降格のアラベスが監督交代!3月までマジョルカを率いたルイス・ガルシアが新指揮官に

2022.05.24 01:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セグンダ(スペイン2部)降格のアラベスは23日、フリオ・ベラスケス監督(40)の退任及びルイス・ガルシア・プラサ氏(49)の新指揮官招へいを発表した。

ビジャレアルやベティスで指揮を執った経歴を持つベラスケス監督は今年4月、19位に沈んでいたアラベスの指揮官に就任。ホセ・ルイス・メンディリバル前監督の後を受け、ラ・リーガ第31節から指揮を執ったが、3勝5敗と立て直しに失敗し最下位で今シーズンを終えた。

7シーズンぶりのセグンダ降格となったアラベスは、ベラスケス監督の契約満了を決断。そして、後任には今年3月までマジョルカを率いてきたルイス・ガルシア・プラサ氏が任命され、同監督は2023年6月30日までの契約にサインしている。

ルイス・ガルシア・プラサ監督はこれまでエルチェやレバンテ、ヘタフェ、ビジャレアルなどを指揮。直近では日本代表MF久保建英の所属するマジョルカの指揮官を務めたが、今年3月に成績不振を理由に辞任していた。

関連ニュース
thumb

エスパニョール、降格アラベスから主砲ホセル獲得! プリメーラ3年連続2桁ゴールの実力者

エスパニョールは27日、アラベスを退団するスペイン人FWホセル(32)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月30日までの3年となる。 セルタの下部組織出身のホセルは、2009年にレアル・マドリー・カスティージャに移籍。トップチームでも1試合に出場した。その後、生まれ故郷のドイツに渡り、ホッフェンハイム、フランクフルト、ハノーファーを渡り歩き、ストーク・シティ、ニューカッスルとイングランドでもプレー。2019年にアラベスへ完全移籍した。 アラベスでは3シーズン連続でラ・リーガ二桁ゴールを達成し、今シーズンはキャリアハイとなる37試合14ゴール5アシストと個人としては見事な記録を残した。しかし、クラブは最下位でのセグンダ降格となり、決定力にも優れる192cmの屈強なストライカーは、エスパニョールに新天地を求めた。 2022.06.27 20:55 Mon
twitterfacebook
thumb

シント=トロイデンが2年半で17試合出場のDF松原后と契約満了…FW原大智もレンタル期間終了

シント=トロイデンは7日、DF松原后(25)との契約満了を発表した。また、FW原大智(23)はアラベスへとレンタルバックすることとなる。 松原は清水エスパルスでプロキャリアをスタート。2020年1月にシント=トロイデンへと完全移籍していた。 2シーズン半をクラブで過ごし、公式戦はわずか17試合の出場に終わり1ゴール2アシスト。今シーズンは開幕から5試合連続でスタメン出場するなど出場機会を得ていたが、第7節のベールスホット戦を最後にリーグ戦では出番なし。ベンチ入りも第8節のヘンク戦、第23節のスラン戦の2試合のみに終わり、構想外となっていた。 国内カップ戦では1試合に出場し、シント=トロイデンで初ゴールを記録していた。 原は2021年7月にイストラからアラベスへと完全移籍。ラ・リーガの開幕戦でベンチ入りした中、シント=トロイデンへとレンタル移籍していた。 シント=トロイデンでは出場停止の1試合を除き、加入後の全試合に出場。公式戦29試合で8ゴール3アシストと結果を残していたが、レンタル期間満了で退団となった。 なお、シント=トロイデンは、GKウィム・ヴァン・マルセニーレ(19)、FWネルソン・バロンゴ(23)との契約満了も発表。また、レンタル移籍中のGKアレッサンドロ・ルッソ(21)、DFディミトリ・ラヴァレー(25)、DFジュニア・ピウス(26)、MFロッコ・ライツ(20)、FWジョアン・クラウス(25)の退団も発表している。 2022.06.08 00:25 Wed
twitterfacebook
thumb

久保建英とも2シーズンプレーしたマジョルカのベテランMFサルバ・セビージャが降格したアラベスに完全移籍

セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)へと降格したアラベスは28日、マジョルカのベテランMFサルバ・セビージャ(38)を完全移籍で獲得することを発表した。 契約期間は1年間となる。 セビージャはレアル・ベティスやエスパニョールでプレーし、2017年8月にマジョルカへと完全移籍していた。 マジョルカでは2部降格や1部昇格を味わうなど、公式戦で186試合に出場し25ゴール21アシストを記録。日本代表MF久保建英がレアル・マドリーから2度レンタルで加入したが、どちらのシーズンも力になっていた。 今シーズン限りで契約が切れるセビージャは、ラ・リーガで28試合に出場し5ゴール3アシストと残留争いを繰り広げるチームを支えていたが、契約満了で退団となっていた。 2部に降格したアラベスだが、新シーズンからは今シーズン途中までマジョルカを率いていたルイス・ガルシア・プラサ監督が就任することが決定しており、セビージャは再びタッグを組むこととなる。 2022.05.28 22:19 Sat
twitterfacebook
thumb

今季マジョルカで久保建英を指導したルイス・ガルシア監督が2部降格アラベスの監督に就任

今シーズンは最下位でラ・リーガを終え、セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)へ降格したアラベスは26日、新監督にルイス・ガルシア・プラサ氏(49)が就任することを発表した。 ルイス・ガルシア監督は、これまでエルチェやレバンテ、ヘタフェ、ビジャレアルなどスペインのクラブの他、バニーヤース(UAE)や北京人和(中国)、アル・シャバブ(サウジアラビア)などアジアのクラブでも指揮を執った経験がある。 2020年8月からはマジョルカの監督に就任。今シーズンも指揮を執り、日本代表MF久保建英を指導するなどしていたが、チームは残留争いと低迷。3月に解任され、ハビエル・アギーレ監督が後を継いでいた。 新シーズンは2部を戦うアラベス。ルイス・ガルシア監督はセグンダでも130試合の指揮経験があり、62勝36分け32敗。2020-21シーズンはマジョルカを率いて2位に終わり、チームを昇格に導いていた。 2022.05.26 22:16 Thu
twitterfacebook
thumb

アラベスの降格が決定…シント=トロイデンから復帰の原大智の去就に注目集まる

15日に行われたラ・リーガ第37節の結果、デポルティボ・アラベスの2015-16シーズン以来のセグンダ降格が決定した。 2016-17シーズンの昇格以降、5シーズン連続でプリメーラを維持していたアラベスだが、今シーズンは開幕から低迷。ハビエル・カジェハ、ホセ・ルイス・メンディリバルと2人の指揮官の下で戦ってきたが、5勝7分け18敗と低迷。8試合を残して残留圏内と6ポイント差の19位に沈んでいる状況の中、フリオ・ベラスケス氏を新指揮官に招へい。 その新指揮官の下では3勝3敗と前述の2人の指揮官に比べ、成績を好転させていたが、ライバルクラブも勝ち点を積み重ねていたことで、なかなか勝ち点差を詰められず。 そういった中、15日に行われたラ・リーガ第37節では前節に降格が決定したレバンテと対戦。勝利を逃せば降格が決定する崖っぷちの状況で臨んだ一戦では、前半半ばにエースFWホセルのゴールで先制に成功したが、後半に入ってホームチームに3失点を喫しての1-3の逆転負けで最下位に転落。最終節を残して6年ぶりの降格が決定した。 なお、アラベスでは昨夏にNKイストラ1961からFW原大智が2年契約で加入。その原は公式戦の出場機会がないまま、シント=トロイデンVVに1シーズンのレンタル移籍で武者修行に出ていた。 ただ、ベルギーリーグ閉幕に伴い、先日にはアラベスのトレーニング参加が発表されていた。現時点では来シーズンをセグンダで戦うアラベス残留が既定路線となっているが、今後の去就にも注目が集まるところだ。 2022.05.16 07:00 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly