「毎日ナマコを」中国代表キャプテンの発言に批判殺到、サッカー協会が火消し

2022.04.07 20:49 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
中国代表選手の物議を醸した発言に関して、中国サッカー協会(CFA)が否定した。中国『新浪体育』が伝えた。

問題の発言は2月上旬に中国代表のキャプテンを務めるMFウー・シーの「毎日ナマコを食べている」というもの。高級食材として知られ、滋養強壮に効くとされるナマコを中国代表チームは食べていたようだ。

しかし、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選では、1勝3分け6敗でグループBの5位に終わり、またしてもW杯出場はならず。近年は中国スーパーリーグのクラブも親会社が資金難に陥ってクラブが消滅したり規模が縮小するなどしており、サッカー界に対しては厳しい声が浴びせられている。

結果を残せていない中で高級食材を食べていることが明らかになり、中国代表には批判が殺到。また、女子アジアカップを戦い優勝した中国女子代表の選手たちが「インスタント麺」を食べていたことが発覚。弱い男子の高待遇さが批判に拍車をかけることとなった。

そんな中、CFAのスポークスパーソンが6日に様々な問題に言及。ナマコ事件については、スポンサーの宣伝であるとし、火消しに走った。

「全てのカテゴリーの中国の男子、及び女子のサッカー代表チームのトレーニングと大会に向けた資金源は、中国サッカー協会のスポンサーから来ている」

「どのサッカーチームにとっても、スポンサーは非常に重要だ。長い間中国代表を支援してきた多くの有名企業が支援の努力を惜しまず、「暁芹海参」は中国代表のスポンサーの1つでもある」

「スポンサーの見返りとして、代表チームの選手が適切に協力し、スポンサーのプロモーションに参加することは、合理的なビジネス条件だ。他のスポーツでも共通することだ」

スポンサーから提供されていたものを食べていると発言しただけだというが、チームの強化が結果に繋がっていないことは事実。中国サッカー界がこの先どう進んでいくのか注目だ。

関連ニュース
thumb

7月のE-1サッカー選手権は茨城と愛知で開催! マッチスケジュールが決定

日本サッカー協会(JFA)は17日、EAFF E-1サッカー選手権のマッチスケジュールを発表した。 7月19日から27日にかけて中国で開催される予定だったE-1サッカー選手権だったが、新型コロナウイルス(COVID-19)の防疫対策を理由に、中国での開催を断念。日本での開催が決定していた。 男子は日本の他に、韓国、中国、香港が参加。女子は日本の他に、韓国、中国、チャイニーズ・タイペイが出場する。 大会は茨城県の県立カシマサッカースタジアムと愛知県の豊田スタジアムの2箇所で行われ、日本の初戦は男女ともにカシマスタジアムで開催。もう1試合は豊田スタジアムで行われ、2節目以降は女子がカシマスタジアム、男子が豊田スタジアムでの開催となる。 男子は、日本の初戦が香港代表(7/19)、2戦目が中国代表(7/24)、最終戦が韓国代表(7/27)に決定。女子は、初戦が韓国代表(7/19)、2戦目がチャイニーズ・タイペイ(7/23)、最終戦が中国代表(7/26)に決まった。 2019年に行われた前回大会は、男子は韓国が優勝し日本は2位、女子は日本が優勝し韓国が2位だった。 ▽7月19日(火) 《16:00》 【女子】日本 vs 韓国 《19:20》 【男子】日本 vs 香港 茨城/カシマスタジアム ▽7月20日(水) 《15:30》 【女子】中国 vs チャイニーズ・タイペイ 《19:00》 【男子】中国 vs 韓国 愛知/豊田スタジアム ▽7月23日(土) 《15:30》 【女子】日本 vs チャイニーズ・タイペイ 《19:00》 【女子】中国 vs 韓国 茨城/カシマスタジアム ▽7月24日(日) 《16:00》 【男子】韓国 vs 香港 《19:20》 【男子】日本 vs 中国 愛知/豊田スタジアム ▽7月26日(火) 《16:00》 【女子】韓国 vs チャイニーズ・タイペイ 《19:20》 【女子】日本 vs 中国 茨城/カシマスタジアム ▽7月27日(水) 《16:00》 【男子】中国 vs 香港 《19:20》 【男子】日本 vs 韓国 愛知/豊田スタジアム 2022.05.17 12:53 Tue
twitterfacebook
thumb

日本代表も出場する2023年のアジアカップ、新型コロナの影響で中国での開催を断念

アジアサッカー連盟(AFC)は14日、2023年に行われるAFCアジアカップに関して、中国での開催を断念したことを発表した。 2019年6月5日にパリで行われたAFCの臨時大会にて、2023年のアジアカップの開催地に選ばれた中国。24カ国が出場し、2023年6月16日から7月16日まで中国の10都市で開催されることとなっていた。 しかし、その後に中国の武漢で発見された新型コロナウイルス(COVID-19)が、世界中でパンデミックに。今なお、その影響は続いている。 中国国内では、上海など一部の都市でロックダウンが行われるなど、未だに感染が終息に向かわない状況となっている。 AFCによれば、中国サッカー協会(CFA)との長きにわたる話し合いの結果、CFAが開催を断念。正式に、中国での開催がなくなることとなった。 カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選はアジアカップの予選も兼ねており、日本代表も出場することが決定している。 なお、現時点で開催地は未定。改めて発表されることとなる。 2022.05.14 20:19 Sat
twitterfacebook
thumb

7月開催のE-1選手権が日本開催に変更! 新型コロナ対策により中国での開催断念

日本サッカー協会(JFA)は19日、7月19日から27日にかけて行われるEAFF E-1サッカー選手権に関して、日本で開催されることを発表した。 従来は中国で開催される予定だった今大会。しかし、東アジアサッカー連盟(EAFF)は、中国政府の新型コロナウイルス(COVID-19)の防疫対策を理由に、中国での開催を断念していた。 その代替地として、日本での開催が決定した。 なお、予選は行われず、FIFAランキングの上位4カ国が参加。しかし、北朝鮮が参加を辞退しているため、日本、中国、韓国に加え、男子は香港、女子はチャイニーズ・タイペイが出場することとなる。 会場やマッチスケジュール等はは決定次第発表される。 2019年に行われた前回大会は、男子は韓国代表、女子はなでしこジャパンが優勝。日本代表の男子は準優勝だった。 2022.04.19 18:25 Tue
twitterfacebook
thumb

グレミオが中国代表FWエウケソンを完全移籍で獲得…中国では185試合122ゴール

カンピオナート・ブレジレイロ・セリエB(ブラジル2部)のグレミオは12日、中国代表FWエウケソン(32)の加入を発表した。 契約期間は2022年11月30日までとなる。 エウケソンはヴィトーリアやボタフォゴでプレーしたのちに、2013年1月に中国スーパーリーグの広州恒大(現:広州FC)へ完全移籍。2016年1月上海上港(現:上海海港)へと完全移籍。2019年7月から広州恒大へと復帰していた。 中国スーパーリーグでは185試合に出場し122ゴール52アシストを記録。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)も69試合に出場し30ゴール13アシストを記録した。 また、カンピオナート・ブラジレイロ・セリエA(ブラジル1部)で112試合26ゴール19アシストを記録している。 また中国代表としても13試合に出場し4ゴールを記録していた。 2022.04.13 18:40 Wed
twitterfacebook
thumb

格下中国ドローのサウジアラビアが2位に後退… 日本は次節勝利で首位通過決定《カタールW杯アジア最終予選》

カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のグループB第9節が24日に行われた。 同日に行われた日本代表がオーストラリア代表に勝利したため、グループ2位以内が確定したサウジアラビア代表は、アウェイで中国代表と対戦し1-1の引き分けに終わった。 試合は立ち上がりから地力に勝るサウジアラビアがボールを支配すると15分、敵陣でのボール奪取からアル=ドサリのラストパスをボックス手前で受けたバヘブリが左足でシュートを狙ったが、これはわずかに枠の右に逸れた。 その後も70%以上のボール支配率で押し込むサウジアラビアだったが、5バックを敷く中国を崩せない状況が続く。ゴールレスで前半終了かと思われたが、サウジアラビアは前半アディショナルタイムにセットプレーで先制する。 46分、アル=ファラジの右CKをニアに走りこんだアル=シェフリが頭で合わせると、このシュートがゴール左隅に決まった。 迎えた後半、サウジアラビアは57分に決定機を創出する。右クロスをボックス左で受けたアル=ドサリの折り返しをゴール前のアル=シェフリが落とすと、最後はシャラヒリがシュートを放ったが、これは枠の右に外れた。 サウジアラビアは72分にも、アル=シェフリのスルーパスでボックス右まで駆け上がったアブドゥルハミドのマイナスの折り返しから決定機を迎えたが、アル=ドサリのシュートはガオ・チュンイーのスライディングブロックに阻まれた。 その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指したが、拮抗した展開が続く。そんな中、サウジアラビアは82分に同点を許す。ガオ・チュンイーの右クロスがボックス内で競り合ったアル=アムリの右手に当たると、主審がPKを宣告。このPKをチュー・チェンジエがゴール左に決めた。 結局、試合はそのまま1-1でタイムアップ。格下の中国に引き分けたサウジアラビアは2位に後退し、日本がグループ首位で最終節を迎えることとなった。 また、同日に行われたグループBもう1試合のベトナム代表vsオマーン代表は、ハリド・アル・ハジリのゴールを守り抜いたオマーンが1-0で勝利している。 ◆グループB順位表(第9節終了時点) [勝点/試合数/得失差] 1.日本[21/9/8] 2.サウジアラビア[20/9/5] ――本大会出場―― 3.オーストラリア[15/9/7] ―プレーオフ進出― 4.オマーン[11/9/-1] 5.中国[1/9/-8] 6.ベトナム[0/9/-11] 2022.03.25 02:02 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly