サラーOG誘発のエジプトがセネガルに先勝! 本大会行き懸けた初戦はいずれも拮抗《カタールW杯アフリカ予選》

2022.03.26 06:36 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
カタール・ワールドカップ(W杯)アフリカ予選最終ラウンドの1stレグが25日に行われた。

グループステージを勝ち抜いた10カ国が、5つの対戦カードに分かれ、ホーム&アウェイで争う運命の最終ラウンド。

奇しくも先日のアフリカ・ネーションズカップ決勝と同じ対戦カードとなったエジプト代表vsセネガル代表は、ホームのエジプトが1-0で先勝した。
エジプトがサラー、エルネニー、トレゼゲ、セネガルがマネ、クリバリ、GKメンディと主力を起用した中、試合は早い時間帯に動く。開始4分、モスタファ・モハメドのヘディングパスに抜け出したサラーがボックス内でシュートを放つと、GKメンディが触ってクロスバーを叩いたボールがDFシスに当たってゴールネットに吸い込まれた。

不運なオウンゴールに加え、10分過ぎにはDFアブドゥ・ディアロが負傷交代する苦境に立たされたセネガルだが、時間の経過と共に相手を押し込んでいく。ただ、中央のスペースを徹底的に消す相手に対して、マネやイスマイラ・サールの両翼がなかなか良い形で仕掛けられず、攻撃が停滞。その中でセットプレーやロングカウンターでチャンスを窺うが、決定機まであと一歩という状況のまま前半を終えた。

後半は前半以上に相手を押し込むセネガルは、立ち上がりの49分にマネにビッグチャンス。ブナ・サールの右CKをマネがダイビングヘッドで合わすが、これはGKの好守に遭う。

後半半ばから終盤にかけても試合展開に大きな変化はなし。リスクを冒して前に出るセネガルだが、アタッキングサードでのアイデア、精度を欠きエジプトの堅守をこじ開けられない。

その後、試合終盤にかけては前がかるアウェイチームに対して、エジプトのカウンターが嵌り始めるが、途中出場のマーモウシュのシュートやサラーのポストワークを起点とした攻めは不発に終わった。

結局、試合はこのままタイムアップを迎え、ネーションズカップのリベンジを果たしたエジプトがホームで先勝した。

同じくW杯本大会の常連であるガーナ代表とナイジェリア代表の一戦は、0-0のドローに終わった。

ガーナがトーマス、アマルティ、代表デビューのアフェナ=ギャン、ナイジェリアがオシムヘン、イヘアナチョ、チュクウェゼらを起用して臨んだ試合。ホームのガーナがボールを握って押し込み、ナイジェリアがオシムヘンを起点にカウンターで応戦する状況が続く。

前半はガーナペースで進むも、ナイジェリアの集中した守備を前に決定機に持ち込むまでには至らず。0-0で折り返した試合は後半序盤にナイジェリアにビッグチャンス。55分、ボックス左に抜け出したサイモンがGKと一対一を迎えるが、ここは相手GKにうまくコースを消されて先制点を奪うことはできなかった。

その後、試合は完全に膠着状態に陥る。徐々に劣勢のナイジェリアは代表デビューのルックマンを投入するなど、0-0を意識しながらもカウンターの脅威をチラつかせる。

結局、試合はこのまま0-0でタイムアップを迎え、敵地でドローに持ち込んだナイジェリアがややアドバンテージを得て4日後のリターンレグに臨むことになった。

カメルーン代表とアルジェリア代表の強豪対決は、アウェイのアルジェリアが1-0で先勝した。試合を通して一進一退の攻防を見せたが、アルジェリアは前半終盤の40分にベライリのFKをスリマニがゴール前で競り勝って強烈なヘディングシュート。GKオナナの手を弾いたボールがゴールネットを揺らす。以降はカメルーンが攻勢を仕掛けたが、アウェイチームの堅守を前になかなか決定機まで持ち込めぬまま試合はタイムアップを迎えた。

元日本代表監督のハリルホジッチ監督が率いるモロッコ代表は、アウェイで戦ったDRコンゴ代表戦を1-1のドローで終えた。前半に先制を許したモロッコは、後半立ち上がりに得たPKを失敗。それでも、後半半ば過ぎの76分にティソウダリが挙げたゴールによってドローに持ち込んでいる。

なお、ホームとアウェイを入れ替えて行われる2ndレグは29日に開催される。

◆アフリカ予選最終ラウンド 1stレグ結果

▽3/25(金)

DRコンゴ代表 1-1 モロッコ代表
カメルーン代表 0-1 アルジェリア代表
マリ代表 0-1 チュニジア代表
エジプト代表 1-0 セネガル代表
ガーナ代表 0-0 ナイジェリア代表


関連ニュース
thumb

敗退危機のベルギー、ルカクがクロアチア戦で先発か

インテルのベルギー代表FWロメル・ルカクが12月1日に行われるカタール・ワールドカップ(W杯)グループF最終節クロアチア代表戦で先発する可能性があるようだ。ベルギー代表を率いるロベルト・マルティネス監督がベルギー『RTBF Sport』に語った。 度重なるケガに見舞われトップコンディションをなかなか取り戻せずにいるルカク。ただ、0-2で敗れた27日のモロッコ代表戦では後半36分から途中出場していた。 そのルカクについてマルティネス監督は以下のように述べた。 「どのチームでも影響力のある選手がピッチに居る必要がある。ロメルが戻ってきてくれて嬉しいよ。選択肢は多ければ多いほど良い。残り2日のトレーニングの様子を見てロメルがクロアチア戦で先発できるか見てみたい」 モロッコに敗れて1勝1敗の3位ベルギーは、首位クロアチアに勝利すれば逆転でのグループズテージ突破となる。 2022.11.29 07:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ブルーノ2ゴールのポルトガルが連勝でGL突破! 惜敗ウルグアイは最下位からの逆転突破期す《カタールW杯》

カタール・ワールドカップ(W杯)のグループH第2節、ポルトガル代表vsウルグアイ代表が28日に行われ、ポルトガルが2-0で勝利した。 優勝候補ポルトガルは、ガーナ代表との初戦をクリスティアーノ・ロナウドの男子W杯史上初の5大会連続ゴールなどで3-2と競り勝って白星スタートを飾った。連勝でのグループリーグ突破を目指すフェルナンド・サントスのチームは前節から先発3人を変更。負傷のダニーロとオタビオに代えてペペとウィリアム・カルヴァーリョ、ラファエル・ゲレイロに代えてヌーノ・メンデスを起用した。 一方、韓国代表との拮抗した初戦を0-0のドローで終えたウルグアイ。グループ本命相手に今大会初白星を目指した一戦では初戦から先発3人を変更。カセレス、ペリストリ、ルイス・スアレスに代えてコアテス、バレラ、カバーニを起用。並びを[4-3-3]から守備的な[3-5-2]に変更した。 ボールを握るポルトガル、堅守速攻で応戦するウルグアイと立ち上がりから構図が明確となった中、キックオフ直後から球際で激しい攻防が繰り広げられる。 開始3分にオリベラ、カルヴァーリョとシュートを打ち合うが、以降はフェリックスとクリスティアーノ・ロナウドの2トップが起点を作るポルトガルが多くのシュートシーンを創出していく。 一方、押し込まれることは織り込み済みも、なかなか狙いとするカウンターを繰り出せないウルグアイ。それでも、32分にはベンタンクールがハーフウェイライン付近から見事な縦への仕掛けをみせ、ボックス内に侵入。だが、GKとの一対一はジオゴ・コスタのビッグセーブに阻まれる。この絶好機を逸したものの、流れを掴んだセレステはベンタンクールの攻撃参加を生かして以降もゴールへ迫る。 前半終盤に入ってメンデスの負傷によってラファエル・ゲレイロのスクランブル投入を余儀なくされたポルトガルは、引いた相手に対してやや強引にフィニッシュへ持ち込むが、決定機まであと一歩という状況のまま前半終了を迎えた。 ゴールレスで折り返した後半も一進一退の攻防が続く。立ち上がりのカウンターチャンスをフェリックスが決め切れなかったポルトガルだが、意外な形からゴールをこじ開ける。 54分、左に流れたブルーノ・フェルナンデスがキックフェイントでDFのタイミングを外してクロスを供給すると、ゴール前に飛び出したロナウドのヘディングは不発も、クロスがそのままゴール右隅に決まった。 不運な形で失点したウルグアイは62分にベシーノとゴディンを下げてデ・アラスカエタ、ペリストリと2人のアタッカーを投入。この交代で[4-4-2]に並びを変更。ここから攻勢を強める。 以降はウルグアイがカウンターに加え、遅攻でも相手ゴールに迫るシーンを作り出す中、後半半ばに両ベンチが動く。1点リードのポルトガルはネヴェスを下げてレオンを投入し、カウンター色を強める[4-3-3]に変更。一方、押し切りたいウルグアイはカバーニとヌニェスを下げてスアレス、マキシ・ゴメスを同時投入した。 すると、この交代で勢いを増したウルグアイはここから続けてビッグチャンスを創出。まずは75分、右サイドのペリストリから横パスを受けたペナルティアーク付近のマキシ・ゴメスが右ポスト直撃のシュート。さらに、FKからゴール前で収めたスアレスの左足シュート、79分にはバルベルデのスルーパスに抜け出したデ・アラスカエタのチップキックでゴールに迫るが、GKジオゴ・コスタの好守などに阻まれる。 何とかこのピンチを凌いだポルトガルはガーナ戦に続き終盤の82分に3枚替えを敢行。ロナウド、フェリックス、カルヴァーリョを下げてマテウス・ヌネス、ゴンサロ・ラモス、パリ―ニャの投入で逃げ切り態勢に入る。この交代でうまく試合を落ち着かせると、試合終了間際に決定的な2点目を奪い切る。 89分、B・フェルナンデスがボックス手前で出したスルーパスの対応に当たったDFヒメネスの手にボールが当たると、オンフィールド・レビューの結果、ポルトガルにPKが与えられる。これをキッカーのB・フェルナンデスが冷静に決め切った。 この2点目で勝利を決定づけたポルトガルは9分が加えられた後半アディショナルタイムにもB・フェルナンデスが2度の決定機でハットトリックに迫ったが、相手GKの好守とポストに嫌われる。 それでも、相手の攻撃を無失点で凌ぎ切ったポルトガルが2連勝でグループリーグ突破を決定した。 なお、首位通過を目指すポルトガルは12月2日に3位の韓国と、最下位のウルグアイは2位のガーナとの最終節に臨む。 ポルトガル代表 2-0 ウルグアイ代表 【ポルトガル】 ブルーノ・フェルナンデス(後9) ブルーノ・フェルナンデス(後48[PK]) 2022.11.29 06:05 Tue
twitterfacebook
thumb

ガーナに打ち負けた韓国、アシスタントコーチは「勝利に値した」と胸を張る

韓国代表は28日、カタール・ワールドカップ(W杯)グループH第2節でガーナ代表と対戦し、2-3で惜敗した。 立ち上がりから主導権を握っていた韓国だったが、2つの決定機を確実に決められて0-2でハーフタイムへ。後半に入り、FWチョ・ギュソンの2発で追いつくも、MFクドゥスにこの試合2ゴール目を決められ、2-3で競り負けた。 試合終了後にはパウロ・ベント監督が主審に激昂してレッドカードが提示され、最終節ポルトガル代表戦はベンチ入り禁止となった。試合後の会見にはアシスタントコーチのセルジオ・コスタ氏が出席した中、敗戦は内容に相応しいものではないと強調した。 「後半は主導権を完全に取り戻し、スコアもタイとした。多くのチャンスを作ったし、結果は完全に不公平なものだ。ドローですらそう思えた。我々は勝利に値した。勝つために必要なことは全てやった。ピッチで全力を尽くしたことを誇りに思うべきだ。次のポルトガル戦に期待して欲しい」 1分け1敗となった韓国は最下位に転落。グループズテージ突破のためには最終節ポルトガル戦は必勝となった。 2022.11.29 05:30 Tue
twitterfacebook
thumb

カゼミロの終盤弾でブラジルが堅守スイス撃破、連勝でGS突破《カタールW杯》

カタール・ワールドカップ(W杯)グループG第2節、ブラジル代表vsスイス代表が28日に行われ、1-0でブラジルが勝利した。 初戦のセルビア代表戦をリシャルリソンの2発で快勝としたブラジルは負傷交代のネイマールが欠場に。代わってフレッジが先発となった。 一方、カメルーン代表との初戦をエンボロ弾で制したスイスは、カメルーン戦のスタメンからシャキリに代えてリーダーを起用した。 立ち上がりからブラジルが押し込む展開とするも、スイスの統制の取れた守備ブロックをなかなか崩すことができない状況が続いた。 そんな中27分、最初のシュートでゴールに迫る。右サイドからのハフィーニャのクロスをヴィニシウスがボレー。だが、シュートはGKゾンマーにセーブされた。 前半半ば以降もブラジルがポゼッションする展開となったが、スイス守備陣の集中した守備の前に好機は作れず前半をゴールレスで終えた。 膠着した前半を終えて迎えた後半、パケタに代えてロドリゴを投入したブラジルが前半同様に押し込む展開で立ち上がっていく。 スイスの徹底した守備に苦戦していた中、64分にはヴィニシウスがGKとの一対一を決めきるシーンを作ったが、VARでオフサイド判定となり、ゴールが取り消しに。 その後、ガブリエウ・ジェズスとアントニーを投入して打開を試みたブラジルは終盤の83分に均衡を破る。ロドリゴのダイレクトパスからボックス左にいたカゼミロが右足ダイレクトでシュートを決めきった。 終盤にかけてはブラジルが試合をコントロール。スイスの反撃を許すことなくシャットアウト勝利とし、2連勝でグループズテージ突破を決めている。 2022.11.29 02:56 Tue
twitterfacebook
thumb

ブラックスーツにゴールドの組み合わせ、ブラジル代表ヴィニシウスが『GOLDEN CONCEPT』との新コラボ製品を公開

カタール・ワールドカップ(W杯)に参戦中のブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオール(レアル・マドリー)がコラボレーション製品を公開した。 24日のセルビア代表戦に先発し、W杯デビューを果たしたヴィニシウス。73分には右足アウトサイドのクロスでリシャルリソンのゴールをアシストした。 ヴィニシウスは今年6月にライフスタイル・ラグジュアリーブランド『GOLDEN CONCEPT』公式アンバサダーへ就任。同ブランドは2015年にスウェーデンで設立され、ハイテク素材とラグジュアリーを融合させた高級Apple Watchケースなどのサードパーティーを展開している。表参道にも旗艦店を展開しており、7月には実業家のROLAND(ローランド)氏とのコラボレーション製品も限定数で販売された。 ヴィニシウスは27日に自身のインスタグラムを更新。ブラックスーツにゴールドを組み合わせ、今月発表されたばかりの新製品を紹介している。 新コラボ製品はワールドカップ(W杯)を意識。素材には耐久性に優れた316Lステンレススチールを使用。表面にはトロフィーと同じ素材の18Kゴールドでメッキされたロイヤルエディションだ。 生産数は世界限定222本で、バックケースにはヴィニシウスのサインとシリアルナンバーが刻印。ケースの価格は14万3000円で、現在予約を受け付けている。 これまでのコレクションでは装着にネジを必要としたが、ロイヤルエディションではねじが不要に。フロントベゼルに「ハッチベゼル」を採用し、サイドに付属するボタンを押すだけで、Apple Watchのケースへの取り付け・取り外しが簡単に行えるようになっている。 <span class="paragraph-title">【写真】ブラックスーツにゴールドの組み合わせ、ヴィニシウスが『Golden Concept』との新コラボ製品を公開</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Clb1dqxS2EZ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Clb1dqxS2EZ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Clb1dqxS2EZ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Vinicius Jr. (@vinijr)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.11.29 00:50 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly