ボローニャのミハイロビッチ監督が退院 白血病の早期治療から帰還で残り3試合のチームに合流へ

2022.05.03 18:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ボローニャは2日、シニシャ・ミハイロビッチ監督が退院したことを発表した。

2019年7月に急性白血病を患ってから、闘病しながらチームの指揮を執るミハイロビッチ監督。3回目の化学療法を終えた後は現場に完全復帰し、ここ2シーズンはともにセリエAで12位という成績を収めていた。

今季もここまで11勝10分け14敗の13位と残留に向けてまずまずの順位に位置するが、3月末にミハイロビッチ監督が早期治療のため、再入院が決定。指揮官不在での戦いを強いられることとなった。

しかし、テクニカルコーチのエミリオ・デ・レオ氏が暫定指揮を執ることとなったチームはビッククラブを相手に堂々とした戦いを披露。先月中にミラン、ユベントスを相手に引き分けると、同27日に延期分が行われた第20節では前年王者のインテルを2-1で撃破した。

1日に行われた第35節でもローマを相手に1-1のドローに持ち込み、これで6試合無敗のボローニャ。ミハイロビッチ監督は良い状態でバトンを受け取り、残り3試合に臨む。


関連ニュース
thumb

ユナイテッドがアルナウトビッチ獲得から撤退! ファンから苦情も?

マンチェスター・ユナイテッドは、オーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチ(33)の獲得を諦めたようだ。『アスレティック』のローリー・ホワイトウェル記者が報じている。 FWエディンソン・カバーニの退団に加え、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの去就も依然不透明とあり、ストライカーの補強を画策中のユナイテッド。そこで候補として急浮上したのがアルナウトビッチだった。 過去にストーク・シティやウェストハムに在籍し、プレミアリーグ経験もあるアルナウトビッチの獲得にユナイテッドは推定900万ユーロのオファーを提示したが、昨季のセリエAで33試合14ゴール1アシストのエースには不十分な額だとしてボローニャは拒否。スポーツ・ディレクターのマルコ・ディ・ヴァイオ氏は「プライスレスな存在」と、非売品であることを強調していた。 一部ではオファー額を引き上げると見られていたユナイテッドだが、ホワイトウェル記者によれば獲得から手を引く模様。ボローニャの要求額が高いことや、サポーターから苦情が相次いだことが理由とのことだ。 2022.08.09 22:10 Tue
twitterfacebook
thumb

ボローニャSDがアルナウトビッチのユナイテッド行きに否定的発言 「我々にとってプライスレスな存在」

ボローニャのスポーツディレクター(SD)を務めるマルコ・ディ・ヴァイオ氏がマンチェスター・ユナイテッドの関心を集めるオーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチ(33)に発言した。 FWエディンソン・カバーニの退団でストライカー陣が手薄のなか、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドも依然として去就不透明とあって、補強ポイントにあがるユナイテッド。プレシーズン中に好調だったFWアントニー・マルシャルもケガで出遅れ、さらに補強が求められる。 そこで候補として急浮上したのがアルナウトビッチで、先日のイタリア『スカイ』によれば、ユナイテッドは移籍金としておよそ900万ユーロ(約12億3000万円)のオファーを打診。これはボローニャに突っぱねられたものの、再びチャレンジするものといわれ、動向が注目されている。 そのなか、イギリス『スカイ・スポーツ』によると、ボローニャの補強を司るディ・ヴァイオSDが『Italia 1』で加入初年度の昨季からセリエAで14ゴールと活躍したアルナウトビッチの去就にコメント。非売品のスタンスを示したようだ。 「アルナウトビッチとはこれまでも一緒にやっていきたいし、キープしたい。彼は我々のプロジェクトの中心にいる」 「もちろん、マンチェスター・ユナイテッドのようなクラブから関心を示されるのは誇らしいものが、ボローニャの願いは今のチームを維持して、重要なシーズンを過ごすために強化することだ」 「金の問題じゃない。マルコは我々にとってプライスレスな存在。彼は我々全員が勝ったギャンブルの象徴でもあり、誰もが彼のことを忘れているとき、我々が中国から彼をピックアップしたんだ」 「彼は我々にとってあまりに大きな存在で、我々は次のレベルに達するにあたってや若手を育てるのにこれからも彼の力が必要だ」 2022.08.09 11:35 Tue
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドがアルナウトビッチに関心も…ボローニャは安価での売却を拒否

マンチェスター・ユナイテッドが関心を寄せるオーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチ(33)だが、ボローニャは安価で売却するつもりはないようだ。 これまで数多くのクラブを渡り歩いてきたアルナウトビッチは、昨夏加入のボローニャでセリエA33試合14ゴール1アシストの好成績を記録。33歳になってもなお健在であることをアピールし、今夏にはユベントスが獲得を検討していると報じられてきた。 しかし、イタリア『トゥットメルカート』によると、現在獲得にもっとも関心を抱いているのはユナイテッドとのこと。ユナイテッドはFWエディンソン・カバーニが退団したことに加え、エースのFWクリスティアーノ・ロナウドも移籍を希望。7日に行われたプレミアリーグ開幕節で黒星を喫したクラブはストライカー不足を避けるため、経験豊富なアルナウトビッチの獲得を検討している模様だ。 アルナウトビッチとしてはキャリア終盤で舞い込んだビッグクラブ移籍のチャンスを掴みたいところだが、シーズン開幕を間近に控えるボローニャはエース売却に否定的な様子。ユナイテッドは600万~800万ユーロ(約8億2000万円~約11億円)の移籍金を支払う姿勢を見せているが、ボローニャはより高額なオファーを要求している。 仮にユナイテッドが要求通りオファーを上乗せして移籍が成立した場合、アルナウトビッチにとっては2019年夏にウェストハムを去って以来のプレミア復帰となるが、果たして。 2022.08.08 15:32 Mon
twitterfacebook
thumb

ボローニャ守護神スコルプスキが2025年まで契約延長

ボローニャは5日、ポーランド代表GKウカシュ・スコルプスキ(31)と2025年6月まで契約延長したことを発表した。オプションでさらに1年更新される契約とのことだ。 スコルプスキは2018年夏にローマからボローニャに加入。ボローニャでは加入シーズンから正GKとして活躍し、これまで公式戦142試合に出場している。 ショットストップに優れ、頻繁にビッグセーブを見せるポーランド代表GKは昨季、セリエA36試合に出場して13位フィニッシュに貢献した。 2022.08.05 23:30 Fri
twitterfacebook
thumb

スタッド・レンヌが注目株のベルギー代表DFテアテをボローニャから完全移籍で獲得、4年契約

スタッド・レンヌは29日、ボローニャのベルギー代表DFアルトゥール・テアテ(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2026年6月までの4年間になる。 テアテはヘンクのユースからスタンダール・リエージュへと完全移籍。再びヘンクの下部組織へと戻ると、スタンダールの下部組織へと移籍し、2020年7月にオーステンデへ完全移籍した。 オーステンデでは公式戦40試合に出場し5ゴールを記録。すると、2021年8月にボローニャへとレンタル移籍。今年7月に完全移籍していたが、レンヌへと完全移籍となった。 ボローニャでは公式戦31試合で2ゴール1アシストを記録していた。 またベルギー代表としても3試合に出場。今夏はミランなどが獲得を目指していたが、レンヌへの移籍となった。 なお、移籍金は2000万ユーロ(約27億7000万円)、アドオン200万ユーロ(約2億7000万円)でクラブ間合意したとのこと。ボローニャは600万ユーロ(約8億1500万円)でオーステンデから獲得したばかりだった。 2022.07.29 16:55 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly