八百長未遂の鈴鹿ポイントゲッターズ、Jリーグは「6月に決議」…焦点は「ガバナンス体制の改善とステークホルダーの継続」

2022.04.26 19:43 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
Jリーグは26日、第4回理事会を実施。理事会後にオンラインによる記者会見を行った。

様々な決議事項があった中、大きく注目を集めたのは鈴鹿ポイントゲッターズの百年構想クラブの資格停止問題だった。

今シーズンから元日本代表FW三浦知良が所属し、大きな注目を集めた鈴鹿だが、2020年11月に行われたソニー仙台との試合で「故意に敗戦しようとした」と元役員が告発。JFLの規律委員会が調査を進め、「八百長の企てとまでは言えない」として、最終的には関与した2名のけん責、1名への処分保留、クラブには50万円の罰金という処分を決めていた。
しかし、日本サッカー協会(JFA)の規律委員会はこの処分を認めず、新たな処分をクラブ、株式会社アンリミテッド代表取締役、鈴鹿ポイントゲッターズオーナー、株式会社アンリミテッド元執行役員に下すことを発表。八百長未遂だったことを重く見て処分を下していた。

一方で、Jリーグは2月の時点で「Jリーグ百年構想クラブ」の資格を解除条件付き資格停止とすると発表。クラブの元幹部とクラブ冠で金銭の授受が行われており、Jリーグは「適切ではないと考えられる金銭のやり取りが存在していたことなど、クラブのガバナンス体制に不備があると判断しうる複数の事情が認められた」とし、2022年6月のJ3ライセンス申請期限までに改善を要求していた。

今回の理事会では、鈴鹿から「改善に向けた検討を行っているということが理事会でも報告された」とし、Jリーグとしては「6月末が申請期限となっており、6月の理事会でガバナンス体制の改善、ステークホルダーの継続があるかどうかを決議する」と、来月に資格停止の解除なのか、継続なのかを決断するとした。

この件について野々村芳和チェアマンは「僕らが就任する前からある話だが、ガバナンスとステークホルダーの支援がどう改善されるかというところが一番大事なところ」とポイントを語り、「ガバナンスというところで、どんなものを表現してくるか。体制をどう作ってくるかが今回の件では一番重要になる」と、クラブとしての体制についてどう改善するつもりがあるかが焦点になるとした。

ただ、「ガバナンスというのも1カ月、2カ月で簡単にできることではないと思いますし、最終的には6月のところで判断したいです」と語り、元クラブの社長である経験からも、健全な管理体制の再構築が簡単ではないと考えているようだ。

また、Jリーグとしては管轄外で今回の八百長未遂が起きているとしながらも、「八百長はあり得ないということしか言いようがないです。起きないように選手たち、周りを教育していくかなく、どういうことを周知徹底していくかを常にやっていかなければいけないと思います」と、Jリーグでは発生しないようにどう取り組むかが重要だとコメントした。

なお、現時点で具体的な改善案等は鈴鹿からは提示されていないとのこと。将来のJリーグ参入を目指す中で、大きな問題をどう改善しようとするのかは注目となる。

関連ニュース
thumb

讃岐がFW栗田マークアジェイとの契約満了を発表、今季はJFLの鈴鹿へ期限付き移籍

カマタマーレ讃岐は28日、FW栗田マークアジェイ(24)の契約満了を発表した。 栗田は東京都出身で、東京実業高校から静岡産業大学へ進学。2020年に讃岐に入団した。 プロ1年目から主力として活躍すると、2021シーズンはJ3で24試合に出場して2得点を記録。今季はJFLの鈴鹿ポイントゲッターズに期限付き移籍となった。 鈴鹿ではJFLで12試合に出場して1得点に終わった中、期限付き移籍期間が終了。そのまま契約満了となった。 栗田は両クラブを通じてコメントしている。 ◆カマタマーレ讃岐 「僕がプロになる扉を開けてくれたのがカマタマーレ讃岐でした。本当に感謝しています。このクラブで結果を出すのが1番の目標でしたがその目標を達成出来なくてとても悔しいです。自然豊かで住みやすい香川県が大好きでした!3年間応援してくれていたファン、サポーターの皆様ありがとうございました」 ◆鈴鹿ポイントゲッターズ 「鈴鹿のファン、サポーターの方々はとても優しく、いつも元気をもらえていました!個人として結果は出せませんでしたが、充実したシーズンを過ごすことができて人間的にも成長することができました」 「来シーズンは別のチームになりますが、進化した姿を見せれるように頑張りますので僕のことをチェックしてくれると嬉しいです!1年間お世話になりました!」 2022.11.28 12:11 Mon
twitterfacebook
thumb

キングカズがホームでもゴール!CKからヘッドで叩き込み最年長ゴール記録更新、チームは優勝争うFC大阪に敗れる《JFL》

鈴鹿ポイントゲッターズのFW三浦知良がスタメン出場でまたしてもゴールを決めた。 30日に行われた第27節のFCティアモ枚方戦で初ゴールを記録し、JFL最年長の55歳246日という新記録を樹立した三浦。12日に行われた第29節のFC大阪戦では先発出場を果たした。 J3への昇格条件である4位以内を確定させているFC大阪を迎えた中、試合は3分に木匠貴大のゴールでFC大阪が先制する。 幸先の悪いスタートとなったが、24分にキングカズが魅せた。 鈴鹿は左CKを獲得。これからクロスが上がると、ニアサイドでヘッドで繋ぎ、最後は三浦がヘディングで合わせてネットを揺らした。 前回はPKでの得点だったが、今回は先発起用に応えるセットプレーからのゴール。ホームでもJFLでゴールを記録した。これで自身の持つ最年長ゴール記録を55歳258日に更新した。 なお、試合は42分に木匠がPKを決めたFC大阪が1-2で勝利。最終節まで優勝争いの行方はわからなくなった。 <span class="paragraph-title">【動画】キングカズがヘディングで合わせて今季2点目!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="koqyWxoH5g8";var video_start = 3043;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.11.12 15:28 Sat
twitterfacebook
thumb

三浦知良が5年7カ月ぶりのゴール! JFL最年長弾の移籍後初得点で“カズダンス”も

日本フットボールリーグ(JFL)の鈴鹿ポイントゲッターズでプレーする元日本代表FW三浦知良が移籍後初ゴールを決めた。 鈴鹿は30日にFCティアモ枚方とのアウェイ戦に。9試合連続でメンバー入りの三浦は2点リードの84分から出場すると、その直後に相手選手のハンドで獲得したPKのキッカーに名乗りを上げ、しっかりとゴール右に決め切った。 新天地初ゴールで“カズダンス”も初披露した三浦は横浜FC時代の2017年3月以来となる公式戦での得点に。現ヴィッセル神戸スポーツダイレクターの永井秀樹氏が持つJFL最年長得点記録の42歳50日を55歳246日に更新した。 なお、自身のJFL最年長出場記録も新たに55歳246日に更新。三浦が観客に勇姿を届けたチームも後半アディショナルタイムにMF二川孝広の一発を浴びたのの、3-1で勝利している。 2022.10.30 16:45 Sun
twitterfacebook
thumb

JFL最多の1万6218人が拍手…キング・カズの日本デビューも国立だった/六川亨の日本サッカーの歩み

『キング・カズ』こと三浦知良が11年ぶりに日本サッカーの"聖地"国立に帰ってきた。 10月9日、JFLのクリアソン新宿対鈴鹿ポイントゲッターズの試合で、後半31分から交代でピッチに出た際には敵味方に関係なく1万6218人の観衆から盛大な拍手が送られた。 試合後、兄であり鈴鹿の監督でもある三浦泰年は「30分くらい。給水のタイミングでの交代がいいだろう。どういう状況でも使うと言ってあった」と打ち明けたように、1-0のリードで迎えた給水タイム後の31分、3人目の交代カードとして起用された。 パスを受けたらシンプルにワンタッチで戻したり、機を見てスルーしたりするなど視野の広さと落ち着いたプレーで周りの選手を使っていた。そしてアディショナルタイムの50分にはパスを受けると素早く反転し、右サイドの俊足FW三宅海斗に展開してカウンターの起点となった。 三宅はドリブルで攻め込みながら左サイドへ大きく振ると、これを受けた中村健人はグラウンダーのクロス。残念ながらニアサイドの選手にブロックされたが、もしも抜けていればカズのゴールという絶好機。残念ながらカズダンスを見られる絶好の機会を逃したが、試合後のカズは「ボールが通ってフィニッシュで終われれば最高でしたけど、まあ次ということで」と淡々とそのシーンを振り返っていた。 そんなカズに、ミックスゾーンからの去り際に「初めて国立(旧国立)でデビューした試合は覚えている?」と聞いたところ、即座に「コニカカップ決勝の90年でした」と答えが返ってきた。 カズがブラジルから帰国したのは90年7月のこと。当時のJSL(日本サッカーリーグ)で全盛を誇っていた読売クラブに加入した。すぐさま左ウイング(当時は4-3-3システムを採用するチームが多かった)でレギュラーポジションをつかむと、この年に開催されたコニカカップ決勝ではヤマハを2-1で下して初代王者に輝いたのである。 このコニカカップ、決勝戦だけは国立で開催され、当時としては異例の2万人という大観衆が詰めかけた。2万人ときりがいい数字は、Jリーグと違い当時はリーグ関係者が目分量で「今日は○○人くらいだな」と話し合って公式入場者を決めていた名残だろう。 そんな大観衆に負けず劣らず、この日の試合には1万6218人の観衆が集まった。2008年の栃木SC対FC刈谷戦(栃木グリーンスタジアム)の1万3821人を更新する、JFL新記録の観客動員数だ。 これにはカズも「都並さん(現ブリオベッカ浦安監督)が『カズが帰ってきたから(お客さんが)入っているよな』と言ったのをちょっと思い出しましたね」と30年前の出来事を懐かしんでいた。 そして帰り際、若手の新聞記者から「コニカカップって、今のルヴァンカップですか」と質問された。当時は11歳だったという記者からすれば、大会を勘違いしてしまうのも当然かもしれない。それだけJリーグ創設前後は大会も混乱していた。 まずJSL時代はリーグ戦と天皇杯があり、1976年に新設されたのがJSLカップだった。当初はJSL1部のチームによる大会だったが、その後はJSL2部にも門戸が開放され、91年まで16回開催されたが、Jリーグの創設に伴い大会は消滅した。 このJSLカップと前後して誕生したのがコニカカップで、Jリーグのスタートに向けて各チームのレベル向上と、コニカ社(現コニカミノルタ社)が冠スポンサーにつくことで上位チームには賞金の出る大会として注目を集めた。 3年後にスタートするJリーグでは、多くの観客にスタジアムへ足を運んでもらいたい。そのためには攻撃的なサッカーでファンを魅了しなければいけない。そうした願いから、1試合で2ゴール以上奪うと通常の勝点3に加えてボーナス勝点が加算された。当時、住友金属にいたジーコは、2点を取って勝利に満足しているチームメイトに対し、試合後のロッカールームで「なぜもっと点を取ろうとしないんだ。大会のレギュレーションを知っているのか!」と激怒したこともあった。 さらに第1回大会は0-0なら即PK戦に突入で、それも1人ずつによるサドンデス。第2回大会はPK戦が廃止されて延長戦が採用されたが、それも先に点を取ったらその時点で試合終了という「Vゴール方式」が採用された。 残念ながらこのコニカカップは91年の第2回大会で終了と短命に終わった。その代わりに92年に新設されたのが、Jリーグカップであり、第1回大会からヤマザキナビスコ社が協賛したことで「Jリーグ ヤマザキナビスコカップ」として定着。16年9月に「ヤマザキビスケット」と社名を変更したことで、「JリーグYBCルヴァンカップ」と大会名も代わり今日に続いている。 来週22日にはそのルヴァンカップ決勝が国立競技場で開催され、C大阪と広島が激突する。天皇杯でも決勝戦に勝ち進んでいる広島がルヴァンカップ初制覇となるか。それともC大阪が2度目のタイトル獲得となるのか。いずれにせよ好勝負を期待したい。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2022.10.10 20:40 Mon
twitterfacebook
thumb

三浦知良が112日ぶりに復帰! JFL最年長記録の55歳190日で“三重ダービー”に出場もシュート0本

元日本代表FW三浦知良が久々の試合出場を果たした。 4日に行われたJFL第20節の鈴鹿ポイントゲッターズvsヴィアティン三重。三重ダービーとなった試合は、2-0で鈴鹿が勝利した。 今シーズン横浜FCからの期限付き移籍でJFLに挑戦し、兄である三浦泰年監督の下でプレーしているカズ。試合に出場すれば、JFLとは思えない集客力を見せつけていた。 しかし、5月15日に行われた第8節のHonda FC戦で先発出場も負傷。前半のみで交代すると、それ以降は欠場が続いていた。 その三浦はおよそ4カ月ぶり、実に112日ぶりに復帰。2-0でリードした80分に三宅海斗との交代でピッチに立った。なお、55歳190日での試合出場は、自身の記録を塗り替えJFL最年長出場記録となった。 ダービーを見守った観客は4054人。ピッチに立ったカズだがシュートは0本。それでも、久々のプレー姿に沸いた。 <span class="paragraph-title">【動画】112日ぶりにピッチに戻ってきた"キング"こと三浦知良</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="6JE3c797zgk";var video_start = 7662;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.09.04 21:15 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly