去就不透明のペリシッチにS・インザーギ「彼の残留は私の望み」

2022.05.22 09:10 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
インテルのシモーネ・インザーギ監督がクロアチア代表MFイバン・ペリシッチ(33)の残留を願った。イギリス『デイリー・メール』が報じている。

インテルとの契約が今季最終年のペリシッチ。2019年夏に1年ローンでバイエルンに出た時期もあったが、2020年夏からインテルで再びプレーし、今季からのS・インザーギ体制下でも重宝される。

だが、あと1カ月ちょっとでインテルとの契約切れが迫るなか、延長交渉が進んでおらず、ユベントスのほかにトッテナムやチェルシーといったプレミアリーグ勢の関心も取り沙汰され始めている。

インテルとの延長交渉が滞る理由に金銭の隔たりが挙げられたりもしているが、S・インザーギ監督は22日にホームで行われるセリエA最終節のサンプドリア戦を前に契約延長の知らせを待望視した。

「もちろん、(ペリシッチの残留は)私の望みだ。彼は印象づけてくれている。トレーニングから本当に感銘を受けているんだ。私の期待を上回ってくれているよ。私が対戦相手として対峙したときから、彼はトッププレーヤー。今季も素晴らしいシーズンを過ごした。質と量があって、完成された選手なんだ。彼の将来について、すぐに良い知らせがあるのを願っている」

関連ニュース
thumb

インテル、アヤックス退団のGKオナナを獲得

インテルは1日、アヤックスを退団したカメルーン代表GKアンドレ・オナナ(26)をフリーで獲得したことを発表した。契約期間は2027年6月までの5年間。年俸は300万ユーロ(約4億2000万円)とのことだ。 オナナは2015年にバルセロナの下部組織からアヤックスに入団。アヤックスでは公式戦212試合に出場。2018-19シーズンはチャンピオンズリーグ4強入りに貢献していた。 しかし2021-22シーズンはドーピング違反によって公式戦9試合の出場に留まっていた。 インテルでは先日、守護神のGKサミル・ハンダノビッチ(37)が2023年まで契約延長しており、厳しい正GK争いが待ち受けることになる。 2022.07.02 01:15 Sat
twitterfacebook
thumb

インテル、エンポリの逸材アスラニを買い取り義務付きのレンタル移籍で獲得

インテルは6月30日、エンポリのアルバニア代表MFクリシティアン・アスラニ(20)を買い取り義務付きのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 アスラニはエンポリ下部組織出身のセントラルハーフで、今シーズンからファーストチームに昇格すると、序盤戦はわずかな出場時間しか与えられなかったが、第24節のボローニャ戦で初めてスタメンに名を連ねると、以降は中盤で定位置を確保。自身初となるトップリーグの舞台で23試合1得点1アシストを挙げ、チームのセリエA残留に貢献していた。 インテルは、中盤アンカーの位置で絶対的な存在であるクロアチア代表MFマルセロ・ブロゾビッチ(29)の負担軽減が喫緊の課題となっていることから、シモーネ・インザーギ監督はバックアッパーとしてアスラニを据え、将来的にはポジションを取って代わる存在となることを期待しているようだ。 2022.06.30 23:45 Thu
twitterfacebook
thumb

インテル退団のウルグアイ代表MFベシーノにマルセイユが関心か?

インテルを契約満了で退団するウルグアイ代表MFマティアス・ベシーノ(30)に、マルセイユが関心を寄せているようだ。 2017年8月にフィオレンティーナからインテルの一員となったベシーノ。加入後すぐに欠かせない戦力となったが、アントニオ・コンテ監督(現トッテナム指揮官)の就任以降はプレータイムを減らし、シモーネ・インザーギ体制となった今季も序列を覆すことはできなかった。 今季で契約満了となるベシーノに対しては、エンポリ時代に師事し、飛躍のキッカケとなった恩師であるマウリツィオ・サッリ監督が率いるラツィオや、ジェンナーロ・ガットゥーゾ新監督を迎えたバレンシアなどから関心が寄せられてきた。そんな中、新たに獲得に名乗りを挙げるクラブが浮上している。 スペイン『Fichajes』が著名なジャーナリストであるジャンルカ・ディ・マルツィオ氏の情報をもとに報じたところによると、リーグ・アンのマルセイユもベシーノ獲得を模索しているクラブのひとつであるとのことだ。 ベシーノ本人もこれまで10年近くプレーしたイタリアを離れることを考慮しているとみられ、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を確保するマルセイユ行きは魅力的な選択肢ではないかと考えられている。 2022.06.30 21:04 Thu
twitterfacebook
thumb

複数クラブが関心も、インテルFWピナモンティはアタランタ移籍を熱望か

インテルのイタリア人FWアンドレア・ピナモンティ(23)が、アタランタ行きを希望しているようだ。 インテルの下部組織出身であるピナモンティは、2016年12月にファーストチームデビューを果たすと、フロジノーネへのレンタル移籍を経て2019年夏に買い取りオプション付きのレンタル移籍でジェノアに加入。その後、ジェノアが買い取るも17日後にインテルが買い戻しオプションを行使したことで2020年9月に古巣帰還。しかし、出場機会には恵まれず昨夏に昇格組エンポリへのレンタル移籍が発表された。 エンポリでは、セリエAの36試合に出場して13ゴール2アシストの成績を残す活躍を見せたことから、今夏再びインテルに帰還した同選手にはイタリアの複数クラブが獲得に関心を示している。 しかし、『Sport Italia』の移籍専門家であるアルフレッド・ペドゥーラ氏によると、野心的なクラブへの移籍を望むピナモンティは、昇格組モンツァや今季セリエAで17位のサレルニターナからのオファーを拒否。今季こそリーグ8位に終わったものの、安定して上位争いに参戦しているアタランタへの移籍を希望しているようだ。 新シーズンの巻き返しを図りたいアタランタもピナモンティ獲得を望んでおり、すでに1300万ユーロ(約18億5000万円)+ボーナスのオファーを提示。しかし、インテル側は最低でも1800万ユーロ(25億6000万円)を求めており、オファーを拒否したという。 また、アタランタからのコロンビア代表FWドゥバン・サパタ(31)を含めたオファーについてもインテルは関心を示していないようだが、交渉自体は継続しており、最終的に合意に至る可能性もある。 2022.06.30 10:46 Thu
twitterfacebook
thumb

「戻れたことがいかに嬉しいか」古巣インテル復帰のルカク、チェルシーでは苦しかった?「監督と連絡を取り続けていた」

インテルへの移籍が発表されたベルギー代表FWロメル・ルカクが古巣復帰への思いを語った。クラブ公式サイトが伝えた。 昨夏インテルから1億1500万ユーロ(約164億円)で古巣であるチェルシーに復帰したルカク。セリエAで飛躍し、チームをスクデット獲得に導いた得点力が期待された。 しかし、2021-22シーズンは公式戦44試合で15ゴール2アシスト。プレミアリーグでは26試合で8ゴール1アシストと、その金額に見合った活躍は全くできず、ファンからも攻撃を受ける対象となっていた。 また、シーズン中にも古巣インテルへの思いを口にするなど、チームへのリスペクトを欠いた発言が問題視され、ファンから愛されない状況に。その中で、レンタルという形で古巣への復帰を果たした。 ただ、インテルファンも1年前に出て行ったルカクへは懐疑的な目を向けているなど、必ずしも歓迎されているとは言えない状況。その中、ルカクがインテルへの思いを口にした。 「強い思いがある。1年前にこのチームで経験したことは良い話だった。チームにとっても、ファンにとっても、そして僕自身にとってもね」 「インテルは僕にたくさんのことを与えてくれた。今こそ、前よりも上手くやることを望んでいるし、一緒に働く時だと思う」 移籍が決まるまでは長い時間を要し、スティーブン・チャン会長とも多くを話したというルカク。インテルに戻れないことも考えたという。 「僕たちは多くのことを話した。僕がここに戻ることは不可能に思えた。でもそれを成し遂げた」 「可能だと信じ続けてくれた彼にも感謝しなければいけない。結果、僕はうまく行ったし、幸せだ」 インテルへの復帰については「家に帰るようなもの」とコメント。「ミラノでは、人々やファン、チームメイトのおかげで、僕も家族も本当に楽しい時間を過ごすことができた。最初に来た時から、みんなに助けてもらえて本当に幸せだった」と語り、「イギリスへ行った時も家からは出なかった。だから、ここに戻れたことがいかに嬉しいことかを物語っている。今はただビッチに戻る選手たちを見たい」とコメント。チェルシーでの1年は良い思いがなかったと語った。 また、移籍の理由についても「ファンとチームメイトの愛情だけでなく、監督と一緒に仕事をすることもそうだ」と語り、「昨シーズンはずっと彼と連絡を取り合っていた」と、シモーネ・インザーギ監督とはチェルシー時代も頻繁に連絡を取っていたことを明かした。その中で「監督はチームとうまくやっていると思う。僕も貢献して、チームのために良い結果を残したい」と語った。 2022.06.30 08:30 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly