南野拓実がFAカップのベストイレブンに選出! 4試合3ゴールでチームの決勝進出に貢献

2022.05.24 16:37 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リバプールの日本代表MF南野拓実が、2021-22シーズンのFAカップのベストイレブンに選出された。

なかなかレギュラーポジションを掴めずにいる南野。今シーズンもプレミアリーグでは11試合の出場に終わり、3ゴールを記録するにとどまっていた。

しかしながら、EFLカップ(カラバオカップ)では5試合に出場し4ゴール1アシスト、FAカップでは4試合で3ゴールを記録。チームの決勝進出に大きく貢献すると、どちらも出番はなかったが見事2冠を達成していた。

大事な試合には起用されないという苦しい立場にあることは変わらない一方で、ユルゲン・クロップ監督をはじめ、選手たちも南野の貢献には大きな賛辞を送っていた。

その南野だが、しっかりと評価されることに。ファン投票によるベストイレブンで、見事3トップの一角に入った。

システムは[4-3-3]。GKはケンブリッジ・ユナイテッド(イングランド3部)のディミタール・ミトフ。チームを4回戦まで導いていた。

最終ラインは、左からコンスタンティノス・ツィミカス(リバプール)、チアゴ・シウバ(チェルシー)、イブラヒマ・コナテ(リバプール)、トレント・アレクサンダー=アーノルド(リバプール)が並んだ。

また中盤はアンカーにファビーニョ(リバプール)、右にメイソン・マウント(チェルシー)、左にカラム・ラング(ウィガン)が入った。

そして3トップは右に南野が入り、左はルイス・ディアス(リバプール)、トップはアダム・ボイズ(マースク・ユナイテッド)が選出されていた。



1 2

関連ニュース
thumb

バルサ行き濃厚のチェルシーDFクリステンセン、FAカップ決勝当日朝に欠場を申し出の事実…

バルセロナへの移籍が大きく取り沙汰されているチェルシーのデンマーク代表DFアンドレアス・クリステンセンだが、FAカップ決勝でプレーすることを断っていたようだ。 チェルシーの下部組織出身で2014年10月にトップチームデビューを果たしたクリステンセン。ボルシアMGへの2シーズンのレンタルを経験して以降はファーストチョイスではないながらも堅実なバックアッパーとしての地位を確立し、公式戦161試合に出場している。 チェルシーとの契約が今シーズン限りで満了を迎えるクリステンセン。バルセロナへの移籍が濃厚となっており、メディカルチェックも完了しているとのことだ。 そのクリステンセンだが、14日に行われたリバプールとのFAカップ決勝ではメンバー外となっていた。 本来であれば、クリステンセンはこのリバプールとの決勝でプレーする予定だったが、イギリス『BBC』によると、試合当日の朝にトーマス・トゥヘル監督へ試合でプレーする準備ができていないと申し出て、出場を断っていたというのだ。 今夏の退団が濃厚であるため、来季の構想に入らない選手がシーズン終盤の試合で起用されないということはよくあるが、トゥヘル監督は移籍を認めながらも起用する方針だったとのこと。ただ、クリステンセン側から申し出たというのだ。同選手がピッチに立っていれば、タイトルが獲得できたかは分からないが、ケガなどではないという事実が混乱を表していることとなる。 2022.05.16 20:55 Mon
twitterfacebook
thumb

FAカップ決勝で敗れたチェルシー、女子が翌日に女子FAカップで優勝し2冠達成《女子FAカップ》

15日、女子FAカップ決勝のチェルシーvsマンチェスター・シティがウェンブリー・スタジアム行われ、3-2でチェルシーが勝利。2冠を達成した。 8日にFA女子スーパーリーグ(WSL)で3連覇を達成したチェルシー。リーグ3位のシティと対戦した。 男子のFAカップ決勝は14日に同じウェンブリー・スタジアムで行われた中、チェルシーはPK戦にもつれ込んだ末にリバプールに敗れており、女子はなんとかタイトルを勝ち取りたいところだった。 女子FAカップ史上最多となる4万9094人の観客が集まった中、試合はチェルシーが先制。エースのサム・カーが33分にゴールを奪うも、42分に同点に追いつかれる。 63分にはエリン・カスバートのゴールでチェルシーが勝ち越し。このまま勝利かと思われたが、89分にヘーリー・ラソがゴールを決めて土壇場でシティが同点に追いつき、試合は延長戦へ突入する。 粘るシティは何度となくチャンスを作るが、99分にカーがこの試合2点目を決めて勝負あり。3-2でチェルシーが勝利し、女子は見事にFAカップを獲得。2冠を達成した。 2022.05.16 11:25 Mon
twitterfacebook
thumb

リバプールに不安材料はなし? 途中交代のサラー&ファン・ダイクにクロップ監督が言及「大したことはない」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、途中交代した主軸2名について言及した。クラブ公式サイトが伝えた。 リバプールは14日、FAカップ決勝でチェルシーと対戦。カラバオカップ(EFLカップ)に続く決勝カードとなった中、同様にゴールが生まれずにPK戦までも連れ込む展開に。そのPK戦では、サドンデスまでもつれ込むも、リバプールが勝利を収め、今季2つ目のタイトルを獲得した。 しっかりとタイトルを手にしたリバプールだが、この試合では33分にエジプト代表FWモハメド・サラーがジオゴ・ジョタと途中交代。さらに、延長に入る際にオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクがカメルーン代表DFジョエル・マティプと交代していた。 試合中に交代することがほとんどなく、同点の場面での交代は異例だったが、両者ともに違和感があったとクロップ監督はコメント。ただ、大事には至らないだろうとの見解を示した。 「我々は早くモー(モハメド・サラー)を交代させなければならなかったのは、カッコ良いことではなかった」 「私の決断であり、かなり慎重に下した。モーは『何かを感じるけど、プレーは続けられる』と言った。私は『ノー』と言った。フットボールの試合は完璧な理学療法士ではない。だから、試合中に良くなることは滅多にない」 「それからファン・ダイクは私と一緒にたち、『何かを感じるけど、僕は大丈夫だと思う』と言った」 「試合後にすぐ彼らに話しかけた。どちらも本当に大丈夫だ。我々が知っているのは、大したことはないということだけだ」 大事に至らないということだが、リバプールは残り3試合大事な試合が残っている。 シーズン4冠を目指す上では残り2試合のプレミアリーグは連勝しなければいけない中、17日にはサウサンプトン戦が控えている状況。その後、22日にウォルバーハンプトンと対戦し、28日にレアル・マドリーとのチャンピオンズリーグ(CL)決勝が控えている。 エースと守備の要が離脱となれば、大き過ぎる痛手だが、過密日程についてクロップ監督は言及。いずれ2人の状態がわかるだろうとした。 「しかし、次の試合は火曜日に来て、それは明らかに早過ぎる。どちらも大丈夫だと思うが、そうではなく…明日の朝トレーニングがあるので、そこで『全然大丈夫だ』と言われたビックリする。ただ、それを受け止めて、その先がある。だから、そのうちわかるだろう」 2022.05.15 11:15 Sun
twitterfacebook
thumb

「ガッカリしたが…」再びPK戦でリバプールに敗れたチェルシー、トゥヘル監督は胸を張る「誇りに思っている」

チェルシーのトーマス・トゥヘル監督が、リバプールとのFAカップ決勝を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 14日、FAカップ決勝がウェンブリー・スタジアムで行われた。 カラバオカップ(EFLカップ)決勝と同カードとなった試合。EFLカップではPK戦の末にリバプールが勝利していたが、この試合もリバプールペースで試合は進む。 立ち上がりからチェルシーゴールに迫るリバプールだったが、GKエドゥアール・メンディの好セーブもあり、チェルシーはゴールを許さない。 一方で、後半は押し気味に試合を進めたチェルシーだったが、こちらもゴールを奪えず。互いにチャンスを作りながらも決め手に欠いてゴールレスのまま終了。延長戦もゴールが生まれず、EFLカップに続いてPK戦での決着となった。 チェルシーは2人目で失敗し万事休すかと思われたが、5人目のサディオ・マネのシュートをメンディがセーブしサドンデスに。しかし、7人目のメイソン・マウントがセーブされ、5-6で敗れた。 今季のカップ戦決勝で続けてPK戦でリバプールに負けることとなったチェルシー。トゥヘル監督は、リバプール相手に1点も与えていないことを評価。チームのパフォーマンスを称えた。 「カラバオカップの最後の決勝のように、我々は後悔していない」 「私はチームに対して、誇りに思っていると伝えた。このメンバーで来られてよかった。競争力があり、リバプールにとっても難しい状況になると確信していた」 「最初の15分間は苦戦したが、その後は試合全体を通しては素晴らしかった。240分間(EFLカップ決勝とFAカップ決勝)の決勝で、おそらく世界で最も危険な攻撃的なチームと、0-0の勝負を繰り広げた」 「我々は多くのチャンスを生み出した。彼らもそれに値していた」 「またPK戦で負けた。もちろんガッカリして悲しくなったが、同時に必要なものを全て見せたので、誇りに思っている」 <span class="paragraph-title">【動画】白熱のFAカップ決勝! チェルシーvsリバプール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="6Ms1qvbnyqE";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.15 10:07 Sun
twitterfacebook
thumb

「最も重要なトロフィー」PK戦を制してFAカップ優勝を成し遂げたクロップ監督、PK戦で2つのカップ制覇の秘訣明かす

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、FAカップ優勝についてコメントした。クラブ公式サイトが伝えた。 14日、ウェンブリー・スタジアムでFAカップ決勝のチェルシーvsリバプールが行われた。 3大会連続で決勝に進んだチェルシーは、アーセナル、レスター・シティと決勝で連敗中。対するリバプールは、10年ぶりに決勝進出。4冠を目指すチームとしてはどうしても獲得したいタイトルだった。 EFLカップ(カラバオカップ)でもこの2チームが決勝で激突し、PK戦の末にリバプールが優勝していた中、今回も至高の戦いは決着がつかない。 立ち上がりはリバプールが優勢に進め得点チャンスも迎えるが、GKエドゥアール・メンディの好セーブに阻まれる。ゴールレスで試合を折り返すと、後半はチェルシーペースに。しかし、こちらもゴールを奪えず延長戦へ。延長戦でも決着がつかず、EFLカップ同様にPK戦にもつれ込む。 PK戦は互いに失敗などがありサドンデスに。すると7人目のMFメイソン・マウントのシュートをGKアリソン・ベッカーがセーブ。リバプールはコンスタンティノス・ツィミカスがしっかりと決めて、2005-06シーズン以来8度目のFAカップ優勝を達成した。 クロップ監督にとっては初めてのFAカップ制覇となったが、試合後の記者会見でこのトロフィーの意味を感じたと語った。 「私のチームは、私がどう思っているのかを理解している。それが一番大事なことだ。これもまた、クラブ全体にとって最も重要なトロフィーだ」 「我々のホテルは街の中心部にあるので、試合前にすでにこのトロフィーが人々にとってどのような意味を持つかを見てきた。彼ら全員は朝からパーティーをしていたよ」 「バスで来た時、スタジアムに入って全ての顔を見た時、それが人々にとって何を意味するのかがわかった。ピッチでのパフォーマンスは、選手たちにとってもどういう意味があるのかはわかっただろう」 「我々がこの結果を残せたのは、本当にこの世のものとは思えない。とても激しいシーズンで、60試合目であろうとなんであろうと、このようなパフォーマンスを見せられたことは信じられない」 一方で、EFLカップに続いて、FAカップでも決勝を戦い、PK戦までもつれこむ戦いを見せたチェルシーにも敬意。PK戦の秘策があることを明かした。 「しかし、最も重要なこと、本当に重要なことは、チェルシーにも敬意を払うということだ。チームがどのように戦い、チームがどのようなパフォーマンスを見せ、最終的にはPK戦が宝くじのようなものであるとは誰もが知っている」 「ただ、我々は再びそれに勝った。我々は『Neuro11』という4人組の会社とともに仕事をしている。2年前だったと思うが、彼らとコンタクトを取り、その存在を知った」 「その中の1人が神経科学者であり、『PKのトレーニングができる』と言ったんだ。私は『本当に?』と言ったよ。そして『面白そうだから来てくれ』と言った。彼らはドイツ人で、我々は出会い、一緒に仕事をした。このトロフィーは、カラバオカップと同じで、彼らのためのものでもある」 そのPK戦では、5人目のサディオ・マネが失敗。その後に勝ちきったが、自分の余計なアドバイスのせいだと擁護。改めてチェルシーをたたえ、素晴らしい試合だったと振り返った。 「サディオのPKは少なくとも私に50%の責任がある。なぜなら、選手たちには、彼らが考えていることをさせなければいけないからだ」 「私は『彼はGKのことをよく知っているから、その逆をやれば良い』と言った。でも、黙っていた方が良いということに、人生で何度も気付かされた」 「ただ、我々は再び成し遂げた。正直言って、世界的な意味を持つ。重みがある。それは大変だった。最初の25分間は、チェルシーと対戦した中で最高の25分間だった。素晴らしい試合をしたが、ゴールが奪えなかった」 「それから明らかにチェルシーは持っているクオリティで試合に戻ってきた。試合には浮き沈みもあった。彼らにはチャンスがあり、我々にも大きなチャンスがあったが、誰もそれを活かせなかった。だからPK戦は論理的だった」 「このような勝利は気持ちが良いが、120分の後は我々にとっても非常に難しかったので、このようにして負けた対戦相手が、どれほど難しいかを理解している。だから、正直に言って、チェルシーがやったことに敬意を払いたい」 <span class="paragraph-title">【動画】白熱のFAカップ決勝! チェルシーvsリバプール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="6Ms1qvbnyqE";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.15 09:28 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly