横浜FC、高橋秀人が6週間の離脱…秋田戦で右足首ねん挫

2022.05.16 11:15 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
横浜FCは16日、DF高橋秀人の離脱を報告した。

高橋は8日に敵地で行われた明治安田生命J2リーグ第15節のブラウブリッツ秋田戦で負傷。右足首ねん挫により、受傷日から全治6週間の見込みだ。

横浜FC在籍2年目の今季はここまでJ2リーグ8試合に出場している。

関連ニュース
thumb

新潟との天王山を制した横浜FCが首位返り咲き! 新監督初陣の琉球は町田に敗戦【明治安田J2第23節】

26日、明治安田生命J2リーグ第23節の7試合が各地で行われた。 ニッパツ三ツ沢球技場では、今節最注目の横浜FCと新潟による天王山が行われた。立ち上がりからホームチームは渡邉、アウェイチームは舞行龍ジェームズがシュートを放つ白熱の展開に。徐々に新潟が敵陣でボールを回す時間が増えつつあった中、試合を動かしたのは横浜FCだった。 19分、左サイドの長谷川が右足でクロスを上げると、GKの目の前で小川が頭で合わせてネットを揺らした。 先制を許した新潟は高い支配率で試合を進めるも、なかなかゴール前でチャンスを作ることができず。38分に本間がカットインから放ったシュートはGKにキャッチされ、アディショナルタイムの松田のシュートはブロックされた。 試合を折り返すと、新潟はボックス右から鈴木がGK強襲のシュートを放つ。さらにこぼれ球を拾って二次攻撃を展開し、最後はボックス右から高木が狙うも、惜しくも枠を捉えることはできなかった。 さらに新潟は58分に決定機。左サイドからグラウンダーで入った斜めのパスをボックス松田がワンタッチで落とし、本間がダイレクトでコントロールショット。ゴール右上を捉えた完璧なコースだったが、GKブローダーセンにビッグセーブを見せつけられた。 守護神のファインプレーでリードを保った横浜FCは70分に突き放す。敵陣中央でヒールを使った巧みなコントロールを見せた長谷川からボックス右に走る渡邉へスルーパス。最後は冷静に流し込み、2点差に広げた。 その後、3点目にも迫った横浜FCが、守備でもクリーンシートのパフォーマンスで新潟に完勝。首位に返り咲いた。 フクダ電子アリーナでは千葉vs東京Vが行われた。前節に城福監督の初陣で白星を挙げた東京Vは、ミッドウィークに行われた天皇杯で川崎フロンターレ相手にジャイアントキリングを起こすなど公式戦2連勝を勢いづいていたが、この日は開始6分にFKから先制を許す苦しい展開に。 その後も失点が止まらず、37分には馬場がPKを与えて2失点目。後半立ち上がりの47分にもCKからネットを揺らされ、3-0とされる。 敗戦濃厚となるなか、後半アディショナルタイムに千葉GK新井がバスケス・バイロンとの接触の際に故意に頭を蹴られたとして逆上。相手を押し倒してしまい、一発退場となった。 千葉はすでに交代カードを使い切っていたため、GKはチャン・ミンギュが務めることに。すると、その直後のCKでンドカ・ボニフェイスにヘディングシュートを決められ失点。それでも千葉が3-1の快勝を収めている。 その他、ナチョ・フェルナンデス新監督の初陣となった琉球はホームで町田と対戦するも、0-1で敗戦。白星を飾ることはできなかった。 ◆第23節 ▽6月26日(日) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ジェフユナイテッド千葉 3</span>-1 東京ヴェルディ 栃木SC 1-1 いわてグルージャ盛岡 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">横浜FC 2</span>-0 アルビレックス新潟 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">徳島ヴォルティス 1</span>-0 ザスパクサツ群馬 FC琉球 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 FC町田ゼルビア</span> 大宮アルディージャ 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 ツエーゲン金沢</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">レノファ山口FC 2</span>-1 ヴァンフォーレ甲府 ▽6月25日(土) ベガルタ仙台 1-1 モンテディオ山形 水戸ホーリーホック 1-1 ファジアーノ岡山 V・ファーレン長崎 0-0 ブラウブリッツ秋田 ロアッソ熊本 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 大分トリニータ</span> 2022.06.26 21:15 Sun
twitterfacebook
thumb

「みんなが欲しいもの」、「感動的だ」旗手怜央が投稿した2ショットに感激のコメント続出! 笑顔の相手は偉大なレジェンド

セルティックの日本代表MF旗手怜央が、レジェンドと時間を共にしたようだ。 今年1月に川崎フロンターレからセルティックへと完全移籍した旗手。レンジャーズとの“オールドファーム”で2ゴールを挙げるなど、一気にファンの心を掴むと、公式戦21試合に出場し4ゴール3アシストを記録した。 長いシーズンを終えたこともあり、6月の日本代表の活動には参加しなかった旗手。それでも日本に戻り、オフで疲れを癒している。 その旗手は自身のインスタグラムを更新。まさかのレジェンドとの2ショットを披露した。 旗手が2ショットを撮ったのは元日本代表MF中村俊輔。横浜FCで現役を続け、24日に44歳の誕生日を迎えたが、セルティックでは偉大なレジェンドの1人として今なお愛され続けている。 かつてセルティックでファンを魅了した中村と、これから中村のような存在になることを目指す旗手の2ショットには現地のセルティックファンも反応。「今まで見た中でベストショット」、「みんなが欲しいものを与えてくれる」、「幸せにし、笑顔にしてくれる」、「感動的だ」と、新旧のセルティックの選手の2ショットに感激のコメントが寄せられている。 この2人はセルティックでプレーしたというだけでなく、最大のライバルであるレンジャーズとの“オールドファーム”で印象的なゴールを記録している点も共通項としてあるだけに、セルティックファンをより喜ばせることとなったようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】新旧のセルティックプレーヤーが笑顔で2ショット</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CfMjX_WKS7b/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CfMjX_WKS7b/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CfMjX_WKS7b/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Reo Hatate / 旗手怜央(@reo__1121)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.06.25 12:05 Sat
twitterfacebook
thumb

「なんて選手だ!」セルティックが“レジェンド”中村俊輔の44歳のバースデーを祝福! 特集動画のFKの数が異常

日本人選手が4人所属し、スコティッシュ・プレミアシップを制したセルティックが、レジェンドのバースデーを祝った。 6月24日は、元日本代表MF中村俊輔の44歳のバースデー。現在もなお横浜FCで現役選手として活躍している。 左足から繰り出されるキックは今なお健在。かつては世界にも驚きを与えており、過去に所属したセルティックではレジェンド的な存在として知られる。 その中村のバースデーをセルティックも祝福。誕生日を祝い、60秒でセルティックでのゴールを振り返る映像で特集された。 流れの中から決められるゴールも多々ある中で、FKからのゴールの多さに中村らしさが出ている。 なお、動画に収められている数あるゴールの中で右足で決めたのは1ゴールのみ。GKの手を弾くほどの威力のものだ。 この動画には「レジェンドだ」、「FKの名手」、「本当に素晴らしい選手」、「なんて選手だ!」と称賛の嵐。特にFKのゴールの多さに多くの反応が見られ、マンチェスター・ユナイテッド相手にチャンピオンズリーグで2試合連続決めたFKも収められている。 現在は古橋亨梧、前田大然、旗手怜央、井手口陽介と4名の日本人が在籍しているが、中村のようなレジェンドになれるのかにも注目が集まる。 <span class="paragraph-title">【動画】セルティックが誕生日を祝うゴール集!FKの多さが異常</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"><a href="https://t.co/tGMXmtI3wd">pic.twitter.com/tGMXmtI3wd</a></p>&mdash; Celtic Football Club (@CelticFC) <a href="https://twitter.com/CelticFC/status/1540247661109968896?ref_src=twsrc%5Etfw">June 24, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.06.24 22:35 Fri
twitterfacebook
thumb

横浜FCが早稲田大学MF小倉陽太の2024年加入内定を発表「自分のサッカー人生の思い出が多く詰まっているクラブ」

横浜FCは24日、早稲田大学のMF小倉陽太(21)が2024シーズンからの加入が内定したことを発表した。 小倉は横浜FCの下部組織出身で、ユースに在籍していた2019年にはU-18日本代表に選出。2020年からは早稲田大学に進学し、今シーズンの関東大学サッカーリーグ1部ではここまで7試合に出場している。 クラブは小倉について「高いボールスキルと正確な長短のキックが特徴の選手。守備では対人の強さを発揮し、攻守において存在感のある選手です。また、横浜FCフットボールアカデミー出身の選手であり、横浜FCサッカースクールからユースまで在籍をいたしました。横浜ユースを卒業後、大卒でクラブに戻ってきてくれる初めての選手となります。人間性の部分にも優れ、横浜FCの次期リーダーになる人材と考えております」と特徴を紹介している。 小倉はクラブを通じて以下のようにコメントしている。 「この度、2024シーズンから横浜FCへ加入することになりました、早稲田大学の小倉陽太です」 「自分にとって横浜FCは、小学校5年生からクラブの一員となり、ユース時代には主将を務め、クラブ史上初の高校年代最高峰のリーグであるプレミアリーグ参入をするなど、自分のサッカー人生の思い出が多く詰まっているクラブです」 「横浜FCでプロキャリアをスタートできること、大変嬉しく思います。 幼い頃からの夢であったプロサッカー選手になれたのは、今まで出会ってきた指導者の方々、チームメイト、応援してくれた友人など自分を取り巻く全ての人のおかげです。そして何より、今まで何不自由なくサッカーをさせてくれた家族には、本当に感謝しています」 「アカデミー出身選手としては、大学経由からの出戻りは自分が初めてということで、大学でプレーしているアカデミー出身選手、これから大学に進学してプレーしていく、今のアカデミーの選手達のお手本となれるよう精一杯頑張ります」 2022.06.24 13:07 Fri
twitterfacebook
thumb

上位3チームは新潟が1人勝ちで首位ターン、仙台・横浜FCはドローで監督解任の琉球は5戦未勝利【明治安田J2第21節】

11日、明治安田生命J2リーグ第21節の5試合が各地で行われた。 上位の3チーム、首位・アルビレックス新潟、2位・ベガルタ仙台、3位・横浜FCが勝ち点「39」で並んで迎えた今節。一歩前出てシーズンを折り返したのは新潟だった。 9位・大分トリニータとのアウェイゲームに臨んだ新潟は、GKを含めたビルドアップから先制点を挙げる。22分、最終ラインでのボール回しから千葉和彦が縦パスを送り、鈴木孝司がハーフウェイラインからやや下がった位置で収めて反転してスルーパス。高いラインを設定していた大分守備陣の背後を高木善朗が取ると、GKとの高木駿との一対一を制してネットを揺らした。 リードを得て迎えた後半の立ち上がり47分には、素早いトランジションから追加点を奪取。マイボール後、千葉が即座に縦へと当てると、ボールは中盤を経由して右サイドの高い位置を取った松田詠太郎へ。ボックス右へ侵入し、ワンバウンドのクロスを送ると、高木善朗が体を倒しながら放ったボレーがDFに当たってコースが変わり、ゴールへと吸い込まれた。 盤石の勝利かと思われたが、64分の大分の2枚替えで流れは一変。73分、投入された松本怜のクロスから、同じく途中出場の長沢駿が1点を返すと、終盤までホームチームが猛攻を仕掛ける。80分には井上健太のスルーパスから渡邉新太が、後半のアディショナルタイムには下田北斗の左CKをニアで三竿雄斗が触って上夷克典がネットを揺らすが、いずれもオフサイド。 逆襲を受けながらも耐えきった新潟が逃げ切り、首位をキープしてJ2の前半戦を折り返した。 アウェイで16位・徳島ヴォルティスと対戦した仙台は辛うじて勝ち点「1」を手にした。 ゴールレスで迎えた69分。杉森考起のクロスから一美和成にゴールを許したものの、4分後にこぼれ球に反応した内田裕斗が左足で古巣のネットを揺らし、試合を振り出しに戻した。 だが、80分にセットプレーから再び失点を喫し、またもビハインドに。児玉駿斗のシュートがカカに当たってコースが変わり、GKストイシッチは逆を突かれた。このままアディショナルタイムまで推移する苦しい展開の中、クロスこぼれ球の競り合いの中で間瀬拓海が田向泰輝に倒され、PKを獲得する。 右下隅を狙った皆川佑介のキックはGKホセ・アウレリオ・スアレスに読まれたが、弾かれたボールを自ら蹴り込んで同点に。これがラストプレーとなり、仙台が辛うじてドローに持ち込んでいる。 横浜FCは石川県西部緑地公園陸上競技場で11位・ツエーゲン金沢と顔を合わせた。 11分、J2通算100試合出場を達成した山下諒也が敵陣左サイドでボールを持ち、中に運んで逆サイドへ展開。イサカ・ゼインが受けてボックス右角付近から左足のクロスを送ると、ファーでマーカーの背後を取った小川がすべり込みながら左足で合わせた。 金沢は75分、右サイドの高い位置でFKを得ると、嶋田慎太郎のキックを豊田陽平がそらし、こぼれたボールを庄司朋乃也が蹴り込んで試合を振り出しに。このままタイムアップを迎え、勝ち点「1」を分け合っている。 また、3連勝と好調の7位・ジェフユナイテッド千葉は、12位・ヴァンフォーレ甲府の敵地に乗り込み、19歳・ブワニカ啓太の3試合連続ゴールで22分に先制するも、62分に須貝英大にゴールを許して引き分けに。 8日に喜名哲裕監督を解任し、倉貫一毅ヘッドコーチが暫定的に指揮を執る最下位・FC琉球は10位のV・ファーレン長崎と対戦し、1-1で迎えた後半のアディショナルタイムに被弾。勝ち点を積み上げることはできなかった。 ◆第21節 ▽6月11日(土) ヴァンフォーレ甲府 1-1 ジェフユナイテッド千葉 ツエーゲン金沢 1-1 横浜FC 徳島ヴォルティス 2-2 ベガルタ仙台 FC琉球 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 V・ファーレン長崎</span> 大分トリニータ 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 アルビレックス新潟</span> ▽6月12日(日) 《13:00》 レノファ山口FC vs ファジアーノ岡山 《14:00》 ブラウブリッツ秋田 vs 大宮アルディージャ 水戸ホーリーホック vs モンテディオ山形 FC町田ゼルビア vs ロアッソ熊本 《18:00》 ザスパクサツ群馬 vs 栃木SC 東京ヴェルディ vs いわてグルージャ盛岡 2022.06.11 21:40 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly