「右腕1本で制する家長」自分よりも大きい福岡フアンマ相手にも “奪われない”家長昭博のボールキープに感嘆の声「ボール持ってる時の落ち着き方異常」

2022.05.16 20:15 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
川崎フロンターレのMF家長昭博の余裕あるプレーがファンを沸かせている。

川崎Fは14日、明治安田生命J1リーグ第13節でアビスパ福岡と対戦。ホームで1カ月ぶりの試合に臨み、2-0で快勝した。この試合に先発した家長は、ゴールに絡むことはなかったものの随所で持ち前のボールキープ力を発揮した。

福岡戦の1日後、川崎Fの公式ツイッターは、「昨日の試合での『これぞ家長! 』というプレーをまとめてみました!それにしてもアキ、落ち着いていますね」としながら家長のプレー集を掲載。その落ち着きぶりにファンからも脚光が集まった。

動画では、相手のクロスを自陣ボックス内で左足アウトでトラップしたシーンや、福岡のFWフアンマ・デルガドに強くプレッシャーをかけられながらも右腕1本で制してしまうシーン、さらには自陣深くの危険な位置にもかかわらず、全く焦ることなく相手を交わして前線へと運んでいく家長のらしさ溢れるプレーが収められている。

「本当に上手い」、「天才」、「ボール持ってる時の落ち着き方異常」、「右腕1本でファンマを制する家長」、といったコメントのほか、解説を務めた福田正博氏が家長の凄さに思わず笑いをこぼした瞬間に着目し、「福田さん笑っちゃってるし」などの反応が寄せられている。

昨シーズンまで2年連続でJリーグのベストイレブンに選ばれている家長。今シーズンも3連覇を目指す王者川崎Fに欠かせぬ存在として輝きを放っている。

1 2

関連ニュース
thumb

劇的逆転のC大阪が川崎Fにシーズンダブル! 船木2戦連発にパトリッキが値千金のJ初弾【明治安田J1第19節】

明治安田生命J1リーグ第19節、セレッソ大阪vs川崎フロンターレが2日にヨドコウ桜スタジアムで行われ、ホームのC大阪が2-1で逆転勝利した。 現在、7位のC大阪は後半戦初戦となった清水エスパルス戦を1-1のドローで終えた。3試合ぶりの勝利を目指すホームゲームでは前回対戦で大勝した王者を迎え撃った。清水戦からは先発2人を変更し、西尾に代わって前節ゴールを決めた船木、負傷の清武に代えて山田を2トップの一角に据えた。 一方、前々節の北海道コンサドーレ札幌戦で今季リーグ最多の5ゴールを挙げて大勝した3位の川崎Fだが、天皇杯で東京ヴェルディにジャイアントキリングを許すと、前節のジュビロ磐田戦では土壇場で追いつかれての1-1のドローと調子はいまひとつ。前回対戦でJ1ホーム連続無敗記録をストップされた因縁の相手とのリベンジマッチでは、磐田戦と全く同じスタメンを採用。アンカーに大島、3トップは家長、小林、遠野が並んだ。 立ち上がりからボールを握る川崎F、ブロックを敷いてカウンターを狙うC大阪という構図が明確となる。その中でアウェイチームがいきなり決定機を作り出す。開始4分、大島からの鋭い縦パスを前線の小林がうまく潰れて落とすと、前向きな形でサポートに入った脇坂がボックス付近まで運んで右足を一閃。だが、このシュートは惜しくも左ポストを叩く。さらに、こぼれ球に詰めた家長のシュートはGKキム・ジンヒョンにキャッチされた。 早い時間帯の先制を逃したアウェイチームだが、以降も大島や家長を起点にボールを動かしながら相手守備に揺さぶりをかけていく。これに対してC大阪は割り切って守備を固めつつ、ブルーノ・メンデスの背後へのランニングや狙いを持ったプレスからのカウンターで、虎視眈々と一発を狙う。 やや膠着状態が続くものの、小林のスルーパスからチャナティップが決定機に顔を出すなど、よりゴールの匂いをさせる川崎Fは、前半終盤にスコアを動かす。36分、右CKの場面でキッカーの脇坂が右足アウトスウィングで入れたクロスを、ゴール前の谷口が打点の高いヘディングでゴール左隅へ流し込んだ。 その後、前半の内に追いつきたいホームチームは徐々に前に出ていく姿勢を見せるが、リードを得て余裕のあるアウェイチームにうまくいなされてしまい、前半は川崎Fの1点リードで終了した。 互いに選手交代なしで臨んだ後半はイーブンな状況が続く。早い時間帯に追いつきたいC大阪だが、ボックス内での競り合いの際に相手DF車屋の腕にボールが場面ではVARが介入も、お咎めなしの判定に。 それでも、前半からセットプレーで確実にフィニッシュの場面を作り出していたホームチームは、清水戦に続き伏兵の一撃で追いつく。59分、相手陣内中央左で得たFKの場面でキッカーの鈴木がゴール前に際どいボールを入れると、中央で競り勝った船木が2試合連発となる値千金のヘディングシュートを叩き込んだ。 1-1の振り出しに戻った中、両チームは65分過ぎに2枚替えを敢行。この交代策で流れを掴んだのはC大阪。追いついた勢いに加え、山田に代わって投入されたアダム・タガートが前線でうまくポイントを作り、中盤やディフェンスラインの攻撃参加を促す。だが、厚みのある波状攻撃はGKチョン・ソンリョンを中心とする川崎Fの粘りの守備に阻まれる。 何とか1-1を維持するも、決定機はおろか後半は思うように相手を押し込めない川崎Fは、79分に宮城と共に切り札のレアンドロ・ダミアンを投入。すると、83分には山根のスルーパスに抜け出したレアンドロ・ダミアンがボックス右でGKと一対一となる決定機を迎えるが、ここはシュートコースを消されてゴールとはならず。 それでも、C大阪の運動量の低下と、一連の交代策が徐々に機能したアウェイチームは、ようやく相手を押し返すことに成功。89分にはカウンターから右サイドのスペースに飛び出した大島の正確なクロスにファーサイドの宮城が飛び込むが、渾身のダイビングヘッドは相手の寄せもあり枠に飛ばず。 その後、どちらにも勝ち点3のチャンスが残る中で試合は5分のアディショナルタイムに突入。すると、土壇場で劇的なゴールが生まれる。 92分、相手陣内右サイドでFKを得たC大阪はキッカーの鈴木が再び鋭いボールをゴール前に送ると、ニアに走り込んだパトリッキが頭で合わせたボールがGKの手を弾きゴールネットを揺らした。 そして、パトリッキの劇的なJ1初ゴールを最後まで守り抜いたC大阪が見事な2-1の逆転勝利。J1連覇中の王者相手にシーズンダブルを達成した。一方、痛恨の逆転負けとなった川崎Fは首位の横浜F・マリノスとの勝ち点差が6ポイントに広がった。 セレッソ大阪 2-1 川崎フロンターレ 【C大阪】 舩木翔(後14) ジェアン・パトリッキ(後45+2) 【川崎F】 谷口彰悟(前36) 2022.07.02 21:04 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第19節:C大阪vs川崎F】前半戦はC大阪が圧倒、再現かリベンジか

【明治安田生命J1リーグ第19節】 2022年7月2日(土) 19:00キックオフ セレッソ大阪(7位/27pt) vs 川崎フロンターレ(3位/34pt) [ヨドコウ桜スタジアム] ◆トップ3との3連戦スタート【セレッソ大阪】 前節はホームに清水エスパルスを迎えて1-1のドロー。さらに、ケガ人が続出するという負の連鎖が始まり、苦しい状況だ。 丸橋祐介、山中亮輔の左サイドバックの2人が負傷。さらに、原川力、清武弘嗣もケガと苦しみが重なる中、上位に行くための壁が立ちはだかる。 今節の相手は3連覇を目指す川崎F。そして、鹿島アントラーズ、横浜F・マリノスとトップ3との3連戦が始まる。 ちょうど3カ月前に対戦したアウェイゲームでは、チームを退団した乾貴士の2ゴール、そして山田寛人の2ゴールで4得点を奪って勝利。前からプレスをかけてビルドアップを封じる形から、一気にゴールを奪うことに成功したことが結果につながった。 手薄なメンバーとなる中で、今節も同じ戦いを目指したいところ。力負けせずに勝利を収めたい。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:キム・ジンヒョン DF:松田陸、マテイ・ヨニッチ、鳥海晃司、西尾隆矢 MF:毎熊晟矢、奥埜博亮、原川力、為田大貴 FW:ブルーノ・メンデス、加藤陸次樹 監督:小菊昭雄 ◆波に乗れない中、大事な一戦【川崎フロンターレ】 天皇杯の敗退に続き、前節はジュビロ磐田相手に1-1のドロー。勝ち点を取りこぼした中、本調子とは言えない状況だ。 熾烈な上位争いが続く中で勝ち点を落としたくないなか、今節からは未勝利の3チームとの連戦がスタート。その初戦が、苦杯を舐めさせられたC大阪だ。 前述の通り、1-4とホームで大敗。ホーム連続無敗記録をストップさせられた相手であり、記憶に間違いなく残っているだろう。前からアグレッシブに戦う形で隙を突かれ、連続失点で自分たちを見失ってしまった。 この悪い流れをどう止めるのか。大事な試合ではこれまでことごとく勝利し、その結果がリーグ連覇につながっている。今節もその一戦と言える状況。アウェイゲームで圧倒し、自分たちの形で勝利をもぎ取れるかに注目だ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:チョン・ソンリョン DF:山根視来、谷口彰悟、車屋紳太郎、橘田健人 MF:脇坂泰斗、大島僚太、遠野大弥 FW:家長昭博、レアンドロ・ダミアン、チャナティップ 監督:鬼木達 2022.07.02 16:30 Sat
twitterfacebook
thumb

「爽やか〜」「かっこよすぎ」田中碧のニューヘアーが大絶賛、大先輩も「髪型グーやん」

デュッセルドルフに所属する日本代表MF田中碧の髪型が大きな注目を集めている。 すでにドイツに戻っている田中は、デュッセルドルフのチーム写真に参加。新ユニフォームを身に纏って撮影に臨んでいた。 その田中は、日本に滞在していた際に国立競技場で行われた高級時計ブランド「HUBLOT」のイベントに参加。スーツ姿で臨んだ。 このイベントには日本代表の森保一監督なども参加。田中は川崎フロンターレ時代のチームメイトであり日本代表でも共に戦っているDF板倉滉との2ショットも投稿していた。 その田中の投稿で注目されたのが新たな髪型。川崎Fの先輩であるFW小林悠は「髪型グーやん」とコメント。日本代表のチームメイトであるMF鎌田大地もキスをする絵文字を投稿した。 また、ファンも髪型に注目。「髪型似合いすぎ」、「前髪を上げるのもカッコイイ」、「かっこよすぎ」、「めっちゃ似合ってます」、「爽やか〜」と称賛の声が集まった。 田中といえば、前髪を下ろした姿が定番で、おでこが見えていることはなかなか珍しい。スーツ姿と相まって、新たな髪型は好評だったようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】大先輩もファンも大絶賛の新たな髪型</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CfYrJ5TuHRO/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CfYrJ5TuHRO/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CfYrJ5TuHRO/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Ao Tanaka / 田中 碧(@tnk_0910)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.07.01 21:50 Fri
twitterfacebook
thumb

LDHのサッカーチームと川崎Fが合同練習!白濱亜嵐ら人気メンバーにサプライズプレゼントも

川崎フロンターレの選手たちと芸能事務所LDH JAPANのサッカーチームである「LDH ESPERANZA」のメンバーたちが合同練習に臨んだ。 「LDH ESPERANZA」には、「EXILE」、「GENERATIONS」、「THE RAMPAGE」、「FANTASTICS」、「BALLISTIK BOYZ」、「DEEP SQUAD」の人気メンバーが多数所属。さらに日本サッカー界のレジェンドであるラモス瑠偉氏がオーナーを務める。 今回の合同練習では、川崎FからFW小林悠、FW遠野大弥、MF脇坂泰斗、MF橘田健人、MF瀬古樹の5名が参加。練習前には全員分の川崎Fのユニフォームをサプライズでプレゼントする場面もあった。 今回の合同練習では、1人が中央に立ち、3方向からのパスを受けて返す練習をレクチャー。「LDH ESPERANZA」のメンバーたちはプロの技術に驚きながらも、トラップとパスを繰り返し練習。所々笑いもありつつ合同練習を行っていた。 川崎FとLDH JAPANは、川崎Fのクラブ創設26(フロ)周年に合わせ特別企画を実施。7月6日に行われる明治安田生命J1リーグ第20節のサガン鳥栖戦では、「GENERATIONS」の中務裕太が始球式を実施するほか、LDH所属アーティストによるハーフタイムY.M.C.A.ショーが行われる予定だ。 <span class="paragraph-title">【動画】LDHメンバーたちのサッカーの実力は!?</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="f4KJHlabwLc";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.07.01 07:15 Fri
twitterfacebook
thumb

「憧れの大先輩がやってきた!!」下部組織育ちの三笘が川崎F・U-15の練習に参加! 「こうやって次の世代に」

日本代表MF三笘薫が川崎フロンターレの後輩たちを指導した。クラブの公式ツイッターが伝えている。 川崎Fの下部組織で育った三笘は、高校卒業時でのトップ昇格を断り筑波大学へ進学。その後川崎Fの特別指定選手に承認されると、2020年に入団。1年目からJ1新人記録に並ぶ13得点を記録し、プロ1年目でベストイレブンを受賞した。 2020年夏にブライトン&ホーヴ・アルビオンへと完全移籍すると、今シーズンはブライトンからのレンタルという形でロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズでプレーした。 海外での1年目のシーズン、決して慣れているとはいえない左ウイングバックで奮闘し、公式戦28試合に出場して8ゴール4アシストを記録した三笘だが、シーズンオフの5月には川崎Fの練習に参加。クラブのファンを沸かせていた。 6月に行われた日本代表活動にも招集され、全4試合で2ゴールを奪っていた三笘だが、再び川崎を訪問。今度はU-15チームの練習に参加した。 日本を代表するドリブラーの指導に、子供たちは真剣な表情。三笘を中央に据えた記念写真では弾ける笑顔を見せていた。クラブも「世界で戦う #三笘薫 のプレーを間近で見た選手はもちろん、アカデミー時代に関わったスタッフも最高に嬉しそうでした」とその様子を伝えている。 これにはファンも「何て、良い先輩なんだ」、「最高じゃないか」、「素晴らしい時間だね」、「フロンターレの未来は明るい」、「こうやって次の世代に引き継がれていくのね」と感激の様子だ。 <span class="paragraph-title">【写真】「みんなにっこにっこ」三笘薫と川崎F・U-15の子供たち</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">\憧れの大先輩がやってきた!!/<br><br>本日U-15の練習にカオルが登場!!<br>選手たちを激励してくれました。<br><br>世界で戦う <a href="https://twitter.com/hashtag/%E4%B8%89%E7%AC%98%E8%96%AB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#三笘薫</a> のプレーを間近で見た選手はもちろん、アカデミー時代に関わったスタッフも最高に嬉しそうでした。<br><br>カオル、本当にありがとう。<br>またいつでも帰ってきてください! <a href="https://twitter.com/hashtag/frontale?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#frontale</a> <a href="https://t.co/9Iqhp3Px2s">pic.twitter.com/9Iqhp3Px2s</a></p>&mdash; 川崎フロンターレ (@frontale_staff) <a href="https://twitter.com/frontale_staff/status/1541775945945649152?ref_src=twsrc%5Etfw">June 28, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.06.29 18:05 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly