「紛れもなく特別なもの」キャプテンマークを語る横浜FMの喜田拓也、「いかに勝たせるかがマリノスのアイデンティティ」とチームのメンタリティを明かす

2022.03.18 23:45 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
横浜F・マリノスのMF喜田拓也が、サガン鳥栖戦を振り返った。

18日、明治安田生命J1リーグ第5節で横浜FMと鳥栖がニッパツ三ツ沢球技場で対戦した。

気温は5.8℃、激しい雨が降り頻る中での試合は、立ち上がりこそ両チームが特徴を出して戦おうとする。しかし、雨足が強まり、ピッチコンディションが悪化。互いにポゼッションとビルドアップができない状態となる。
ハーフタイムを挟むと、さらに雨は激しくなり、ピッチ上では水溜りが所々にできる状況。よりパスを繋げなくなった両者のスペクタクルさは失われ、背後を狙ったロングボール対決に。特徴をどちらも出せないまま、低調な試合はゴールレスドローに終わった。

喜田は難しいコンディションでの試合を振り返り、「普通ではない状況の中で、僕らは勝ちだけを目指して戦いました」とコメント。「結果として引き分けに終わりましたが、普通であればこんな日もあるというところで片付けたいところではあると思いますが、僕らはもっともっと成長していきたいですし、最後に大きなものを掴みたいと思っているので、この中からでも成長できる材料、伸ばしていけるところ、手応えをしっかり整理して次に進みたいと思います」と、評価が難しい内容の試合でも、課題を見つけていきたいとした。

また「この中でも、チームメイト、スタッフの方、寒い中でもファン・サポーターもたくさん足を運んでくれました。みんなの勝利に対する熱量や姿勢は非常に大きなものがありましたし、この姿勢は必ず次につながっていくと感じました」と、ファン・サポーターを含むグループでの勝利を目指す力はついてきたとし、「ポイントは1ポイントでしたが、必ず次に繋げられる部分はありますし、この中からでも次勝ちに繋げていける材料は必ずあると思うので、チームの成長に繋げていければと思います」と、次戦以降の勝利に意欲を燃やした。

喜田は開幕3試合フル出場を果たしたが、ケガもありその後の3試合を欠場。この試合が復帰戦となった。

「復帰から時間が経っていないのは事実です」と語り、万全ではない状態での出場となった喜田は「ピッチに立つ以上はコンディションや他の要素があっても、それを言い訳にするつもりは1ミリもなかったですし、ピッチに立つ以上は自分の体が壊れても勝ちに行く姿勢を見せなければいけないというのは、この試合だけじゃなく常に思っていることですし、ピッチに立つ者の責任だと思います」と、体の状態を言い訳にはしないと語った。

また「このクラブでピッチに立つということが、どういうことか自分もわかっているつもり」と語る喜田。「出られない仲間もいますし、その中でもチームの勝ちのために支えてくれる仲間がいて、ピッチに送り出してくれるので、その想いに応えないことはないですし、そういう気持ちで今日も臨みました」と、仲間の分も背負って戦うためにピッチに立っていると語った。

試合は引き分けに終わったが、「1ポイントに誰も満足していないですし、勝ち続けて成長していきたいと思っているので、そこに対しては満足はないですけど、ポジティブな内容があったのも事実なので、次に繋げていきたいと思います」と今後の戦いに生かしていきたいとした。

キャプテンを務める喜田だが、不在の間キャプテンマークを巻いたDF松原健やDF小池龍太は気迫がこもっていた。彼らのリーダーシップについては「上から物を言うつもりはないですが」と前置きをしながら、「彼らと直接話もしました。よくキャプテンマークがあってもなくてもという話を見たり聞いたりしますが、僕にとってそんなことはなく、紛れもなく特別なもので、ものすごいパワーを持ったものです。それだけのものだと思います」とキャプテンマークの重みについて語った。

それを巻いた選手たちについては「彼らが僕はチームのキャプテンとしてやらせてもらっていますが、また違った難しさ、責任があることを彼らも感じたと思います。1試合だろうが、2試合だろうが、横浜FMでキャプテンマークを巻いて試合に出ることの覚悟や責任感、特別さを彼らも感じくれていたようです」と、実際に巻いて重みを感じていたと言い、「それはポジティブなことです。チームへの想いや姿勢を彼らも十分表現してくれたと思いますし、心強いというか、彼らとそういう話ができることも当たり前のことじゃないと思います。そういうことがわかっている彼らの力でもあり、普段からそういうことを思ってくれていないとそういう話もできないですし、チームとしても大きなことで、僕としても嬉しく、心強く思っていました」と、チームへの想いを他の選手もしっかりと持っていることがポジティブだとした。

ここまでの成績については「勝ち続けて成長していきたいというのがあるので、伸び代はまだ物凄くあるなと。満足は一切誰もしていなく、勝利、勝ち点への執着はあると思います」と語り、色々な選手が出場したことについては「チームとしてはこれ以上ないポジティブなことだと思います」と、多くの選手がピッチに立っての成績は良かったとした。

ただ、そもそも出場するかどうかと言うことが基準にないと喜田は主張。チームとして、そのレベルで話をすることはなく、全員が常に勝つために何ができるかを考えているとした。

「僕らもそうですし、僕自身もそうですし、試合に出ている出ていないという軸で物事を話すつもりは一切ないです」

「周りの評価、捉え方としては試合に出ているか出ていないかは大事かもしれないですが、マリノスというチームの中ではそこが大きなウェイトを占めるというよりは、僕らがいるのはチームを勝たせるため。それぞれ、ピッチに立つ、立たないということはありますが、チームをいかに勝たせるかがマリノスのアイデンティティとして根付いているので、その結果が、ここまで繋がりつつあるなと思っています」

「僕自身のことで言えば、チームのキャプテンということで、自分が出ている出ていないという軸で物事を話すことはこれからもないです。いつどんな時でもチームを勝たせるキャプテンでいたいと思っています」

「生半可な気持ちで横浜FMのキャプテンを務めているつもりは一切ないので、必ずチームを勝たせるキャプテンでいたいです」

「チームメイト、スタッフ、サポーターとこのチームを誰よりも信じて愛している気持ちはあるので、そこは僕だけが持っていても意味ないですし、みんなが持ってくれていることも凄く感じるのでやりがいもありますし、これから先の楽しみにつながっています。それを1番わかりやすい成績、結果に直結させていくためにどうするかは、また考えながら進んでいきたいと思います」

関連ニュース
thumb

連覇経験の北澤豪氏が「FUJIFILM SUPER CUP 2023」のアンバサダー就任、見所は「マリノスは勝たなければいけない状況、甲府がどう試合に入るか」

Jリーグは3日、「FUJIFILM SUPER CUP 2023」の開催概要を発表した。 新シーズンの幕開けを告げる大会。2022シーズンの明治安田生命J1リーグ王者の横浜F・マリノスと天皇杯王者のヴァンフォーレ甲府が対戦する。 3年ぶり6度目の出場となる横浜FMと初出場となる甲府の一戦。甲府はJ2勢として2チーム目の出場となる。 今大会は30回目のスーパーカップとなり、2月11日(土・祝)の13時35分から国立競技場で開催。2014年以来9大会ぶりに国立競技場で開催される。なお、日本テレビ系で全国生中継。優勝チームには3000万円、準優勝チームには2000万円の賞金が贈られる。 3日には記者会見が行われ、大会アンバサダーにはヴェルディ川崎(現:東京ヴェルディ)のOBで3大会出場し2度優勝を果たしている元日本代表MFの北澤豪氏が就任した。 北澤氏は大会の見所に関して「カテゴリ違いでマリノスは勝たなければいけない状況。試合を面白くするのはヴァンフォーレがどうやって試合に入るか」とコメント。甲府については「キャンプではカテゴリの差を感じないぐらい個々のクオリティがありました。練習を見ていてもイージーなミスがない選手が多い。また、ピーター・ウタカを獲って、ゴール前で時間が作れるということもある。監督が代わってシステムが変わる中で、どう落とし込んでいくのかが注目」と分析した。 また、横浜FMに関しては「マリノスは強度が高いです。インテンシティが維持されているのでトレンドになるサッカーをしてくれるのは、世界を見させてくれて楽しみです」と、J1王者としての戦いぶりにも注目した。 また、今大会ではシャレン!(Jリーグ社会連携)活動であるサステナブルアクションを実施。各家庭で使いきれない未使用食品を持ち寄り、まとめて地域の福祉施設や団体へ寄贈するフードドライブ、小型家電回収、衣類回収などを実施。その他にも、障害者就労体験プロジェクト、センサリールームの設置などが実施される。 2023.02.03 12:15 Fri
twitterfacebook
thumb

横浜FMvs甲府のスーパー杯で「JO1」のメンバー5名がハーフタイムにライブ開催!オリジナルパフォーマンスを披露

Jリーグは2日、11日に行われる「FUJIFILM SUPER CUP 2023」のハーフタイムに、JO1がライブを開催することを発表した。 ハーフタイムにライブを行うのは、川西拓実、木全翔也、河野純喜、佐藤景瑚、豆原一成の5名となる。 今回のパフォーマンスは、大会限定のオリジナルパフォーマンスとなる。 JO1は、日本最大級のオーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN」で、番組視聴者である“国民プロデューサー”累計約6500万票の投票により選ばれた11人組グローバルボーイズグループ。昨年、大晦日には「第73回NHK 紅白歌合戦」への初出場を果たし、日本国内外で非常に高い注目を集めている。 パフォーマンスを行う5名はコメントしている。 ●川西拓実 「まさかこのような大会で、自分たちがライブをさせていただけるとは思っていませんでした。貴重な機会をいただき、本当にありがとうございます。 選手の方々とファン・サポーターの皆さんと一緒に盛り上げられるように頑張ります!」 ●木全翔也 「昔僕もサッカーをしていてJリーグに憧れていたので、こういった形で応援に参加することができて本当に嬉しいです!僕自身も、皆さんも楽しめるよう準備していきます!!宜しくお願いします!」 ●河野純喜 「今回FUJIFILM SUPER CUP 2023のハーフタイムでのパフォーマンスをさせていただくことになり本当に嬉しく思います。毎年熱い戦いを楽しみにしていたので、今回その戦いをもっと熱く、僕たちらしく盛り上げられたらなと思います。みなさんぜひ会場でお会いしましょう。」 ●佐藤景瑚 「僕も昔からサッカーをやっていたので、こうしてJO1としてサッカーに携わることができてとても嬉しいです!盛り上げられるように頑張りたいと思います!」 ●豆原一成 「このような機会をいただき、本当にありがとうございます!5人でのパフォーマンスですが、パワフルにカッコよく、2023シーズンの幕開けに相応しいライブをしたいと思います!」 <span class="paragraph-title">【動画】JO1が横浜FMと甲府のユニフォーム姿でメッセージ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br><a href="https://t.co/WTbTXkB7Dy">https://t.co/WTbTXkB7Dy</a> <a href="https://t.co/48iJOypa9E">pic.twitter.com/48iJOypa9E</a></p>&mdash; Jリーグ(日本プロサッカーリーグ) (@J_League) <a href="https://twitter.com/J_League/status/1620996809165516800?ref_src=twsrc%5Etfw">February 2, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.02 13:33 Thu
twitterfacebook
thumb

連覇目指す横浜FMのキャプテンは今季も喜田拓也! エドゥアルド、小池龍太、水沼宏太が副キャプテン

横浜F・マリノスは2日、2023シーズンのキャプテンを発表した。 2022シーズンは明治安田生命J1リーグで優勝を果たした横浜FM。今シーズンは連覇を目指すシーズンとなる。 その大事なシーズンのキャプテンは、引き続きMF喜田拓也が務めることに決定した。 また、副キャプテンには3選手が就任。DFエドゥアルド、DF小池龍太、MF水沼宏太が務めることとなる。 まずはFUJIFILM SUPER CUP 2023のヴァンフォーレ甲府戦を控える横浜FM。4選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆キャプテン 喜田拓也 「何度任命されてもこのクラブでキャプテンを務める責任、重み、光栄さ、色々なものを感じます。そして横浜F・マリノスに関わるすべての人のために自分のすべてを懸けたい。そう思える仲間がいることに感謝をして、覚悟を持って務めます。行こうぜ、トリコロールの勇者たち!!」 ◆副キャプテン エドゥアルド 「信頼を得て、副キャプテンに選ばれたことをうれしく思います。横浜F・マリノスがトップにいつ続けるために全力を尽くしていきます。そのために、チームの目標を達成するために常にチームでハードワークをして龍太と宏太とともに喜田キャプテンをサポートし、チーム全体を盛り上げます。Keep fighting Marinos family!」 小池龍太 「今シーズン副キャプテンに就任しました。常に戦う姿勢でキャプテンを支え、どんな時もマリノスフットボール、その楽しさを体現できるよう、全力で努めていきます。今年もマリノスファミリー全員で戦いましょう!応援よろしくお願いします!」 水沼宏太 「今シーズンも昨シーズンに引き続き、副キャプテンを務めさせていただくことになりました!キャプテンを支え、昨シーズンの自分達を超えられるよう、全力を尽くします」 「今シーズンは連覇への挑戦です!マリノスファミリーみんなの気持ちを一つに、チャレンジャーとしてともに戦いましょう!よろしくお願いします!」 2023.02.02 11:10 Thu
twitterfacebook
thumb

「良い顔してる」「このカラーいいな。好み」Aリーグ移籍の齋藤学が新天地でのユニフォーム手に、背番号は「4」

Aリーグのニューカッスル・ジェッツへ加入した元日本代表FW齋藤学(32)の背番号が決定した。 横浜F・マリノスの育成組織で育った齋藤は、2009年にトップチームに昇格。2011年に愛媛FCへの期限付き移籍で研鑽を積んだ。翌年には横浜FMに復帰し、2014年にはブラジル・ワールドカップ(W杯)の日本代表メンバーにも選出された。 右ヒザ前十字じん帯損傷の不運に見舞われる中で2018年には川崎フロンターレへと電撃移籍。名古屋グランパスを経て2022年6月からはKリーグ1の水原三星ブルーウィングスでプレーしていた。 初のオーストラリア挑戦となる齋藤の背番号は「4」に決定。本拠地でネームの入ったユニフォーム手にする齋藤の姿を、1月31日にクラブ公式ツイッターが公開している。 この1枚には「電光掲示板までちゃんと学なのすごい」といった演出に目を留めるコメントや「ユニフォームのフォント可愛いッスね」とデザインに注目する声も。齋藤へのエールを含め、「良い顔してる」、「本田圭佑み」、「このカラーいいな。好み」など、様々な声が届いた。 ニューカッスル・ジェッツで指揮を執るのは、横浜FMのアシスタントコーチや鹿児島ユナイテッドFCの監督を務めたアーサー・パパス監督。4日にはパース・グローリーとのアウェイ戦を控えるが、日本を代表するドリブラーの新天地デビューにも期待が膨らむ。 <span class="paragraph-title">【写真】ニューカッスル・ジェッツの本拠地でユニフォームを手にする齋藤学</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Our new number<a href="https://twitter.com/hashtag/BondedByGold?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BondedByGold</a> <a href="https://t.co/mo6pPDvhy2">pic.twitter.com/mo6pPDvhy2</a></p>&mdash; NEWCASTLE JETS FC (@NewcastleJetsFC) <a href="https://twitter.com/NewcastleJetsFC/status/1620276697877876736?ref_src=twsrc%5Etfw">January 31, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.01 17:05 Wed
twitterfacebook
thumb

横浜FM退団のDF池田航が関東2部のエスペランサSCへ移籍

横浜F・マリノスは31日、DF池田航(21)がエスペランサSCへ完全移籍することを発表した。 池田は横浜FMの下部組織育ちで、プライマリー追浜からジュニアユース追浜、ユースと昇格。2020年にトップチームに昇格していた。 1年目の途中からSC相模原へ育成型期限付き移籍すると、2021年はカマタマーレ讃岐へ、2022シーズンは7月にJFLのFCマルヤス岡崎へ育成型期限付き移籍していた。 横浜FMでは試合の出番はなく、Jリーグでは讃岐時代にJ3で2試合に出場したのみ。岡崎ではJFLで7試合に出場していた。 池田はクラブを通じてコメントしている。 「今シーズン共に闘わせてもらう事になりました池田航です。個人として成長と経験をこのチームでしていきたいと思います。そしてチームを昇格という目標に向かって頑張ります!エスペランサファミリーの皆さん1年間よろしくお願いします」 エスペランサSCは2022シーズンは関東サッカーリーグ1部を戦っていたが最下位で終了。2023シーズンは2部に降格することが決定している。 2023.01.31 12:15 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly