「たくさんの意見があるのも重々承知です」清水の大卒ルーキーFW加藤拓己がSC相模原へ育成型期限付き移籍

2022.05.31 16:10 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
SC相模原は31日、清水エスパルスのFW加藤拓己(22)が育成型期限付き移籍で加入することを発表した。

なお、育成型期限付き移籍期間は2023年1月31日までとなる。背番号は「32」となり、清水との公式戦には出場できない。

加藤は鹿島アントラーズのジュニア、ジュニアユースで育ち、その後山梨学院高校、早稲田大学へと進学した。

加藤は2021年に特別指定選手として登録されると、今シーズンから正式に加入。ここまで出場機会は一度もなかった。

加藤は両クラブを通じてコメントしている。

◆SC相模原
「SC相模原に関わる全ての皆様、はじめまして。清水エスパルスから加入しました。加藤拓己です。今の私を必要としてくれた相模原に結果で恩返しをすること、クラブビジョンの「地域に愛され、必要とされるクラブ」になる為に、そして皆様にとってSC相模原が誇り高きクラブであり続ける為に私の全てをかけて戦いたいと思います。よろしくお願いいたします」

◆清水エスパルス
「清水エスパルスファミリーの皆様へ。このたび、SC相模原に期限付き移籍をする運びとなりました。まず、この場を借りて皆様に謝りたいです。このような形でのご挨拶となってしまったこと、沢山の方々が寄せてくれる期待に応えることが出来なかったこと本当に申し訳なく思っています」

「この決断をするまでに長い時間悩み、多くの先輩方や同期に相談をしました。エスパルスでプレーすること・エスパルスの為に戦うことは私にとって大きな使命であり、何よりも大切で幸せなことだと思っています。しかし、いま、チームの中で自分に与えられた仕事に満足がいかない日々の中、この違和感を抱えた状態でプレーすることはチームにとっても私自身にもプラスにはならないと感じました」

「今の私を必要としてくれるクラブに籍を置き、全力で闘うことが出来ること。私に大きな仕事を求めてくれるクラブでプレーすることが出来ること。プレーヤーとしてそれに増す喜びはありません」

「今回の決断に際してたくさんの意見があるのも重々承知です。しかし、この決断をした心中はいかなる時も「清水エスパルスの未来のため」であることに変わりはありません」

「私がこれから歩む道の先は必ず皆さんと同じだと心から信じています。シーズン途中でチームを離脱すること、自分の意思を尊重してくれたクラブフロントスタッフ・監督をはじめとするコーチングスタッフ・そして素晴らしいチームメイトたち、ここでは伝え切れないほど多くの貴重な経験をさせてもらえたこと、多くの大切な仲間に出会えたこと、多くのサポーターの皆さんから頂いた全ての愛に心から感謝しています」

「今よりもっと逞しくなって皆さんに笑顔を届けられるストライカーになって帰ってきます。ありがとうございました。いってきます!」

関連ニュース
thumb

相模原が鳥栖U-15出身、国士舘大学MF牧山晃政の来季加入内定を発表

SC相模原は27日、国士舘大学のMF牧山晃政(21)の来季加入内定を発表した。 牧山は佐賀県出身で、サガン鳥栖U-15唐津から東福岡高校、国士舘大学へと進学していた。 今シーズンの関東大学サッカーリーグ1部では、8試合に出場し1得点を記録していた。 牧山はクラブを通じてコメントしている。 「2023年シーズンから加入することになりました、国士舘大学の牧山晃政です。SC相模原という素晴らしいクラブでプロキャリアをスタートすることができ大変嬉しく思います」 「幼い頃からの夢を叶えることができたのは、常に私を支えてくれた家族、これまで指導していただいた指導者、一緒に戦ってきたチームメイト、応援してくれていた友達など、これまでの人生に関わってきた全ての人のおかげです。出会ってきた全ての人に感謝し、与えてもらった恩をピッチで結果という形で恩返しをしていきたいです」 「SC相模原が地域に愛され、必要とされるクラブになる為に、私が持っている全ての力を出したいと思います。 SC相模原のファン、サポーターの皆様応援よろしくお願いします!」 <span class="paragraph-title">【写真】相模原への加入が内定した牧山晃政</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">︎ <a href="https://t.co/wJCgHnT0uk">https://t.co/wJCgHnT0uk</a><a href="https://twitter.com/hashtag/SC%E7%9B%B8%E6%A8%A1%E5%8E%9F?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#SC相模原</a> <a href="https://t.co/PQWS8U0ZNX">pic.twitter.com/PQWS8U0ZNX</a></p>&mdash; SC相模原 (@sc_sagamihara) <a href="https://twitter.com/sc_sagamihara/status/1552112202458734592?ref_src=twsrc%5Etfw">July 27, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.07.27 11:36 Wed
twitterfacebook
thumb

相模原で新たに選手1名が新型コロナ陽性

SC相模原は26日、トップチーム選手1名の新型コロナウイルス感染を報告した。 20日と21日、そして23日にそれぞれ選手からの陽性者を発表している相模原。新たに選手1名が24日の自主的な抗原検査、25日に受けた医療機関でのPCR検査でいずれも陽性判定が下った。 チームは24日から2日間にわたってオフ。当該選手はオフ明けとなる26日の練習に参加しておらず、軽度の頭痛こそあるものの、平熱で、適切な指導および対策のもとで療養中だという。 また、行動履歴から濃厚接触疑い者なしと判断し、チームの活動は継続。クラブは「引き続きJリーグガイドラインに基づいた感染防止対策に努めてまいります」としている。 2022.07.26 11:45 Tue
twitterfacebook
thumb

相模原、新たに選手1名が新型コロナ陽性…トップチームの活動は継続

SC相模原は23日、トップチーム選手1名の新型コロナウイルス感染を報告した。 当該選手は22日朝に38.3℃の発熱症状があり、同日の練習に参加せず、医療機関で受診後にPCR検査を受けると、陽性判定。現在は頭痛、倦怠感、咽頭痛、関節痛の症状があり、適切な指導および対策のもとで療養している。 また、当該選手の行動履歴をJリーグ基準に照らし合わせ、クラブ関係者に濃厚接触疑い者なしと判断。20日と21日に陽性診断が公表された2選手を含む3選手を除き、トップチームの活動を継続するという。 2022.07.23 12:35 Sat
twitterfacebook
thumb

相模原、選手1名がコロナ陽性…発熱や倦怠感などの症状あり

SC相模原は21日、トップチームの選手1名の新型コロナウイルス感染症の陽性判定が出たことを報告した。 当該選手は、19日の午前中は平熱で体調不良もなかったものの、夕方頃に悪寒を感じたため検温したところ37.7℃の発熱、夜には38.8℃の発熱および倦怠感、咽頭の違和感の症状が発生。これを受け、20日の練習には参加せず、医療機関受診後PCR検査を受けた結果、陽性判定が確認されたという。 なお、当該選手および当該スタッフの行動履歴から、「暫定的な濃厚接触疑い者に関するJ リーグ基準」により、クラブ関係者には濃厚接触疑い者なしと判断しており、今回の当該選手と20日に陽性が報告されたもう1選手を除きトップチームの活動は継続していく。 2022.07.21 17:24 Thu
twitterfacebook
thumb

相模原の選手1名が新型コロナ陽性…濃厚接触者はなし

SC相模原は20日、トップチームの選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、18日に当該選手は症状があり、自主的に抗原検査を実施。陽性判定となった。 19日のトレーニングには参加せず、医療機関でPCR検査を受けたところ、陽性判定となった。なお、発熱はなく、鼻漏、咽頭痛の症状がある状況だ。 クラブ内には濃厚接触疑い者はないとのこと。トップチームの活動は継続されている。 2022.07.20 12:22 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly