母国をW杯に導くPKを決めたレヴァンドフスキ「誇らしく、幸せ」

2022.03.30 11:39 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキがカタール・ワールドカップ(W杯)本大会出場決定に歓喜した。『UEFA.com』が伝えている。

レヴァンドフスキは29日に行われたカタールW杯欧州予選プレーオフ決勝のスウェーデン代表戦に先発した。前半11分にはヘディングシュートを放つなどゴールに向けて積極的な姿勢を見せると、49分にはチームメイトが得たPKを冷静に決めて先制点を記録。チームはその後に追加点を挙げると、最後までリードを守り抜き、2-0で勝利した。

自身にとって2回目となるW杯本大会出場が決定したことについて、試合後のインタビューに応じたレヴァンドフスキは喜びを露わに。PKのシーンでは大きなプレッシャーがあったと明かしつつ、勝利に貢献できたことを誇った。
「この試合前、チームには多くの問題があったと思う。多くの選手が負傷していて、僕自身もヒザに問題を抱えていた。だから、苦しみがあったけれど、今は喜ぶことができるね。僕はこれを誇りに思うし、幸せだ」

「(PKのシーンは)本当にタフであり、このプレッシャーは理解していた。今まで何度もPKを蹴ってきたけど、今回は一番難しかったと思う。この瞬間を多くの人が見てくれていると思うと…とても重要な意味を持つと理解していたよ。ボールに集中するのは簡単ではなかったけど、やり遂げることができた」


関連ニュース
thumb

主将クリバリ弾でエクアドルに競り勝ったセネガルが逆転で2位通過を決定《カタールW杯》

カタール・ワールドカップ(W杯)のグループA最終節、エクアドル代表vsセネガル代表が29日に行われ、セネガルが1-2で勝利した。 ここまで1勝1分けでグループ2位に位置するエクアドルは、引き分け以上で自力でのグループリーグ突破を決められる優位な条件で最終節を迎えた。スコアは1-1も首位のオランダ代表を圧倒した前節からは先発2人を変更。累積警告でサスペンションのメンデス、ベンチスタートのポロソに代えてグルエソ、フランコを起用。並びを[5-4-1]から[4-3-3]に変更した。 一方、カタール代表を破って今大会初勝利を挙げて逆転での突破に望みを繋いだ3位のセネガル。勝利で自力での突破を決められる運命の最終節ではカタール戦から先発3人を変更。ディアタとディエディウ、ナンパリズ・メンディに代えてパテ・シス、パプ・グイエ、イリマン・エンディアイエとやや守備的なメンバーに入れ替え、並びも[4-4-2]から[4-2-3-1]と微調整を施した。 互いに勢いを持って試合に入ったが、序盤は勝利が必要なセネガルがよりパワーを使って攻撃に出ていく。 ボールハンターのイドリサ・グイエをトップ下に近い位置に配置して前から圧力をかけてショートカウンターを繰り出す“テランガのライオンたち”は、開始3分にイドリサ・グイエ、8分にディアとボックス内で続けて際どいシュートを放つ。 一方、序盤は相手のスピードと予想以上の勢いを持った入りに面食らったエクアドルだが、10分過ぎにセットプレーの流れから2戦連発中のエネル・バレンシアに続けてシュート機会が訪れると、引き続き重心は低いものの徐々に相手の攻撃にアジャストしていく。 前半半ばから終盤にかけてもセネガルペースが続くが、エクアドルの堅守を前になかなか決定機まで持ち込めず。試合は膠着状態に陥る。しかし、0-0でハーフタイム突入かに思われた前半終了間際に試合が動く。 42分、相手DFを振り切ってボックス内に侵入したイスマイラ・サールに対してカバーリングでの対応を試みたDFインカピエがアフターで交錯。このファウルでセネガルにPKが与えられる。これをサール自ら冷静にゴール右下隅へ蹴り込み、セネガルが先手を奪った。 これで突破へゴールが必要となったエクアドルはハーフタイム明けに2枚替えを敢行。グルエソとフランコを下げてシフエンテス、サルミエントとより攻撃的な選手を中盤に投入し、[4-4-2]に並びを変えた。 そして、早い時間帯の同点ゴールを目指すエクアドルは序盤からボールを握ってサイドを起点に揺さぶりをかけ、幾度か攻撃的なサイドバックのクロスから際どい場面を作り出す。 押し込みながらもあと一押しが足りない状況が続いたエクアドルだったが、セットプレーからゴールをこじ開ける。67分、右CKの場面でキッカーのプラタが左足アウトスウィングで正確なクロスを入れると、中央で競り勝ったトレースのヘディングシュートがファーに流れる。これをドフリーのカイセドが右足で突き刺し、再び突破へ優位な立場を取り戻した。 一方、耐え切れずに追いつかれたセネガルだったが、百戦錬磨のディフェンスリーダーが決定的な仕事を果たす。失点からわずか2分後の70分に相手陣内右サイドでFKを得ると、ボックス中央のバレンシアのクリアボールにゴール右で反応したクリバリが右足インサイドのボレーシュートをゴール左隅へ流し込み、瞬く間に勝ち越した。 これで再び突破へ優位に立ったセネガルは温存していたナンパリズ・メンディ、よりアスリート能力が高いディエンをパテ・シスとI・エンディアイエに代えて同時投入。すると、エンジン全開のメンディが八面六臂の活躍で反撃に出たいエクアドルの攻勢を封じ込めるクローザーとしての見事な存在感を示す。 その後、試合は1点差のまま6分が加えられた後半アディショナルタイムに突入。エクアドルは長身DFポロソを前線に上げて決死のパワープレーを敢行したが、守護神メンディとクリバリを中心に最後まで集中力を維持するセネガルの堅守を再びこじ開けることはできず。 この結果、エクアドルを退けてグループA2位通過を決めたセネガルは、12月4日に行われるラウンド16でグループB首位チームと対戦する。 エクアドル代表 1-2 セネガル代表 【エクアドル】 カイセド(後23) 【セネガル】 サール(前44[PK]) クリバリ(後25) 2022.11.30 02:08 Wed
twitterfacebook
thumb

ガクポの3戦連発弾などでカタールを下したオランダが首位通過を決める!《カタールW杯》

カタール・ワールドカップ(W杯)グループA最終節のオランダ代表vsカタール代表が29日に行われ、2-0でオランダが勝利した。 1勝1分けでグループAの首位に立つオランダは、4日前に行われたエクアドル代表戦からスタメンを2人変更。ベルフワインとコープマイネルスに代えてデパイとデ・ローンをスタメンで起用。これまでの[3-4-3]から布陣を[3-4-1-2]に変更し試合に臨んだ。 一方、2連敗ですでにグループステージ敗退の決まっているカタールは、4日前のセネガル代表戦のスタメンからブディアフをハテムに変更した以外は同じスタメンを採用。これまで通り5バックからのカウンタースタイルで試合に臨んだ。 立ち上がりから互いにゴールに迫りながらも決め手を欠く展開となる中、オランダは26分に左サイドを細かなパス交換で崩すと、ボールを受けたガクポがクラーセンとのパス交換でボックス内まで侵入う。冷静にシュートをゴール右隅に流し込んだ。 先制を許したカタールは、両サイドを起点としたカウンターから攻撃を組み立てるが、オランダの守備陣を攻略できず。なかなかゴールの可能性を感じさせるシュートを打たせてもらえない。 ハーフタイムにかけてはオランダが押し込み、41分にはデ・ローンの鋭い縦パスからボックス内でボールを受けたガクポがゴールに迫ったが、これはオフサイドの判定となり、前半は1-0で終了した。 迎えた後半、オランダは早い時間に追加点を奪う。50分、クラーセンの右クロスが相手DFのクリアミスを誘うと、ファーサイドのデパイがワントラップからシュート。これは相手GKに弾かれたが、こぼれ球をF・デ・ヨングが押し込んだ。 追加点を奪ったオランダは、66分にデパイとクラーセンを下げてヤンセンとベルフハイスを投入。すると直後の67分、ガクポのスルーパスに抜け出したヤンセンの横パスを並走したベルフハイスがゴールに流し込んだが、VARでガクポがトラップした場面でのハンドが認められ、ゴールは取り消された。 その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指す中、拮抗した展開が続く。そんな中、オランダは試合終了間際の92分にボックス右角付近でボールを受けたベルフハイスがコントロールショットでゴール左上を狙ったが、これはクロスバーに嫌われた。 結局、試合はそのまま2-0でタイムアップ。この結果、2勝目を飾ったオランダがグループAを首位で通過。開催国のカタールは3連敗で大会を終えた。 なお、オランダは12月3日に行われるラウンド16でグループB2位チームと対戦する。 オランダ 2-0カタール 【オランダ】 ガクポ(前26) F・デ・ヨング(後4) 2022.11.30 01:57 Wed
twitterfacebook
thumb

ブラジルで最もセクシーな女性ファンが夢中なのは意外な選手「彼はとてもハンサム」

ブラジルで最もセクシーでホットなファンと呼ばれるモデルのマヤラ・ロペスさん。母国ブラジルの6度目の優勝を願う中、1人の選手に夢中だという。 22大会連続の出場となっているブラジル。史上最多5度の優勝を誇るチームは、カタール・ワールドカップ(W杯)でも優勝候補の筆頭に上がっている。 グループステージの2試合を終え、セルビア代表、スイス代表に連勝し、早くもラウンド16進出を決めている状況。初戦でエースのFWネイマールが負傷したものの、順調な滑り出しを見せたと言える。 そのブラジルの優勝を願うロペスさんは、「OnlyFans」というソーシャルメディアのスター。タトゥーモデルもしており、ブラジルが優勝した場合には1000人に無料購読を提供するとしている。 そのロペスさんだが、イギリス『サン』に対してお気に入りの選手を語った。 「私のお気に入りはリシャルリソンよ。彼はとても良い人で、謙虚で、ブラジルのコミュニティや貧しい人々を本当に助けているところが大好き。とても優しいわ」 「間違いなくネイマールも愛している。彼がブラジルでサントスのためにプレーして以来、彼を追ってきたわ」 「彼はとても大きくなって、わたしたちを何度も助けてくれた。だから彼も大好きよ」 ブラジルを愛するロペスさんは、今大会に向けて蓄えていた髭を剃り、別人と話題になったGKアリソン・ベッカーについても「可愛い」とコメントし「アリソンは最高のルックス。彼は他の全てのブラジル人とは全然違うわ」と称賛していたが、最も夢中になっている選手はブラジル代表ではなかった。 「私はクリスティアーノ・ロナウドに夢中よ。彼はとてもハンサム。アリソンは可愛いけど、ロナウドはハンサムよ!」 ブラジルを愛し、ブラジルを応援しながらも、どうやら1番の好みはC・ロナウドとのこと。ポルトガルもラウンド16行きが決定している中、共に1位通過となれば決勝か3位決定戦までは当たらない計算に。仮にどちらかが2位になれば、ラウンド16でいきなり対戦するが、その場合はブラジルを応援しながらもC・ロナウドに目を奪われてしまうのだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】ブラジルのシャツをセクシーに着こなすロペスさん、ピカチュウのビキニも披露</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/ClWZxxML_I5/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/ClWZxxML_I5/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/ClWZxxML_I5/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Mayara Lopes | Tattooed model(@iwantmayara)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cd_IQebrw75/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cd_IQebrw75/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cd_IQebrw75/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Mayara Lopes | Tattooed model(@iwantmayara)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.11.29 23:50 Tue
twitterfacebook
thumb

突破決定のフランス、カマヴィンガが左SBでW杯デビューか?

レアル・マドリーのフランス代表MFエドアルド・カマヴィンガが左サイドバックとしてワールドカップデビューを飾る見込みだ。 オーストラリア代表、デンマーク代表との2試合を連勝で飾り、最終節を残してグループリーグ突破を決めたフランス。 30日に行われるチュニジア代表戦は引き分けでも首位通過を決められるため、今後の戦いを睨んでターンオーバーを敢行する可能性が高い。 すでにベテランのFWオリヴィエ・ジルーらのベンチスタートが有力視される中、フランス『レキップ』はチュニジア戦の注目ポイントとしてカマヴィンガの左サイドバック起用を挙げている。 フランスではDFリュカ・エルナンデスの負傷離脱に伴い、左サイドバックを本職とする選手が実弟のDFテオ・エルナンデスのみとなっている。右サイドバックでプレーするDFバンジャマン・パヴァールやDFジュール・クンデを左に回す形、3バックへの変更でウイングバックでのプレーが可能なFWキングスレー・コマンを起用するプランもあるが、ディディエ・デシャン監督はここまで大会期間中に非公開で行われたトレーニングマッチでカマヴィンガの左サイドバック起用を試している。 そして、『レキップ』は同監督がこのチュニジア戦でテオを温存し、カマヴィンガを左サイドバックで起用する可能性を主張している。 アスリート能力と戦術眼を兼ね備える20歳MFは、本職のセントラルを主戦場に中盤の全ポジションでプレー可能。先日にはスタッド・レンヌで同選手を指導したジュリアン・ステファン監督(現ストラスブール)が、ポジショニングやサイドバックとしての思考面を除き同ポジションで十分にプレー可能との見解を示していたが、左サイドバックでのワールドカップデビューは実現するのか…。 2022.11.29 23:44 Tue
twitterfacebook
thumb

必死のゴール主張もC・ロナウドはボールに触れておらず…公式球提供のアディダスが見解示す

ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの“幻のゴール”はやはり幻だった。 ポルトガル代表は28日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)のグループH第2節のウルグアイ代表戦を2-0のスコアで勝利し、最終節を残してグループリーグ突破を決めた。 同試合ではMFブルーノ・フェルナンデスが2ゴールを挙げてチームを勝利に導く活躍を見せたが、先制点に関してはチームメイトであるロナウドから物言いが入ることに。 後半立ち上がりの54分の先制点のシーンでは、左に流れたB・フェルナンデスがキックフェイントでDFのタイミングを外してクロスを供給すると、ゴール前に飛び出したロナウドがヘディングを試みるも、ボールには触れずにクロスがそのままゴール右隅に決まった。 公式記録では当初、ロナウドがわずかながら触ったとの判定でポルトガルのエースFWのゴールを支持も、その後にB・フェルナンデスのゴールに訂正された。 同試合後もロナウドはチームメイトに対して自身のゴールを訴え、B・フェルナンデスやフェルナンド・サントス監督も試合後にどちらのゴールだったか分からないと語るなど、非常に微妙な判定だった。 しかし、国際サッカー連盟(FIFA)と今大会の公式球『アル・リフラ』を提供するアディダスが、『ESPN』の取材に対して公式の見解を示し、ロナウドがボールに触れていなかったことをテクノロジーに基づいて説明した。 「ポルトガルとウルグアイの試合では、アディダスのアル・リフラの公式試合球に搭載されたコネクテッド・ボール・テクノロジーを使用して、試合の先制点でクリスティアーノ・ロナウドがボールに接触がないことを明確に示すことができました」 「私たちの測定値に「心拍」がないことからもわかるように、ボールにかかる外力は測定できませんでした。ボール内部の500Hz IMUセンサーにより、非常に正確な分析が可能になりました」 なお、今大会の試合球には、試合関係者にリアルタイムのデータを提供できる技術が組み込まれている。また、センサーを使用して選手が行うすべてのタッチをキャプチャし、7月に発表されたプレスリリースでは、「オフサイドの状況を知らせるだけでなく、不明確なタッチの検出を支援し、最終的にVAR意思決定プロセスの品質と速度を向上させる」とのボールタッチに関する情報も提供されていた。 今回、テクノロジーによって英雄エウゼビオが持つポルトガルのW杯通算ゴール記録(9点)に並ぶことができなかったロナウドだが、グループ最終節の韓国代表戦、決勝トーナメント以降の試合で偉業達成を目指す。 2022.11.29 23:19 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly