「世界中が赤か白に染まる」CL決勝を心待ちにするクロップ監督、敵将に対しては「本当に尊敬している」

2022.05.26 17:19 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リバプールのユルゲン・クロップ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)決勝を心待ちにしている。クラブ公式サイトがコメントを伝えた。

今季のCL決勝トーナメントではインテル、ベンフィカ、ビジャレアルを下し、28日にパリで行われる決勝戦へ駒を進めたリバプール。ファイナルの舞台で対峙するのは、2017-18シーズンのCL決勝や昨シーズンのCL準々決勝で戦い、いずれも敗れたレアル・マドリーとなる。

先週末に行われたプレミアリーグ最終節で、1ポイント差でリーグタイトルを逃した失望が心配されているが、記者会見の場でクロップ監督はチームの雰囲気の良さを強調。プレミアリーグの痛みはすでに過去のものだとして、全員がCL決勝での勝利に集中していると語った。

「今朝もチームと会ったが、みんな良い雰囲気だった。人生は健康ならば何度でもチャンスを与えてくれるものさ。今回はそれがCLの決勝戦なのだから、日曜日の痛みはもう感じていない。相手はこの大会でおそらくもっとも経験豊富であり、非常に強い相手との試合になるが、本当に楽しみにしている」

「CL決勝がなくとも今季は素晴らしいシーズンだった。そしてCLで優勝すれば、ファンタスティックなシーズンになるだろう。それくらいシンプルだ。2つの大会で優勝したのだから、3つ目の大会で惜しくても気にしなくていい…とは思っていない。CL決勝には何度行けるかわからないのだから、数少ないチャンスを活かすべきだ。この5年間で、3度目の決勝進出というのは我々にとって特別だよ」

「マドリーはこの10年でおそらく5回か、少なくとも4回は優勝している。多くの選手がこうした試合にいつも参加していたから、今回も素晴らしい試合になるだろう。この試合では、世界中が赤と白に染まるだろうね。そうあるべきだと思う。歴史的に見ても、この大会では常に強かった2チームの対決であり、こうしたレベルのチームと戦うのは最高だ」

また、クロップ監督は対戦相手のマドリーやカルロ・アンチェロッティ監督にも言及。非常に強力なチームを作り上げたと、敬意を示した。

「彼らはボールを持って1対1の場面となったとき、自信に満ち溢れていることがあらゆる場面で見て取れる。誰もが落ち着いていて、あちこちで本当にリラックスしているね。技術的にも最高のレベルで、そこまで複雑なことはやらないが、フットボールはそれほど複雑ではないのだからそれで良いのだ。彼らは適切な選手を適切なポジションに配置している」

「(アンチェロッティについて)私の英語力では、きっと正確な言葉を見つけられないだろう。カルロは私にとって世界でもっとも成功した監督の一人であり、お手本だ。そして、これまでに会ったなかで最高な人物の一人だよ。皆が『彼は素晴らしい社会人であり、本当に良い人であり、良い関係を築いている』と言うだろうね」

「彼がエバートンにいた頃は、少し関係が途絶えていた。お互いにビジネスの部分を尊重し過ぎていたんだ。そうでなければ、何度か食事に出かけただろうね。私から彼への尊敬の念は、これ以上ないほど大きい。彼はファンタスティックで、純粋に経験が豊富で、とてもとても成功した人だ。あらゆる場所で勝利を収め、これからもそれは続くだろう。私はそれを本当に尊敬している」

関連ニュース
thumb

契約残り1年のサラーがリバプールと契約延長! 3年契約を新たに締結

リバプールは1日、エジプト代表FWモハメド・サラー(30)との契約延長を発表した。 契約期間は明かされていないが、長期契約とのこと。イギリス『BBC』によれば新たに3年契約を結んだとのことだ。 サラーは2023年夏に契約が満了を迎えることから、今夏の移籍が騒がれていたものの、本人がチャンピオンズリーグの決勝前にクラブに残る意思を表明。「来シーズンは確実にチームに残るよ」と語っていた通りの結末となった。 サラーは2017年7月にローマからリバプールに完全移籍で加入。加入当初からチームの軸として活躍すると、リバプールでここまで5シーズンを過ごし、公式戦254試合に出場し156ゴール63アシストを記録していた。 2021-22シーズンもプレミアリーグで23ゴールを記録して得点王に輝き、2017-18シーズン(32ゴール)、2018-19シーズン(22ゴール)に続いて3度目の得点王に輝いていた。 タイトルではプレミアリーグ、FAカップ、EFLカップ、チャンピオンズリーグ、クラブ・ワールドカップとそれぞれ1度優勝している。 今夏はセネガル代表FWサディオ・マネがバイエルンへと移籍し、サラーの去就にも注目が集まった中、契約延長にコメントしている。 「更新には少し時間がかかると思っていたけど、今ではすべてが完了しているので、次のことに集中するだけだ」 「この5、6年間、チームは常に[上向き]に進んでいた。昨シーズンはあと少しで4冠に近づいたけど、残念ながらシーズンの最後の週に2つのトロフィーを失った」 「僕たちは全てのために戦うのに良い立場にあると思う。新しい選手も獲得した。僕たちはただ一生懸命働き続け、良いビジョンを持ち、前向きになり、すべてを再び目指すだけだ」 <span class="paragraph-title">【動画】リバプールが特別ムービーでサラーの契約延長を発表</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"> <a href="https://t.co/3WAJeenEpy">pic.twitter.com/3WAJeenEpy</a></p>&mdash; Liverpool FC (@LFC) <a href="https://twitter.com/LFC/status/1542885347851476993?ref_src=twsrc%5Etfw">July 1, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.07.02 00:16 Sat
twitterfacebook
thumb

リバプール、若手GKピタルガがマクルズフィールド・タウンにレンタル

リバプールは1日、ブラジル人GKマルセロ・ピタルガ(19)がマクルズフィールド・タウンにレンタル移籍することを発表した。契約期間は1年となる。 2020年10月にフルミネンセから加入したピタルガは、2019年に母国で開催されたFIFA U-17ワールドカップ(W杯)の優勝メンバーとなったエリート。 リバプールではトップチームデビューには至っていないが、2021-22シーズンはU-23チームで公式戦21試合に出場するなど、主力としてプレーしていた。 なお、同選手が加入するマクルズフィールドは新シーズン、ノースウエスト・カウンティーズ・フットボールリーグ・プレミアディビジョン(イングランド8部相当)を舞台に戦う。 2022.07.01 22:29 Fri
twitterfacebook
thumb

サラーやマネらアフリカ年間最優秀選手賞の候補30名

アフリカサッカー連盟(CAF)は6月30日、2021-22シーズンの男子最優秀選手賞の候補者30名を発表した。 2020-21シーズンは新型コロナウイルス(COVID-19)の影響もあり受賞が中止に。2019年以来となる。 2019年に受賞したのは今夏リバプールからバイエルンへと移籍したセネガル代表FWサディオ・マネ。その前の2年間はリバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーが受賞していた中、今年も2人はノミネートされている。 2人のどちらかの受賞が濃厚とされる中、マネはセネガル代表としてアフリカ・ネーションズカップ(AFCON)でエジプトを破り優勝。また、カタール・ワールドカップ(W杯)アフリカ最終予選でもエジプトを破って出場権を獲得している。 一方でリバプールでのプレーを見れば、共にタイトルを2つ獲得。サラーは、トッテナムの韓国代表FWソン・フンミンとともに得点王に輝いていた。また、イングランドプロサッカー選手協会(PFA)も受賞している。 その他、プレミアリーグを制したマンチェスター・シティのアルジェリア代表MFリヤド・マフレズやセリエAを制したコートジボワール代表MFフランク・ケシエなどもノミネートされている。 ◆アフリカ年間最優秀選手賞候補30名 リヤド・マフレズ(アルジェリア/マンチェスター・シティ) ベルトラン・トラオレ(ブルキナファソ/アストン・ビラ) ブラッティ・トゥーレ(ブルキナファソ/ピラミッド) エドモン・タプソバ(ブルキナファソ/レバークーゼン) アンドレ=フランク・ザンボ・アンギサ(カメルーン/ナポリ) カール・トコ・エカンビ(カメルーン/リヨン) ヴァンサン・アブバカル(カメルーン/アル・ナスル) ユスフ・エチャンガマ(コモロ/ギャンガン) フランク・ケシエ(コートジボワール/ミラン) セバスティアン・アラー(コートジボワール/アヤックス) モハメド・アブデルモネム(エジプト/アル・アハリ) モハメド・エルネニー(エジプト/アーセナル) モハメド・サラー(エジプト/リバプール) モハメド・エル・シェナウィ(エジプト/アル・アハリ) ムサ・バロウ(ガンビア/ボローニャ) ナビ・ケイタ(ギニア/リバプール) アリュー・ディエング(マリ/アル・アハリ) ハマリ・トラオレ(マリ/レンヌ) イヴ・ビスマ(マリ/トッテナム) アクラフ・ハキミ(モロッコ/パリ・サンジェルマン) ソフィアン・ブファル(モロッコ/アンジェ) ヤフヤー・ジャブラーヌ(モロッコ/ウィダード) ヤシン・ブヌ(モロッコ/セビージャ) モーゼス・サイモン(ナイジェリア/ナント) エドゥアール・メンディ(セネガル/チェルシー) カリドゥ・クリバリ(セネガル/ナポリ) ナンパリイズ・メンディ(セネガル/レスター・シティ) サディオ・マネ(セネガル/リバプール→バイエルン) サリウ・シス(セネガル/ナンシー) アリ・マールル(チュニジア/アル・アハリ) 2022.07.01 12:50 Fri
twitterfacebook
thumb

バイエルン移籍のマネが早くも始動! 個人トレーニングで汗を流す

バイエルンに移籍したセネガル代表FWサディオ・マネが、早くも新シーズンに向けて調整に入った。 今夏に6年在籍したリバプールを離れ、心機一転バイエルンへ活躍の場を移したマネ。移籍発表の際には「本当にバイエルンが好きなんだ。このクラブに来ることに疑問なんて全くなかった」と喜びを露わにしていた。 新天地到着に興奮気味のマネだったが、その気合は人一倍。プレシーズン前のこの段階で、早くも個人トレーニングに励んでいるようだ。 「不思議だよ。本当に本当に奇妙な感覚だ。もうリバプールの選手じゃないなんてね」 「最高の時間、信じられな時間を過ごし、たくさんのものを勝ち取ったんだ」 「僕の人生は常に挑戦さ。そのタイミングが来て、僕はクラブに退団したいと伝えたんだ。他のクラブに行って、新たな挑戦に移りたいと思ってたんだ」 「それ以上でもそれ以下でもない。これは挑戦なんだ。僕は常に自分を磨いていきたいんだ」 バイエルンは7月にDCユナイテッドとマンチェスター・シティとの親善試合が控え、同30日にはDFBポカール王者のRBライプツィヒとスーパーカップが予定されている。 <span class="paragraph-title">【写真】トレーニングに汗を流すマネ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">Palma de Majorque. <a href="https://t.co/fg0fsPHU5u">pic.twitter.com/fg0fsPHU5u</a></p>&mdash; Sadio Mané (@SMane_Officiel) <a href="https://twitter.com/SMane_Officiel/status/1542121666360262657?ref_src=twsrc%5Etfw">June 29, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.06.30 16:35 Thu
twitterfacebook
thumb

ビッグクラブが熱視線のベリンガム、ドルトムントは移籍金を171億円に再設定

ドルトムントがイングランド代表MFジュード・ベリンガム(19)の移籍金をより高額に設定したようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 2020年夏にバーミンガムから移籍金2500万ユーロ(約35億7000万円)でドルトムントに加入したベリンガム。17歳の若さでありながらトップチームの主力に定着すると、公式戦44試合に出場して4ゴール4アシストの成績を収め、一躍ビッグクラブが注目する存在となった。 注目が増すなかで迎えた今シーズンは公式戦43試合出場で6ゴール14アシストを記録。さらなる成長を印象づけており、チームこそ無冠に終わったものの個人としては充実のシーズンを送った。 イングランド代表でも着実に出場機会を増やし昨夏のユーロ2020にも出場したベリンガムに対しては、母国のビッグクラブであるリバプール、マンチェスター・ユナイテッドのほか、レアル・マドリーも関心を隠さず。ベリンガム本人が今夏の残留を明言したことを受け、来夏の争奪戦が予想されている。 しかし、ドルトムントは当初ベリンガムに対して1億ユーロ(約142億8000万円)の値札をつけていたが、ドイツ『シュポルト・ビルト』によるとここに来てさらに高額となる1億2000万ユーロ(約171億4000万円)に移籍金を設定したようだ。 ドルトムントとベリンガムの間に契約解除金は設定されておらず、クラブは強気の姿勢を崩していない。 今後より一層の成長が見込まれているベリンガムだが、ドルトムントの要求を満たすクラブが現れるのか、来夏の動きが早くも注目される。 2022.06.30 13:16 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly