浦和の“アグエロ”に! 新助っ人FWシャルク、移籍の決め手は「プロジェクトを聞いて興奮した」

2022.04.08 16:55 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©URAWA REDS
浦和レッズに新たに加入した加入したFWアレックス・シャルクが、8日にオンライン会見を行った。

シャルクは世代別のオランダ代表でプレーした経歴を持つストライカー。母国のNACブレダやゴー・アヘッド・イーグルスのほか、スコットランドのロス・カウンティFCも渡り歩き、2018年夏からセルヴェットに活躍の場を移した。

そのセルヴェットでは主戦場のセンターFWや左ウィングとして、公式戦通算110試合の出場で32得点15アシストをマーク。今シーズンはここまで24試合に出場して6ゴールを記録していた。

すでにチームに合流し、練習にも参加しているシャルク。「こんにちは。アレックス・シャルク、29歳。オランダ生まれだ。オランダのリーグ、スコットランドのリーグ、スイスのリーグと様々な土地を渡って経験を積んできた。新しいチャレンジに興奮している」と冒頭にコメントした。

ヨーロッパでプレーを続けていた中での浦和への移籍。オファーを聞いた時の心境については「ちょうどスイスでの契約が終わる頃で、自分の体が新しいチャレンジを求めていたタイミングだった」とコメント。「スカウトなどから新たな機会の話をもらい、このプロジェクトを聞いて興奮した」と浦和の話を聞いて興奮したとし、「代理人とスカウトと話して、セルヴェットの話を聞いた上で、浦和に来る決心をした」と、前向きにオファーを捉えたようだ。

また移籍の決め手については「ここ浦和レッズというビッグクラブに来て、タイトルを勝ち取ることが大きな理由の1つ」とタイトルを目標に掲げ、「自分の中でも引き金となり、自分のメンタリティとマッチすることが多く、浦和レッズに決めた」と、チームが考えていること、ビジョンが自身に合っていると感じたと明かした。

そのシャルクはこれまでも多くのゴールを決めてきたが、自身のストロングポイントについては「得点することにも重要性を感じるが、相手の脅威。特にボックス内で相手の脅威になることが特徴だと思う」とコメント。「常に100%、120%、1分1分試合の最後まで戦うメンタリティを持っていると自負している」とし、常に全てを懸ける気持ちで戦っているとした。

また自身のこだわりについては「基本的には両足が使えるので、必要な時にはターンをして、難しい角度からシュートを狙う、ボックスに侵入するスピード、角度、ウイングからのクロス、クロスに対するランニングを重要だと思っている」と前線のポジションで様々なことに関わることを求めているとし、「ヨーロッパではゴールへの嗅覚というが、どこにボールが来るかを予測して、しっかりとボールをコントロールして狙っていくところがポイントとしている」と、ゴールが奪えそうなところを嗅ぎ分けていくことがポイントだとした。

そのシャルクだが、自身が参考にしていたのは元アルゼンチン代表のストライカー。「自分のヒーロー、アイドルはセルヒオ・アグエロが一番だ。若い頃から見ていたし、プレースタイルも似ているかなと思う」と、昨年引退を発表したアグエロを挙げたが、「アグエロの特徴的な9番というタイプというよりは、前線で色々なポジションができるので、そこも特徴だ」と、ゴールを奪うことに特化したアグエロよりは、幅広くプレーできると自身の特徴を語った。

プレーする上で大事になることについては「最も重要な部分は味方とのフィーリング」と語るシャルク。練習に参加して日が浅いが「フィーリングを分かち合うには時間が必要だ。まだ数日しかトレーニングをしていないが、ナチュラルなフィーリングが今芽生えている状況で、コミュニケーションも大事だし、ピッチ上でのフィーリング、相性も大事だ」と、これからどんどんと高めていきたいとコメント。「前線でかなり走る量が多いので、走るタイミングなども味方との感覚、相性をあげて、局面を打開する要素が増え、パターンも増えると思う」と、様々なパターンを作っていきたいと意気込みを語った。

背番号「17」の理由については「U-21オランダ代表でデビューした時が「17」で、それが番号を選んだ理由」と語ったシャルク。浦和での生活にはすでに満足感で一杯だと語った。

「素晴らしい環境に来たと思ってい流。初日から感じていることだ」

「全てがパーフェクトで、練習場のピッチコンディションも素晴らしい。周りの選手の質、練習に対する姿勢、全てが質の高いものだと思う」

「ヨーロッパのクラブだと、時折2、3人のレベルの落ちる選手がいるが、浦和レッズの選手は全員質が高く、良い姿勢でトレーニングに臨んでいる」

「毎日が非常に過ごしやすく、ロッカールームでも話しかけてくれて、みんなが手厚くサポートしてくれて、現状は満足している」

昨シーズンの似たような時期に加入したキャスパー・ユンカーはいきなり結果を残し、チームの貴重な得点源となった。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)にも選手登録されているシャルク。ピッチ上で躍動する姿が待ち遠しい。

関連ニュース
thumb

浦和がフェイエノールトFWリンセンの獲得決定と現地報道、2年半契約で得点力不足解消へ

予てから噂にあがっていたフェイエノールトのオランダ人FWブライアン・リンセン(31)の日本行きだが、どうやら決着がついたようだ。 オランダ『Rijnmond』によると、リンセンの浦和レッズへの移籍が完了したと報道。2年半の契約にサインするという。なお、移籍金は130万ユーロ(約1億8500万円)とのことだ。 Jリーグの夏の移籍市場は7月15日から開かれるが、そこに合わせて契約を結ぶとされている。 2020年7月にフィテッセからフリートランスファーで加入したリンセンは、フェイエノールトで公式戦通算91試合28ゴール16アシストを記録。今シーズンはエールディビジで34試合に出場し13ゴール8アシスト、ECLで12試合3ゴールを記録している。エールディビジでは341試合で108ゴール47アシストを記録している。 今シーズンの浦和は、リカルド・ロドリゲス監督を迎えた2年目。躍進が期待されたなか、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)ではラウンド16に進出も、明治安田生命J1リーグでは13位と低迷。特に攻撃陣に課題を抱えており、17試合で18ゴールしかあげられていない。 FWキャスパー・ユンカー、DFアレクサンダー・ショルツに加え、今季からMFダヴィド・モーベルグ、FWアレックス・シャルクを獲得したが、結果がついてきていない状況。9番タイプの選手の補強に長らく動いていたが、リンセンの獲得で得点力不足を解消したいところだ。 2022.06.25 06:15 Sat
twitterfacebook
thumb

「浦和には来ないのかという声もありましたが」遠藤航がついに大原へ!すでに京都と湘南にも訪問

シュツットガルトに所属する日本代表MF遠藤航が、ついに浦和レッズを訪問した。 6月に行われた日本代表の親善試合でも中心として活躍した遠藤。これまでには古巣である湘南ベルマーレや湘南時代の指揮官である曺貴裁監督が率いる京都サンガF.C.の練習に訪れていた。 となると残すはもう1つの古巣である浦和。そして、ついに遠藤が大原サッカー場に姿を現したことをクラブのSNSが伝えている。 やはり訪問を望む声は多くあったようで、クラブは遠藤のコメントも紹介。「みなさん、お久しぶりです。僕が京都や湘南に行ったりしていたので、浦和には来ないのかという声もありましたが、来ました!」とし、「ファン・サポーターのみなさんにはお会いできませんでしたが、また機会があれば来たいと思っています。これからも引き続き、僕の応援もしていただければ嬉しいです」とメッセージを送っている。 <span class="paragraph-title">【写真】大原サッカー場にプラダを着た遠藤が登場!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">本日、オフ期間を利用して <a href="https://twitter.com/hashtag/%E9%81%A0%E8%97%A4%E8%88%AA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#遠藤航</a> 選手が大原サッカー場を訪問してくれました<a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BB%A3%E8%A1%A8?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#日本代表</a> そして海外での更なる活躍を期待しています‼<a href="https://twitter.com/hashtag/WeareREDS?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WeareREDS</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/REDS030th?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#REDS030th</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/urawareds?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#urawareds</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%B5%A6%E5%92%8C%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%BA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#浦和レッズ</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%81%82%E3%82%8A%E3%81%8C%E3%81%A8%E3%81%86?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ありがとう</a> <a href="https://t.co/jxOFay1nrk">pic.twitter.com/jxOFay1nrk</a></p>&mdash; 浦和レッズオフィシャル (@REDSOFFICIAL) <a href="https://twitter.com/REDSOFFICIAL/status/1540228312273866752?ref_src=twsrc%5Etfw">June 24, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.06.24 19:50 Fri
twitterfacebook
thumb

29日にプライムステージ抽選会のルヴァンカップ、出席選手が決定!

Jリーグは23日、JリーグYBCルヴァンカップ・プライムステージ組み合わせ抽選会に出席する選手8名決定を発表した。 今季のルヴァンカップはプレーオフステージまでの戦いが終わり、サンフレッチェ広島、アビスパ福岡、セレッソ大阪、名古屋グランパスが勝ち残り。そこに川崎フロンターレ、横浜F・マリノス、ヴィッセル神戸、浦和レッズのAFCチャンピオンズリーグ組をプラスした計8チームでプライムステージの戦いが始まる。 プライムステージに向けては29日15時30分からオープンドローを予定。川崎FのMF橘田健人、横浜FMのFW宮市亮、神戸のFW小田裕太郎、浦和のGK鈴木彩艶がチームの代表選手として出席が決定済みだったが、残る4チームは未定だった。 そして、新たに広島のFW鮎川峻、福岡のFW金森健志、C大阪のDF山中亮輔、名古屋のMF甲田英將が参加決定。その模様はJリーグの公式Youtubeチャンネルでライブ配信される。 2022.06.23 16:15 Thu
twitterfacebook
thumb

モンペリエが酒井宏樹に関心? 右SBの補強急務、リーグ・アンで百戦錬磨の実力を評価

リーグ・アンを戦うモンペリエだが、浦和レッズの日本代表DF酒井宏樹(32)に興味を持っているようだ。フランス『レキップ』が報じた。 今シーズンはリーグ・アンで13位に終わったモンペリエ。今夏は選手の出入りが大きく行われている状況だ。 そんな中、目下の補強ポイントは右サイドバック。DFアルノー・スケ(30)が務めているポジションだが、層を厚くしたいと考えているようだ。 補強候補に上がっているのはマリ代表DFファリア・サッコ(27)とのこと。1月にヴィトーリア・ギマランイスからレンタル移籍でサンテチェンヌに加入し、リーグ・アンで9試合に出場。ヴィトーリアと2年の契約を残しているが、獲得を目指すという。 その他の候補の1人が酒井とのこと。ビジャレアルのコートジボワール代表DFセルジュ・オーリエ(29)も候補の1人だという。 酒井はマルセイユで5シーズンプレー。リーグ・アンで145試合に出場し1ゴール10アシストを記録し、フランスでの評価は今なお高い様子。手練れのアタッカーを抑えていた実績は忘れられていないようだ。 現在はケガにより離脱中の酒井。11月にカタール・ワールドカップ(W杯)が控える中で、日本復帰から1年のタイミングでフランスに戻ることはあるだろうか。 2022.06.23 11:50 Thu
twitterfacebook
thumb

「南野とも対戦してたのかー!」浦和DFショルツがCLの舞台で決めたゴールにファンも驚き「浦和史上最高のCBかも」

浦和レッズに所属するデンマーク人DFアレクサンダー・ショルツのチャンピオンズリーグ(CL)でのゴールに脚光が集まっている。 ショルツは母国のヴェイレでプロデビュー後、アイスランドでのプレーを経て、ロケレンやスタンダール・リエージュ、クラブ・ブルージュといったベルギークラブに所属。2018年夏から母国の強豪ミッティランに活躍の場を移した。 浦和に加入する前の2020-21シーズンには公式戦45試合に出場し、センターバックながら10得点1アシストと攻撃面でも活躍を見せた。 さらに、CLでもグループステージ全6試合に先発していたが、21日にCLの日本語版公式ツイッターが当時のゴールを紹介。アタランタとリバプールから奪ったゴールの動画を投稿している。 アタランタ戦ではFKの流れから前線に残ったまま豪快なボレー、リバプール戦では日本代表FW南野拓実の眼前でPKを沈めていたショルツ。そのプレーにはファンも驚きを隠せず、「やっぱこの男すげえ」、「リヴァプールから点取ってるのすげーな」、「南野とも対戦してたのかー!」、「一生浦和にいてくれー」、「浦和に来てくれてありがとう」、「浦和史上最高のCBかも」といった感謝の言葉を寄せている。 今シーズンの浦和でもここまで3ゴールとその攻撃力の片鱗を見せているショルツ。後半戦もさらなる活躍に期待がかかる。 <span class="paragraph-title">【動画】DFとは思えないショルツの豪快ボレー&南野の目の前で決めたPK</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"> 現在は <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%B5%A6%E5%92%8C%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%BA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#浦和レッズ</a> で活躍するアレクサンダー・ショルツのチャンピオンズリーグゴール<a href="https://twitter.com/hashtag/UCL?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#UCL</a> <a href="https://t.co/o1xAxkKZjA">pic.twitter.com/o1xAxkKZjA</a></p>&mdash; UEFAチャンピオンズリーグ (@UCLJapan) <a href="https://twitter.com/UCLJapan/status/1539178815708008448?ref_src=twsrc%5Etfw">June 21, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.06.23 07:15 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly