「キャンパスライフってどんな??」元日本代表MF福西崇史氏が早稲田大学大学院に入学!「能活とは代表以来の一緒のチーム」

2022.04.04 19:25 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元日本代表MFの福西崇史氏が早稲田大学大学院に入学したことを報告した。1995年に新居浜工業高校からジュビロ磐田に入団した福西氏は、FC東京での1年間のプレーを経て、2008年に東京ヴェルディで現役を一度引退。2018年には南葛SCに入団し、現役復帰を果たすと、その後は監督も務めた。

現在は主に解説者として活躍を見せているが、3日に自身のツイッターを更新。1日に行われた入学式での写真を添えて、キャンパスライフへの意気込みを語った。
「早稲田大学大学院に入学。みんなで力を合わせて頑張ります日本サッカー界に役立つ研究をしていきたいと思います。能活とは代表以来の一緒のチーム。キャンパスライフってどんななの??」

福西氏の言葉通り、“同級生”には元日本代表GKの川口能活氏、さらにはラグビー元日本代表の五郎丸歩氏、タレントの恵俊彰氏らがおり、早稲田カラーのえんじ色を使ったネクタイで集合写真を撮影している。

1 2

関連ニュース
thumb

悔しいベスト8目前の敗戦…それでもサポーターは最後までゴミを拾って立ち去る

日本代表が貫いた姿勢は、サポーターにも波及。悲しい中でも、その精神を貫いた。 5日、カタール・ワールドカップ(W杯)のラウンド16、日本vsクロアチアが行われた。 前回大会準優勝のクロアチアと、初めてベスト8を目指す日本の対戦。立ち上がりから積極的に入った日本は、失点に気をつけながらも攻勢を見せると、前田大然のゴールで先制に成功する。 今大会初めて先制した日本だったが、後半の早い時間帯に失点。その後は攻め込みながらもゴールは奪えず、クロアチアの攻撃も凌いで1-1で終了。延長戦でもスコアは動かず120分間が終了した。 PK戦では、南野拓実、三笘薫と連続で失敗。浅野拓磨が成功も、吉田麻也が失敗と、3選手がGKに止められる事態に。そのまま1-3で破れ、4度目のベスト8挑戦も失敗に終わった。 2010年の南アフリカW杯に続いて2度目のPK戦での敗退。また、2大会連続であと一歩まで迫ったベスト8の夢がすり抜けることとなった。 最後はPK戦だったとはいえ、悲しい結末を迎えた中、日本のサポーターは選手を迎えると、最後までゴミをしっかりと拾い、スタンドを片付けて去っていった。 今大会で選手、そしてサポーターが見せた精神は世界を大きく揺るがしたはず。日本の試合はもう今大会見られないが、この精神はカタールに残り続けてくれそうだ。 <span class="paragraph-title">【写真】大会から敗退も最後まで日本代表サポーターはゴミ拾い</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/japan20221206_2_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/japan20221206_2_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/japan20221206_2_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/japan20221206_2_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/japan20221206_2_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 2022.12.06 07:10 Tue
twitterfacebook
thumb

最後まで守られた日本代表の精神、最後のドレッシングルームもいつも通り整頓し大会を去る

日本代表の姿勢は、最後まで変わることはなく大会を去ることとなった。 5日、カタール・ワールドカップ(W杯)のラウンド16、日本vsクロアチアが行われた。 前回大会準優勝のクロアチアと、初めてベスト8を目指す日本の対戦。立ち上がりから積極的に入った日本は、失点に気をつけながらも攻勢を見せると、前田大然のゴールで先制に成功する。 今大会初めて先制した日本だったが、後半の早い時間帯に失点。その後は攻め込みながらもゴールは奪えず、クロアチアの攻撃も凌いで1-1で終了。延長戦でもスコアは動かず120分間が終了した。 PK戦では、南野拓実、三笘薫と連続で失敗。浅野拓磨が成功も、吉田麻也が失敗と、3選手がGKに止められる事態に。そのまま1-3で破れ、4度目のベスト8挑戦も失敗に終わった。 悲願のベスト8という目標を達成できなかった日本。あと一歩、あと半歩まで迫った中での敗退には、全ての選手が悔しさを滲ませていた。 しかし、日本代表の精神は最後まで失われることなく貫かれることに。悔しい思いをした後であっても、しっかりとドレッシングルームは整頓され、いつものように折り紙で作られた鶴と「ありがとう」とアラビア語と日本語で書かれた手紙を置木、大会を去ることとなった。 <span class="paragraph-title">【写真】最後まで精神を貫いた日本代表のドレッシングルーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/japan20221206_1_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/japan20221206_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/japan20221206_1_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 2022.12.06 06:45 Tue
twitterfacebook
thumb

「PKを蹴る勇気がすごいのよ」4年前の悔しさ知る武藤嘉紀が日本代表を労う「誰も悪くない!」

ヴィッセル神戸に所属する元日本代表FW武藤嘉紀が、日本代表選手たちを称えた。 5日、カタール・ワールドカップ(W杯)のラウンド16が行われ、日本はクロアチア代表と対戦した。 前回大会のファイナリスト相手に互角の戦いを挑んだ日本は、前半からアグレッシブにプレー。すると前田大然が先制ゴールを奪い、リードして前半を終える。 後半に入りクロアチアが押し込み始めると、55分にイバン・ペリシッチがネットを揺らして同点に。しかし、その後は粘り強く戦い1-1のドロー。延長戦もゴールが生まれず、PK戦にもつれ込んだ。 すると日本は、南野拓実、三笘薫と連続で失敗。さらに4人目の吉田麻也も失敗すると、クロアチアは3人が成功し、1-3で敗退となった。 4年前、ロシアW杯でベルギー代表相手に悔しい敗戦を喫してベスト16に終わった日本。メンバーの1人として経験した武藤は試合後にツイッターを更新した。 「このプレッシャーの中、PKを蹴る勇気がすごいのよ。。。」 「誰も悪くない!本当にお疲れ様でした!」 W杯という舞台でのPK戦でキッカーを務めた選手たちへ労いのメッセージ。これにはファンも「その通り」と賛同する声が。また、「次に進むためにはこのプレッシャーに勝てる精神力が必要だと思う」という声も届いた。 <span class="paragraph-title">【SNS】PKキッカーに見解、日本代表選手を労う武藤嘉紀</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">このプレッシャーの中、<br>PKを蹴る勇気がすごいのよ。。。<br>誰も悪くない!<br>本当にお疲れ様でした!</p>&mdash; Yoshinori Muto/武藤 嘉紀 (@yoshimuto18) <a href="https://twitter.com/yoshimuto18/status/1599830886459273221?ref_src=twsrc%5Etfw">December 5, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.06 06:30 Tue
twitterfacebook
thumb

「新時代を見せてくれた」岸田首相がカタールW杯で健闘した日本代表に感謝「勇気と感動を与えていただきました」

岸田文雄首相が、日本代表の選手たちに感謝の言葉を送った。 5日、カタール・ワールドカップ(W杯)のラウンド16、日本vsクロアチアが行われた。 前回大会準優勝のクロアチアと、初めてベスト8を目指す日本の対戦。立ち上がりから積極的に入った日本は、失点に気をつけながらも攻勢を見せると、前田大然のゴールで先制に成功する。 今大会初めて先制した日本だったが、後半の早い時間帯に失点。その後は攻め込みながらもゴールは奪えず、クロアチアの攻撃も凌いで1-1で終了。延長戦でもスコアは動かず120分間が終了した。 PK戦では、南野拓実、三笘薫と連続で失敗。浅野拓磨が成功も、吉田麻也が失敗と、3選手がGKに止められる事態に。そのまま1-3で破れ、4度目のベスト8挑戦も失敗に終わった。 新しい景色を見るために戦っていた選手たちだが、最後はPKでの敗退と悔しい結果に。岸田首相も、自身のツイッターで労いの言葉と共に、感謝の気持ちを綴った。 「PK戦で惜しくもあと一歩届かず、サッカー日本代表、悲願のW杯ベスト8進出はなりませんでした。しかし最後まで勝利を諦めずプレーする姿に勇気と感動を与えていただきました」 「日本サッカーの新時代を見せてくれた監督、選手、関係者の皆さん、お疲れ様でした。ありがとうございました」 <span class="paragraph-title">【SNS】岸田首相がW杯で健闘した日本代表に感謝</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">PK戦で惜しくもあと一歩届かず、サッカー日本代表、悲願のW杯ベスト8進出はなりませんでした。しかし最後まで勝利を諦めずプレーする姿に勇気と感動を与えていただきました。<br>日本サッカーの新時代を見せてくれた監督、選手、関係者の皆さん、お疲れ様でした。ありがとうございました。</p>&mdash; 岸田文雄 (@kishida230) <a href="https://twitter.com/kishida230/status/1599825268189040640?ref_src=twsrc%5Etfw">December 5, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.06 06:10 Tue
twitterfacebook
thumb

ベスト8進出のクロアチア、主将モドリッチは「日本はタフなチーム」と脱帽

クロアチア代表は5日、カタール・ワールドカップ(W杯)ラウンド16で日本代表と対戦。120分を1-1で終え、PK戦の末に3-1で勝利した。 この試合で先発し、延長前半9分までプレーしたレアル・マドリーのMFルカ・モドリッチは2大会連続のベスト8進出と、日本代表の印象を以下のように述べた。 「ドラマなしではここまで到達することはできない。ベスト8に進出できてとても嬉しいよ」 「日本代表はとてもタフなチームで、とても難しい試合になった。彼らは走る。フィジカルが優れている」 「簡単じゃなかった。何とか同点に持ち込むことができ、PK戦ではリヴィ(リヴァコビッチ)が奇跡を越こした。とてもタフで疲れる試合だったよ」 <span class="paragraph-title">【動画】モドリッチのミドルを権田がビッグセーブ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/JPN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#JPN</a> 1-1 <a href="https://twitter.com/hashtag/HRV?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#HRV</a><br>モドリッチのミドルを <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%A8%A9%E7%94%B0%E4%BF%AE%E4%B8%80?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#権田修一</a> ビッグセーブ<a href="https://twitter.com/hashtag/Qatar2022?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Qatar2022</a> <a href="https://twitter.com/ABEMA?ref_src=twsrc%5Etfw">@ABEMA</a> で視聴中 <a href="https://t.co/bsJCDRzDnS">https://t.co/bsJCDRzDnS</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/ABEMA%E3%81%A7FIFA%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ABEMAでFIFAワールドカップ</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%9C%AC%E7%94%B0%E3%81%AE%E8%A7%A3%E8%AA%AC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#本田の解説</a> <a href="https://t.co/Ma9roFLYWr">pic.twitter.com/Ma9roFLYWr</a></p>&mdash; 超ワールドサッカー (@ultrasoccer) <a href="https://twitter.com/ultrasoccer/status/1599801033688875014?ref_src=twsrc%5Etfw">December 5, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.06 06:00 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly