1万人超えのJ初”信州ダービー”はゴールレス、いわきがドローに終わり鹿児島が首位浮上【明治安田J3第9節】

2022.05.15 21:22 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
明治安田生命J3リーグ第9節の9試合が、15日に各地で行われた。

長野UスタジアムではJリーグの舞台で初となる、AC長野パルセイロvs松本山雅FCの"信州ダービーが"行われた。5位の長野と2位の松本が勝ち点「3」差で迎えた一戦はチケット完売。J3今季最多となる1万3244人の大観衆のもとで火花を散らした。

前半はアウェイの松本が菊井のミドルなどで攻勢を強め、37分には自らの仕掛けで得たFKを横山が直接狙う。3分後にもファーへ逃げる動きでフリーとなった横山が右からのクロスに至近距離で合わせるも、枠を捉えられなかった。
ゴールレスで折り返した後半は長野も古巣対戦となる宮阪のキックなどから好機を見いだすが、決定的とまでいえる場面を作り出せず。終盤にはサイド攻撃を軸に猛攻を仕掛け、90分には宮阪のFKからこちらも古巣対戦となる山本が惜しいヘディングを放つも、最後まで互いにゴールを奪えぬままタイムアップ。勝ち点「1」を分け合っている。

前節、福島ユナイテッドFCとのダービーを制し、J初の首位に立ったいわきFCは、本拠地Jヴィレッジスタジアムに8位の藤枝MYFCを迎えた。

いわきは20分、藤枝のビルドアップに対して前線から圧力を掛けてミスを誘発する。河上のマイナスのパスがボックス手前右の古川のもとへ流れると、古川はボールを流しながら前を向き、左足でのコントロールショットを左隅に沈めた。

59分には有馬がPKを沈めてリードを広げたいわきだったが、66分に自陣ボックス右外でFKを与えてしまい、ニアでクリアを試みた岩渕がオウンゴールを献上。1点差に詰め寄られると、その6分後にはカウンターから押谷にゴールを許し、あっという間に同点とされてしまう。

後半のアディショナルタイムにはクロスから鈴木に決定機が訪れるが決め切れず、試合終了。ドローに終わり、首位の座を明け渡すこととなった。

一方、ダービーに敗れて4位へ後退した福島は、アウェイで16位・ガイナーレ鳥取と対戦。今季初黒星からのリバウンドメンタリティが試される一戦で、攻撃力が爆発した。

13分、福島は左からのCKを獲得すると、北村のキックが中央で堂鼻と新井の競り合いからファーへ流れて高橋がプッシュ。幸先良く先制に成功した。さらにその5分後には、再び北村の左足から追加点。ボックス手前左でFKを得ると、ピンポイントのクロスに大武がドンピシャのヘディングをたたき込んでリードを広げた。

34分には長野が自ら得たPKを沈め、68分には高橋がこの日2点目を記録して大量4点を奪取。守ってもクリーンシートを達成し、4-0の圧勝で2位へ浮上している。

首位へ浮上したのはFC今治とのアウェイゲームを制した鹿児島ユナイテッドFC。前半は中川にネットを揺らされるもオフサイドの判定に救われ、米澤やロメロ・フランクが決定機を迎えるも決め切れず、ゴールレスで終えた。

後半に入って迎えた61分に左CKを得ると、木村のクロスをニアで有田がそらし、広瀬がすべり込みながらプッシュ。加入後初ゴールが決勝点となり、1-0で鹿児島が勝利を収めている。

また、今節から横山監督が指揮を執る14位・FC岐阜は、8分に石津が先制点を挙げ、83分には藤岡が試合を決定づける2試合連続ゴールを奪取。15位・SC相模原を2-0で下し、新体制初戦をものにしている。

◆第9節
▽5月15日(日)
いわきFC 2-2 藤枝MYFC
アスルクラロ沼津 1-1 愛媛FC
ガイナーレ鳥取 0-4 福島ユナイテッドFC
FC今治 0-1 鹿児島ユナイテッドFC
テゲバジャーロ宮崎 0-0 カマタマーレ讃岐
ヴァンラーレ八戸 1-0 ギラヴァンツ北九州
カターレ富山 5-1 Y.S.C.C.横浜
AC長野パルセイロ 0-0 松本山雅FC
FC岐阜 2-0 SC相模原

関連ニュース
thumb

北九州、田坂和昭氏の指揮官就任を発表!「強く闘えるチームを」

ギラヴァンツ北九州は8日、2023シーズンより田坂和昭氏(51)が指揮官に就任すると発表した。 現役時代にベルマーレ平塚(現湘南ベルマーレ)や清水エスパルスなどでプレーした田坂氏。日本代表としては国際Aマッチ通算7試合を記録した。 引退後は現役最後のクラブとなったセレッソ大阪の下部組織で指導者キャリアをスタートし、2005年にJFA公認S級コーチライセンスを取得。 2011年には大分トリニータの指揮官に就任し、その後は清水や福島ユナイテッドFCの指揮官を歴任。2019~21年にかけては栃木SCで指揮を執り、来季より北九州で2年ぶりの現場復帰となる。 田坂氏は北九州の公式サイトを通じてコメントを発表した。 「来季よりギラヴァンツ北九州の監督に就任する事になりました田坂和昭です。クラブの目標達成と発展のため、選手一人一人の成長と自律を促し、主体的で強く闘えるチームづくりを目指していきます」 「また、サッカーを通じて地域の皆様に喜びと感動をお届けできるよう、これまでの経験をぶつけて全力で取り組んでまいりたいと思います。ミクスタで共に闘える日を心待ちにしています!どうぞよろしくお願いいたします」 2022.12.08 15:57 Thu
twitterfacebook
thumb

FC岐阜のFW大西遼太郎が熊本へ完全移籍加入「全力で戦い貢献できるよう頑張ります」

ロアッソ熊本は8日、FC岐阜からFW大西遼太郎(25)が完全移籍で加入すると発表した。 大西はジュビロ磐田の育成組織出身で、法政大学へ進学。在学中には2019年の天皇杯3回戦でガンバ大阪からゴールを奪い、金星を挙げた。 2020年に岐阜でプロキャリアをスタートさせ、3年間で明治安田J3に51試合出場3得点という数字を残した。 中盤のユーティリティプレーヤーは、両クラブを通じて次のようなコメントを充てている。 ◆ロアッソ熊本 「FC岐阜から加入することになりました、大西遼太郎です。ロアッソ熊本というクラブで戦えることを嬉しく思います!ロアッソ熊本のために全力で戦い、勝利に貢献できるよう頑張ります!よろしくお願いします!」 ◆FC岐阜 「今シーズン限りでFC岐阜を離れることになりました。FC岐阜でプロとしてスタートさせてもらい、J2昇格を目標にやってきましたが、なにも貢献できず、悔しくて申し訳なく思います」 「ただ、そんな中でも応援し続けていただいたファン・サポーターの皆様、スポンサーの方々には本当に感謝しています。またこの3年間、多くの偉大な先輩方とプレーさせてもらい、多くの事を学ばせてもらいました。考え方、姿勢、色々なことが僕には足りないことばかりでした。それでも下手くそと言い続けてくれたことに本当に感謝しています。少しでも大きくなった自分を見せられるように、より努力していきます。 「FC岐阜に関わる全てのみなさま、3年間ありがとうございました!」 <span class="paragraph-title">【動画】天皇杯で法政大時にG大阪を撃破した大西のゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="hyWhQUhhO-o";var video_start = 19;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.12.08 15:32 Thu
twitterfacebook
thumb

宮崎、九州リーグ時代から在籍のGK石井健太と契約更新!本日35歳のお誕生日「大好きな宮崎の地で」

テゲバジャーロ宮崎は8日、GK石井健太(35)と2023シーズンの契約を更新したと発表した。 石井は東海大学を卒業後の2010年、宮崎県に本拠地を置くJFL(日本フットボールリーグ)のホンダロックSCヘ加入。同クラブで3年間プレーし、2014年に当時JFLのカマタマーレ讃岐へと移籍した。 讃岐での4年間は出場機会に恵まれず、2017年に九州サッカーリーグの宮崎へと加入。同年にJFL昇格を勝ち取ると、2021年にJ3へと参入を果たし、昨季は9試合、今季も9試合でゴールマウスを守った。 本日35歳の誕生日を迎えた石井は、クラブを通じてコメントを発表している。 「2023年シーズンもテゲバジャーロ宮崎で戦えることとなりました。日々を大切に、丁寧に、大好きなサッカーが、大好きな宮崎の地で出来ることに感謝を忘れず、ひたむきに、強かに、チームとしても、個人としても良くなり続けることを誓います。J3優勝、J2昇格します。最後の1秒まで、最後の1mmまで、あきらめず共に戦ってください。皆んなで掴み取りましょう!!!」 2022.12.08 14:52 Thu
twitterfacebook
thumb

鹿児島、岡本將成の期限付き移籍期間が延長に! 新潟よりレンタル加入中

鹿児島ユナイテッドFCは8日、アルビレックス新潟より期限付き移籍で加入しているDF岡本將成(22)の期限付き移籍期間延長を発表した。契約期間は2023年2月1日から2024年1月31日までとなる。 岡本は富山県出身で、新潟U-15時代にU-15日本代表を経験。その後、U-18を経て2018年に2種登録、2019年に正式な昇格を果たした。 2020年8月に育成型期限付き移籍で鹿児島へ加入。J3リーグで24試合に出場するなど経験を積み、翌年に新潟へ復帰も出場機会に恵まれず、後半戦はJ2リーグの水戸ホーリーホックへ期限付き移籍した。 今季は2度目となる鹿児島への加入を果たし、J3リーグで22試合0得点を記録していた。 岡本は両クラブを通じてコメントを発表している。 ◆アルビレックス新潟 「改めまして、アルビレックス新潟に関わるすべての皆様、J 2優勝、J 1昇格おめでとうございます。ルーキーの時に感じた、あのビッグスワンのピッチに立って試合に勝利した後、サポーターの皆様の応援を、肌で感じてプレーする感覚は忘れられません。特別な思いがあり、愛しているクラブです。その新潟で活躍するのが僕の目標の一つでもあります。新潟の力になれるようにもう1年間、鹿児島で頑張ってきます。昇格させて胸を張って帰ってきます!行ってきます!」 ◆鹿児島ユナイテッドFC 「鹿児島ユナイテッドFCに関わる全ての皆様、2023年も引き続きプレーさせて頂く事になりました。改めて、鹿児島という地域、人々、食が大好きです。2023シーズンは昇格できるように目の前の試合一つ一つ皆様と共に闘いたいと思います!引き続きご支援、ご声援よろしくお願いします! 2022.12.08 14:28 Thu
twitterfacebook
thumb

水戸MF音泉翔眞が長野へ期限付き移籍「情熱・覚悟を表現します」

AC長野パルセイロは8日、MF音泉翔眞(26)が水戸ホーリーホックより期限付き移籍で加入すると発表した。契約期間は2024年1月31日までとなり、水戸との公式戦には出場できない。 音泉は関東第一高校から東京国際大学に進学し、卒業後の2019年に関東サッカーリーグ1部の東京23FCに加入。翌20年にJ3リーグのY.S.C.C.横浜へと移籍した。 その翌年には同じくJ3のカターレ富山へ移籍し、リーグ戦28試合3得点。水戸ホーリーホックには今シーズンから在籍し、自身初となるJ2の舞台に。だが、リーグ戦2試合0得点に終わっていた。 音泉は両クラブの公式サイトでコメントを発表している。 ◆水戸ホーリーホック 「水戸ホーリーホックに関わる皆さん1年間ありがとうございました!今年は怪我で思うようにプレー出来なかった自分に、レンタルという形でまだこのチームでサッカーできる可能性を残してくれた水戸ホーリーホックに感謝しています。水戸ホーリーホックのJ1昇格に欠かせない選手として戻って来ます!その為に情熱、覚悟を持って長野の地で闘ってきます。来シーズンはAC長野パルセイロの応援もよろしくお願いします!必ずまた会いましょう!」 ◆AC長野パルセイロ 「長野パルセイロに関わる皆さん、初めまして、水戸ホーリーホックから来ました音泉翔眞です。2023シーズンはAC長野パルセイロと共にJ2昇格を果たし、J2でも堂々と闘えるチーム・選手になる為に来ました。2023シーズンにかける情熱・覚悟を、シーズンを通して表現し続けます。そして必ず体現して見せます。最高のスタジアムで最強に熱すぎる応援をよろしくお願いします」 2022.12.08 13:57 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly