FAカップ決勝進出を喜ぶチアゴ「突破できたのは本当に嬉しい」

2022.04.17 18:15 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リバプールのスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラがFAカップ準決勝での勝利を喜んだ。クラブ公式サイトがコメントを伝えている。

16日に行われたFA杯準決勝でマンチェスター・シティと対戦したリバプール。プレミアリーグでも一騎打ちのタイトルレースを繰り広げるライバルとの一発勝負に臨んだ。

ウェンブリー・スタジアムで行われた試合は9分にDFイブラヒマ・コナテのゴールで先制すると、リバプールらしいハイプレスからFWサディオ・マネも前半のうちに2ゴール。後半開始早々と終了間際に2失点を喫したものの、逃げ切りに成功して決勝戦へ駒を進めた。
この試合を振り返ったチアゴはマネのゴールシーンについて、クラブを象徴するようなゴールだと語った。

「サディオの1点目はプレスをかけるときのハングリーさを体現していたし、2点目は選手層の厚さや素晴らしいパスの出し手など、僕らを象徴するようなゴールだったね。今日はサイドバックの活躍も素晴らしかったよ」

さらに、スペイン人MFは前半をとてもよかったと振り返りつつ、後半はその良さを不意にしてしまう可能性があったと反省。シティが脅威だったことを認め、決勝進出を喜んだ。

「確かに。前半は本当に良いサッカーをしていたし、その後も僕らの持っている経験値や選手層には満足しているよ。でも、後半は相手の脅威になって試合を自分たちの思うようにコントロールすることができなかったんだ」

「だから、前半は本当に素晴らしかったし、今シーズンの中で最もよかった。だけど、後半は突然、前半を不意にしてしまうような試合運びをしてしまったんだ。とはいえ、さっきも言ったように準決勝を突破できたことは本当に嬉しいよ」

関連ニュース
thumb

首位撃破で光差したエバートン、絶対的エースが負傷… 宿敵リバプール戦欠場も

エバートンは、リバプールとのマージーサイド・ダービーで絶対的エースを欠くことになるかもしれない。イギリス『サン』が伝える。 2部降格の危機に瀕するエバートンは、4日のプレミアリーグ第22節で首位アーセナルと対戦。終始劣勢を強いられながらもDFジェームズ・タルコウスキの値千金の先制点を死に物狂いで守り抜き、ホームで1-0の金星を挙げた。 この一戦はショーン・ダイチ新監督の初陣ということもあってグディソン・パークは歓喜。長らく続いたトンネルから抜け出し、13日にアウェイで行われる宿敵リバプールとの伝統の一戦に向け、文句なしに弾みをつけられたと思われた。 しかし、新たな懸念が浮上。アーセナル戦で足を痛めて途中交代していた絶対的エースのFWドミニク・キャルバート=ルーウィンがハムストリングを負傷したとの見方が強まり、リバプール戦の出場が危ういという。 ダイチ監督も「おそらく痛めた」とキャルバート=ルーウィンのリバプール戦欠場を覚悟し、今週中に検査を受けることも明らかに。降格圏の18位に沈むエバートンにとっては残りの全試合が正念場となるが、なかなか一筋縄ではいかなそうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】9戦未勝利から首位撃破! 歓喜のグディソン・パーク</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>熱血漢ダイシ、チームに気合注入<br>初陣でアーセナルに勝利<br>\<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%A8%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%B3?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#エヴァートン</a> 1-0 <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%BB%E3%83%8A%E3%83%AB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#アーセナル</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%B7?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ダイシ</a> 監督の初陣となったエヴァートンは、首位アーセナルに1-0で勝利。<br>新体制初戦にして、リーグ戦9試合ぶりの勝利をファンへ届けました。<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%9F%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0%E5%85%A8%E8%A9%A6%E5%90%88%E8%A6%B3%E3%82%89%E3%82%8C%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%AFSPOTVNOW%E3%81%A0%E3%81%91?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#プレミアリーグ全試合観られるのはSPOTVNOWだけ</a> <a href="https://t.co/OtOUVWmfi0">pic.twitter.com/OtOUVWmfi0</a></p>&mdash; SPOTV NOW JAPAN (@SPOTVNOW_JP) <a href="https://twitter.com/SPOTVNOW_JP/status/1622165885808005121?ref_src=twsrc%5Etfw">February 5, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.06 20:12 Mon
twitterfacebook
thumb

リバプールOBキャラガーが古巣の不振ぶりに切り込む 「監督交代の話をするなら…」

元イングランド代表DFのジェイミー・キャラガー氏が悩める古巣に言及した。 ここ数年、ユルゲン・クロップ監督に率いられ、強さを誇るリバプールだが、今季のプレミアリーグはというと、上位争いから蚊帳の外。主力がケガで揃わない事情が長々と続く影響もあるが、悩ましい状況を強いられている。 今冬に先のカタール・ワールドカップで株を上げたオランダ代表FWコーディ・ガクポを獲得したが、その効果もほぼなく、4日の第22節では残留を争うウォルバーハンプトンに0-3の敗北。年明けの4試合でいまだ勝利がない。 そうした状況から、クロップ監督の進退に目を向ける報道も目につき始めるが、キャラガー氏はイギリス『スカイ・スポーツ』で監督がどうのこうのとは考えず、スカッドに問題があると主張している。 「ユルゲン・クロップを変える前に、あのフットボールクラブにいる他の全員を変えたい。彼が来た当初のリバプールはリーグで6位か、7位だった。それからのここ数年でリバプールの地位が確立されたが、彼がやれると証明したことなんだ。再びそれを成し遂げるのを見たいし、やってくれるはず。監督交代の話をするなら、リバプールにどんな監督がやってこようと、立て直しが必要だ」 「それは1人の選手を買えば良いという問題ではない。ジュード・ベリンガムを連れてくるという話がずっと出ているがね。長引けば長引くほど、1人や2人の選手では解決できないように感じるし、4人や5人の選手を獲得する必要があるかもしれない」 「どうしてこうなったのかをユルゲン・クロップに問うのは可能。彼もその一員で、マネジメントを司っているからね。だが、リクルートチームは4つのタイトルがかかった昨季から、どうしてリーグで10位に甘んじるようになったかを考えないと。見つけるべき問いと答えがたくさんある。ユルゲン・クロップほど来季のダグアウトを託したいと思う人はリバプールサポーターにいないはずだ」 2023.02.06 15:30 Mon
twitterfacebook
thumb

リバプールに3-0快勝! ウルブス指揮官は即切り替え「勝とうが負けようが次への準備を」

ウォルバーハンプトンのフレン・ロペテギ監督がリバプール戦を振り返った。 ウォルバーハンプトンは4日にプレミアリーグ第22節でリバプールと対戦。開始5分にオウンゴールで先制点を得ると、12分には今冬加入のDFグレイグ・ドーソンが追加点を叩き込み、序盤だけで2点のリードを奪う。 前半終盤にFWファン・ヒチャンが負傷交代を余儀なくされるも、2-0で折り返しての71分にMFルベン・ネベスが3点目を決める。90分間を通じてポゼッションを譲るも失点は許さず、リバプール相手にホームで3-0という快勝を収めた。 ロペテギ監督は試合後のイギリス『BBC』のインタビューで90分間集中を切らさなかった選手たちを称え、ハードワークの重要性を強調した。 「もちろん嬉しいよ。リバプール相手には完璧な仕事をする必要があり、そうでなければゴールは奪えない。うまく守ったうえで、奪ったらアグレッシブにボールを運ぶ… 簡単ではない。今日のようにいきなり先制点が決まれば少し楽にもなるが、必要なのは勝ち点3だ。この先もハードワークが必要不可欠だ」 一方、チームがまだまだ残留争いの最中にいるためか、すぐに次の試合に向けて切り替えるべきと強調した。 「ヒチャンがケガをしてしまったね。これで選手が1人少なくなった。他の全ての選手が試合に出られる準備を整える必要がある。今日の結果には満足しているが、次のゲームについて考えるべきだ」 「勝とうが負けようが、次の試合に向けて準備しなくてはならない。勝つことだけが使命なのだ。プレミアリーグは最後まで長く厳しいレースになるだろう。今日は幸せだが、明日には仕事だ」 2023.02.05 14:00 Sun
twitterfacebook
thumb

3失点完敗で新年いまだ勝利なし…落胆のクロップ「こんなことはありえない」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が敗戦に肩を落とした。クラブ公式サイトが伝えている。 4日に行われたプレミアリーグ第22節でウォルバーハンプトンとのアウェイ戦に臨んだリバプール。開始5分にオウンゴールで先制点を献上すると、12分にも相手DFクレイグ・ドーソンに追加点を奪われてしまう。その後も全くペースを握れないまま試合を折り返し、71分には相手MFルベン・ネヴェスにゴールを許して失点。敵地で0-3と敗れ、リーグ4戦未勝利と泥沼の状況が続いている。 クロップ監督は試合後、「とても悔しく、残念だ」と落胆。序盤の2失点を悔やみつつ、この敗戦を受け入れるのは難しいと語った。 「試合の入りは最悪だった。全くもってね。我々がやりたかったこととは正反対だった。立ち上がりの12分で2失点することはあってはならない。特に我々が今置かれている状況においてはそうだ。絶対に許されることではない。受け身で試合に入ったというわけでもなく、我々はその時間帯に何もできていなかった」 「今日は2つの試合を見ているようだった。最初の12分にすべてが終わってしまったが、そこからのパフォーマンスは悪くなく、まずまずの結果を残せた。そして、後半は非常に良いスタートを切った。後半開始から30分ほどは見事で、良い内容だった。しかし、相手にカウンターから3点目を決められた」 「前半の12分間で悲惨なことが起こってしまった。説明できるかどうかはわからない。試合が終わって10分、15分経っても、まだ飲み込めないのだ。こんなことはありえない。受け入れるのは本当に困難だ」 2023.02.05 11:03 Sun
twitterfacebook
thumb

泥沼リバプールが躍動ウルブスに敵地で3失点完敗…新年4戦未勝利と苦境続く《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第22節、ウォルバーハンプトンvsリバプールが4日にモリニュー・スタジアムで行われ、ホームのウルブスが3-0で勝利した。 新年以降、2敗1分けと3戦未勝利が続き9位に甘んじるリバプールは、今年に入ってFAカップ2試合で対戦した17位のウルブスを相手に新年リーグ初勝利を狙った。 クロップ監督は1-2で敗戦したFAカップのブライトン戦から先発2人を変更。負傷のコナテに代えてマティプ、エリオットに代えてヌニェスを起用した。 立ち上がりからアグレッシブな姿勢を見せたウルブスが不調のリバプールを圧倒する意外な形で試合はスタートする。まずは5分、右サイドで相手の背後を取ったファン・ヒチャンがボックス右で速い折り返しを入れると、ニアでDFマティプに当たってコースが変わったボールが左ポストを内側を叩いてゴールラインを割った。 アグレッシブな姿勢が幸運なオウンゴールに繋がり、勢いを増すホームチーム。さらに12分には相手陣内右サイドで得たFKの二次攻撃からゴール前で混戦を生むと、キルマンのシュートは相手DFのブロックに阻まれるが、こぼれ球に反応したドーソンが豪快な右足シュートを突き刺し、ウルブスデビュー戦での値千金のゴールとした。 一方、瞬く間に2点のビハインドを背負う最悪の入りとなったリバプールは、失点直後にヌニェスの強烈なシュートでゴールに迫るが、これはGKジョゼ・サの好守に阻まれる。 これをキッカケに反撃態勢に入りたいところだったが、勢いづいたウルブスの攻勢をなかなか止められない。26分にはマティプの中途半端な守備対応の隙を突かれてマテウス・ヌネスにボックス内への侵入を許すが、ここはGKアリソンのビッグセーブで事なきを得る。 その後もメリハリの利いた守備、シンプルにハイラインの背後を狙うウルブスがペースを握る。右ハムストリングの負傷でファン・ヒチャンがアダマ・トラオレとの交代でピッチを去るアクシデントこそあったものの、リバプールにほぼ何もさせない完璧な内容で試合を折り返した。 低調なパフォーマンスに終始した前半45分を受け、複数のメンバー変更も予想されたが、クロップ監督は前半と同じメンバーを後半のピッチに送り出す。 その起用に応えたいアウェイチームの選手たちは立ち上がりから果敢にゴールを目指す。51分にはボックス内でナビ・ケイタ、ロバートソンと連続でシュートを放つが、いずれも相手守備のブロックに遭う。 以降も相手陣内でハーフコートゲームを展開していくが、サラー、ガクポ、ヌニェスのアタッカー陣がなかなか良い形でフィニッシュに持ち込めない。 対して後半は守勢が続くウルブスは60分、クーニャとサラビアを下げてモウティーニョとヒメネスを投入。キープ力と守備のクレバーさが光るベテランに試合を落ち着かせる役割を託す。 すると、この交代策がホームチームに決定的な3点目をもたらした。71分、モウティーニョが高い位置での2度のプレスでバイチェティッチからボールを奪って背後のスペースを狙うアダマ・トラオレに完璧なスルーパスを供給。そのままボックス右に運んだスペイン代表からの折り返しを、最後はゴール前に走り込んだネヴェスがワンタッチで流し込んだ。 これで敗色濃厚となったリバプールは、エリオットやオックスレイド=チェンバレンをピッチに送り込んで一矢報いるゴールを目指したが、相手のほぼ2倍の22本のシュートはほとんど枠を捉えることができず。 そして、このままクリーンシートで試合を締めくくったウルブスがFAカップのリベンジを達成する3-0の完勝。一方、敵地で完敗のリバプールはまたしても新年初勝利を逃してリーグ4戦未勝利と泥沼の状況が続く。 2023.02.05 02:09 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly