高原直泰の沖縄SVなど4クラブが「Jリーグ百年構想クラブ」に認定! おこしやす京都ACは認定されずも再申請

2022.02.28 17:55 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎JFA
Jリーグは28日、理事会で「Jリーグ百年構想クラブ」に4クラブを認定したことを発表した。

今回認定されたのは、コバルトーレ女川、東京23FC、高知ユナイテッドSC、沖縄SVの4クラブとなる。

コバルトーレ女川は宮城県女川町をホームタウンとし、東北社会人サッカーリーグ1部に所属している。2018年にJFLに属したことはあったが、1年年で降格していた。
東京23FCは東京都江戸川区をホームタウンとし、関東サッカーリーグ1部に所属。これまでJFLに所属したことはない。

高知ユナイテッドSCは高知県高知市を中心とする全県がホームタウンに。2020年からJFLに所属しており、Jリーグに近い位置にいる。

沖縄SVは元日本代表FW高原直泰が立ち上げたクラブ。沖縄県豊見城市、うるま市、沖縄市を中心とする全県がホームタウンとなっており、九州サッカーリーグに位置。JFLに所属したことはない。

なお、おこしやす京都ACについては普及活動に関して条件が未充足であると判断され、認定には至らず、併せて財務状況とガバナンス体制にも課題があげられたとのこと。クラブが申請内容を大きく変更して再申請する意向を示し、本日付で新たな申請を受理したため、審査を継続し、今後、改めて書類審査、ヒアリング審査などを経て、5月末までの理事会にて審査結果を決議する予定とのことだ。

現在、「Jリーグ百年構想クラブ」は10クラブあり、今回の4クラブ認定で14クラブとなる。

◆Jリーグ百年構想クラブ
ラインメール青森(JFL)
栃木シティフットボールクラブ(関東サッカーリーグ1部)
VONDS市原(関東サッカーリーグ1部)
南葛SC(関東サッカーリーグ1部)
クリアソン新宿(JFL)
ヴィアティン三重(JFL)
鈴鹿ポイントゲッターズ(JFL)
FC大阪(JFL)
奈良クラブ(JFL)
ヴェルスパ大分(JFL)
コバルトーレ女川(東北社会人サッカーリーグ1部)※
東京23FC(関東サッカーリーグ1部)※
高知ユナイテッドSC(JFL)※
沖縄SV(九州サッカーリーグ)※

※新規認定

関連ニュース
thumb

元日本代表FW髙原直泰率いる沖縄SV、都並敏史指揮の浦安が来季JFL昇格へ!《地域CL》

全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2022(地域CL)の決勝ラウンドが23日から27日にかけて行われ、ブリオベッカ浦安が優勝。2位の沖縄SVとともに日本フットボールリーグ(JFL)昇格の権利を手にした。 9つの地域リーグチャンピオンに全国社会人サッカー選手権大会(全社)の上位枠3チームを加えて争われた今季の地域CL。大会は地域リーグの覇者を決めるだけでなく、1位・2位のチームにJFL昇格の権利が与えられるため、昇格を目指すクラブにとっては最も重要な大会といっても過言ではない。 1次ラウンドを勝ち抜いたFC刈谷(東海1位)、沖縄(九州1位)、浦安(全社枠1)、栃木シティFC(関東1位)の4チームが、熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で1回総当たりの決勝ラウンドを戦った。 最終節が開催された27日。元日本代表DF都並敏史監督が指揮を執る浦安は、元韓国代表FWチョ・ヨンチョルら、元Jリーガーを多数擁する栃木Cと激突。伊藤純也の加入後初ゴールなどで3-1と競り勝ち、2勝1分けとして優勝を決めた。 元日本代表FW髙原直泰が選手兼監督を務める沖縄は、元セレッソ大阪の村田一弘監督率いる刈谷と対戦。山田雄太の2ゴールなどで4-0の快勝を収め、1勝2分けで2位となった。 12月6日に開催されるJFL理事会で正式承認がなされれば、浦安は6年ぶりのJFL復帰、沖縄が悲願の初昇格となる。 ◆地域CL 決勝ラウンド最終順位 1位.ブリオベッカ浦安(2勝1分け) 2位.沖縄SV(1勝2分け) 3位.栃木シティFC(1勝1分け1敗) 4位.FC刈谷(3敗) 2022.11.27 15:27 Sun
twitterfacebook
thumb

髙原直泰出場の沖縄SVが今治に下剋上! 松本、福島などその他J3勢は勝ち上がり《天皇杯》

21日、第102回天皇杯1回戦の9試合が各地で行われた。 前田俊介監督率いる沖縄SVはFC今治と対戦。前半のアディショナルタイムに中川風希のゴールで先制を許したものの、後半セットプレーを中心に一挙4点を奪っての逆転勝利を収めた。また、元日本代表FWの髙原直泰も65分からピッチに立っている。 松本山雅FCは石川県代表の北陸大学と対戦。榎本樹、田中パウロ淳一のゴールで2点を先行したが、前半のうちに1点を返されると、59分にも失点を喫する。だが、直後に田中パウロの得点で再び勝ち越すと、そのまま逃げ切り。3-2で勝利を収め、苦しみながらも次のステージへ駒を進めた。 福島ユナイテッドは初出場のノースアジア大学と顔を合わせた。開始1分に高橋潤哉が大量点の口火を切ると、前半だけでハットトリックを達成し、計4点を奪取。7-1の圧勝で、秋田県代表を退けている。 中京大学と対戦したFC岐阜は追い掛ける展開を余儀なくされた。15分に先制を許すと、39分に石津大介の得点で追い付いたものの、66分に再びリードを奪われる。だが、75分にオウンゴールで再度試合を振り出しに戻すと、84分に途中出場のンドカ・チャールスが決めて勝負あり。逆転勝利で2回戦進出を果たしている。 その他の結果は以下の通り。 ◆1回戦 ▽5月21日(土) [1]札幌大学(北海道代表) 1-0 山梨学院大学PEGASUS(山梨県代表) [2]ヴェルフェ矢板(栃木県代表) 7-0 長井クラブ(山形県代表) [3]松本山雅FC 3-2 北陸大学(石川県代表) [4]FC今治 1-4 沖縄SV(沖縄県代表) [8]FC岐阜 3-2 中京大学(愛知県代表) [11]アルテリーヴォ和歌山(和歌山県代表) 2-4 関西大学(大阪府代表) [22]福島ユナイテッドFC 7-1 ノースアジア大学(秋田県代表) [23]ホンダロックSC(宮崎県代表) 3-0 マリーゴールド熊本(熊本県代表) [24]ソニー仙台FC(宮城県代表) 3-1 東京国際大学FC(埼玉県代表) ▽5月22日(日) [5]上武大学(群馬県代表) vs 富士大学(岩手県代表) [6]鹿児島ユナイテッドFC vs ギラヴァンツ北九州 [7]ヴァンラーレ八戸 vs 新潟医療福祉大学(新潟県代表) [9]MD長崎(長崎県代表) vs FC神楽しまね(島根県代表) [10]福井ユナイテッドFC(福井県代表) vs 同志社大学(京都府代表) [12]奈良クラブ(奈良県代表) vs Honda FC(アマチュアシード) [13]鈴鹿ポイントゲッターズ(三重県代表) vs Cento Cuore HARIMA(兵庫県代表) [14]高松大学(香川県代表) vs 周南公立大学(山口県代表) [15]Brew KASHIMA(佐賀県代表) vs 高知ユナイテッドSC(高知県代表) [16]ガイナーレ鳥取 vs ヴェルスパ大分(大分県代表) [17]桐蔭横浜大学(神奈川県代表) vs 立正大学(東京都代表) [18]MIOびわこ滋賀(滋賀県代表) vs 環太平洋大学(岡山県代表) [19]カターレ富山 vs 藤枝MYFC [20]筑波大学(茨城県代表) vs ブリオベッカ浦安(千葉県代表) [21]福山シティFC(広島県代表) vs FC徳島(徳島県代表) 2022.05.21 15:24 Sat
twitterfacebook
thumb

JFL目指す沖縄SVが鳥栖退団のDF安在和樹を獲得

サガン鳥栖は19日、DF安在和樹(27)が九州リーグの沖縄SVへと完全移籍することを発表した。 安在は東京Vの下部組織出身。ジュニア、ジュニアユース、ユースと昇格し、2013年にトップチーム昇格を果たした。 東京Vで2017年までプレーすると、2018年にサガン鳥栖へと完全移籍。2020年にはレノファ山口FC、2021年には東京Vへと期限付き移籍していた。 2021シーズンは明治安田生命J2リーグで12試合の出場に。鳥栖では2シーズンを過ごし、J1通算23試合、リーグカップで9試合1得点、天皇杯で4試合1得点を記録していた。 安在はクラブを通じてコメントしている。 「沖縄SVに加入することになりました安在和樹です。JFL昇格に向けて一生懸命頑張ります。よろしくお願いします!」 2022.01.19 12:19 Wed
twitterfacebook
thumb

沖縄SV琉球退団のFW儀保幸英が九州Lの沖縄SVへ完全移籍「全力で闘います」

FC琉球は16日、FW儀保幸英(25)が九州リーグの沖縄SVへと完全移籍することを発表した。 沖縄出身の儀保は流通経済大学柏高校から沖縄国際大学を経て2019年にFC琉球へ入団。2020シーズンは当時日本フットボールリーグ(JFL)に所属していたテゲバジャーロ宮崎に期限付き移籍し、14試合2得点を記録してチームの明治安田生命J3リーグ参入に貢献した。 2021シーズンも継続して期限付き移籍。しかし、明治安田J3では3試合の出場に留まり、無得点に終了。シーズン終了後に両クラブからの退団が発表されていた。 儀保はクラブを通じてコメントしている。 「はいさい!沖縄SVに関わる全ての皆様、このたび、FC琉球から加入する事になりました儀保幸英です。地元沖縄でプレーできることにとても感謝しています!」 「チームのJFL昇格と、地元沖縄をもっとサッカーで盛り上げていくために全力で闘いますので宜しくお願いします!」 2022.01.17 08:30 Mon
twitterfacebook
thumb

群馬のFW一木立一が沖縄SVへ期限付き移籍…今季途中からはJFLのFC刈谷でプレー

ザスパクサツ群馬は8日、FW一木立一(22)が九州サッカーリーグの沖縄SVへ期限付き移籍することを発表した。 期限付き移籍期間は2023年1月31日までとなり、群馬との公式戦には出場できない。 一木は東京学芸大学から2021年に群馬へと入団。群馬では明治安田生命J2リーグで1試合に出場すると、シーズン途中にJFLのFC刈谷へと期限付き移籍した。 JFLでは15試合に出場し3得点を記録。しかし、チームは東海サッカーリーグ1部へと降格していた。 新シーズンは、沖縄を舞台に戦う一木は各クラブを通じてコメントしている。 ◆沖縄SV 「はじめまして!ザスパクサツ群馬から期限付き移籍で加入することになりました、一木立一です。チームの目標であるJFL昇格に貢献できるよう頑張ります!」 「知らない土地で知らないことばかりなので、いろいろと教えてください!!応援よろしくお願いします!!」 ◆ザスパクサツ群馬 「まず初めに謝らせてください。僕を応援してユニフォームを購入してくださった多くのみなさん、ピッチで26番を見せることができずすみません」 「この半年間自分なりに成長したはずだと思っていましたが、それはまだまだ甘かったようです。正直、僕は群馬で戦いたかったですが、僕の力不足によりそれは叶いませんでした」 「新天地は沖縄になります。見返すつもりで頑張ります。少しでも気にかけてもらえるように、沖縄での生活もSNS通して発信できたらと思っています!遠い地にはなりますが、応援よろしくお願いします!!」 ◆FC刈谷 「半年間本当にありがとうございました!よそ者の僕を暖かく迎え入れてくれた刈谷ファミリーにはとても感謝しています!この半年間僕にとってとても大切な期間であったと思っています」 「村田監督や飯塚さんに、この半年間で期待して起用してもらえたこと、そしてこれからももっと上を目指せるとおっしゃってくれたこと絶対に忘れません」 「JFL残留を成し遂げることができなかったことはとても心残りですが、この半年間の経験を今後のサッカー人生に活かしていけるよう精進していきます。半年間本当にありがとうございました!!」 2022.01.08 12:48 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly