シティがククレジャを狙う! 今季のブライトンMVPに48.4億円準備か

2022.05.18 11:30 Wed
Getty Images
マンチェスター・シティがブライトン&ホーヴ・アルビオンのスペイン代表DFマルク・ククレジャ(23)を狙っているようだ。
PR
今季も段違いの強さを見せつけるシティ。プレミアリーグ連覇に迫るなか、先日にドルトムントからノルウェー代表FWアーリング・ハーランドを獲得するビッグディールをまとめ上げ、来季に向けた補強も着々と進めている。
そんなシティだが、イギリス『デイリー・メール』によると、他のポジションと比べても固定化できずにいる左サイドバックの補強も視野に入れ、移籍金3000万ポンド(約48億4000万円)でククレジャを狙っているという。

ジョゼップ・グアルディオラ監督は今季がブライトン加入1年目でブレミアリーグ初挑戦ながらクラブの年間最優秀選手に輝いたククレジャの年齢面だけでなく、ワイドプレーヤーとしての多才さを評価しているとのことだ。

なお、ブライトンは昨夏にククレジャを獲得するにあたり、移籍金として1540万ポンド(約24億8000万円)を支払っており、シティが引き抜くためにはその倍額が必要になると推測されている。

PR
関連ニュース

ベルナルド弾で競り勝った王者シティが決勝進出! 敗れたチェルシーは来季欧州戦出場へ崖っぷちの状況に…【FAカップ】

FAカップ準決勝、マンチェスター・シティvsチェルシーが20日にウェンブリー・スタジアムで行われ、1-0で勝利したシティが決勝進出を決めた。 大会連覇を目指すシティは準々決勝でニューカッスルを2-0で撃破し、ベスト4進出。決勝行きを懸けたこの一戦では、プレミアリーグで2戦2分けの相手に今季初勝利を狙った。グアルディオラ監督は、PK戦の末に敗れたチャンピオンズリーグ(CL)のレアル・マドリー戦から中2日の一戦に向けて先発4人を変更。GKにオルテガを起用したほか、ルベン・ディアス、グヴァルディオルに代えてアケ、ストーンズ。負傷でメンバー外のハーランド代役にアルバレスを起用した。 一方、リーグ戦での低迷によって来季のヨーロッパ出場権獲得へ今大会制覇が至上命令となるチェルシー。前ラウンドではチャンピオンシップ(2部)のレスター・シティに苦戦しながらも4-2で勝ち切って4強入りを決めた。ポチェッティーノ監督は6-0で圧勝したエバートン戦から先発1人を変更。ムドリクに代えて負傷明けのエンソ・フェルナンデスを起用した。 シティがストーンズの偽CB、ベルナルド・シウバ、グリーリッシュを両翼に配置した[4-1-4-1]で臨んだのに対して、チェルシーは2列目に右からマドゥエケ、パーマー、ギャラガーを配置した[4-2-3-1]でスタート。 立ち上がりは互いに前から強く圧力をかけ合い、ショートカウンターの形からチャンスを窺う展開となった。 その中でより効果的にカウンターをフィニッシュで完結させるチェルシーは、ジャクソン、パーマーとボックス内でシュートに持ち込むが、決定機には至らず。 前半半ばから終盤にかけてはシティがボール保持率を高めて押し込む形を作り出し、相手のコンパクトな守備に対してデ・ブライネやアルバレスを起点に点と点で合わせるコンビネーションでチャンスを窺うが、GKペトロビッチの好守や守備陣の身体を張った対応に阻まれる。 一方、チェルシーはジャクソンが背後への抜け出しからのビッグチャンスでフィニッシュまで持ち込めなかったが、37分にはボックス内で見事な切り返しからの左足シュートでGKオルテガを脅かす決定機を創出。だが、前半の内にゴールをこじ開けることはできなかった。 ゴールレスでの折り返しとなった後半、シティはストーンズを下げてルベン・ディアスをハーフタイム明けに投入。後半立ち上がりはオープンな展開になると、49分には裏へ抜け出したジャクソンが続けて決定機を迎えるが、いずれもGKオルテガの好守に遭う。直後の53分にはボックス付近でボールを受けたフォーデンが枠の左隅に鋭いシュートを飛ばすが、今度はGKペトロビッチのファインセーブに阻まれた。 立ち上がりの攻防以降はより深くで押し込むシティ、カウンターから一発を狙うチェルシーという構図の下でやや試合が膠着。シティは65分、やや足を気にしていたグリーリッシュを下げてドクを投入すると、そのドクは投入直後にボックス左に持ち込んでニア下を狙った左足シュートで早速見せ場を作った。 これに対してチェルシーは80分、足を気にしていたグストと共にマドゥエケを下げてディザジ、ムドリクを同時投入。この交代でギャラガーが右、ムドリクが左に立ち位置を取った。 今季リーグ戦同様に90分間で決着が付かずに延長戦の可能性もよぎり始めるが、王者が土壇場で底力を発揮した。84分、左サイドで押し込んでドクからの短いスルーパスでポケットを取ったデ・ブライネがグラウンダーのクロスを供給。GKペトロビッチが足に当てたボールがゴール右に流れると、これに反応したベルナルド・シウバの左足シュートがゴール前のDFククレジャにディフレクトしてゴール右隅に決まった。 前ラウンドのニューカッスル戦に続くベルナルド・シウバの一撃でリードを手にしたシティは、アルバレスを下げてボブを投入。戦い方は変えずも逃げ切り態勢に入る。一方、何とか追いつきたいチェルシーはククレジャ、エンソ・フェルナンデスを下げてチルウェル、スターリングとより攻撃的な選手を投入した。 その後、8分が加えられた後半アディショナルタイムの攻防ではチルウェルやムドリクの突破でチェルシーが際どいシーンを作ったものの、したたかに時計を進めたシティが1-0のまま試合をクローズした。 この結果、CL敗退のショックを見事に払しょくしたシティがFAカップ連覇に王手をかけた。一方、今季無冠が確定したチェルシーは、来季のヨーロッパ出場権獲得へ非常に厳しい状況に追い込まれた。 2024.04.21 03:22 Sun

代表離脱に脳卒中、前十字靭帯断裂…シティ女子はGK受難も、正守護神にはゴーサイン「キーティングは大丈夫、元気だよ」

マンチェスター・シティ女子チームのガレス・テイラー監督が、守護神の状態について言及した。クラブ公式サイトが伝えている。 FA女子スーパーリーグ(FAWSL)で、首位チェルシーと同勝ち点の2位に付けるシティは21日の第19節、ホームでウェストハムと対戦する。 シティは今季、19歳のイングランド女子代表GKキアラ・キーティングがリーグ戦の全試合でゴールを守っているが、4月の代表活動時にヒザを負傷し、途中離脱していた。 また、昨季まで主軸だったエリー・ローバックは、3月に後頭葉脳卒中の治療中であることが明かされ、サンディ・マクアイバーも12日にヒザの前十字じん帯断裂で手術をしたことが発表されたばかりだった。 14日にはブライトン&ホーブ・アルビオンからケイティ・スタートアップを今季終了までの短期緊急レンタルで補強したが、実績はあれど、今季の出場はリーグカップの1試合のみと、試合勘には一抹の不安を覚える。 長谷川唯の古巣対戦ということ以上に、守護神事情に注目が集まるが、テイラー監督は前日会見で「彼女は元気。代表からの途中離脱は予防措置」と、キーティングへのゴーサインを出している。 「彼女は元気だよ。イングランド代表から途中で戻ったのは、予防措置としてだ」 「膝の問題を抱えてはいたが、我々はそれを注視してきたし、彼女を守るのが正しい判断だと思った。今の序列や状態では、彼女が先発出場する可能性は低かったので、代表のトレーニングで追い込み過ぎるのはあまり意味がないだろうと。(イングランド女子代表監督の)サリーナ・ヴィーフマンと話を付けるのは難しくなかった」 「以来、彼女は我々のトレーニングに戻ってきたし、幸運にも、ブライトンからはケイティを迎え入れることができて、今週はずっと一緒にトレーニングしてくれている。本当に良くやってくれているし、我々にとっても良い補強になってくれた」 シティは現在、チェルシーと得失点差で「2」劣っているため、可能な限り点差を広げての勝利が望ましい。また、ビルドアップに関してもキーティングの存在は大きいため、逆転優勝へ向けての朗報となった。 2024.04.20 22:15 Sat

ハーランド&デ・ブライネは状態不良でチェルシー戦へ…「回復時間があまりない」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が2選手の状態に言及した。クラブ公式サイトが伝えた。 先日行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグではレアル・マドリーと激闘を繰り広げたシティ。延長戦とPK戦の末、ベスト8敗退という肉体的にも精神的にもダメージの大きい結果に終わったが、中2日の20日にはFAカップ準決勝のチェルシー戦に挑む。 立て続けの大一番を前にしたグアルディオラ監督は、マドリー戦で90分に交代したノルウェー代表FWアーリング・ハーランドと、延長後半に交代したベルギー代表MFケビン・デ・ブライネに言及。両者ともに大きな問題はないものの、万全とは言えないようだ。 「ケビンは元気だ。アーリングについては様子を見よう」 「私は医者ではないのでわからない。彼は少し心配事を口にしていたが、今後数時間、彼の経過を見ることになる」 「(マドリーとの)タフな試合だった。 120分戦った。どちらにとっても強度が高い試合だった。アーリングは何かを感じた。筋肉の問題により試合を続けることができなくなった」 「ケビンはケガで5カ月離脱していたこともあり、疲労困憊だった。それが普通だ。明日どうなるか見てみよう」 また、グアルディオラ監督は、過密日程である以上コンディションが整わないのは仕方のないことだとコメント。各選手の状態を気にしながらスタメンを探っていく。 「普通のことだ。今シーズンも昨シーズンも試合数は多く、回復する時間があまりない。延長戦もあるし、我々のプレースタイルは強度が高い」 「我々の試合にはかなりのプレッシャーがかかる。彼らは機械ではなく人間だ。時には疲労が溜まることもある」 2024.04.20 12:34 Sat

「2年間退団したがっていた」 チェルシーで大ブレイクのパーマーをグアルディオラ監督が回想…「我々に何ができたと?」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督がチェルシーで大ブレイクのイングランド代表MFコール・パーマーに言及した。 シティでは出番が限られ、燻った21歳レフティだが、今季から移籍のチェルシーで大きく飛躍。チームとしては振るわずだが、公式戦38試合で23得点13アシストと見事な数字を叩き出す。 プレミアリーグに限れば、先週末に1試合4ゴールと大暴れし、ゴール数は大台の20発に。シティのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドと並び、得点ランキングトップに躍り出た。 結果論ながら、シティからすれば昨夏の決断が惜しまれるが、グアルディオラ監督の残留を求める声を振り払ってのチェルシー行きだったようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 「コールは今季の多くで決定的な選手だ。2シーズン前から出ていきたいと言い、私は残れと言ったんだ。でも、彼は去りたいと。我々に何ができたと? 彼はリヤド(・マフレズ)がいなくなったから残ると言ったが、2シーズンにわたって去りたがっていた」 「彼は並外れた選手だ。私はおそらく彼にふさわしいだけの出場時間を与えられなかったが、今やチェルシーでそれを手にしている。それに関しては完全に理解できる。彼は内気だが、かなりのポテンシャルを秘めている。それが現実さ。素晴らしいプレーをしているし、何とも言い難いが、あの決断は多くの理由によってのものだ」 なお、20日にFAカップ準決勝のシティはチェルシーと対戦。パーマーは要注意選手になりそうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】圧巻パフォーマンス、1試合4ゴールのコール・パーマー</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="Iciv1ZiSbNA";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.20 12:15 Sat

【プレミアリーグ第34節プレビュー】アーセナル&リバプールは首位シティに圧力かけられるか…FAカップ並行開催で変則日程

先週末に行われた第33節は三つ巴の優勝争いに大きな影響を与える一節となった。アーセナルとリバプールがいずれもホームで敗戦を喫した中、唯一勝ち点3を積み上げたマンチェスター・シティが3位から一気に首位奪還に成功した。 UEFAコンペティションの準々決勝終了後の開催となる今節は、FAカップ準決勝開催に伴い、トッテナムvsマンチェスター・シティ、ブライトンvsチェルシー、マンチェスター・ユナイテッドvsニューカッスルが5月中旬に延期される変則日程での開催となる。 その中で注目は首位シティをいずれも2ポイント差で追う2位のアーセナル、3位のリバプールの上位陣の戦いだ。 アーセナルは前節、アストン・ビラとホームで対戦。前半は相手を圧倒するパフォーマンスを見せたものの、古巣対戦のGKマルティネスらの好守などによって先制点を奪えず。すると、後半は完全に攻撃が停滞すると、後半終盤にセットプレー流れとカウンターからFWベイリー、FWワトキンスに立て続けにゴールネットを揺らされて0-2の敗戦。痛恨のシーズンダブルを喫し、2024年のリーグ戦初黒星と共に首位陥落となった。さらに、チャンピオンズリーグ(CL)のバイエルン戦では初戦を2-2のイーブンで終えていた中、敵地での2ndレグでMFキミッヒの一発に沈んで0-1の敗戦。7年ぶりのCLでの戦いをベスト8で終えることになった。 この公式戦連敗によって一気に厳しい立場に立たされたアルテタのチームは、チェルシーとトッテナムとの過密日程のダービーを控える中、今季上位陣相手に曲者ぶりを発揮する11位のウォルバーハンプトン相手にバウンスバックの白星を狙う。直近4試合未勝利とやや失速気味のウルブスとのアウェイゲームでは、2試合連続無得点と決定力を欠く攻撃陣の奮起が求められる。また、バイエルン戦で昨年12月以来のスタメンを飾ったDF冨安健洋の起用法にも注目が集まる。 リバプールは前節、クリスタル・パレスとホームで対戦。その直前に行われたヨーロッパリーグ(EL)でアタランタにアンフィールドで14カ月ぶりの敗戦を喫し、バウンスバックの白星を狙った一戦だったが、立ち上がりに隙を突かれてMFエゼに先制点を奪われた。後半は攻撃的なカードを切って完全に落ち込む形を作り出したが、FWヌニェス、FWサラー、MFカーティス・ジョーンズといった選手の再三の決定機逸が響き0-1の敗戦。要塞でのまさかの公式戦連敗によって3位に転落した。 ELのアタランタとのリターンレグでは、FWサラーの開始早々のPKによる先制点で奇跡の逆転突破への機運が高まったものの、以降は攻撃が停滞。敵地で意地の勝利を収めたが、今季2つ目のタイトル逸が決定した。これでシーズン残りはリーグ戦一本に絞られた中、今節は前回対戦で壮絶な打ち合いを演じた12位のフルアムとのアウェイゲームに挑む。アタランタ戦完全休養となったMF遠藤航の奮闘に期待しつつ、湿りがちな攻撃陣の爆発が勝利のカギを握る。 前節、アーセナルを破って4位に再浮上したアストン・ビラは、13位のボーンマスを相手に連勝を狙う。直近のカンファレンスリーグ(ECL)では敵地で2点を先行されて敗退の危機に陥ったが、後半終盤に相手守備のミスを突いてDFキャッシュのゴールで追いついて延長戦に持ち込んだ。その後、PK戦では守護神マルティネスが2本のシュートストップでチームをベスト4進出に導いた。MFザニオーロの負傷に、120分の激闘から中2日でのチェリーズ戦は難しいものになるが、トッテナムとの暫定勝ち点差をきっちり広げたいところだ。 DF橋岡大樹を擁する18位のルートン・タウンは、15位のブレントフォード相手に2試合ぶりの白星を狙う。前節、マンチェスター・シティ相手に1-5の大敗を喫した中、残留争いのライバルであるビーズとの直接対決ではFWトニー、FWエンベウモ、FWウィサとタフなアタッカーを擁する相手に守備陣の出来が勝敗のカギを握る。前節、不運な形で今季2つ目のオウンゴールを献上した橋岡としては名誉挽回のソリッドなパフォーマンスを見せたいところだ。 また、無敗レバークーゼンに屈してELベスト8敗退となった8位のウェストハムは、リバプール撃破で勢いに乗る14位のクリスタル・パレス相手にバウンスバックの白星を目指す。 熾烈な残留争いでは最下位のシェフィールド・ユナイテッドと19位のバーンリーの直接対決、共にPSR違反で勝ち点を減点されて降格圏手前にいる16位のエバートンと、17位のノッティンガム・フォレストの直接対決にも大きな注目が集まる。 ◆プレミアリーグ第34節 ▽4/20(土) 《23:00》 ルートン・タウン vs ブレントフォード シェフィールド・ユナイテッド vs バーンリー 《27:30》 ウォルバーハンプトン vs アーセナル ▽4/21(日) 《21:30》 エバートン vs ノッティンガム・フォレスト 《23:00》 アストン・ビラ vs ボーンマス クリスタル・パレス vs ウェストハム 《24:30》 フルアム vs リバプール ▽5/14(火) 《28:00》 トッテナム vs マンチェスター・シティ ▽5/15(水) 《27:45》 ブライトン vs チェルシー 《28:00》 マンチェスター・ユナイテッド vs ニューカッスル 2024.04.20 12:00 Sat
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly