アタランタが監督交代考慮か? アメリカ資本入りクラブに変化

2022.05.10 06:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アタランタが来シーズンに監督交代に踏み切る可能性があるようだ。

アタランタは長らく現会長のアントニオ・ペルカッシ氏を始めとするペルカッシ・ファミリーがクラブ経営に携わり、近年はジャンピエロ・ガスペリーニ監督の下でスクデット争い、UEFAコンペティションでも大躍進を見せている。

今シーズンは一部主力の引き抜きや度重なる負傷者の影響もあり、3シーズン連続のチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得は逃したが、逆転でのヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得も可能な8位に位置している。

しかし、直近のスペツィア戦後にイタリア『DAZN』のインタビューに応じたガスペリーニ監督は、昨年11月に2024年までの新契約にサインしたにも関わらず、クラブの体制変更によって今後の去就が不透明であることを示唆している。

なお、アタランタは今年2月にNBAのボストン・セルティックスの共同オーナーを務めるスティーブ・パリュウカ氏が率いる投資家グループが、アタランタの経営権を持つ『La Dea』の株式55%を購入。

今後の共同経営では、ヨーロッパ以外の地域でのクラブのブランド認知を拡大することを目的とし、ひとまずは以前の経営陣を軸にクラブ運営を行っていくとの説明だったが、やはり新体制以降による影響があるようだ。

「私はこのクラブとファンがとても好きだ。(昨年)11月に契約を結んだが、明らかに状況は変わっており、クラブによって何が決まるかによって異なる」

「我々はそれについて話したことはない。ただ、個人的にはどんな選択肢も受け入れる。これまで同様、一緒に前進していくのであれば、私自身はこれからも熱意を持って続けていく」

なお、イタリア『Tuttomercatoweb』によれば、仮にガスペリーニ監督がクラブを去る場合は、愛弟子でトリノを率いるイバン・ユリッチ監督、エラス・ヴェローナのイゴール・トゥドール監督が有力な後任候補になるという。

関連ニュース
thumb

ヴェローナ、アタランタからU-21イタリア代表FWピッコリをレンタルで獲得

ヴェローナが6月30日、アタランタからU-21イタリア代表FWロベルト・ピッコリ(21)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 10歳でアタランタの下部組織に入団したストライカーのピッコリは、2019年4月にプロデビュー。昨季は前半戦をアタランタで過ごしたが、満足な出場時間を得られず、今冬にジェノアへレンタル移籍。 しかし、ジェノアでは度重なるケガにより、わずか5試合の出場にとどまっていた。 2022.07.01 07:01 Fri
twitterfacebook
thumb

ウェストハムがメーレの獲得を熱望、アタランタは25億円を要求か

ウェストハムが、アタランタのデンマーク代表DFヨアキム・メーレ(25)獲得に関心を示しているようだ。 2021年1月にベルギーのKRCヘンクからアタランタに加入したメーレ。本職は右サイドバックだが、左サイドでのプレーもこなし、ウイングバックにも順応する優れた戦術理解度がジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督から高く評価され、チームの主軸に定着した。 今シーズンもケガや虫垂炎に悩まされながら、公式戦35試合に出場して3ゴール2アシストを記録。個人としては申し分ない成績を残したが、チームはセリエAを8位で終えており、4シーズン連続のチャンピオンズリーグ(CL)出場はならなかった。 イタリアで安定した活躍を続けるデンマーク代表DFだが、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によるとウェストハムが強い関心を示しているようだ。ウェストハムは右サイドバックにDFヴラディミール・ツォウファル、左サイドバックにDFアーロン・クレスウェルがいるものの、デイビッド・モイーズ監督はサイドバック層の強化を望んでいる。 アタランタはメーレ売却に乗り気ではないが、ガスペリーニ監督は新たな選手を獲得するための資金調達を希望。そのため1800万ユーロ(約25億7000万円)程度の移籍金を提示されれば、売却に応じる構えだという。 2022.06.30 15:31 Thu
twitterfacebook
thumb

複数クラブが関心も、インテルFWピナモンティはアタランタ移籍を熱望か

インテルのイタリア人FWアンドレア・ピナモンティ(23)が、アタランタ行きを希望しているようだ。 インテルの下部組織出身であるピナモンティは、2016年12月にファーストチームデビューを果たすと、フロジノーネへのレンタル移籍を経て2019年夏に買い取りオプション付きのレンタル移籍でジェノアに加入。その後、ジェノアが買い取るも17日後にインテルが買い戻しオプションを行使したことで2020年9月に古巣帰還。しかし、出場機会には恵まれず昨夏に昇格組エンポリへのレンタル移籍が発表された。 エンポリでは、セリエAの36試合に出場して13ゴール2アシストの成績を残す活躍を見せたことから、今夏再びインテルに帰還した同選手にはイタリアの複数クラブが獲得に関心を示している。 しかし、『Sport Italia』の移籍専門家であるアルフレッド・ペドゥーラ氏によると、野心的なクラブへの移籍を望むピナモンティは、昇格組モンツァや今季セリエAで17位のサレルニターナからのオファーを拒否。今季こそリーグ8位に終わったものの、安定して上位争いに参戦しているアタランタへの移籍を希望しているようだ。 新シーズンの巻き返しを図りたいアタランタもピナモンティ獲得を望んでおり、すでに1300万ユーロ(約18億5000万円)+ボーナスのオファーを提示。しかし、インテル側は最低でも1800万ユーロ(25億6000万円)を求めており、オファーを拒否したという。 また、アタランタからのコロンビア代表FWドゥバン・サパタ(31)を含めたオファーについてもインテルは関心を示していないようだが、交渉自体は継続しており、最終的に合意に至る可能性もある。 2022.06.30 10:46 Thu
twitterfacebook
thumb

ユーベがジェノアのU-21イタリア代表DFカンビアソ獲得へ本腰か

ユベントスがジェノアのU-21イタリア代表DFアンドレア・カンビアソ(22)獲得へ本腰を入れているようだ。 カンビアソはジェノアの下部組織で育った両利きのサイドバック。今シーズンは本職である左のサイドバックやウイングバックのみならず、右サイドやセントラルハーフでもプレーし、セリエA26試合1得点4アシストを記録。ファーストチームでのデビューシーズンにも関わらず、優れたパフォーマンスを見せていた。 クラブは残念ながらセリエB降格となり、カンビアソ自身は2023年6月まで現行契約を残しているものの、今夏のステップアップが濃厚とみられており、これまでにイタリア国内から多くの関心が寄せられてきた。 イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、現時点でカンビアソの獲得を模索しているのはインテル、ユベントス、アタランタ、ボローニャとのこと。以前にはインテルが争奪戦のポールポジションに立っていると報じられたが、ユベントスも負けじと対抗してきたようだ。 ジェノアはカンビアソ獲得を望むクラブに対して移籍金1000万ユーロ(約14億2000万円)を要求しており、これに対して財政難にあえぐユベントスは若手選手の譲渡を含めることで支出の削減を図りたい考え。 今シーズンをセリエBのヴィチェンツァで過ごしたU-21イタリア代表MFフィリッポ・ラノッキア(21)か、レンタル先のサレルニターナでセリエA20試合に出場したU-21ルーマニア代表DFラドゥ・ドラグシン(20)が交渉に含まれるとみられ、獲得に成功した場合はブラジル代表DFアレックス・サンドロ(31)に代わる同ポジションの新たな主力選手として据えたい思惑のようだ。 2022.06.26 18:29 Sun
twitterfacebook
thumb

ラツィオがアタランタGKカルネセッキ獲得に動く! クレモネーゼ昇格に貢献したアッズリーニの正GK

ラツィオがアタランタのU-21イタリア代表GKマルコ・カルネセッキ(21)の獲得に動いているようだ。イタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』など複数メディアが報じている。 ラツィオはアルバニア代表GKトーマス・ストラコシャ、元スペイン代表Gkホセ・マヌエル・レイナを併用する形で今シーズンを戦った。しかし、公式戦31試合に出場したストラコシャが契約満了に伴い、今シーズン限りでの退団が決定。 そのため、現在クラブは新守護神探しに動いており、アッズリーニの正守護神をメインターゲットに定めている。 現地メディアが伝えるところによれば、ラツィオは逸材獲得に向け、総額1500万ユーロ(約21億5000万円)のオファーを掲示し、クラブ間での交渉を進めているという。さらに、選手サイドには2027年までの5年契約を掲示しているという。 チェゼーナの下部組織で育ったカルネセッキは国内屈指の育成クラブであるアタランタのユースチームに引き抜かれた。以降、トップチームデビューは果たしていないが、レンタル先のトラーパニ、クレモネーゼでセリエBのクラブで活躍。今シーズンはセリエBで36試合に出場し、38失点に抑えると共に9度のクリーンシートを達成。2位フィニッシュしたクレモネーゼの昇格に大きく貢献した。 また、イタリアの世代別代表の常連はU-21代表チームで守護神を担っており、将来的なアッズーリ入りも有力視される。 193cmの恵まれたサイズに加え、アスリート能力が非常に高く驚異的な反射神経を生かしたシュートストップや勇敢な飛び出しと、GKとしての守備能力に優れる。加えて、マウリツィオ・サッリ監督が獲得を希望していることもあり、足元の技術にも長けている。 2022.06.22 15:23 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly