ライプツィヒ&ハマーズが強豪対決制す! 延長戦制したレンジャーズも4強入り《EL》

2022.04.15 06:48 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝の2ndレグ、アタランタvsRBライプツィヒが14日に行われ、アウェイのライプツィヒが0-2で勝利。この結果、2戦合計1-3としたライプツィヒの準決勝進出が決まった。

ライプツィヒホームの1stレグは前半はアタランタ、後半半ば以降はライプツィヒと、互いに主導権を握る拮抗した展開の末に1-1のドロー決着となった。

この試合をホームで戦うアタランタは1-2で敗れた直近のサッスオーロ戦で温存した一部主力を復帰させたものの、公式戦2連発中のムリエルはベンチからのスタートに。

一方、先週末にホッフェンハイムとの上位対決に3-0で快勝したライプツィヒは、3バックの右をクロステルマンからシマカンに入れ替えた以外同じメンバーで臨んだ。

立ち上がりはホームのアタランタが、両ウイングバックの攻撃参加を軸に良い形の攻めを見せる。しかし、序盤の劣勢を撥ね返したライプツィヒが先にゴールをこじ開ける。18分、右サイドでのヘンリクスとのパス交換から右のスペースに飛び出したライマーが深い位置まで運んでプルバック。これを猛スプリントでゴール前に入ってきたエンクンクがワンタッチで流し込んだ。

1stレグとは異なりライプツィヒが先手を奪った試合は、ここからアタランタが前に出ていくが、ライプツィヒが集中した守備と安定したボール保持でうまくゲームをコントロール。1点リードのままハーフタイムを迎えた。

後半は立ち上がりからアタランタが攻勢を強める中、立ち上がりにはマリノフスキーの直接FKがボックス内で壁に入っていたダニ・オルモの手に当たってオンフィールドレビューが入るが、ここはハンドはないとの判定でPKは与えられず。

早い時間帯の同点ゴールのチャンスを逸したアタランタは、マリノフスキーを下げて切り札のムリエルを投入し、より前がかる。これに対してライプツィヒは守備のテコ入れ、カウンター色を強める交代策で冷静に対応。

アタランタがゴールに迫るシーンを増やすも最後がうまくいかず、試合は後半終盤に突入。すると、87分にはボックス内に抜け出したエンクンクがGKムッソのファウルを誘いPKを獲得。これを自ら左上隅に突き刺し、決定的な2点目とした。

その後、ホームチームの決死の猛攻を撥ね返し続けたライプツィヒが準決勝進出を決めた

また、同日行われたリヨンvsウェストハムは、アウェイのウェストハムが0-3で勝利。この結果、2戦合計1-4としたウェストハムの準決勝進出が決まった。

ロンドンでの1stレグは10人のウェストハムが1-1のドローに持ち込み、拮抗した状況で運命の第2戦を迎えた。ホームのリヨンがほぼベストメンバーを揃えた一方、アウェイのウェストハムは初戦で退場したクレスウェルに加え、直近の試合で負傷したズマと2人の主力DFを欠く中での一戦となった。

試合は前回対戦同様にリヨンがボールを握って押し込む時間帯が続く。しかし、最後のところで粘るウェストハムの守備を最後のところでこじ開けられない。

一方、アントニオを起点としたカウンターがなかなか嵌らずに決定機まで持ち込めずにいたウェストハムだったが、38分にはフォルナルスの左CKをニアに飛び込んだドーソンが渾身のヘディングで合わせ、得意のセットプレーから先制に成功。さらに、前半終了間際の44分にはカウンターの形からペナルティアーク付近でクリアボールに反応したライスが低い弾道のミドルシュートをゴール左隅に突き刺し、最高の時間帯に追加点を奪った。

さらに、畳みかけるアウェイチームは後半立ち上がりの48分にもフォルナルスのスルーパスに抜け出したボーウェンがきっちりゴールを陥れて一気に突き放す。

以降はホームで意地を見せたいリヨンがリスクを冒して前に出たが、専守防衛の構えを見せるウェストハムがきっちり耐え抜いた。そして、敵地で完勝のウェストハムは準決勝でバルセロナを破ったフランクフルトとの対戦が決定した。

なお、レンジャーズとブラガによるアウトサイダー同士の一戦は、2戦合計スコアで並んだ中、延長戦を制したレンジャーズが2戦合計3-2でライプツィヒの待つ準決勝進出を決めた。

敵地での初戦を0-1で落としたレンジャーズは、前半にタベルニエが2ゴールを決めて2戦合計スコアで逆転に成功。さらに、2点目のPKを献上した相手DFトルメナの退場によって数的優位まで手にした。

しかし、試合を決定づける3点目を奪えずにすると、試合終盤の83分にはカルモにセットプレーから2戦合計スコアをタイに戻すゴールを奪われ、延長戦まで持ち込まれた。

それでも、延長戦では好調ルーフェのゴールで勝ち越しに成功すると、直後に相手MFメデイロスが退場に。そして、9人相手にきっちりリードを守り切ってベスト4進出を決めた。

関連ニュース
thumb

ウェストハムがメーレの獲得を熱望、アタランタは25億円を要求か

ウェストハムが、アタランタのデンマーク代表DFヨアキム・メーレ(25)獲得に関心を示しているようだ。 2021年1月にベルギーのKRCヘンクからアタランタに加入したメーレ。本職は右サイドバックだが、左サイドでのプレーもこなし、ウイングバックにも順応する優れた戦術理解度がジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督から高く評価され、チームの主軸に定着した。 今シーズンもケガや虫垂炎に悩まされながら、公式戦35試合に出場して3ゴール2アシストを記録。個人としては申し分ない成績を残したが、チームはセリエAを8位で終えており、4シーズン連続のチャンピオンズリーグ(CL)出場はならなかった。 イタリアで安定した活躍を続けるデンマーク代表DFだが、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によるとウェストハムが強い関心を示しているようだ。ウェストハムは右サイドバックにDFヴラディミール・ツォウファル、左サイドバックにDFアーロン・クレスウェルがいるものの、デイビッド・モイーズ監督はサイドバック層の強化を望んでいる。 アタランタはメーレ売却に乗り気ではないが、ガスペリーニ監督は新たな選手を獲得するための資金調達を希望。そのため1800万ユーロ(約25億7000万円)程度の移籍金を提示されれば、売却に応じる構えだという。 2022.06.30 15:31 Thu
twitterfacebook
thumb

ウェストハムがGKトロットと契約延長、15歳でGKに転身した期待の若手

ウェストハムは29日、GKネイサン・トロット(23)との契約延長を発表した。 契約期間は2024年夏までとなり、さらに2年間の延長オプションがついている。 トロットはウェストハムの下部組織出身で、2021-22シーズンはナンシーへレンタル移籍。リーグ・ドゥ(フランス2部)で22試合に出場し、経験を積んで帰還した。 世代別のイングランド代表歴があり、2021年1月にはFAカップ3回戦でファーストチームデビューも果たしている。 15歳でGKに転身すると、17歳でウェストハムの下部組織に入団。身体能力の高さに加え、ボールハンドリング、ショットストップに優れており、将来が期待されている。 2022.06.30 09:55 Thu
twitterfacebook
thumb

ウェストハム、フランス代表GKアレオラの買い取りオプションを行使

ウェストハムは27日、パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表GKアルフォンス・アレオラ(29)を完全移籍で獲得した。契約期間は2027年6月30日までで、1年間の延長オプションが付随している。 ウェストハムへの完全移籍が決まったアレオラは、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「契約できて嬉しいし、ここに完全移籍することも嬉しいよ。早くトレーニングを始めて、プレーしたいね。昨シーズン、サポーターの愛を感じたことが大きな収穫だった。僕にとって本当に大切なことは、自分が愛されていることを実感すること。そしてもちろん、チーム、チームメイト、スタッフ、チャビ・バレロ(GKコーチ)もだ。昨シーズンの雰囲気はとても良かったので、ここに残るためにあらゆることをしたかったんだ。クラブと契約するときは、自分の第二の家族のように感じたよ」 PSGの下部組織出身のアレオラは2013年5月にトップチームデビューを果たすも、翌シーズンからレンヌ、バスティア、ビジャレアルに武者修行を繰り返し、2016-17シーズンにPSGに復帰。 復帰後はPSGの正GKとして3シーズンで公式戦101試合に出場したが、2019年の夏にコスタリカ代表GKケイロル・ナバスが加入すると、守護神の座を奪われ、レアル・マドリーやフルアムへレンタル移籍に出された。 その後、PSGは昨夏にミランを退団したイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマを獲得。これによりセカンドGKの座も厳しい状況となったアレオラは、昨年7月に買い取りオプション付きのレンタル移籍でウェストハムに加入。 ウェストハムでも守護神の地位を築くポーランド代表GKウカシュ・ファビアンスキをバックアップする役回りだったが、ベスト4入りを果たしたヨーロッパリーグで11試合に出場するなど、カップ戦を中心に公式戦17試合に出場していた。 なお、イギリス『スカイ・スポーツ』によれば、移籍金は775万ポンド(約13億円)とのことだ。 2022.06.28 06:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ハマーズがダンジュマ獲得に関心? 前線補強の有力候補か

ウェストハムがビジャレアルのオランダ代表FWアルノー・ダンジュマ(25)の獲得に動いているようだ。スペイン『Relevo』が報じている。 今夏の移籍市場で前線の補強を目指すウェストハムは、マンチェスター・ユナイテッドを退団するイングランド代表MFジェシー・リンガード(29)の再獲得に動きつつ、レンタル先のサウサンプトンで躍動したチェルシーのアルバニア代表FWアルマンド・ブロヤ(20)の獲得の可能性が取り沙汰される。 そういった中、以前から関心を示してきたオランダ代表FWの獲得にも動いているようだ。 ダンジュマには5400万ユーロ(約77億2000万円)の契約解除金が設定されていると言われているが、ウェストハムは3600万ユーロ(約51億5000万円)程度のオファーを掲示する準備を進めているという。 PSVの下部組織出身でNECナイメヘン、クラブ・ブルージュ、ボーンマスを渡り歩き、昨夏ビジャレアルに加入したダンジュマ。これまでは左ウイングを主戦場に2列目の複数ポジションでプレーしてきたが、ウナイ・エメリ監督の下ではチーム事情もあり、2トップの一角や1トップでもプレー。 今シーズンの公式戦では34試合16ゴール4アシストの数字を残し、6ゴールを挙げたチャンピオンズリーグではベスト4進出の立役者となっていた。 ウェストハムとビジャレアルは共に来シーズン、ヨーロッパ・カンファレンスリーグを戦う予定で、給与面に関してはウェストハムに分がありそうだ。ただ、カタール・ワールドカップのメンバー入りを望むダンジュマとしては、出場機会の確約といった部分がイングランド帰還の条件となりそうだ。 2022.06.27 17:36 Mon
twitterfacebook
thumb

フランス代表GKアレオラがウェストハム完全移籍へ、18億超の買取OP行使と現地報道

ウェストハムがフランス代表GKアルフォンス・アレオラ(29)の買い取りオプションを行使したようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 PSGでは正GKを務めるコスタリカ代表GKケイロル・ナバスの存在に加え、昨夏にイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマが加入した影響でセカンドGKの座も厳しい状況となっていたアレオラは、昨年7月に買い取りオプション付きのレンタル移籍でウェストハムに加入。 ウェストハムでも守護神の地位を築くポーランド代表GKウカシュ・ファビアンスキをバックアップする役回りだったが、ベスト4入りを果たしたヨーロッパリーグで11試合に出場するなど、カップ戦を中心に公式戦17試合に出場した。 『スカイ・スポーツ』によると、ウェストハムはレンタル移籍に付帯していた買い取りオプションを行使したと報道。1100万ポンド(約18億2000万円)の移籍金で確保したようだ。 なお、個人間でも5年契約でアレオラ個人合意に至っており、数日中に正式発表されるとのことだ。 2022.06.26 23:35 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly