「俺もリツイートする」鈴木優磨の華麗“股抜き“に鹿島の同僚も大興奮! ただし、最後の更新は4年前…

2022.03.09 20:25 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
鹿島アントラーズのDF安西幸輝の発言にサポーターが沸いているようだ。6年ぶりの国内タイトル奪還を目指し、明治安田生命J1リーグ第3節を終えて2勝1敗の4位につけている鹿島がトレーニングの様子を公開した。

披露されたのはロンドの様子。ボール回しを行う中で、FW鈴木優磨がDF広瀬陸斗の股抜きを成功させると、広報のカメラに向かって「リツイート」と猛アピール。結果、スロー再生を含めて4回も同シーンが再生された。
これに便乗したのが安西幸輝。おどけた様子のこれでもかという巻き舌で「俺もリツイートするぅ!」とカメラへアピールした。

この様子にファンは大笑い。「まーじで安西幸輝だいすき」、「幸輝の一言で笑った」、「昭和のアニメの子役の声優みたいな声」などのコメントとともに、多数のリツーイトがなされている。ただし、安西本人はここ数年アカウントを更新していないため、リツイートをしていない。

新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大の影響から日本政府が外国人の新規入国を制限しているため、スイス人の新指揮官、レネ・ヴァイラー監督の合流が遅れている鹿島。11日の来日予定から15日のチーム合流までもう少々時間はかかるが、不安を感じさせない明るくポジティブな雰囲気でトレーニングに臨めているようだ。

1 2

関連ニュース
thumb

柏が鳥栖DFジエゴを獲得 「自分にとっては大きなチャレンジ」

柏レイソルは6日、サガン鳥栖からDFジエゴ(27)の完全移籍加入を発表した。 ジエゴは母国ブラジルでのプレーを経て、2017年の松本山雅FC入りを機に来日。水戸ホーリーホック、徳島ヴォルティスでもプレーして、今年から鳥栖入りし、明治安田生命J1リーグで32試合出場2得点の数字を記録したりと主力として活躍した。 来季から柏でプレーするジエゴはクラブの公式サイトを通じて意気込みを語っている。 「このたび、柏レイソルに移籍することになり、とても嬉しく思っています。自分にとっては大きなチャレンジであり、高いモチベーションで挑みたいです。レイソルからこの機会を与えてもらえたので、来シーズンから全力で戦い、好成績を収めたいです。このユニホームを着てプレーする時には、それに相応しいサッカーを見せたいです。とにかく、柏の成功のため、サポーターの力で背中を押してもらいながら、自分のベストを尽くします。よろしくお願いします」 一方、鳥栖を通じては「サガン鳥栖でプレーできる機会を与えてくれた皆様の愛とサポートに感謝します」と綴り、別れを告げた。 「常にこのエンブレムを守るために最善を尽くしてきました。そして、このクラブと私の第一子が生まれた街にはこれからも大きな愛情を持っています。これからもサガン鳥栖の思い出を胸にずっと応援します。皆様に大きなハグを!」 2022.12.06 15:45 Tue
twitterfacebook
thumb

広島の川村拓夢が契約更新、今季はJ1最優秀ゴール賞を受賞

サンフレッチェ広島は6日、MF川村拓夢(23)と2023シーズンの契約を更新したことを発表した。 広島の育成組織出身である川村は2018年にトップチームへ昇格。翌年から2021年までの3年間は愛媛FCへ期限付き移籍し、77試合15得点と研鑽を積んだ。 古巣へ復帰した今季は開幕戦で途中出場を果たしてJ1デビューを飾るも、定位置確保に苦戦。だが、第24節の鹿島アントラーズ戦で、投入された直後に値千金のJ1初ゴールを記録した。 第28節の清水エスパルス戦でも今季のJ1最優秀ゴール賞に選出された超ロングシュートを決めるなど、今季リーグ戦では16試合3得点をマーク。天皇杯でも準々決勝のセレッソ大阪で後半のアディショナルタイムに劇的な逆転ゴールを生み出すなど、印象的なゴールを残し、大きな飛躍を果たした。 <span class="paragraph-title">【動画】2022年J1最優秀ゴール賞に選ばれた川村の超ロングシュート</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="mUvh2gQGQy0";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.12.06 15:25 Tue
twitterfacebook
thumb

福岡、残留に貢献の守護神・村上昌謙と来季の契約を更新!

アビスパ福岡は6日、GK村上昌謙(30)と2023シーズンの契約を更新したと発表した。 村上は大阪体育大学から2015年に当時J3のレノファ山口FCへ加入。水戸ホーリーホックへの期限付き移籍を経て、福岡には2020年から加わり、J1昇格を経験した。 自身初のJ1となった2021年は37試合でゴールを守り、"神セーブ"でチームを救った。今季もリーグ戦27試合に出場し、2年連続の残留へ貢献。ルヴァンカップでも6試合に出場し、クラブ史上初のベスト4入りを支えていた。 2022.12.06 14:10 Tue
twitterfacebook
thumb

「2023シーズンも清水エスパルスで」…今夏復帰の北川航也が残留決断の契約更新! 愛するクラブで1年でのJ1復帰期す

清水エスパルスは6日、元日本代表FW北川航也(26)との契約更新を発表した。 清水の育成出身エースとして活躍後、2019年7月にオーストリアのラピド・ウィーンに移籍した北川。その欧州挑戦から今夏に復帰した。 清水は明治安田生命J1リーグ17位でJ2降格の憂き目となり、個人も10試合で1得点と振るわずだった北川だが、来季もチーム残留を決めた。 チームとともに1年でのJ1復帰を目指す道を選択した北川はクラブ公式ウェブサイトで決意を新たにしている。 「2023シーズンも清水エスパルスでプレーします。私にとってこのクラブは特別であり、いつもこのエンブレムを背負うことに誇りと責任を感じています。皆様と多くの喜びをわかちあい、チームの目標を達成できるように全力で闘います。応援よろしくお願いします」 2022.12.06 13:20 Tue
twitterfacebook
thumb

京都DF長井一真が完全移籍で水戸へ 「昇格に向けて全力で熱くプレー」

水戸ホーリーホックは6日、京都サンガF.C.からDF長井一真(24)の完全移籍加入を発表した。 長井は関西大学から特別指定選手も経験して、2021年に京都入り。今季はセンターバックだけでなく、サイドバックもこなして、公式戦17試合に出場したが、来季から水戸に活躍の場を求める運びとなった。 水戸を通じて「京都サンガF.C.から来ました、長井一真です」と挨拶の言葉とともに意気込みを語っている。 「1年でJ1に昇格させるという強い覚悟を持って水戸ホーリーホックに加入しました。自分の良さを最大限に発揮し、チームを勝たせる選手になって、水戸ホーリーホックのJ1リーグ昇格に向けて全力で熱くプレーします! 宜しくお願いします!」 一方の京都を通じては「京都サンガF.C.に来て、多くのことを学び成長することができました」と別れの言葉を綴った。 「プロサッカー選手とは何かと教えてくれたスタッフ、選手、ファン・サポーターの方々には感謝しかありません。今年は何度も悔しい苦しい思いをしましたが、その経験も今後の自分の財産とし成長していきます。強化指定の期間を合わせ3年間、本当にお世話になりました」 2022.12.06 13:00 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly