「思い出に残る時間を過ごさせてもらった」 ハーランドがドルトでのラストダンス後にメッセージ

2022.05.16 11:20 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・シティに移籍するノルウェー代表FWアーリング・ハーランドがドルトムントのサポーターに別れのメッセージを送った。

2020年1月にドルトムント入りしてからも類い稀な得点感覚を光らせ続け、今夏も人気銘柄と化すハーランド。挙がる新天地候補も欧州のビッグクラブばかりだったが、シティが10日に来季加入内定を正式にアナウンスした。

そんな21歳の怪物FWは14日に本拠地で行われたブンデスリーガ最終節のヘルタ・ベルリン戦でも2-1の逆転劇を呼び込む同点弾を決めて自ら有終の美。ドルトムントでのラストダンス後、自身のインスタグラムを更新した。

「このシャツを着るのは喜びと誇り以外の何ものでもない。ドルトムントでは思い出に残る時間を過ごさせてもらった。かけがえのない人たちや素晴らしいチームメイトにも出会った」

「それと、ピッチ上で常に僕らのプラスアルファの存在でいてくれるファンのみんなも。“The Yellow Wall”は本当に素晴らしくて、人生で一度は目すべきものだ」

「僕はどれもこれも絶対に忘れない! ありがとう!」

1 2

関連ニュース
thumb

ビッグクラブが熱視線のベリンガム、ドルトムントは移籍金を171億円に再設定

ドルトムントがイングランド代表MFジュード・ベリンガム(19)の移籍金をより高額に設定したようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 2020年夏にバーミンガムから移籍金2500万ユーロ(約35億7000万円)でドルトムントに加入したベリンガム。17歳の若さでありながらトップチームの主力に定着すると、公式戦44試合に出場して4ゴール4アシストの成績を収め、一躍ビッグクラブが注目する存在となった。 注目が増すなかで迎えた今シーズンは公式戦43試合出場で6ゴール14アシストを記録。さらなる成長を印象づけており、チームこそ無冠に終わったものの個人としては充実のシーズンを送った。 イングランド代表でも着実に出場機会を増やし昨夏のユーロ2020にも出場したベリンガムに対しては、母国のビッグクラブであるリバプール、マンチェスター・ユナイテッドのほか、レアル・マドリーも関心を隠さず。ベリンガム本人が今夏の残留を明言したことを受け、来夏の争奪戦が予想されている。 しかし、ドルトムントは当初ベリンガムに対して1億ユーロ(約142億8000万円)の値札をつけていたが、ドイツ『シュポルト・ビルト』によるとここに来てさらに高額となる1億2000万ユーロ(約171億4000万円)に移籍金を設定したようだ。 ドルトムントとベリンガムの間に契約解除金は設定されておらず、クラブは強気の姿勢を崩していない。 今後より一層の成長が見込まれているベリンガムだが、ドルトムントの要求を満たすクラブが現れるのか、来夏の動きが早くも注目される。 2022.06.30 13:16 Thu
twitterfacebook
thumb

ヴィツェルのアトレティコ入りが確定的に! 会長認める

ベルギー代表MFアクセル・ヴィツェル(33)のアトレティコ・マドリー入りが決まった。 一度は中国に渡ったが、2018年夏のドルトムント入りでヨーロッパに舞い戻ったヴィツェル。4シーズンで公式戦143試合の出場数を誇るなど、中盤の軸を担ったが、2021-22シーズンをもって契約満了で今夏にフリーとなる。 移籍先を巡ってはアストン・ビラにフランス代表MFブバカル・カマラを手放したマルセイユからの関心も噂されたが、最近ではメキシコ代表MFエクトル・エレーラの後釜としてアトレティコ・マドリー行きが濃厚視されている。 そうしたなか、アトレティコ・マドリーのエンリケ・セレソ会長はスペイン『アス』によると、「ヴィツェルは周知のとおり、ほぼ完了済み」と加入を認めたという。 なお、移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏も同会長の発言を紹介しつつ、ヴィツェルのアトレティコ・マドリー加入に向けた交渉完了を主張。契約は2023年までの1年で、1年延長オプションが付いている模様だ。 2022.06.28 17:15 Tue
twitterfacebook
thumb

「傲慢な愚か者」 ブンデス批判のリバプールOBにドルトCEOが反論

セネガル代表FWサディオ・マネ(30)のバイエルン移籍に際してブンデスリーガを批判したリバプールOBのディーン・ソーンダース氏に対し、ドルトムントの最高経営責任者(CEO)を務めるハンス=ヨアヒム・ヴァツケ氏が憤った。 2016年夏に加入してから、ユルゲン・クロップ監督の下で絶対的な主軸として活躍してきたマネ。2021-22シーズンも輝きを放ったが、シーズン終了後には新たなチャレンジを望むと、残り1年の契約を更新しない意思を明確にした後、22日にバイエルン移籍が決定した。 プレミアリーグのスター選手の到来はバイエルンのみならず、ドイツ国内で大きな話題となり、歓迎する声が多く聞かれた一方で、リバプールOBであるソーンダース氏はマネの決断を非難。「ブンデスリーガは挑戦とは程遠い。葉巻を持ちながらアームチェアに座ってでも活躍できる」として、プレミアリーグよりレベルの低いリーグへの移籍が挑戦になるのかと疑問を呈していた。 その発言に対して、ヴァツケCEOはドイツ『BILD am Sonntag』で反論。ブンデスリーガは高い評価を得ているリーグであり、2021-22シーズンのプレミアリーグ勢は3つの欧州カップ戦で結果を残せなかったと批判した。 「傲慢な愚か者というのは常に存在するものだ。私はヨーロッパのクラブ団体であるECAで理事を務めているが、ドイツのフットボールがそこでいまだ高い評価を受けていることを知っている」 「今季の欧州カップ戦、イングランド勢は3ついずれでもタイトルを獲得していない。もちろん、私はチャンピオンズリーグではリバプールのユルゲン・クロップにぜひとも勝ってほしかったがね」 2022.06.28 13:04 Tue
twitterfacebook
thumb

ドルトムントの新背番号決定! アデイェミは「27」、ジューレは「25」、シュロッターベックは「4」

ドルトムントは27日、2022-23シーズンに向けた背番号を発表した。 新加入組ではザルツブルクから加入のドイツ代表FWカリム・アデイェミが27番に決定。また、同代表のDFニクラス・ジューレが25番、DFニコ・シュロッターベックは4番、トルコ代表MFサリフ・エズジャンが6番、GKアレクサンダー・マイヤーが33番、U-21ポーランド代表GKマルセル・ロトカが35番となった。 そのほか、2021-22シーズンは39番を着用していたMFマリウス・ヴォルフは17番に変更している。 ◆ドルトムント ファーストチーム背番号 1:GKグレゴール・コベル 2:DFマテウ・モレイ 4:DFニコ・シュロッターベック 6:MFサリフ・エズジャン 7:FWジョバンニ・レイナ 8:MFマハムド・ダフード 10:MFトルガン・アザール 11:MFマルコ・ロイス 13:DFラファエル・ゲレイロ 14:DFニコ・シュルツ 15:DFマッツ・フンメルス 16:DFマヌエル・アカンジ 17:MFマリウス・ヴォルフ 18:FWユスファ・ムココ 19:MFユリアン・ブラント 21:FWドニエル・マレン 22:MFジュード・ベリンガム 23:MFエムレ・ジャン 24:DFトーマス・ムニエ 25:DFニクラス・ジューレ 27:FWカリム・アデイェミ 30:MFフェリックス・パスラック 32:MFアブドゥライエ・カマラ 33:GKアレクサンダー・マイヤー 35:GKマルセル・ロトカ 36:DFトム・ローテ 38:GKルカ・ウンベハウン 42:MFギョクタン・グルプス 43:MFジェイミー・バイノー=ギテンス 44:DFスマイラ・クリバリ 2022.06.28 06:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ニース、PSG行きが噂されるガルティエ監督の退任とファブレ氏の新監督就任を発表

ニースは27日、クリストフ・ガルティエ監督(55)退任及び、ルシアン・ファブレ氏(64)の新監督就任を発表した。 2009年にサンテチェンヌで監督キャリアをスタートさせたガルティエ監督は、同クラブでは8年の長期政権を築き、2012–13シーズンにはクープ・ドゥ・ラ・リーグのタイトルを獲得。 その後、リールでは昨シーズンのリーグ・アン制覇に導き、今シーズンから率いたニースではクープ・ドゥ・フランス準優勝と、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ行きとなる5位フィニッシュに導いていた。 しかし、リール時代にガルティエ監督と仕事を共にしていたルイス・カンポス氏がパリ・サンジェルマン(PSG)のスポーツアドバイザーに就任すると、ガルティエ監督の引き抜きを画策。PSGが違約金を満額払うことでクラブ間合意に至っていた。 そして後任に選ばれたのが、2016年から18年までニースを率いた経験を持つファブレ氏だ。 ヘルタ・ベルリン、ボルシアMG、ニースなどで実績を残したファブレ監督は、2018年にドルトムントの指揮官に就任。4バックと3バックを併用するなど、チームのスカッドに合わせた柔軟な采配を売りとする智将は、2シーズンは絶対的な王者バイエルンに次ぐブンデスリーガ2位をキープしたが、2020-21シーズンは11試合消化時点で6勝4敗1分けの5位と低迷すると、2020年12月に成績不振を理由に解任された。 2022.06.27 23:01 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly