ピアース氏がウェストハムのコーチを辞任「新たなチャレンジを追求する適切な時期」

2022.05.24 07:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウェストハムは23日、スチュアート・ピアース氏(60)がアシスタントコーチを辞任し、クラブを離れることを発表した。

ピアース氏は現役引退後、ノッティンガム・フォレストやマンチェスター・シティ、U-21イングランド代表監督を歴任。2012年のロンドン・オリンピックでは、イギリス代表監督も務めていた。

その後、2017年11月に指揮官に就任したデイビッド・モイーズ監督のアシスタントコーチとしてウェストハムに加入。一度は退任したモイーズ監督と共にチームを離れたが、2020年8月に再任していたモイーズ監督のアシスタントコーチに就任すると、2シーズンに渡って同職を勤め上げた。

クラブを離れる決断を下したピアース氏は、クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。

「このたび、ウェストハムを去ることになり、大変残念に思っている。過去2年間、このクラブで働けたことは喜びであり、名誉出会ったが、今は離れて新たなチャレンジを追求する適切な時期だと判断しました」

「この場を借りて、ウェストハムに戻る機会を与えてくれたデイビッド・モイーズ監督、デイビッド・サリバン、デイビッド・ゴールドの両オーナー、カレン・ブレイディ副社長に感謝の意を表したい」

「ラッシュグリーン(ウェストハムの練習場)で選手やスタッフと毎日一緒に仕事ができたことは素晴らしいことで、この特別な環境を失うことはとても残念です。これからもウェストハムは特別なクラブとして常に私の心の中にあり続けるだろう」

関連ニュース
thumb

元スペイン代表のベテランGKレイナがラツィオ退団、2年で54試合プレー

ラツィオは6日、元スペイン代表GKホセ・マヌエル・レイナ(39)の退団を発表した。 バルセロナのカンテラ育ちのレイナは、2000年7月に昇格。その後、ビジャレアルで活躍すると、リバプール、ナポリ、バイエルン、ミラン、アストン・ビラでプレー。2020年9月からラツィオでプレーしていた。 プレミアリーグで297試合、ラ・リーガで139試合チャンピオンズリーグでも76試合に出場していたレイナは、ラツィオでは2シーズンプレーし公式戦54試合に出場していた。 ラツィオはツイッターを通じてレイナの退団を発表。レイナも、自身のツイッターでラツィオへの別れを綴った。 「この色で守り、ラツィオの歴史の一部となることができたのは喜びであり、フィールド内外で常にこのユニフォームに敬意を払い続けていた」 「素晴らしい仲間、友人を残すことになるが、僕は心からみんなに感謝している。これからも飛躍し続けてもらいたい!ありがとう」 <span class="paragraph-title">【写真】レイナがラツィオに別れ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">Ha sido un placer defender y honrar esa camiseta durante los últimos dos años. Dejo grandes amistades y a unos compañeros espectaculares a los que agradezco de corazón toda su ayuda<br><br>¡Deseo que sigáis volando alto!<a href="https://twitter.com/hashtag/ForzaLazio?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ForzaLazio</a><br><br>Pepote. <a href="https://t.co/73hEEJLs0z">pic.twitter.com/73hEEJLs0z</a></p>&mdash; Pepe Reina (@PReina25) <a href="https://twitter.com/PReina25/status/1544644250549248000?ref_src=twsrc%5Etfw">July 6, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.07.06 22:07 Wed
twitterfacebook
thumb

ベティスが“生ける伝説”40歳ホアキンと1年間の契約延長

レアル・ベティスは6日、元スペイン代表MFホアキン・サンチェス(40)との契約延長を発表した。 契約期間は2023年6月までの1年間となる。 16歳でベティスのカンテラに入団したホアキンは、2000年7月にファーストチームに昇格。そこで才能を開花させると、2006年8月に移籍したバレンシアでさらに飛躍する。 その後、マラガ、フィオレンティーナへと移籍したホアキンは、2015年8月に古巣に復帰する。 キャリアも終盤に差し掛かる中、2021-22シーズンはラ・リーガで途中出場をメインに21試合に出場し1アシスト、ヨーロッパリーグでも10試合に出場し1アシスト、コパ・デル・レイでは5試合に出場し2ゴール2アシストを記録。見事にコパ・デル・レイでは優勝を果たした。 ラ・リーガでの出場試合も通算で600試合に到達。去就が注目された中、41歳で迎えるシーズンもプレーを続けることとなった。 2022.07.06 21:48 Wed
twitterfacebook
thumb

ウェストハムが37歳のベテランGKファビアンスキと契約延長、正守護神としてチームの躍進に貢献

ウェストハムは6日、ポーランド代表GKウカシュ・ファビアンスキ(37)との契約延長を発表した。 契約期間は2023年6月30日までの1年間で、1年間の延長オプションがついている。 ファビアンスキは母国のクラブでキャリアを積み、2007年7月にレギア・ワルシャワからアーセナルへと完全移籍した。 正守護神になる時期もありながら、控えの時間が長く続くと2014年7月にスウォンジーへと完全移籍。2018年7月からウェストハムでプレーしている。 ここまで4シーズン在籍し、公式戦138試合に出場し、クリーンシートは34試合記録。近年のプレミアリーグでの躍進、2021-22シーズンはヨーロッパリーグ(EL)でも躍進を見せたチームを支えていた。 2022.07.06 20:22 Wed
twitterfacebook
thumb

インテルが快足WBベッラノーバ獲得を発表!

インテルは6日、カリアリからU-21イタリア代表DFラウル・ベッラノーバ(22)の獲得を発表した。 イタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』など国内メディアの報道によると、移籍形態は買い取りオプション付きのレンタル移籍になるという。 インテルは1シーズンのレンタル料として300万ユーロ(約4億2000万円)、買い取りオプション行使の場合は700万ユーロ(約9億7000万円)をシーズン終了後に支払う模様だ。 ミランのプリマヴェーラ育ちのベッラノーバは2019年にボルドーに完全移籍。しかし、フランスの名門ではほぼプレー機会がなく、アタランタ、ペスカーラと母国クラブへの武者修行を経て、昨夏にカリアリへ買い取りオプション付きのレンタル移籍で加入していた。 カリアリではチームが18位で降格の憂き目を味わうも、個人としてはセリエAで31試合に出場し、1ゴール2アシストを記録。188cmの恵まれた体躯と、驚異的な運動量、スピードを武器に右ウイングバックの主力として印象的なパフォーマンスを披露していた。 5月末には買い取りオプションを行使したカリアリが保有権を手にしていたが、既報通り、新天地はインテルとなった。 2022.07.06 16:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ケルンがアルメニア代表FWアダムヤン獲得! 今冬レンタル加入のクラブ・ブルージュで6ゴール

ケルンは5日、ホッフェンハイムからアルメニア代表FWサルギス・アダムヤン(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月30日までの4年となる。 ブンデス3部のハンザ・ロストックでプロデビューしたアダムヤンは、ドイツ国内の下部リーグを渡り歩き、2019年にレーゲンスブルクからホッフェンハイムにステップアップ。同クラブではここまで公式戦53試合11ゴール5アシストの数字を残していた。 今年1月にはクラブ・ブルージュに半年間のレンタルに出され、公式戦16試合6ゴールと、上々の活躍を見せていた。 なお、アルメニア代表として33試合に出場しているセンターフォワードは、ハンザ・ロストック時代にステッフェン・バウムガルト監督、レーゲンスブルク時代にスポーツディレクターのクリスティアン・ケラー氏と共に仕事をしており、ケルンの2人の首脳陣との関係が今回の移籍決断を後押ししたという。 2022.07.06 16:17 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly