「応援ありがとう」…フランクフルト鎌田大地がEL制覇の今季に幕で感謝 「人生最高の瞬間でした」

2022.05.21 08:45 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フランクフルトの日本代表MF鎌田大地が今季終了に際して、サポーターに感謝の言葉を送った。

オリバー・グラスナー監督の下でスタートした今季のフランクフルト。DFBポカールで1回戦敗退に終わると、ブンデスリーガでも11位フィニッシュと国内での戦いで苦戦したが、ヨーロッパリーグ(EL)を前身のUEFAカップから数えて42年ぶりの優勝で飾り、締めくくった。

そのなかで、最終的に公式戦46試合出場で9得点4アシストの数字を収めた鎌田。これから昨年11月以来の返り咲きを果たした代表での活動が待つなか、19日にチームの一員として地元に戻っての凱旋パレードでサポーターと喜びを分かち合った後、自身のSNSを更新している。



「今季もたくさんの応援をありがとうございました。今季をスタートさせたときは僕らにとっても、僕自身にとっても、本当に難しかったし、誰もチャンピオンになれるなんて考えていなかったと思います! でも、僕は常に僕ら自身を信じ続け、やり遂げました! 人生最高の瞬間でした」



1 2

関連ニュース
thumb

ベンゼマ&アラバ弾でフランクフルトを下したマドリーが5年ぶり5度目の制覇!《UEFAスーパーカップ》

UEFAスーパーカップのレアル・マドリーvsフランクフルトが10日にフィンランドのヘルシンキ・オリンピックスタジアムで行われ、2-0でマドリーが勝利した。フランクフルトのMF鎌田大地はフル出場、MF長谷部誠はベンチ入りも出場機会はなかった。 チャンピオンズリーグ王者のマドリーとヨーロッパリーグ王者のフランクフルトの一戦。 今週末にラ・リーガ開幕を迎えるマドリーは、ベンゼマやクロース、カゼミロ、アラバなど昨季の主力を先発で起用。新加入のリュディガーやチュアメニはベンチスタートとなった。 一方、先週末に行われたブンデスリーガ開幕戦でバイエルンに大敗を喫したフランクフルトは、その試合から先発を2人変更。ゲッツェとコスティッチに代えて鎌田とレンツが先発に名を連ねた。長谷部はベンチスタートとなっている。 一進一退の立ち上がりとなる中、ファーストシュートはフランクフルトに生まれる。14分、ボレのパスをバイタルエリア中央左で受けた鎌田がボックス内まで切り込みシュート。しかし、これはGKクルトワのセーブに防がれた。 対するマドリーは17分、右サイドを突破したバルベルデの折り返しを中央のベンゼマがフリック。最後はフリーのヴィニシウスがシュートを放ったが、これはゴールカバーに戻ったトゥタにライン手前でブロックされた。 膠着状態が続く中、マドリーは37分にセットプレーから先制する。クロースの右CKをボックス内でベンゼマが競り合うと、浮き球をゴールエリア右のカゼミロが頭で折り返し、最後はアラバがゴールに押し込んだ。 先制したマドリーは、41分にもクロースの右クロスからベンゼマに決定機が訪れたが、シュートはわずかにゴール左へ逸れ、1-0で前半を終えた。 迎えた後半、先にチャンスを作ったのはマドリー。55分、モドリッチのパスで左サイドを抜け出したF・メンディのクロスからボックス内のヴィニシウスがチャンスを迎えたが、シュートはGKトラップの好セーブに防がれた。 1点を追うフランクフルトは、58分にローデとリンドストロームを下げてゲッツェとコロ・ムアニを投入。64分、鎌田のパスを受けたクナウフがボックス右からカットインし右アウトサイドでシュートを放ったが、これはGKクルトワにキャッチされた。 マドリーは直後の65分、F・メンディのスルーパスで左サイドを抜け出したヴィニシウスがボックス左まで侵入し折り返しを供給。これを中央のベンゼマが右足ダイレクトでゴールに流し込んだ。 リードを広げたマドリーは、85分にクロースとカルバハルを下げてチュアメニ、リュディガーの新加入組を投入。その後も危なげない試合運びを見せたマドリーは、フランクフルトに決定機を作らせず、2-0のままタイムアップ。 ベンゼマ&アラバのゴールでフランクフルトに完勝したマドリーが、5年ぶり5度目のUEFAスーパーカップ制覇となった。 2022.08.11 06:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ベンゼマ&モドリッチが今季初タイトル誓う! 10年過ごす互いのイメージにも言及

レアル・マドリーの重鎮2選手が、UEFAスーパーカップに向けた意気込みを語った。クラブ公式サイトが会見コメントを伝えている。 昨シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)を制したマドリーは10日、フィンランドのヘルシンキ・オリンピックスタジアムでヨーロッパリーグ(EL)王者のフランクフルトと対戦する。 今週末にアルメリアとのラ・リーガ開幕戦を控える中、今シーズン初の公式戦での初タイトル獲得を目指すエル・ブランコでは、フランス代表FWカリム・ベンゼマと、クロアチア代表MFルカ・モドリッチの2選手が、カルロ・アンチェロッティ監督と共に公式会見に出席。両選手は今大会への意気込みや今シーズンに向けた展望を語った。 ベンゼマは今大会に向け、「すべての試合が戦いであり、明日の夜には新たな夢が叶うかもしれない。僕らにとって重要な試合だ。プレシーズンはとても良かったし、準備万端、優勝してマドリードに戻るために全力を尽くすつもりだ」と、EL王者撃破への意気込みを語った。 さらに、昨シーズンのラ・リーガ、CLの2冠達成に加え、両コンペティションで得点王に輝いたマドリーの絶対的エースは、バロンドールの最有力候補に挙がる。仮に、今大会でトロフィーを獲得した場合、更なる後押しとなる。ただ、ベンゼマはチームと共にトロフィー獲得を目指しているものの、個人記録は意識していないと主張している。 「僕が言えることは、毎年、世界最高のこのクラブのために全力を尽くそうとしているということだ。毎年、自分のプレーを向上させなければならない。昨季はとても良いシーズンだったけど、誰が世界一のプレーヤーかは他の人が決めることだ。僕はただゲームに集中しているよ」 「そのこと(バロンドール)は考えていない。チームで勝つことの方が重要で、その結果として個人的な称賛がもたらされるんだ。チームと一緒にもっとトロフィーを獲得したいね」 また、元ブラジル代表DFマルセロの退団に伴い、今シーズンからカピタンに就任することになった34歳だが、これまで同様の姿勢でチームのために戦う心づもりだ。 「21歳のときに加入し、チャンピオンズリーグで優勝すること、そして成功することだけを考えてきたんだ。今はキャプテンになり、本当に幸せだし、自分のやってきたことに誇りを持っているけど、何も変わっていないよ。昨シーズンもすでにクラブのキャプテンの一人だったし、変わったのはキャプテンになったことぐらいさ。チームメイトの成功に貢献し、ピッチに立つたびにゴールやアシストを決めたいと思っているよ」 一方、ベンゼマと同様にマドリーの多くのタイトル獲得に貢献してきたモドリッチだが、今シーズン最初のトロフィー獲得へ大きなモチベーションを示している。 「チャンピオンズリーグで優勝するのは大変だったけど、特別な旅だったよ。僕らはUEFAスーパーカップでの優勝に向け本当に興奮しているんだ。シーズン最初のトロフィーだし、絶対に勝ちたい。僕らは全力を尽くし、それがピッチで発揮されることを願っているよ」 「このレベルで活躍するためには、ハードワークし、ピッチ内外でプロとして本当に献身的に働く必要がある。僕らはとても良いチームを持っていて、良いシーズンを過ごす準備ができている。毎シーズンそうしているように、全力を尽くすつもりさ。どの大会も僕らにとっては重要だ。また勝つためにここにいるのだから、明日の夜、最高のシーズンのスタートを切りたいね」 最後に、ベンゼマとモドリッチは2012年以降、10年に渡って共にプレーしてきた相棒の印象について改めて言及。 ベンゼマは、「大好きなプレーヤーさ。彼と一緒にトレーニングするたびに、彼は僕に感銘を与えてくれるんだ。ワンタッチとツータッチのフットボールをプレーすることができ、彼について何かひとつ選ぶとしたら、それは彼のアウトサイドキックの能力に違いないね」と、世界屈指のアウトサイドキックの名手を称賛。 対してモドリッチは、「クラブに加入して、一緒に練習し、プレーするようになってから、彼がとてもユニークで異なるタイプのプレーヤーだと気づいたことを覚えているよ。彼は素晴らしい才能の持ち主で、今、多くの人々がその事実を認めてくれていることを嬉しく思っているよ。彼に付いてひとつだけ挙げるなら、彼のゴール能力だね。それは僕に欠けている部分だからね」と、ここ数年の世界的な称賛を喜ぶと共に、そのゴール能力を絶賛している。 2022.08.10 16:12 Wed
twitterfacebook
thumb

マドリー撃破に意気込む守護神トラップ、「自分たちの力を示すチャンス」

フランクフルトのドイツ代表GKケビン・トラップが、UEFAスーパーカップに向けた意気込みを語った。 昨シーズンのヨーロッパリーグ(EL)を制したフランクフルトは10日、フィンランドのヘルシンキ・オリンピックスタジアムでチャンピオンズリーグ(CL)王者のレアル・マドリーと対戦する。 昨シーズンのEL決勝レンジャーズ戦で、PK戦までもつれ込んだ激闘を制する立役者となった守護神は、今シーズンのCL参戦も決定している中、今回の一戦が自分たちの力を示す格好のチャンスと捉えているようだ。『UEFA.com』が会見コメントを伝えている。 「僕らは昨シーズン、歴史的な何かを成し遂げた。そして、勝利の直後、僕らはすでにこの試合について話し合っていたんだ。それはスーパーカップの重要性を示している」 「僕らは、ヨーロッパで最高のチームの1つと対戦する。だけど、僕らにもその資質があり、このゲームは贈り物として与えられたのではなく、自分たちが1年かけて獲得したものなんだ」 「ヨーロッパで間違いなく最高のチームを相手に自分たちの力を試すことになるし、自分たちの力を示すチャンスでもある。とにかく楽しみだよ」 「また、僕らはファンとこれまでとは異なる関係を築いている。彼らは昨シーズンの達成に大きな役割を果たしてくれた。バルセロナでの3万人がもたらした影響を覚えているよ。彼らを称賛し喜ばせることで、自分たちにも特別な何かが返ってくると思うから楽しみなんだ。それはすべて特別な関係の一部だよ」 「明日は1万人のファンが応援してくれることを楽しみにしているよ。ファンのサポートは僕らのクラブにとって重要な部分。セビージャ戦のように、試合後に彼らと一緒に祝えることを願っているよ」 また、今回の会見にオリバー・グラスナー監督、トラップと共に出席したコロンビア代表FWラファエル・サントス・ボレも、このビッグマッチで新たな歴史を作ることを目指している。 「明日は僕らにとって大きな試合だ。決勝戦だね。もう一度、歴史を作り、トロフィーを手にするチャンスがあるんだ。このような瞬間を楽しまなければならないよ」 「とにかく集中し、強くなければならない。コンパクトに守り、チャンスになりそうな瞬間はしっかりとしたプレーをしなければならない。そうすれば、必ずチャンスはあるはずだ」 2022.08.10 15:11 Wed
twitterfacebook
thumb

「すべての大会で勝つために戦う」、UEFAスーパーカップで今季スタートのアンチェロッティは6冠達成に意欲

レアル・マドリーを率いるカルロ・アンチェロッティ監督が、UEFAスーパーカップに向けた意気込みを語った。 昨シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)を制したマドリーは10日、フィンランドのヘルシンキ・オリンピックスタジアムでヨーロッパリーグ(EL)王者のフランクフルトと対戦する。 アメリカでのバルセロナ、クラブ・アメリカ、ユベントスとのプレシーズンマッチ3試合を、1勝1分け1敗の戦績で終えたチームは、今週末にアルメリアとのラ・リーガ開幕戦を控える中、今シーズン初の公式戦での初タイトル獲得を目指す。 この一戦に向けた公式会見に出席したイタリア人指揮官は、先週末のブンデスリーガ開幕戦で自身の古巣バイエルンに1-6の大敗を喫した相手に対しても、「あの結果に騙されることはない」と警戒感を口にしている。クラブ公式サイトが会見コメントを伝えている。 「アイントラハトのバイエルン戦は見たが、あの結果に騙されることはないだろう。彼らはヨーロッパリーグで優勝するに値するチームだ。彼らは活気があり、強度の高いフットボールをするチームだ」 「我々は彼らのことをよく知っているつもりだ。彼らを打ち負かすには戦い、バトルし、そしてうまくプレーしなければならない。しっかりとトレーニングを積んで自信をつけているからこそ、それができる状態にある。チャンピオンズリーグ優勝は本当に興奮をもたらしたが、それは我々とサポーターにとって今も変わらない。この勢いを維持したい」 また、今夏にDFアントニオ・リュディガー、MFオーレリアン・チュアメニの2選手を補強したものの、今シーズンも継続路線を歩むマドリー。 アンチェロッティ監督は明日の試合の選手起用について、リバプールとの昨季CL決勝と全く同じメンバーを起用するかとの問いに対しては、会見に同席したFWカリム・ベンゼマ、MFルカ・モドリッチに対するジョークを交えながらも、概ね同じメンバーの起用を示唆している。 「チャンピオンズリーグで優勝したプレーヤーたちがやってくれた仕事のおかげで、我々はこの場にいる。ただ11人のプレーヤーで勝ち取ったわけではない。多くのプレーヤーはプレーするに値するが、私はチャンピオンズリーグ決勝で優勝した面々を出すつもりだ。その内の2、3人については、昔から疑問符がつくがね。(苦笑) 私の隣に座っている2人(モドリッチとベンゼマ)は、彼らが望むのであれば、プレーすると思うよ」 最後に、今シーズンのマドリーは今大会を皮切りに、ラ・リーガ、CL、コパ・デル・レイ、スーペル・コパ・デ・エスパーニャ、FIFAクラブ・ワールドカップと6つのコンペティションに出場する。 アンチェロッティ監督は昨シーズンのラ・リーガ、CL、スーペル・コパの3冠以上の結果を目指している。 「我々はすべての大会で勝つために戦うつもりだ。それについて疑いの余地がない。6つの大会で優勝するのは少し難しいことだが、そのために戦い、トライすることは可能であり、それが我々がやっていることだ。チームには大きな自信があり、昨シーズンよりも強いと思う。我々は競争し、懸命に戦うつもりだ」 「勝利は常に特別なものだ。勝てば嬉しいし、負ければ悲しい。私にとってデータは重要ではなく、大切なのはプレーヤーと一緒にいることを楽しむことだ」 2022.08.10 14:40 Wed
twitterfacebook
thumb

グラスナー監督がUEFAスーパーカップ制覇へ意気込む! 不在コスティッチ退団も認める…

フランクフルトを率いるオリバー・グラスナー監督が、UEFAスーパーカップに向けた意気込みを語った。 昨シーズンのヨーロッパリーグ(EL)を制したフランクフルトは10日、フィンランドのヘルシンキ・オリンピックスタジアムでチャンピオンズリーグ(CL)王者のレアル・マドリーと対戦する。 先週末に行われたブンデスリーガ開幕戦ではバイエルン相手に1-6の大敗を喫し、今回のビッグマッチに向けては大きな不安を残すところだ。 グラスナー監督は、マドリーの強さを認めながらも「またトロフィーを手にしてフランクフルトに戻りたい」と、タイトル奪取への意気込みを語っている。クラブ公式サイトがオーストリア人指揮官のコメントを伝えている。 「レアルはボールを持つととても心地よく見えるし、時にはとても高い位置から攻撃してくる。我々はコンパクトなディフェンスから、自信を持って、情熱的に、積極的に、そしてスピリットを持ってプレーしたい。もちろん、セットプレーから危険なプレーをしたい」 「当然、レアルに対しては特に優れた守備が必要であり、チャンピオンズリーグの歴史の中で最高の得点者の一人であるベンゼマのようなアタッカーが前にいる場合はなおさらだ」 「しかし、彼らはベンゼマだけではない。彼に加えて、ロドリゴ、ヴィニシウス、バルベルデ…。我々はコンパクトに守らなければならない。我々にとって、非常に特別な相手との非常に大きな試合だ。ただ、我々には恐れではなく野望がある。試合には常にチャンスがあるし、我々は昨年それを示した」 「勝敗はディテールによって決まるはずだ。相手の長所をできる限り消す必要がある。レアルに問題を起こせるという自信はあるし、目的は明確で、またトロフィーを手にしてフランクフルトに戻りたい」 さらに、格上撃破に向けたキーマンの一人となるMFマリオ・ゲッツェに対しては、その豊富な経験への期待を口にしている。 「彼のようなプレーヤーが仲間になるのは嬉しいことだ。彼はチャンピオンズリーグで60試合以上出場した経験がある。彼が先発するかどうかはまだ決まっていないが、その存在我々の助けになるはずだ」 一方、今回の一戦では昨季のEL制覇の立役者となったMFフィリップ・コスティッチが不在に。ユベントス行きが決定的と見られる中、グラスナー監督はエースの退団を認めている。 「彼は質の高いプレーヤーであり、我々がが失ったプレーヤーでもある。我々は彼に別れを告げる。もちろん、彼の退団は我々を弱体化させることになる。彼は他のところへ行くことを求め、明日はプレーしない。私は彼にヒーローのように去るようにと話したよ。そういうわけだ」 「明日システムを変更するつもりはないが、時間が経てばいろんなことが分かるはずだ。監督の仕事は常に、使えるプレーヤーで可能な限り最高のシステムでプレーすることであり、これから数週間、それを実行するつもりだ」 2022.08.10 14:12 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly