて以降はなかなかチャンスまで持ち込めないフランスは、グリーズマンを下げてラビオを投入。中盤の並びを逆三角形の形に変更し、攻撃のアプローチに微調整を施す。81分にはバイタルエリアで一瞬浮いたカンテが渾身の右足ミドルシュートを放つが、これは惜しくも右ポストを叩いた。

試合終盤にかけては一進一退の攻防が続く。86分にはダムスゴーアからの絶妙なラストパスに反応したエリクセンがゴール前でGKと一対一のビッグチャンスも、ここはトッテナムの元同僚ロリスのビッグセーブに阻まれる。

それでも、後半に入ってより多くの決定機を作り出していたデンマークが土壇場で逆転ゴールを奪う。88分、ハーフウェイライン付近の左サイドでメーレが相手ハイラインの背後へ出したパスにコーネリウスが反応。これに対して、再びエルナンデス兄弟の拙守が重なると、そのままボックス左に持ち込んだコーネリウスがDFサリバをブロックしながらニア上へ難度の高い左足のシュートを突き刺した。

軽率な守備対応によってホームで逆転を許したフランスは、後半アディショナルタイムにディアビ、クラウスとより攻撃的なカードを切って最低限のドローを目指したが、逃げ切り態勢に入ったデンマークの守備を再びこじ開けることはできなかった。

この結果、王者フランスは今季UNL初戦を逆転負けで落とすことになった。

なお、ホームでの手痛い黒星を払しょくしたいフランスは6日にアウェイでクロアチア代表戦、連勝を狙うデンマークは同日にアウェイでオーストリア代表戦を戦う。

関連ニュース
thumb

後半に壮絶な乱打戦を見せたイングランドvsドイツの強豪国対決はドロー決着… イングランドは未勝利で大会を終える《UNL》

UEFAネーションズリーグ(UNL)2022-23リーグA・グループ3最終節のイングランド代表vsドイツ代表が26日にウェンブリー・スタジアムで行われ、3-3の引き分けに終わった。 3日前のイタリア代表戦に敗れ、リーグB降格の決まったイングランドは、その試合からスタメンからサカとウォーカーをショーとストーンズに変更した以外は同じメンバーで試合に臨んだ。 一方、前節のハンガリー戦で今大会初黒星を喫したドイツは、その試合からスタメンを4人変更。ヴェルナーやミュラー、ニャブリ、リュディガーに代えてハヴァーツ、ミュージアラ、ケーラー、シュロッターベックをスタメンで起用した。 試合は強豪国同士らしく一進一退の展開が続く中、イングランドは25分にショーがセンターライン付近からDF裏へアーリークロスを供給。これに反応したスターリングがボックス内での切り返しで相手DFをかわしシュート。しかし、これは飛び出したGKテア・シュテーゲンのブロックに阻まれた。 以降もドイツがポゼッションし、イングランドがカウンターを狙う展開で試合が推移していく。すると35分、イングランドはストーンズがプレー中に右モモ裏を痛めるアクシデント。プレー続行は不可能となり、ウォーカーとの交代を余儀なくされた。 不運な形で交代枠を使ったイングランドだったが、前半終了間際の44分にカウンターからチャンス。自陣でのボールを奪取から左サイドのスペースに展開するとタメを作ったケインのスルーパスをボックス内まで駆け上がったスターリングがダイレクトで合わせたが、シュートは相手GKの正面を突いた。 ゴールレスで迎えた後半、ホフマンを下げてヴェルナーを投入。すると51分、相手DFのパスミスをカットしたミュージアラがボックス右でマグワイアに引っかけられると、一度プレーを流されたが、オンフィールドレビューの結果、PKが与えられる。これをギュンドアンがGKポープが一歩も動けないゴール右下隅に沈めた。 先制したドイツは、60分にもサネとのパス交換で中央を持ち上がったジューレがボックス手前からミドルシュート。さらに62分には、ミュージアラのラストパスからヴェルナーがシュートを放ったが、共にシュートは枠を外した。 サカやマウントを投入し前がかるイングランドに対し、ドイツはカウンターから追加点を奪う。67分、自陣でのボール奪取からハヴァーツが左サイドへ展開。これを受けたヴェルナーがタメを作って中央へパスを送ると、ボックス右手前のハヴァーツがゴール左へコントロールショットを突き刺した。 リードを広げられたイングランドは、72分に反撃。ボックス右横まで抜け出したサカのバックパスを受けたR・ジェームズがクロスを供給すると、ゴール前の混戦を抜けたボールをゴールエリア左で拾ったショーがシュート。 1点を返したイングランド75分、サカのパスをボックス中央に走りこんだマウントがダイレクトシュートをゴール右に流し込んだ。さらに82分には、ボックス内のベリンガムがシュロッターベックのアフター気味のタックルを受けると、VARの末にPKを獲得。このPKをケインがゴール左上に突き刺した。 逆転を許したドイツだったが、すぐに反撃。すると87分、ボックス左手前でボールを受けたニャブリがミドルシュート。これはGKポープがキャッチと思われたが、ファンブルしたところをハヴァーツが押し込んだ。 試合を振り出しに戻されたイングランドは、90分にロングカウンターから決定機。自陣でボールを奪ったベリンガムのパスをケインがワンタッチで前線に送ると、これに反応したサカがドリブルでボックス右まで切り込みシュート。しかし、これはGKテア・シュテーゲンの好セーブに阻まれ、勝ち越しはならず。 結局、試合はそのまま3-3でタイムアップ。ドイツは1勝4分け1敗の3位、イングランドは3分け3敗の最下位で大会を終えた。 2022.09.27 05:55 Tue
twitterfacebook
thumb

ラスパドーリ2戦連発のイタリアが逆転で2大会連続ベスト4、大善戦のハンガリーは2位フィニッシュ《UNL》

UEFAネーションズリーグ・リーグA・グループ3最終節、ハンガリー代表vsイタリア代表が26日に行われ、0-2でイタリアが勝利した。 首位ハンガリー(勝ち点10)と2位イタリア(勝ち点8)の準決勝進出を懸けた大一番。 ハンガリーはショボスライやオルバン、GKグラーチらがスタメンとなった。 一方、イタリアはボヌッチやGKドンナルンマ、バレッラらがスタメンとなった。 イングランド戦に続き[3-5-2]で臨んだイタリアは、2トップにラスパドーリとニョントを起用。 開始5分にGKグラーチのファンブルでゴールに近づいたイタリアが、自陣に引くハンガリーに対してハイプレスをかけていく展開となる。 すると27分に先制する。ニョントがナジのバックパスをカットしてルーズとなったボールをラスパドーリが決めた。 ラスパドーリの2戦連発弾で先制したイタリアは31分にディ・ロレンツォのカットインシュートで追加点に迫った中、ハーフタイムにかけてもは主導権を握り、1点をリードして前半を終えた。 迎えた後半、開始5分にハンガリーが同点のチャンス。ネゴ、スタイルズ、サライと立て続けにオンターゲットのシュートを放ったが、いずれもGKドンナルンマに立ちはだかられた。 すると52分、イタリアに追加点。バレッラのスルーパスでボックス右深くまで侵入したクリスタンテの折り返しをディマルコが押し込んだ。 2点をリードしたイタリアは55分、スタイルズのゴール至近距離からのヘディングシュートをまたしても守護神ドンナルンマのビッグセーブで防ぐと、その後はハンガリーの反撃を許さず。 2-0で勝利し、逆転で2大会連続ベスト4進出を果たした。敗れたハンガリーは死のグループに組み込まれた中、大善戦の2位フィニッシュとなっている。 2022.09.27 05:41 Tue
twitterfacebook
thumb

イングランド代表、アレクサンダー=アーノルドやトモリらがドイツ代表戦でメンバー外に

UEFAネーションズリーグ(UNL)リーグAグループ3の最終節でドイツ代表と対戦するイングランド代表だが、複数の選手が起用されないことがわかった。イギリス『BBC』が報じた。 26日にUNLの最終節を戦うイングランド。グループの最下位が決定しており、リーグBに降格が決定している。 今シーズンのUNLではここまで5戦未勝利。ハンガリー代表に連敗すると、23日にはイタリア代表にも敗れており、昨年のユーロ準優勝から一気にトーンダウンしている。 カタール・ワールドカップ(W杯)の開幕まで2カ月を切った中で、ガレス・サウスゲイト監督の手腕に疑問の声も出てきており、非常に厳しい状況の中、複数選手がドイツ戦を欠場することとなる。 欠場が確定しているのは、リバプールのDFトレント・アレクサンダー=アーノルド、ミランのDFフィカヨ・トモリ、ウェストハムのFWジャロッド・ボーウェン、サウサンプトンのMFジェームズ・ウォード=プラウズとのことだ。 また、マンチェスター・シティのMFジャック・グリーリッシュは出場停止のためメンバー外となっている。 いずれの選手もケガではないとのこと。アレクサンダー=アーノルドは、昨年のユーロを負傷欠場すると、今年は1試合しかプレーせず、先日のイタリア戦も起用されなかった。 イングランド代表のサイドバックの中では、クラブチームでは最も結果を残しているが、それでも起用されない状況に。W杯本番ではどうなるのだろうか。 2022.09.26 22:48 Mon
twitterfacebook
thumb

「パフォーマンスは素晴らしかった」ポーランドに敗戦もベイルは満足感、W杯に向けては「ポジティブ」

ウェールズ代表のFWガレス・ベイル(ロサンゼルスFC)が、ポーランド代表戦を振り返った。『UEFA.com』が伝えた。 25日、UEFAネーションズリーグ(UNL)リーグAグループ4最終節でポーランドとホームで対戦したウェールズ。今大会は1勝もできていない状況での最終節を迎えた。 敗れればリーグBに降格となる中、ポーランドとの大事な試合となったが、後半に先制を許してしまい0-1で敗戦。最下位で終了した。 試合後、ベイルは敗戦を悔やみながらも、内容は良かったとコメントした。 「ゴールを奪えなかったことは悔しいけど、パフォーマンスは素晴らしかった。僕たちは危険なこともなく、多くのチャンスを作っていた。とても良いチームに対して、僕たちは前面に出てプレーした」 「最終的には望んでいたような結果は得られなかったけど、パフォーマンスは素晴らしかったし、もしチャンスを作れていないのであれば、もっと心配していたと思う」 これでカタール・ワールドカップに向けては残り2カ月。今回のUNLはW杯の出場権を獲得するための戦いがあったことを挙げ、とても難しかったとしながらも、ポジティブな印象があると語った。 「ワールドカップに向けてはポジティブなパフォーマンスだったし、そこから多くのポジティブなことを得ると思う。ワールドカップのプレーオフに集中しなければならなかったし、最初はそれを優先しなければいけなかったので、大会は難しいものになった」 「でも、僕たちはこういった大きなチームと競い、1ゴール差で負けているだけで、常にゲームには入っていた。もう少し運が良ければ、もう少し冷静になれば、違ったものになっていたと思う」 2022.09.26 12:40 Mon
twitterfacebook
thumb

「何度かチャンスを逃した」決定機逸も勝利を喜ぶエリクセン「今日は良い試合ができた」

デンマーク代表のMFクリスティアン・エリクセン(マンチェスター・ユナイテッド)が、フランス代表戦を振り返った。『UEFA.com』が伝えた。 25日、UEFAネーションズリーグ(UNL)リーグAグループ1最終節でフランスと対戦したデンマーク。クロアチア代表の結果次第では首位に立つチャンスを残した一戦となった。 立ち上がりはフランスのペースで試合は進んでいくものの、34分にカスパー・ドルベリがゴールを決めてデンマークが先制。さらに5分後の39分にはアンドレアス・スコフ・オルセンがネットを揺らし、2-0とデンマークがリードする。 その後はフランスの反撃を凌いで2-0のまま勝利。しかし、クロアチアがオーストリア代表に勝利したため、2位で終了することとなった。 エリクセンはデンマーク『TV2』に試合後にコメント。良い試合ができたとパフォーマンスに満足感を示した。 「今日は良い試合ができたと思う。全てを考え、コントロールできたことが良かった」 「何度かチャンスを逃したけど、フランス戦で、それをしないということはほぼ不可能だろう」 「僕たちは鋭く、上手くコントロールできていたと思う」 2022.09.26 12:25 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly