17年ぶりにカップ制覇のベティス、ペジェグリーニ監督も歓喜「観客を見て負けられないと…」

2022.04.24 10:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎RFEF
レアル・ベティスのマヌエル・ペジェグリーニ監督が、コパ・デル・レイの優勝を振り返った。スペイン『アス』が伝えた。23日、コパ・デル・レイ決勝のベティスvsバレンシアが行われた。2004-05シーズン以来3度目の優勝を目指すベティスと、2018-19シーズン以来9度目の優勝を目指すバレンシアの対戦。慎重な入りを見せた中、先にスコアを動かしたのはベティスだった。

11分、ボルハ・イグレシアスがゴールをこじ開けて先制。しかし、バレンシアも30分にウーゴ・ドゥロがゴールを奪い同点に追いつく。
互いに譲らないまま試合は進み、延長戦へ。延長戦では互いに崩せず、PK戦にもつれ込んだ。

運命のPK戦では互いに3人目まで全員が成功。しかし、4人目のキッカーでは先攻のバレンシアのユヌス・ムサが枠の右に外してしまい痛恨の失敗。ベティスはミスなく、5-4で勝利。17年ぶりの優勝を遂げた。

試合後、ペジェグリーニ監督はコパ・デル・レイ制覇に喜びを露わにし、ファンのおかげだとした。

「みなさんのサポートとチームのクオリティを両立させることが重要だった。観客を見た時、この試合に負けることはとても難しいだろうと思った」

「チームは常に冷静で、我々が決して失うことのなかったプレーを続けた。我々は優勝に値する」

過去にはマンチェスター・シティでプレミアリーグとリーグカップを制するなど、タイトルを獲得してきたペジェグリーニ監督だが、この日も特別な1日であると語った。

「比較するのは好きではない。とても幸せな日だ。他のチームでも良いシーズンを過ごしたことはある。ただ、今日は確かに、私にとってとても特別な日になる」

ラ・リーガでは現在5位。チャンピオンズリーグ(CL)出場権を掴める可能性もあるなか、残りのシーズンに向けても意気込みを語った。

「チャンピオンズリーグを戦いたい。すでに、実績として1つのタイトルがあるが、チームはリーグの残りの戦いに集中している。トップに追いつけるように努める」

また、17年ぶりの優勝については改めてコメント。喜びを噛み締めた。

「勝てないまま17年が経ったんだから、さらにその喜びを味わうべきだ。久々に二重の喜びだ。これだけの人気クラブが、こんなに長く勝てないはずはないんだ」

1 2

関連ニュース
thumb

恨み辛みなし… W杯落選イグレシアス、L・エンリケ監督を絶賛「とんでもない男」

カタールW杯行きを逃したベティスのスペイン代表FWボルハ・イグレシアスが、ルイス・エンリケ監督へエールを送っている。 イグレシアスはW杯メンバー発表前最後の公式戦となった9月のUEFAネーションズリーグで29歳にしてA代表デビュー。今季のラ・リーガで中断期間までに13試合8得点2アシストと絶好調だったが、最終的にはカタール行きを逃すこととなった。 それでも、自身を選出しなかったルイス・エンリケ監督への恨み辛みはなし。スペイン『ムンド・デポルティボ』のインタビューで同監督の手腕を絶賛し、W杯優勝も十分にあり得ると太鼓判を押した。 「僕には彼(L・エンリケ監督)が天才に見える。会うまでにスーパーな指揮官だとは思っていたが、実際に彼のチームへ行くと、とんでもない男だと感じたよ。各選手が異なるクラブから集まる代表チームを掌握するのは容易ではないと思うけど、彼はやってのけてしまう」 「前回の招集チームでは僕を呼んでくれて嬉しかった。彼は本当に優れたコーチで、彼のために戦いたいと思ったよ。今のチームは優勝に値する能力を持っていて、個人的に最高の選手はペドリだ」 2022.11.28 21:27 Mon
twitterfacebook
thumb

スペイン代表、ガヤ負傷でベティスDFを追加招集? ククレジャやバルデも候補か

カタールW杯に臨むスペイン代表でメンバー変更があるかもしれない。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じている。 W杯のグループステージ第3戦で日本代表と対戦するスペイン代表。16日にDFホセ・ルイス・ガヤがトレーニング中に負傷したと明らかにしており、同選手はW杯前最後の強化試合となったヨルダン代表戦を欠場している。 ルイス・エンリケ監督も試合後の記者会見で心配な胸の内を吐露していたなか、ガヤに代わる追加招集が検討されている模様。レアル・ベティスのDFアレックス・モレノを招集する可能性があるようだ。 また、エンリケ監督は「18日中に何らかの決定を下し、発表をする」とも話しており、モレノの他にはチェルシーのDFマルク・ククレジャ、バルセロナのDFアレハンドロ・バルデの招集も議論されているとのことだ。 2022.11.18 15:09 Fri
twitterfacebook
thumb

退場者3人を出した荒れ模様のセビージャダービーは白熱ドロー《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第13節、ベティスvsセビージャが6日にエスタディオ・ベニート・ビジャマリンで行われ、1-1のドローに終わった。 4位のベティスと、18位のセビージャによる今季最初のエル・グラン・デルビー。 ベティスは前節、レアル・ソシエダとの拮抗した上位対決を試合終盤の2ゴールによって2-0の勝利。ラ・リーガ3試合ぶりの白星を奪取し、トップ圏内に再浮上した。また、直近のヨーロッパリーグ(EL)ではすでに首位通過を決定していた中、多くの主力を温存したもののヘルシンキに3-0の快勝を飾り、ホーム開催のダービーに弾みを付ける結果を手にした。今季最初のデルビーではフェキルやカナーレスら主力が先発に名を連ねた一方、ホームでのラストデルビーと目されるホアキンは筋肉系のケガで無念のベンチ外となった。 対するセビージャはサンパオリ新体制移行後、パフォーマンスに若干の改善は見受けられるものの、公式戦7試合で2勝3分け2敗と結果が出ない。前節はホームでラージョに競り負け、直近のチャンピオンズリーグ(CL)では主力温存のマンチェスター・シティに1-3の完敗と、新体制で初の連敗となった。デルビーでのバウンスバックを図るチームは、シティ戦で温存した一部主力をスタメンに戻し、ラキティッチやラメラ、パプ・ゴメスらが起用された。 ホームサポーターが荘厳なコレオグラフィ、熱狂的な声援でチームを後押しする中、ベティスが立ち上がりから攻勢を仕掛けていく。6分にギド・ロドリゲスのミドルシュートで最初のシュートを放つと、直後にはフェキルのFKがあわや不ラファ・ミルのオウンゴールという際どいシーンを創出する。 以降はセビージャが盛り返してほぼイーブンの展開となり、球際での攻防が激しさを増していく。 ベティスはフェキルやカナーレスの個人技を軸に多彩な崩しをみせ、フィニッシュまで持ち込むが決定機まであと一歩。対するアウェイチームはサイドを起点にクロスでチャンスを窺うと、バックパスのミスからラファ・ミルがGKをかわして無人のゴールへシュートを放つが、これはDFエドガル・ゴンサレスの冷静なゴールカバーに遭う。 前半半ばから終盤にかけては中盤での睨み合いが続くが、デルビーに付き物の退場者が出てしまう。36分、サイドでアレックス・モレノに突破を許したモンティエルが足裏を見せた危険なアフターチャージを見舞うと、当初の判定はイエローカードもオンフィールド・レビューの結果、カードの色が赤に変わった。 この退場を受け、サンパオリ監督はラファ・ミルを下げてヘスス・ナバスを投入。だが、この交代策が不運な形で試合を動かすことに。 45分、ウィリアム・カルヴァーリョが浮き球で入れたボールをボックス内のカナーレスが収める。ただ、ボールが足元から離れた際にDFグデリがクリアを試みると、これが味方のヘスス・ナバスに当たってゴールへ向かう。そして、GKボノもはじき出せずにゴールネットが揺れた。 退場にオウンゴールで優位に試合を進めるベティスだが、相手にお付き合いするようにこちらも退場者を出してしまう。前半アディショナルタイム3分、パプ・ゴメスに後ろから当たられた際にフェキルが振った肘が顔面に当たると、オンフィールド・レビューの結果、フェキルが退場となった。 互いに退場者を1人ずつ出し合う荒れ模様のデルビーは後半に突入。キックオフ直後にはルイバルのスルーパスに抜け出したアレックス・モレノに決定機も、ここはセビージャの守護神ボノが前半終了間際のビッグセーブに続きチームを救う。 すると、この直後にはベティスに2度目のアクシデントが発生。49分、ジョルダンからボールを奪おうとしたボルハ・イグレシアスの出した足がアキレス腱付近を踏みつける形となると、オンフィールド・レビューの結果、この試合3枚目のレッドカードに。 依然として1点ビハインドも数的優位を手にしたセビージャは直後に折ベル・トーレスを下げてストライカーのエン=ネシリを投入。ここから初めて相手を押し込む展開に持ち込む。 ラメラを起点に幾度か良い形でフィニッシュを見せるものの、専守防衛の構えのベティスの堅守に手を焼くサンパオリのチーム。78分にはジョルダンを下げてドルベリを投入し、前線に2人のターゲットマンを置く形に。すると、この交代から数分後に待望の同点ゴールが生まれる。 82分、ベティスを押し込んで左右に揺さぶりをかけた末、ペナルティアーク付近でレキクから横パスを受けたフリーのグデリが右足を一閃。無回転気味の鋭いシュートがゴール左上隅の完璧なコースを射抜いた。 土壇場で追いついたアウェイチームは試合終盤にかけて一気呵成の攻めを見せる。90分にはボックス手前で浮き球を胸でコントロールしたグデリが抑えの利いた見事なボレーシュートを放つが、これは惜しくもクロスバーを叩く。さらに、後半ラストプレーでは右サイド深くでヘスス・ナバスがグラウンダーで折り返したボールをボックス中央のグデリが渾身のダイレクトシュートで枠に飛ばすが、これはGKブラーボの圧巻のファインセーブに阻まれた。 この直後に試合はタイムアップを迎え、3人の退場者を出した熱狂のエル・グラン・デルビーでは1-1のドロー決着となった。 2022.11.07 07:05 Mon
twitterfacebook
thumb

【ラ・リーガ第13節プレビュー】今季最初のセビージャダービー! バルサは電撃引退ピケのラストゲームに

先週末に行われた第12節ではレアル・マドリーが微妙な判定の影響もあって格下ジローナにドローでの取りこぼしを喫した中、バレンシアに劇的な勝利を掴んだバルセロナが勝ち点差を「1」に縮めている。 早くもヨーロッパのグループステージが閉幕を迎えた中、悲喜こもごもの強豪クラブはカタール・ワールドカップ中断までのラストスパートに臨む。 今節の最注目カードは4位のベティスと、18位のセビージャによる今季最初のセビージャ・ダービーだ。 ベティスは前節、レアル・ソシエダとの拮抗した上位対決を試合終盤のFWフアン・クルス、FWボルハ・イグレシアスの2ゴールによって2-0の勝利。ラ・リーガ3試合ぶりの白星を奪取し、トップ圏内に再浮上した。また、直近のヨーロッパリーグ(EL)ではすでに首位通過を決定していた中、多くの主力を温存したもののヘルシンキに3-0の快勝を飾り、ホーム開催のダービーに弾みを付ける結果を手にした。 長期離脱中のFWフアンミを除き主力が軒並み復帰を果たした中、不振の宿敵相手に万全の状態で重要な一戦に臨めるが、今季限りでの現役引退を表明し、これがベニート・ビジャマリンでのラストダービーとなる英雄ホアキンに関しては筋肉系の問題でベンチ入りが微妙な状況。そのため、ベティコに限らず多くのラ・リーガファンは41歳ベテランのメンバー入りを切に願う。 対するセビージャはサンパオリ新体制移行後、パフォーマンスに若干の改善は見受けられるものの、公式戦7試合で2勝3分け2敗と結果が出ない。前節はホームでラージョに競り負け、直近のチャンピオンズリーグ(CL)では主力温存のマンチェスター・シティに1-3の完敗と、新体制で初の連敗となった。システムや選手の配置に関して試行錯誤の状況が続くが、勝利必須のダービーでは失いつつある熱量を前面に出したエモーショナルなパフォーマンスで浮上のキッカケを見いだしたい。 そのセビージャ・ダービーと共に今節大きな注目を集めるのが、2位のバルセロナと13位のアルメリアの一戦だ。首位に勝ち点1差に迫ったことで、重要度が増したこの試合だが、3日に急遽飛び込んできたDFジェラール・ピケの電撃引退発表によって別の意味で注目を集める結果に。 かつて副会長を務めたアマドール・ベルナベウを祖父に持つ生まれながらのクレは、ラ・マシアからマンチェスター・ユナイテッドに移籍した後、2008年に古巣に帰還。以降、クラブ歴代5位の615試合に出場し、30ものタイトル獲得に貢献した。近年は加齢によるパフォーマンスの低下に加え、ピッチ外での問題行動も多くクレの不興を買ったが、今回の引退発表によって今後受け取るはずだった巨額の給与を放棄する形となり、深刻な財政難に陥るクラブを助けることになった。 自身の現役ラストゲームとなるアルメリア戦では元同僚チャビがどのような形で起用するかは不明だが、紛れもないレジェンドに対してカンプ・ノウに集うホームサポーターから是非とも最大限の敬意が示されることを願いたい。 肝心の試合に関しては4-2で快勝したCLのビクトリア・プルゼニ戦でFWレヴァンドフスキら一部主力に休養が与えられており、ピケを勝利で送り出すという大きなモチベーションを含め、万全の状態での戦いが期待される。 前節、微妙なPK判定によってジローナ相手に勝ち点2を失う形となったレアル・マドリーは珍しいマンデーナイト開催の一戦で9位のラージョとのマドリード自治州ダービーで白星奪還を狙う。直近のCLではセルティック相手に5-1の大勝を飾り、危なげなくグループ首位通過を決定。エースFWベンゼマに加え、MFセバージョスが戦列に復帰しており、MFクロースをサスペンションで欠くものの、ベストな布陣で戦えるはずだ。ただ、対戦相手のラージョは今季ここまでバルセロナ、アトレティコ・マドリーにドロー、セビージャに勝利とビッグクラブ相手に結果を残しており、隙を見せた場合、ジローナ戦に続く勝ち点逸の可能性も十分にあるはずだ。 3位のアトレティコは今季2度目の公式戦連敗という泥沼の状況を脱するため、15位のエスパニョール相手のホームゲームでバウンスバックを図る。CL敗退が決定した前節のカディス戦ではFWフェリックスの2ゴールで2点差を追いついたものの、試合終了間際の失点でカディスに34年ぶりの白星を献上。さらに、CLグループ最終節となったポルト戦も1-2のスコア以上の力の差を見せつけられ、屈辱のグループ最下位での敗退となった。シメオネ体制の終焉を強く感じさせられる厳しい状況の中、難敵エスパニョールとの試合では攻守両面でパフォーマンスを改善し、公式戦4試合ぶりの白星を手にしたい。 MF久保建英を擁する5位のソシエダは、10位のバレンシアを相手にラ・リーガでの連敗ストップを目指す。左肩の脱臼で久保が今季初めて欠場した前節のベティス戦ではパフォーマンス自体は悪くなかったものの、ホームで0-2の敗戦。また、直近のELでは最終的に首位通過を決めたものの、同じくホームでマンチェスター・ユナイテッドに0-1で敗戦している。久保が引き続き欠場となる見込みのホーム3連戦のラストゲームでは、久保やMFダビド・シルバ不在で創造性、精度を欠く攻撃陣の奮起が求められる。 その他ではコウデ監督を解任し、ラ・リーガ初采配となるカルロス・カルヴァリャル新監督を招へいした16位のセルタの初陣にも注目したい。 《ラ・リーガ第13節》 ▽11/4(金) 《29:00》 ジローナ vs アスレティック・ビルバオ ▽11/5(土) 《22:00》 ヘタフェ vs カディス 《24:15》 バジャドリー vs エルチェ 《26:30》 セルタ vs オサスナ 《29:00》 バルセロナ vs アルメリア ▽11/6(日) 《22:00》 アトレティコ・マドリー vs エスパニョール 《24:15》 レアル・ソシエダ vs バレンシア 《26:30》 ビジャレアル vs マジョルカ 《29:00》 ベティス vs セビージャ ▽11/7(月) 《29:00》 ラージョ vs レアル・マドリー 2022.11.04 21:00 Fri
twitterfacebook
thumb

久保建英が今季初欠場のソシエダが連敗…ベティスは後半終盤2発で3試合ぶりの白星《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第12節、レアル・ソシエダvsベティスが30日にアノエタで行われ、アウェイのベティスが0-2で勝利した。なお、ソシエダのMF久保建英は負傷でベンチ外となった。 4位のソシエダは前節、久保のゴラッソが取り消しとなる不運もあって格下バジャドリーに敗れて公式戦連勝が「8」でストップ。それでも、ミッドウィークのヨーロッパリーグ(EL)ではオモニア相手に2-0の快勝。グループリーグ唯一の5連勝を達成した。 来週にマンチェスター・ユナイテッドとの首位通過を懸けた大一番を控える中、2ポイント差で5位のベティスをホームで迎え撃った上位対決ではオモニア戦で左肩を脱臼した久保が招集外となり、今季公式戦で初の欠場となった。 ボール保持を志向するチーム同士の一戦だけに立ち上がりの主導権争いに注目が集まった中、ホームのソシエダがボールを握る形に。サイドに流れるセルロート、果敢にオーバーラップを仕掛けるディエゴ・リコの左サイドを起点に押し込むと、13分にはそのセルロートのキープからペナルティアーク付近でボールを持ったカルロス・フェルナンデスが右ポスト直撃のシュートでいきなり見せ場を作る。 ただ、以降はベティスが球際での強度の高い守備と、徐々にエンジンがかかり始めたフェキルの個人技を軸に押し返していく。だが、セットプレーを除きソシエダの堅い守備に手を焼く。 前半半ばを過ぎると、試合は完全に膠着。立ち上がりは70%を超えていたホームチームのボール支配率も50%近くに下がり、中盤での睨み合いが続く。局面では見応えのある攻防や巧みな連携も見受けられたが、両チーム共にアタッキングサードでは精度、アイデアを欠き均衡が保たれたままハーフタイムを迎えることになった。 互いに選手交代なしで臨んだ後半はソシエダに早速決定機。49分、ショートカウンターからブライス・メンデスの絶妙なスルーパスにカルロス・フェルナンデスが抜け出すが、ボックス右で放ったシュートはGKルイ・シウバにうまく間合いを詰められ止められる。 ここから試合は徐々にオープンな展開に。前半に比べてアタッキングサードでの連携、精度が改善されたラ・レアルは、ブライス・メンデス、メリーノ、途中投入のロベルト・ナバーロと中盤の前向きな選手が続けて枠内にシュートを飛ばしていく。対するベティスはフィニッシュの数では相手に劣るが、最前線のボルハ・イグレシアスが起点を作って際どいラストパスを狙う場面も増えた。 共にELから中2日の過密日程ということもあり、後半半ばを過ぎて両ベンチは慌しく動き、積極的に交代カードを切っていく。すると、試合終盤に交代選手がスコアを動かす。 86分、ベティスは中盤での繋ぎから左サイドのスペースに飛び出したアレックス・モレノが深い位置まで運んで狙いすましたマイナスのグラウンダークロスを供給。これをボックス中央にフリーで入り込んだフアン・クルスが抑えの利いた左足のダイレクトシュートでゴール左下隅に突き刺した。 22歳のスペイン人FWの価千金のプリメーラ初ゴールによって土壇場で均衡が破れた試合は、後半アディショナルタイムにも動く。 ビハインドを追うソシエダが猛攻を仕掛け、90分にはブライス・メンデスのFKをボックス右でフリーのマグナセライヤが頭で合せるが、これはGKルイ・シウバのビッグセーブに阻まれる。すると、直後の93分にはベティスが相手セットプレーを撥ね返しての見事なロングカウンターから左サイドを独走してボックス内まで持ち込んだアレックス・モレノの折り返しを、ファーに詰めたボルハ・イグレシアスがワンタッチで押し込んで試合を決める2点目とした。 この直後に試合はタイムアップを迎え、敵地で勝負強さを発揮したベティスがリーグ戦3試合ぶりの勝利を挙げた。一方、敗れたソシエダは今季初の連敗となった。 2022.10.31 07:02 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly