「芸術です」なぜそれで止まる? 小野伸二の華麗過ぎるボールタッチに世界が震撼「物理法則を無視してる」

2022.05.06 21:15 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
宮の沢白い恋人サッカー場で摩訶不思議なプレーが見られた。北海道コンサドーレ札幌の元日本代表MF小野伸二が見せたボールコントロールが話題をさらっている。

札幌は4日に行われた明治安田生命J1リーグ第11節、アウェイでのガンバ大阪をゴールレスドローで終えた。中2日で札幌ドームでの京都サンガF.C.戦を控える中、5日には宮の沢でトレーニングを実施。そこで小野が異次元のコントロールを見せた。

長めの対人パスを行う小野は、やってきた強い山なりのボールに対し、右足をほんの少しだけ振って底を軽くこするような柔らかいタッチ。すると、ボールの勢いは完全に消え、適度なバックスピンとともに小野の足元でピタリと止まった。

札幌の公式ツイッターが「ボールが止まった…」と紹介したシルキータッチには、誰もが驚きを隠せないようだ。「相変わらずボールと仲良し」、「そうはならんやろ…」、「ボールが懐いているようだ」、「もはや曲芸」、「芸術です」、「物理法則を無視してる」、などのコメントが、ファンからのみならず、現役選手や引退した元日本代表選手からも称賛が相次いでいる。

2021年にFC琉球から札幌へと復帰した小野だが、昨シーズンはリーグ戦4試合で出場時間11分にとどまっており、今季もここまでは出番がない。「試合前練習の小野伸二のパス交換見ただけで「もう入場料分見せてもらった」と思ったの思い出した」とのファンの声もあるが、やはりゲームの中で躍動する姿を見たいというのがサッカーファンの本音だろう。

1 2

関連ニュース
thumb

京都が宮吉の決勝点で連敗ストップ!札幌は数的不利から追い付くも終盤に力尽きる【明治安田J1第19節】

明治安田生命J1リーグ第19節、京都サンガF.C.vs北海道コンサドーレ札幌が2日にサンガスタジアム by KYOCERAで行われ、2-1でホームの京都が勝利を収めた。 前節は曹貴裁監督の古巣・湘南ベルマーレに敗れ、今季2度目の連敗を喫した京都。対する札幌は前節、守護神・菅野が5試合ぶりに復帰し、ガンバ大阪を下して連敗を3でストップした。 両チームが高いインテンシティを発揮した序盤は、次第に京都がボールを握る展開へとシフトしていく。9分、右サイドでゆったりとタメを作った白井が小さく戻して山田が左足でクロスを送ると、相手最終ライン間で待ち受けたピーター・ウタカがフリーでヘディング。渾身の一撃はGK菅野に阻まれるも、こぼれ球を自ら蹴り込んでネットを揺らした。 頼れる男の8試合ぶりのゴールで先制に成功した京都はさらに攻勢を強め、15分には足の長いスルーパスに再びウタカが抜け出す。飛び出したGK菅野はかわされまいとしてたまらずホールディングを冒してしまい、これが決定的な得点機会阻止と判断されてGK菅野にはレッドカードが提示された。 ビハインドに数的不利と、序盤から大きな痛手を被った札幌はガブリエル・シャビエルを諦めてGK中野をスクランブル投入。我慢の時間が続く中で、ビッグチャンスは42分に訪れる。右サイドから斜めのパスを2本使って菅がボックス左へ侵入し、左足のフィニッシュ。GK上福元が弾いたボールに福森が詰めた。 前半の終盤は攻勢の時間を作ったアウェイチームは、ハーフタイムに興梠を下げて青木を送り込むと、後半に入っても両サイドを使った攻撃で主導権を掌握。48分の荒野のシュートは麻田にクリアされるも、55分のピンチを菅がしのぐと、58分についに試合を振り出しに戻す。 金子の仕掛けから右CKを獲得した札幌は、福森のキックのこぼれ球を高嶺が優しく落として菅が右足で低空ミドル。高嶺が左足でフリックするかしないかというスルーがブラインドにもなり、ボールは左隅に吸い込まれた。 勢いの止まらない札幌は古巣対戦となる駒井が2戦連発かと思わせるヘッドを見せる。1人少ない相手に押し込まれ続けていた京都は、川崎のミドルや82分の3枚替えでようやく相手の勢いをそぐと、89分に途中出場の宮吉が古巣相手に値千金の一撃を見舞う。 京都は続いたCKから左サイドでタメを作ると、武田のクロスをゴール正面の川崎がワンタッチで落とし、反応した宮吉が右足で左隅に蹴り込んだ。これが決勝点となり、最終盤にはしたたかに時計の針を進めた京都が連敗をストップ。一方の札幌は1人少ないながらも勇敢な戦いを見せるも、最後に力尽きた。 京都サンガF.C. 2-1 北海道コンサドーレ札幌 【京都】 ピーター・ウタカ(前9) 宮吉拓実(後44) 【札幌】 菅大輝(後13) 2022.07.02 20:39 Sat
twitterfacebook
thumb

「新しい家族が久しぶりに増えました」札幌FW中島大嘉の報告にファンほっこり「末長くお幸せに!」「体調管理お願いいたします」

北海道コンサドーレ札幌のFW中島大嘉の投稿が注目を集めている。 中島は今季のYBCルヴァンカップのグループステージで5試合に出場して4得点を記録。札幌はプレーオフ・ステージでサンフレッチェ広島に敗れて敗退が決まってはいるものの、中島は6月27日にJリーグから発表された、大会のニューヒーロー賞得票上位11名にも名を連ねている。 高さとスピードを兼ね備え、"和製ハーランド"の呼び声も上がるストライカーは6月30日に自身のSNSを更新。「新しい家族が久しぶりに増えました」との投稿を残した。 中島家にやってきた新しい家族は扇風機。満面の笑みでピースサインを決める中島には「他サポだけどかわいいって思って、思わずいいね押しちゃいましたよ」、「大嘉くんの体調管理お願いいたします」、「名前は何て?」、「末長くお幸せに!」などの愛のあるコメントが寄せられている。 中島はリーグ戦でも11試合で2ゴールを挙げているが、ここまではスタメン出場がない。札幌は2日に明治安田生命J1リーグ第19節で京都サンガF.C.の敵地へと乗り込むが、新たな家族を迎え入れた中島の奮起にも注目が集まる。 <span class="paragraph-title">【写真】札幌の中島大嘉が紹介した"新しい家族"</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">新しい家族が久しぶりに増えました <a href="https://t.co/4tbjABEQT3">pic.twitter.com/4tbjABEQT3</a></p>&mdash; 中島大嘉 (@taika_nakashima) <a href="https://twitter.com/taika_nakashima/status/1542482767929548800?ref_src=twsrc%5Etfw">June 30, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.07.02 14:58 Sat
twitterfacebook
thumb

GK東口攻略の札幌が連敗ストップ! G大阪は4連敗で降格圏転落も【明治安田J1第18節】

明治安田生命J1リーグ第18節の1試合が26日に札幌ドームで行われ、北海道コンサドーレ札幌がガンバ大阪を1-0で下した。 ともに3連敗中で、4試合ぶりの白星を狙う11位の札幌と15位のG大阪。札幌はここ3試合で15失点と立て直しが急務の守りに正GKの菅野が復帰した一方で、同じく波のあるシーズンが続くG大阪はクォン・ギョンウォンが出場停止のセンターバックに昌子が戻った。 ペトロヴィッチ監督と片野坂監督の師弟対決としても注目される一戦はリーグで約1カ月ぶりのホーム戦となる札幌が丁寧なビルドアップから攻撃を構築。シュート数こそ少ないものの、G大阪の前からボールを狩りにくる守りもしっかりといなしてペースを握る。 マイボールになっても前に繋いでいけない相手を尻目に優勢続く札幌は20分、最前線の興梠とほぼ横並びでプレーするガブリエル・シャビエルが後方からの縦パスとともに右サイドを突破して左足でネットを揺らして雄叫び。だだ、オフサイドで認められない。 前半の半ばまで攻めに回るシーンが乏しいG大阪だが、28分に山見の浮き球パスに反応した石毛が走力を生かしてラインブレイク。そのままボックス左に抜け出すと、左足フィニッシュに持ち込んだが、ケガからの復帰戦となるGK菅野に凌がれ、モノにできない。 守護神が魅せた札幌はその2分後、2シャドーの一角に入る青木が敵陣中央で後方からのパスとともに最終ラインの背後を抜け出すが、G大阪守護神の東口がさすがのショットストップを披露。その後も攻撃を重ねた札幌だが、要所で存在感のGK東口を崩せない。 復帰2戦目となる東口の踏ん張りで何とか無失点で試合を折り返したG大阪は攻撃で巻き返そうと、U-19日本代表帰りの中村を投入。だが、その後半も早々にGK東口のファインセーブがなければ失点ものの場面を作られるなど、札幌が主導権を握り続けてみせる。 すると、この試合でも中盤で攻守に精力的な動きが光る駒井が51分にドリブルで敵陣中央をスルスルとボールを持ち上がり、右に展開。そのままゴール前にフリーで入っていき、金子の右足クロスからヘディングシュートをゴール左隅に決め、札幌が先制した。 ついに崩れたG大阪は早いうちに追いつこうと、前向きなプレーを増やすが、札幌が最後をやらせない。中村がリンクマンになり、前にボールを持ち込めるようになったG大阪だが、山見の突破力とパトリックの高さに崩しを頼りきりで、相手に対応されてしまう。 結局、守りでも危ない場面をほぼ作らせず、試合を終わらせた札幌がスコア以上の内容で3連敗ストップの勝ち点3。今季初4連敗のG大阪は他会場の結果次第だが、降格圏転落の危機に瀕している。 北海道コンサドーレ札幌 1-0 ガンバ大阪 【札幌】 駒井善成(後6) 2022.06.26 16:10 Sun
twitterfacebook
thumb

札幌MFルーカス・フェルナンデスが右足手術…練習中に負傷

北海道コンサドーレ札幌は26日、MFルーカス・フェルナンデスの負傷を報告した。 16日のトレーニング中に負傷し、右足関節三角骨障害と診断。20日に札幌市内の病院で手術して、無事に完了したという。全治は明らかにされていない。 札幌入りから4年目の今季もここまでウィングバックとして活躍。ここまで公式戦19試合に出場して、2ゴールを記録している。 2022.06.26 12:40 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第18節:札幌vsG大阪】3連敗中の両者、不調の相手に勝ち点3は譲れない

【明治安田生命J1リーグ第18節】 2022年6月26日(日) 14:00キックオフ 北海道コンサドーレ札幌(11位/20pt) vs ガンバ大阪(15位/17pt) [札幌ドーム] ◆3試合で15失点…まずは守備から【北海道コンサドーレ札幌】 前半戦最後は3連敗で終えている札幌。後半戦の巻き返しのためにも、しっかりと初戦で勝利を収めて連敗をストップさせたいところだ。 しかし、事態は深刻。3連敗中の失点はまさかの「15」。加えて、天皇杯ではJ2のヴァンフォーレ甲府に敗れて敗退。チーム状態は最悪と言って良い。 とにかく失点が止まらず、甲府戦も先制したが逆転負け。チームとして自信を失い、内容も全く良いところがない状況だ。 ハードワークを軸にチームを作り上げて一定の結果を残してきたものの、この所は攻撃はうまくハマらず、守備は脆いという状況。ハードワークが攻守に渡って結果につながっていないことも要因。そろそろ奮起したい。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:中野小次郎 DF:田中駿汰、、福森晃斗 MF:金子拓郎、宮澤裕樹、荒野拓馬、菅大輝 MF:駒井善成、青木亮太 FW:興梠慎三 監督:ミハイロ・ペトロヴィッチ ◆前半戦ラスト、連敗を止めたい【ガンバ大阪】 前半戦は日程の関係上まだ終わっていない中、現在3連敗中。4連敗で折り返すことだけは避けたい状況だろう。 守護神の東口順昭が復活も、前節は首位相手に1-2で敗戦。降格圏との勝ち点差は「1」と厳しい状況から抜け出すことはできていない。 ただ、天皇杯では指揮官の古巣相手に逆転勝利。ターンオーバーした上で、しっかりと勝てたことはプラス材料。あとはリーグ戦に繋げるだけだ。 横浜FM戦ではハードワークを見せ、一定の機能はしたものの、終盤は失速。結果として逆転負けを喫した。今節はどうなるのか。得点が取れていないわけではないだけに、しっかりと勝ち切りたい。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:東口順昭 DF:高尾瑠、三浦弦太、昌子源、藤春廣輝 MF:小野瀬康介、齊藤未月、ダワン、山見大登 FW:パトリック、石毛秀樹 監督:片野坂知宏 出場停止:クォン・ギョンウォン 2022.06.26 11:28 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly