カタール開催に皮肉のオランダ代表指揮官、カタールとの同居にまた皮肉「プレーしているのを見たこともない」

2022.04.02 22:43 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
オランダ代表のルイス・ファン・ハール監督が、カタールW杯の抽選結果にコメントした。オランダ『Voetbal International』が伝えた。

1日、カタールのドーハでカタールW杯の組み合わせ抽選会が行われた。

オランダは抽選の結果、グループAに入り、開催国のカタール代表の他、セネガル代表、エクアドル代表と同居した。

ファン・ハール監督は、そもそもカタールでW杯が開催されることに対し、国際サッカー連盟(FIFA)に対して痛烈な皮肉を口にしていた中、今回の抽選結果に対してもなんとも大人気ないコメントを残した。

「これが素晴らしい抽選だったかどうかは分からない。私は対戦相手の国についてよく知らない」

「カタールとセネガルにはほとんど行ったことがない。カタールはバイエルン時代に1回、2年前にはセネガルで休暇を過ごしていた。エクアドルには行ったことがない。カタールがプレーしているのを見たこともない」

「それらの国を知らないので、何も言うことができない。幸いなことに、敵を分析しなければいけない非常に優秀なスカウトがいる」

「我々はまだ負けておらず、これまでのところは素晴らしい仕事してくれたと言える」

「ワールドカップの準備に、利用できるネーションズリーグの試合が6試合ある。大会初日にプレーするため、準備する時間がない。しかし、我々が勝ち進んでいけば、トーナメントの終わりには有利に働く」

関連ニュース
thumb

「世界で最も美しいカップル」シティDFアケが交際10年以上のデザイナー女性と結婚!

マンチェスター・シティに所属するオランダ代表DFナタン・アケ(27)が交際していたカイリー・ラマンさん(27)と結婚した。 フェネルバフチェやチェルシーの下部組織で育ったアケは、2016年に加入したボーンマスで才能が開花。その活躍がジョゼップ・グアルディオラ監督の目に留まり、4000万ポンド(当時のレートで約56億4700万円)の移籍金で2020年夏にシティへとステップアップした。 シティでは厚い選手層もあり左センターバックと左サイドバックの控えという扱いだが、今シーズンは公式戦27試合に出場。ピッチに立てば見事なパフォーマンスを発揮している。 そのアケは今オフにスペインのマジョルカ島で挙式。式にはオランダ代表のチームメイトやシティのチームメイトも多数参加した。 イギリス『サン』によると、デザイナーのカイリーさんとアケは10年以上交際。2年前に婚約をしていたが、晴れて正式に夫婦となったようだ。 アケは自身のインスタグラムでも結婚を報告。シティMFケビン・デ・ブライネの妻であるミシェル・ラクロワさんやオランダ代表MFドニー・ファン・デ・ベークの妻であるエステル・ベルカンプさんからも「世界で最も美しいカップル」と祝福の言葉を贈っている。 <span class="paragraph-title">【写真】真っ白な衣装が映える!アケとカイリーさんのウェディングショット!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CfB-n3kMVTh/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CfB-n3kMVTh/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CfB-n3kMVTh/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Kaylee Aké(@kayleerm_)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.06.22 07:15 Wed
twitterfacebook
thumb

後半ATのデパイ弾でオランダがウェールズに競り勝ち首位キープ《UEFAネーションズリーグ》

UEFAネーションズリーグ(UNL)2022-23リーグA・グループ4の第4節、オランダ代表vsウェールズ代表が14日に行われ、3-2でオランダが競り勝った。 3日前に行われたポーランド代表戦を2-2の引き分けに持ち込んだ首位オランダ(勝ち点7)は控え主体のメンバーで臨み、3トップはヤンセン、ガクポ、ラングを起用した。 一方、ベルギー代表相手に1-1の引き分けに持ち込んだウェールズは、ベイルやラムジーがベンチスタートとなった中、2トップにダニエル・ジェームズとブレナン・ジョンソンを起用した。 立ち上がりからボールを持ったオランダが17分に押し切る。ヤンセンのパスを受けたラングがDF2人に対応されながらも反転からシュートを決めきった。 ラングの代表初弾で試合を動かしたオランダは続く23分、左サイドからカットインしたガクポがそのままドリブルシュートを決めきって、一気にリードを広げた。 成す術のなかったウェールズだったが、26分に1点を返す。ボックス手前右からブレナン・ジョンソンがコントロールシュートを流し込んだ。その後もオランダがボールを持つ流れが続いた中、2-1で前半を終えた。 迎えた後半も同様の構図で試合が推移する中、オランダは69分にヤンセンがボックス手前右からコントロールシュートを放って3点目に迫る。 しかし、勝負を決めきれずにいると、89分にPKを献上。マラシアがボックス内での空中戦の競り合いでC・ロバーツを倒してしまった。 このPKをベイルに決められて追いつかれたオランダだったが、追加タイム4分に勝ち越す。ロングボールを送った流れからゴール前に飛び込んだデパイがシュートを流し込んだ。 これが決勝点となってオランダが勝利。3勝目を挙げ、ベルギーを抑えて首位をキープしている。 2022.06.15 05:53 Wed
twitterfacebook
thumb

デパイ土壇場PK失敗のオランダの連勝ストップ…ポーランドに2点差追いつくも勝ち切れず《UEFAネーションズリーグ》

UEFAネーションズリーグ(UNL)のリーグAグループ4第3節、オランダ代表vsポーランド代表が11日に行われ、2-2のドローに終わった。 前節、ウェールズ代表とのアウェイゲームをヴェグホルストの後半アディショナルタイムのゴールによって2-1で競り勝ったオランダ。3連勝を目指して臨んだホームゲームでは、GKフレッケンとデ・フライを除く先発9人を変更。その2人を除き初戦のベルギー戦と同じメンバーを起用し、ベルフワインとデパイが2トップを組んだ。 一方、初戦を白星スタートも前節はベルギー代表に1-6の大敗を喫したポーランド。その敗戦からのバウンスバックを図る一戦では、負傷などで主砲レヴァンドフスキら一部主力がメンバーを外れ、ピョンテクが1トップに入った。 ホームのオランダがボールを握って押し込む入りを見せる。ダンフリースとブリントの両ウイングバックも高い位置を取って攻撃に絡んでいく中、7分にはデパイのお膳立てからクラーセンが際どいシュートを放つ。 一方、レヴァンドフスキ不在の影響もあり、なかなか前線の中央で起点を作れないポーランドだが、サイドを起点にカウンターから攻め手を窺う。すると、18分には左サイドのザレフスキから絶妙なサイドチェンジを受けた右サイドバックのキャッシュがボックス右角で対面のDFブリントを抜き切らずに右足のシュート。これがゴール左下隅の完璧なコースに決まり、イングランドから国籍変更した24歳が待望の初ゴールを挙げた。 相手のファーストチャンスで屈したホームチームは、すぐさま反撃を開始。前半半ばから終盤にかけては相手を完全に押し込む形を作り出し、2列目、3列目の選手が積極的に足を振っていく。さらに、相手が攻撃に出た際には2トップをバックラインの背後へ走らせるシンプルな攻めも見せたが、最後の精度を欠いた。 ポーランドの1点リードで折り返した試合は後半立ち上がりに大きく動く。まずは49分、ハーフウェイライン付近でボールを収めたピョンテクからのスルーパスに完璧なタイミングで抜け出したフランコフスキがボックス内でGKと一対一となった中、左を並走するジエリンスキにプレゼントパス。これをナポリMFが難なく流し込んだ。当初、オフサイド判定となったが、VARのレビューの結果、ゴールが認められた。 バックラインの軽率な対応によって痛恨の2失点目を喫したオランダだったが、これで目が覚めたのか、畳みかける攻めで一気に試合を振り出しに戻す。 51分、相手陣内左サイドでブリントが正確なクロスを入れると、ニアでDFが頭で触ってゴール前に流れたところをクラーセンがワンタッチで押し込む。続く54分にはアケのフィードにオフサイドぎりぎりで抜け出したベルフワインのボックス付近でのマイナスの落としをデパイがボックス右のスペースに流すと、これをダンフリースが右足でシュート。相手DFにディフレクトしたボールがゴール右隅に突き刺さった。ここでもオフサイドの判定が出たが、VARのレビューの結果、ゴールが認められた。 この連続ゴールで完全に流れを引き寄せたホームチームは、気落ちが見えるアウェイチームを押し込んで3点目に迫っていく。さらに、64分には3枚替えを敢行し、ガクポ、コープマイネルスと攻撃的なカードを切っていく。69分にはボックス左のブリントがファーポストを狙った鋭いシュートを放つが、これは惜しくも枠の右へ外れる。 その後は完全にオープンな展開となった中、ポーランドはロングカウンター、オランダは手数をかけた攻撃で試合を決める3点目を狙う。 すると、87分にはオランダに絶好機。ボックス右でガクポが丁寧に折り返したボールをゴール前のデパイがワンタッチで合わせるが、この至近距離からのシュートはGKスコルプスキの好守に遭う。これでチャンスが潰えたかに思われたが、VARの介入によってスコルプスキがはじいたボールをDFキャッシュが手で触ったとの判定でPKが与えられる。 ここで名手デパイがキッカーを務めるが、右隅を狙ったシュートがポストの外側を掠めて痛恨の失敗に。さらに、直後には名誉挽回を図るエースにゴール前でのビッグチャンスが訪れるが、ガクポのクロスに合わせたヘディングシュートはGKスコルプスキの好守に阻まれた。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、2-2のドロー決着となった。 なお、2点差を追いつくも3連勝を逃したオランダは14日にウェールズ戦、敵地で勝ち点1を拾ったポーランドはベルギーと今月最後の一戦を戦う。 2022.06.12 05:58 Sun
twitterfacebook
thumb

「なんでクラブでそれをやらないんだ!」降格したチームの選手同士が代表戦で“言い争い”…「黙れ!ここはバーンリーじゃない」

バーンリーのチームメイトが代表戦で衝突した。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 UEFAネーションズリーグ(UNL)のリーグAグループ4第2節、ウェールズ代表vsオランダ代表が8日に行われ、アウェイのオランダが1-2で勝利した。 この試合にはバーンリーのウェールズ代表DFコナー・ロバーツとオランダ代表FWボウト・ヴェグホルストがともにフル出場。1-1で迎えた後半アディショナルタイムにヴェグホルストが劇的な決勝ゴールを挙げ、タイムアップを迎えた。 このゴールに思わぬ角度から突っかかったのがロバーツだ。試合終了直後、ヴェグホルストに歩み寄ると、両手を広げながら「なんでバーンリーでそれをやらないんだ!」と詰め寄った。一方、勝利の余韻を邪魔されたヴェグホルストも「黙れ、ここはバーンリーじゃない」と反発した。。 ヴェグホルストは、1月に推定1200万ポンド(約18億6000万円)でバーンリーへ移籍。ニューカッスルに引き抜かれたエースのニュージーランド代表FWクリス・ウッドの後釜として期待されたが、プレミアリーグでは2ゴールに留まっていた。 そのヴェグホルストはオランダ『VI』のインタビューで「僕はチャンピオンシップ(イングランド2部)でプレーしないことをチームと事前に明確に合意している」と明言しており、そのこともロバーツの怒りを買ったのかもしれない。 <span class="paragraph-title">【写真】「なんでバーンリーでそれをやらないんだ!」「黙れ、ここはバーンリーじゃない」チームメイト同士の言い争い</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Wales defender Connor Roberts bluntly asks club team-mate Wout Weghorst: &#39;Why didn&#39;t you do that for Burnley?&#39;, before being told to &#39;SHUT UP&#39; in a tense exchange (Mail) <a href="https://t.co/OeabMMQXbZ">pic.twitter.com/OeabMMQXbZ</a></p>&mdash; Ibukun Aluko (@IbkSports) <a href="https://twitter.com/IbkSports/status/1534844451557867520?ref_src=twsrc%5Etfw">June 9, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.06.10 05:45 Fri
twitterfacebook
thumb

オランダがヴェグホルスト劇的弾で連勝! 先発全入れ替えもウェールズに競り勝つ《UEFAネーションズリーグ》

UEFAネーションズリーグ(UNL)のリーグAグループ4第2節、ウェールズ代表vsオランダ代表が8日に行われ、アウェイのオランダが1-2で勝利した。 5日に行われたカタール・ワールドカップ欧州予選プレーオフ決勝のウクライナ代表戦を1-0で制し、64年ぶり2度目のW杯出場を決めたウェールズ。その興奮冷めやらぬ中で迎えた中2日でのホームゲームではベン・デイビス、ロドン、コナー・ロバーツ、ダニエル・ジェームズを除く先発7人を変更。ベイルやラムジー、ジョー・アレンといった主力が温存され、前線はダニエル・ジェームズ、ブレナン・ジョンソンの2トップとなった。 一方、敵地でグループ本命のベルギー代表相手に4-1の快勝スタートを飾ったオランダは、連勝を狙う敵地での一戦に向けて先発全員を変更。 GKにフレッケン、3バックはティーゼ、デ・フライ、デ・リフト。ウイングバックにハテブール、マラシア。セントラルMFにスハウテン、コープマイネルス。前線はノア・ラングとガクポの2シャドーにヴェグホルストが最前線に入った。 互いに多くのメンバーを入れ替えたことで、攻守両面でややチグハグなところが目立つ試合展開となる。 戦前の予想通り、オランダがボールの主導権を握り、ウェールズがカウンターで応戦する構図が続く。立ち上がりはホームサポーターの声援を後押しに、球際の攻防で優位に立ったウェールズがペースを掴み、ボックス内でフリーのノリントン=デイビスのヘディングシュートやハリー・ウィルソンの直接FKでオランダゴールに迫った。 一方、ボールは握るものの、急造布陣による連携面のミスが目立つオランダは、なかなか良い形でフィニッシュまで持ち込めない。それでも、前半終盤に少しずつ相手陣内深くでのプレーが増えると、相手DFの見事なブロックに阻まれたものの、ボックス中央で仕掛けたガクポが決定機に絡むなど、後半の戦いに繋がる攻撃の形も見せた。 後半も堅い試合展開が予想されたが、意外にも早い時間帯にスコアが動く。50分、相手アタッキングサードで細かくボールを動かしたオランダは、ペナルティアーク右でスハウテンから足元でボールを受けたコープマイネルスが利き足とは逆の右足でシュート。これがゴール左下隅の際どいコースに決まり、アタランタMFは代表7戦目にして待望の初ゴールを決めた。 先に失点を喫したウェールズはすぐさま反撃を開始。ダニエル・ジェームズの果敢な仕掛けを軸に、ハリー・ウィルソンが絡む形でチャンスを窺うが、なかなか決定機まで持ち込めない。 一方、オランダは67分にスハウテン、ガクポを下げてフレンキー・デ・ヨング、ベルフワインの主力2選手を投入し、ここから押し返していく。 その後、ウェールズはマトンドと共に切り札のベイルを投入し、勝負に出る。スタジアムの盛り上がりとは裏腹に攻撃が停滞するホームチームだったが、土壇場で同点に追いつく。92分、相手を押し込んで右サイドのコナー・ロバーツが入れたクロスに対して、ファーでハテブールに競り勝ったノリントン=デイビスの渾身のヘディングシュートがゴール左隅に決まった。 伏兵ノリントン=デイビスの代表初ゴールで劇的同点決着かに思われたが、虎視眈々と勝ち越しのチャンスを狙っていたオランダが最後の最後に突き放す。 94分、自陣左サイドからスタートしたロングカウンターでF・デ・ヨングが馬力のある中央突破をみせ、一気に相手陣内深くまでボールを運ぶ。そして、左サイドでボールを受けたマラシアが入れた正確なクロスを、ボックス中央のヴェグホルストが豪快且つ繊細なダイビングヘッドで合わせ、ゴール左隅に突き刺した。 この直後に試合はタイムアップを迎え、互いに大幅なターンオーバーを敢行した中、地力の差を見せつけたオランダが2連勝を飾った。 主力温存も首位キープに成功したオランダは11日にポーランド代表戦、連敗のウェールズは初勝利を懸けてベルギー戦に臨む。 2022.06.09 05:49 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly