癌でもサッカーを続ける少年へ…プリシッチが“芋虫”パフォーマンスの理由を打ち明ける

2022.03.30 05:35 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーに所属するアメリカ代表FWクリスチャン・プリシッチが自身のゴールパフォーマンスの理由を明かした。イギリス『talkSPORT』が伝えている。

アメリカ代表の一員としてカタール・ワールドカップ(W杯)北中米カリブ海予選に臨んでいるプリシッチ。27日に行われたパナマ代表戦ではハットトリックの活躍を見せ、5-1の大勝に貢献。プリシッチはゴール直後、ピッチに横たわりながら体を波打つように動かす芋虫のパフォーマンスを披露していた。

プリシッチはこのパフォーマンスについて、試合前に出会った15歳の少年メイソン・オグル君に向けてのものだったと明かしている。

オグル君は癌の一種である骨肉腫と診断されながら、化学療法を受け、ヒザに人工関節をつけて学校のサッカーチームでプレーを続けており、この試合のマッチデーアンバサダーを務めていた。

「昨日、本当に特別な人に会ったんだ。彼の名前はメイソンで、僕が得点したら芋虫セレブレーションを見せてほしいというのが彼のリクエストだった。そのためのものだったんだ」

感動的な話だがチームメイトからは意外なところにツッコミが入っている。

FWヘスス・フェレイラは「ああなるは思ってもいなかった。その時僕は驚いたけど、興奮したよ。ゴールを決めたときに一番いいのはセレブレーションだと思うし、彼は芋虫セレブレーションをやってのけたから、8点くらいかな。10点は付けられないね、だって後ろに下がらなかったんだもん」と評価している。

さらに、MFポール・アリオラも「柔軟性だけなら5点かな。もう少し柔らかさがあった方がいい気がしたが、僕にはできないから、誰が判断するんだろうね?」とやや辛めの評価を下している。



1 2

関連ニュース
thumb

変化が見られた[4-2-3-1]、あと1試合で何を試し何を見せるのか/日本代表コラム

カタール・ワールドカップ(W杯)の開幕まで2カ月を切った中、日本代表はリスタート。メンバー発表前のラスト2試合に臨んでいる。 ドイツへ遠征した日本は、23日にキリンチャレンジカップ2022でアメリカ代表と対戦。結果は2-0で勝利を収めることに成功した。 アメリカが主軸選手をケガで書いていたこと、そして平均年齢が24歳と経験が浅かったことなど、数々のエクスキューズはあるが、相手に何もさせずに勝利できたことはプラス材料だ。 あまり手応えのない試合だったようにも見えるが、日本にとっては色々な発見があったと言える試合ではなかっただろうか。しっかりと本番に向けた準備を進められている印象があった。 <span class="paragraph-subtitle">◆システムの幅</span> この試合、森保一監督は[4-2-3-1]のシステムを採用して臨んだ。元々使っていたシステムだったが、アジア最終予選で結果が出ないという事態を受け、[4-1-4-1(4-3-3)]にシステムを変更。これが結果的にハマり、本大会の切符を掴んだ。 [4-1-4-1(4-3-3)]に変更してからは基本システムが変わった日本。中盤はアンカーに遠藤航(シュツットガルト)、インサイドハーフに守田英正(スポルティングCP)と田中碧(デュッセルドルフ)を配置。ボランチタイプの3人を中盤に並べ、1アンカー2インサイドハーフとも、3ボランチとも言えるシステムで戦った。 中盤の強度が上がり、ボール奪取の数も増え、攻撃は右サイドの伊東純也(スタッド・ランス)を軸に組み立てていった。 ただ、これは急場凌ぎの結果であり、結果が残ったという事実があるだけであり、日本代表の選手の構成から考えると最適とは言い難いシステムでもあった。 その森保監督は、6月の日本代表4試合で[4-1-4-1(4-3-3)]を継続。ただ、インサイドハーフに原口元気(ウニオン・ベルリン)、鎌田大地(フランクフルト)を配置するなど、選手を変更して試すことに。また、キリンカップのガーナ代表戦では[4-2-3-1]に戻し、堂安律(フライブルク)、久保建英(レアル・ソシエダ)、三笘薫(ブライトン&ホーヴ・アルビオン)を2列目に並べ、ダブルボランチを採用していた。 また、3バックも試し、[3-4-2-1]の形もトライ。最終予選を終えたことで、本番に向けて準備を進めていたが、アメリカ戦で辿り着いたのは[4-2-3-1]だった。 <span class="paragraph-title">◆変化が見られた[4-2-3-1]</span> ただ、この[4-2-3-1]も以前のものとは異なって見えた。配置こそ変わらずも、[4-1-4-1(4-3-3)]で戦って来たことが非常に生きていた。 まず、ボランチでコンビを組んだ遠藤と守田は横並びになったことで、よりコンビでのバランスを取ることに成功。その結果、よりボールを奪いに行く強度を高めることに成功した。互いにボールを奪い、時には2人で囲むというプレーも見せ、ドイツのデュエルキングとポルトガルの名門でレギュラーを張る2人の高いパフォーマンスが見られた。 さらに変化を感じたのは2列目の選手の意識だ。元々強度の高さを求める森保監督であったが、この試合で2列目に入った伊東、鎌田、久保の3人のプレスバックは非常に効いていた。 これは[4-1-4-1(4-3-3)]で生き残るために求められたものであることに加え、スタッド・ランス、フランクフルト、ソシエダとそれぞれのクラブで攻撃的なポジションを務めながら、クラブでも求められる能力だった。 それぞれが、代表、クラブで磨いたものであり、求められるものに応えようとした結果、中盤の5枚が非常にタイトな守備を見せ、アメリカを機能させなかった。 加えて言えば、1トップに入った前田大然(セルティック)も同様だ。スピードを生かしたプレス、ボール奪われた後のプレスバックと守備で貢献。攻撃面では今ひとつだったが、セルティックで求められているプレーの一端は見せられたと言える。 チームとして積み上げて来たもの、そしてクラブで各選手が成長したことで、その精度が高まったことは、アメリカ戦でも感じられた。 <span class="paragraph-title">◆増やしていきたいオプション</span> そしてアメリカ戦ではオプションも試すことができた。 病み上がりの酒井宏樹(浦和レッズ)は非常に高いパフォーマンスを見せたが、ハーフタイムで交代。そこで右サイドバックに入ったのは、山根視来(川崎フロンターレ)ではなく冨安健洋(アーセナル)だった。 これまでであれば山根との交代になっていたはずだが、クラブでサイドバックを務める冨安を右SBに配置。その冨安は、伊東との縦関係で何本か良いパスを供給。さらに、アーセナルで培ったビルドアップのうまさも随所に見せた。久々のCBでも高いパフォーマンスを前半見せていたことを考えると、2つのポジションを高いレベルで務められるという武器を手にしたと言える。アメリカ戦のみでチームを離れたが、あとはケガをせずに2カ月を過ごしてもらいたいところだ。 また、流れの中だと感じられるが、攻撃時には遠藤が降りての3バックになる形も何度か見られた。冨安と左サイドバックの中山雄太(ハダースフィールド・タウン)が高い位置を取り、[3-4-3]のような形になる場面があった。相手の陣形を崩すこと、試合中に対応するという点では、進化しているとも言えるだろう。 他にもトップ下でありながらフランクフルトでのパフォーマンスと同様にボックス内に積極的に飛び出す姿も見られ、最も得点チャンスを作っていたのが鎌田だった。それぞれが、しっかりと戦い方を理解し、クラブで積み上げたものを発揮できたという点で、良い試合になったと言える。 残すは27日のエクアドル代表戦。本大会ではドイツ代表、コスタリカ代表、スペイン代表と実力国と対戦するだけに、相手の力はこんなものではない。まだまだ精度を上げる必要はあるが、ひとまずはポジティブな変化が見られた試合と言って良いだろう。 《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》 2022.09.24 23:10 Sat
twitterfacebook
thumb

「ペンキをこぼした?」日本代表に敗れたアメリカ、新ウォームアップウェアにも賛否「見栄えはする」

アメリカ代表のトレーニングウェアのデザインは、賛否が分かれているようだ。 23日、ドイツのデュッセルドルフ・アレーナで行われたキリンチャレンジカップ2022、日本代表vsアメリカ代表は、MF鎌田大地(フランクフルトとMF三笘薫(ブライトン&ホーブアルビオン)がゴールを決め、2-0で快勝した。 日本にとっては新ユニフォームのお披露目試合となったが、同じくアメリカもこの日が新たなキットのデビュー戦に。また、ウォーミングアップ用のウェアも、新たなデザインのものが採用された。 これまでの単一青とは打って変わって、白地に青と赤の絞り染めグラフィックを使用。非常に目を惹くデザインとなった。ただ、評価は分かれているようだ。 肯定派から「それを本番用のジャージにできますか?」、「WC用よりは優れている」、「こっちの方が見栄えはする」と、新ユニフォームよりもこちらがいいという意見が上がった。 対照的に否定的なコメントとしては「ただのレジャーウェアだと思っていました」、「ジャクソン・ポロックによる春物かと」、「トレーニングキットも台無し」、「ホーム&アウェイも含めて5歳児が作ったんだ」、「誰の子がペンキをこぼしたん?」、「血痕を隠すために設計されている」など、抽象表現主義の絵画から子供遊びといったの声が届いている。 試合も敗れ、マイナスのイメージが先行してしまったアメリカの新キット。「アメリカのキットはひどいので、日本のジャージを着ざるを得ない」、「今日のプレーが悪かったのはナイキのせいだ」などと、愚痴をこぼさずにはいられないようだ。 <span class="paragraph-title">【動画&写真】「ペンキをこぼした?」「血痕を隠す設計」と揶揄されたアメリカのウォームアップウェア</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Let’s go to work <a href="https://t.co/6FZhfQ6Xkm">pic.twitter.com/6FZhfQ6Xkm</a></p>&mdash; U.S. Men&#39;s National Soccer Team (@USMNT) <a href="https://twitter.com/USMNT/status/1573279549017686017?ref_src=twsrc%5Etfw">September 23, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">New kits, new pre-match gear.<br><br>Get your <a href="https://twitter.com/nikefootball?ref_src=twsrc%5Etfw">@nikefootball</a> x <a href="https://twitter.com/VW?ref_src=twsrc%5Etfw">@VW</a> pre-match swag here » <a href="https://t.co/qgDgPXRvCO">https://t.co/qgDgPXRvCO</a> <a href="https://t.co/ezpoOPge2K">pic.twitter.com/ezpoOPge2K</a></p>&mdash; U.S. Men&#39;s National Soccer Team (@USMNT) <a href="https://twitter.com/USMNT/status/1573282664114692096?ref_src=twsrc%5Etfw">September 23, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.24 16:45 Sat
twitterfacebook
thumb

「日本を大いに評価したい」敗戦を受け入れるアメリカ代表監督、日本代表戦をどう見た?

アメリカ代表のグレッグ・バーホルター監督が、日本代表戦を振り返った。『ESPN』が伝えた。 23日、キリンチャレンジカップ2022で日本はアメリカと対戦。ともにカタール・ワールドカップ(W杯)に出場する国同士の対戦となった。 アメリカはキャプテンでエースのクリスチャン・プリシッチ(チェルシー)が負傷のためにメンバー外。スターティングメンバーの平均年齢は24歳143日ということで、非常に若いメンバー構成となった。 立ち上がりは勢いを持って日本陣内に攻めていったアメリカだったが、強度の高い中盤のプレスと、攻撃面での精度の低さから徐々に日本のペースに。すると鎌田大地がネットを揺らして先制を許す。 後半メンバーを変えて徐々にペースを取り戻しにいき、何度かゴールに迫るも奪えず。終盤に三笘薫にネットを揺らされ、2-0で敗れることとなった。 試合後、バーホルター監督は日本戦を振り返り、日本を評価すべきだとした。 「やらなければならないことはある。明らかに改善をする必要があるが、全体としてこのチームにとっては良い経験になった」 「日本を大いに評価したいと思う。彼らは良いゲームをしたと思うし、我々に苦労をかけた」 「時折我々は試合に入ることができ、良いパフォーマンスを見せた。ただ、90分間を通してみれば、もっと上手くやれたはずだ。十分ではなかった」 また、選手のフィジカル面が出せていないことを指摘。ミスから日本にペースを渡してしまったと振り返った。 「ワールドカップが近いことと関係があるかはわからないが、選手たちはフレッシュには見えなかった。フィジカルのアウトプットで、我々は一歩遅れているように見えた」 「そうなってしまうと難しい。日本のようなチームが相手では罰を受けることとなる」 「後半は調整し、試合をよりコントロールできるようになり、ライン間のパスも多くなった。ただ、前半は、ボールに対する落ち着きのなさ、愚かなギブアウェイが目立ってしまった」 「まずまずの立ち上がりを見せ、相手を立て直すことができた。ただ、その後、続け様にボールを与えてしまい、思い描いていた展開にはならなかった」 アメリカはこの後スペインへと移動し、27日にサウジアラビア代表と対戦する。 <span class="paragraph-title">【動画】鎌田大地がダイレクトシュートで日本が先制!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/jfa_samuraiblue?ref_src=twsrc%5Etfw">@jfa_samuraiblue</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/jfa?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#jfa</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/daihyo?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#daihyo</a> <a href="https://t.co/o6Zsc7P55h">pic.twitter.com/o6Zsc7P55h</a></p>&mdash; フジテレビサッカー (@cxfootball) <a href="https://twitter.com/cxfootball/status/1573295973287137281?ref_src=twsrc%5Etfw">September 23, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.24 16:25 Sat
twitterfacebook
thumb

「傑出している」角度や露出で印象変わる!日本代表新ユニに米メディア着目、舞い上がる折り鶴模様がくっきり「最高のキット」

アメリカメディアが日本代表のユニフォームに脚光を当てている。 日本代表は23日、ドイツのデュッセルドルフ・アレーナで行われたキリンチャレンジカップ2022でアメリカ代表と対戦。前半にMF鎌田大地(フランクフルト)、後半終了間際にMF三笘薫(ブライトン&ホーブアルビオン)がゴールを決め、2-0で快勝した。 敗れたアメリカの大手『ESPN』は、先制点を挙げて喜ぶ鎌田の姿をピックアップ。「日本のワールドカップキットはクリーンだ」と伝えた。 折り鶴からヒントを得た「ORIGAMI」をコンセプトとしている日本のユニフォーム。これまでは斜線部分の模様がやや控えめに見えていたが、この写真では、折り鶴が空に舞い上がるイメージをはっきりと見て取ることができる。 海外のサッカーファンからも多数の好意的なコメントが寄せられており、インターネット上には「今年のベストキットの1つ」、「最高です」、「大好きです!買いたい!!」、「新鮮」、「傑出している」、「日本とナイジェリアは常に最高のキットを持っている」、「キットが優れているから日本が勝った」といった声が届いている。 角度や露出の影響によって大きく印象の変わる日本の新ユニフォーム。まさしく「日本を、歓喜で染めろ。」というメッセージの通り、歓喜の瞬間にはここまで映えるようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】イメージ変わる?米メディアが注目した日本の新ユニフォーム、鎌田歓喜の瞬間</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Ci2dWU8MbaF/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Ci2dWU8MbaF/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Ci2dWU8MbaF/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ESPN FC(@espnfc)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.09.24 15:25 Sat
twitterfacebook
thumb

先制ゴールの鎌田大地「もう少し早めに2点目を取れれば」と反省もゴールに喜び「日本代表でのゴールは格別」

日本代表のMF鎌田大地(フランクフルト)が、アメリカ代表戦の勝利を振り返った。 23日、日本はドイツのデュッセルドルフで行われたキリンチャレンジカップ2022でアメリカと対戦した。 カタール・ワールドカップまで2カ月、メンバー発表前の最後の2試合となった今回の活動。日本は、[4-2-3-1]のシステムでアメリカに臨んだ。 試合は立ち上がりから日本が主導権を握ると、鎌田のゴールで先制。一度はオフサイドで取り消されたが、VARチェックの結果認められて先制した。 その後も日本がペースを握ると、選手交代をしながらも危なげなく戦う展開に。鎌田は先制のシーン以外にも何度か決定機を迎えたが、GKマット・ターナーの好セーブを前にゴールを奪えなかった。 それでも、終盤には途中出場の三笘薫もゴールを決めて、2-0で日本が勝利を収めている。 試合後のフラッシュインタビューに臨んだ鎌田は「今日僕自身、凄い得点チャンスが多かったので、決められて良かったですが、もう少し早めに2点目を取れれば、チームは楽になれてたと思います」とコメント。「点は取れて良かったですが、もう少し、シュートを決められるようにならなければと思います」と、決定機をもっと決めたかったとした。 自身もプレーするドイツでの日本代表としてのゴールについては「ドイツだけじゃなく、場所はどこでも日本代表でのゴールは格別です」と語り、「ゴールが取れて良かったです」と、今季の好調ぶりを日本代表でも示たことを喜んだ。 日本は27日にエクアドル代表と対戦。メンバー発表前のラストマッチを戦う。 <span class="paragraph-title">【動画】鎌田大地がダイレクトシュートで日本が先制!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/jfa_samuraiblue?ref_src=twsrc%5Etfw">@jfa_samuraiblue</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/jfa?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#jfa</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/daihyo?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#daihyo</a> <a href="https://t.co/o6Zsc7P55h">pic.twitter.com/o6Zsc7P55h</a></p>&mdash; フジテレビサッカー (@cxfootball) <a href="https://twitter.com/cxfootball/status/1573295973287137281?ref_src=twsrc%5Etfw">September 23, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.24 00:15 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly