【J1開幕直前ガイド|北海道コンサドーレ札幌】J1定着は果たした中、ミシャサッカーを深化させ中位を脱出し上を目指す

2022.02.19 11:52 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
18日、2022シーズンの明治安田生命J1リーグが開幕を迎えた。

今シーズンから18クラブに戻り、昇格・降格が従来の形に戻ることに。コロナ禍で変則的だったシーズンが、コロナ前の状態に戻ることとなる。

開幕を前に超ワールドサッカー編集部が、戦力分析やシーズンの目標、注目ポイントに加え、Jリーグの開幕キャッチコピーとして発表された「#Jが世界を熱くする」にあやかり、注目選手として世界を熱くしそうな選手をピックアップした。

北海道コンサドーレ札幌
2021シーズン成績:10位(14勝9分け15敗)

◆戦力分析

ミハイロ・ペトロヴィッチ監督のサッカーを継続して5年目。エレベータークラブと言われた時代はもう終わり、すっかりJ1に定着した。今オフもほとんどの主軸をチームに留め、ピンポイントでの補強に。メンバーの構成はほとんど変わらず、昨年からの上積みは大きく期待できる。

軸としては1トップを張ったFWジェイ、そしてシャドーでアタッカーとしてプレーしたMFチャナティップがそれぞれ退団。ただ、そのFWにはミシャサッカーを熟知する興梠慎三(←浦和レッズ)を獲得。チャナティップのポジションには名古屋グランパスのゲームメーカーFWガブリエル・シャビエルを獲得した。

またウイングバックには西大伍(←浦和レッズ)を補強。ピンポイントで戦力を上積みしている。

◆目標

これまでの継続という点、そしてすっかりJ1に定着したことを考えれば、未来を見据えてさらに高みを目指したい。過去には、あと一歩でアジアへの挑戦権を逃したが、やはりトップ3入りは目標として掲げたいところだろう。

そのためにも、チームの課題だった得点力向上のために興梠を獲得したはず。ガブリエル・シャビエルとの新加入コンビがいかにチームにフィットするかが重要だ。

就任1年目に4位に終わったミシャ監督。その後は10位、12位、10位と中位を続けた。ここから1つ上にいくためには、主導権を握る試合で勝ち切ること。戦い方をより深めることで、上を目指したい。

◆Jから世界を熱くしてくれそうな選手
FW小柏剛(23)

Jから世界を熱くしてくれそうな選手には、エース候補のFW小柏剛をピックアップしたい。

プロ1年目の昨シーズンはJ1の舞台で30試合に出場し7得点を記録。今オフには海外からの獲得オファーも届くなど、すでに注目を集めているが札幌への残留を決めた。

また、1月には結果的に辞退となったが日本代表にも初選出。森保一監督からも評価されていることがわかり、飛躍の1年にしたいのは山々だろう。

目指すは2桁得点。そして、チームの軸として決定力を高め、多くの勝利に導くゴールを決められるか。ミシャサッカーも素早く理解したその戦術理解度を生かし、チームを前から牽引したいところだ。

◆注目ポイント

注目は満を辞して獲得したFW興梠慎三の働きだろう。昨シーズンはケガの影響もありながら、試合で起用されたもののわずか1得点。9年連続二桁得点を記録していたことを考えれば、寂しい結果に終わった。

その興梠を敢えて獲得したミシャ監督。浦和時代に大きな貢献をしてくれた選手であることは間違いないが、得点力に期待する一方で、他の目的も考えられる。

マンツーマンという守備は興梠も未経験。ただ、前線から献身的なプレーをし、それでいてゴールを奪うという部分はミシャ監督の下で学んだこと。若手が多いチームにベテランがもたらせるものは大きな注目ポイントだ。2桁ゴールの復活ももちろん注目だ。

関連ニュース
thumb

汰木康也がチームを救う2ゴール! 札幌に完勝の神戸が残留に望みつなぐ【明治安田J1第25節】

明治安田生命J1リーグ第25節の北海道コンサドーレ札幌vsヴィッセル神戸が13日に札幌ドームで行われ、アウェイの神戸が2-0で勝利した。 前節は湘南ベルマーレに5-1の大勝で、6試合ぶりの白星を掴んだ11位の札幌。累積警告による出場停止が明けた菅もスタメンに復帰した中で、今シーズン初の連勝を狙う。対する神戸は前節、セレッソ大阪に3-0の完敗を喫し、再び最下位に転落。残留に向けて負けられない一戦では、7試合ぶりの先発となった前川がゴールマウスを守る。 両チームがけん制し合う展開の中、最初にチャンスを掴んだのはホームの札幌。アタッキングサードでのパス交換からボックス手前の中央の宮澤がボックス内に浮き球のパスを供給すると、これに反応した小柏が頭でゴール前に落とし、興梠が右足で合わせる。だが、惜しくもゴール右に逸れた。 一方の神戸も20分にサイド攻撃からゴールに迫る。ボックス手前中央で大迫が縦パスを受け、左に展開。ボックス左に走り込んだ酒井がクロスを上げ、ゴール前の汰木が右足アウトサイドで合わせたが、これは相手GKの好セーブに阻まれる。 この攻撃から流れを掴んだアウェイチームは28分、敵陣中央の大崎が前線を狙った縦パスを供給。これは相手に触れられてコースが変わるが、こぼれ球をボックス手前中央で拾った汰木が左足を振り抜くと、ゴール右隅に決まった。 先制点を奪った神戸はさらに勢いを強める。前半アディショナルタイムにボックス手前中央で獲得したFKの場面で、大迫のシュートは壁に阻まれるも、こぼれ球を拾った汰木がボックス手前中央から右足を一閃。これが相手DFに当たってコースが変わり、ゴール右に吸い込まれた。 2点差を追う札幌は前半終了まで大きなチャンスを作れず。それでも試合を折り返して59分、敵陣左サイド浅い位置でボールを持った高嶺がサイドチェンジを試みると、これをボックス手前右で受けたルーカス・フェルナンデスが右足のシュートを放つ。しかし、これはわずかに枠の左に外れた。 終盤に入る前にまずは1点を返したいホームチームは64分に荒野、69分にガブリエル・シャビエルを投入。攻撃陣の活性化を狙う。 後半に入って攻撃面で大きなチャンスを作れていない神戸だが、守備陣は奮闘。相手の鋭いカウンター攻撃に、素早い戻りで対応し、シュートを打たせない。 札幌は87分、敵陣中央で獲得したFKの場面でキッカーは福森。ふわりとした素晴らしいボールをゴール前に入れ、岡村がヘディングで合わせたが、これは枠の左に逸れた。 その後も相手に決定機を作らせなかった神戸が4試合ぶりの勝利。残留に向けて大きな3ポイントを手にし、暫定ながら16位まで順位を上げた。 北海道コンサドーレ札幌 0-2 ヴィッセル神戸 【神戸】 汰木康也(前28、前45+4) 2022.08.13 16:33 Sat
twitterfacebook
thumb

「すごすぎて笑える」本田圭佑も目を輝かせた小野伸二の“浮き球ビタ止めトラップ”が話題沸騰!「神の球遊び」

北海道コンサドーレ札幌の元日本代表MF小野伸二の足技に多くの人が目を輝かせている。 札幌は11日、クラブの公式ツイッターを更新。「これは…どういうことですか?」と関係者も理解できないようなトラップを見せる小野の動画を投稿した。 小野は、正面からの浮き球のボールを、ショートバウンドさせて左足のスネあたりでトラップ。勢いを失ったボールは小野の目の前にピタッと止まった。 さらに札幌はもう1本同じような動画をアップしており、今度は右足のつま先から甲あたりでトラップ。見事にボールの勢いを殺し、少しだけアウトにかかったボールは次のキックに繋がる絶妙な位置で止まっていた。 これには多くのファンが驚き。「相変わらず神レベルのトラップですな」、「まさに神技」、「すごすぎて笑える」、「相変わらずうめぇなぁ」、「神の球遊び」など絶賛。さらに、MF本田圭佑も目が星になった絵文字で反応。まさにワールドクラスのテクニックだ。 <span class="paragraph-title">【動画】小野伸二の絶品トラップ①</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">これは…どういうことですか①<a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%B0%8F%E9%87%8E%E4%BC%B8%E4%BA%8C?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#小野伸二</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/consadole?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#consadole</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%AC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#コンサドーレ</a> <a href="https://t.co/rlV4Kr8GQL">pic.twitter.com/rlV4Kr8GQL</a></p>&mdash; 北海道コンサドーレ札幌公式 (@consaofficial) <a href="https://twitter.com/consaofficial/status/1557633051337048066?ref_src=twsrc%5Etfw">August 11, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】小野伸二の絶品トラップ②</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">これは…どういうことですか②<a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%B0%8F%E9%87%8E%E4%BC%B8%E4%BA%8C?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#小野伸二</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/consadole?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#consadole</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%AC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#コンサドーレ</a> <a href="https://t.co/eOcXVS2Uix">https://t.co/eOcXVS2Uix</a> <a href="https://t.co/biJLZuARQQ">pic.twitter.com/biJLZuARQQ</a></p>&mdash; 北海道コンサドーレ札幌公式 (@consaofficial) <a href="https://twitter.com/consaofficial/status/1557641113670135808?ref_src=twsrc%5Etfw">August 11, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.12 16:45 Fri
twitterfacebook
thumb

札幌が5ゴール圧勝で6試合ぶり白星!! 異なる5人が得点し同勝ち点の湘南を粉砕【明治安田J1第24節】

明治安田生命J1リーグ第24節、湘南ベルマーレvs北海道コンサドーレ札幌が7日にレモンガススタジアム平塚で行われ、5-1でアウェイの札幌が大勝を収めた。 同勝ち点「25」で並ぶ両チーム。守備は安定も得点力不足のために3試合勝利から遠ざかっている湘南は、夏に名古屋グランパスから期限付き移籍で加わった阿部が2トップの一角で加入後初先発を飾り、スタメンに名を連ねた杉岡と瀬川がJ1通算100試合出場を達成。今節もウクライナ支援となる黄色ベースの「ひまわりユニフォーム」を着用して臨んだ。 一方の札幌も5試合勝利がない中で、光明は悩ましかった攻撃面で前節に複数得点を挙げたことか。出場停止の菅に代わって左ウイングバックには青木が入り、ケガから戻ってきた小柏が湘南との前回対戦以来、14試合ぶりの出場となった。 取るか落とすかで浮沈に大きく影響するであろう一戦は、9分に札幌が先手を取る。右の高い位置で高橋のパスをルーカス・フェルナンデスがブロックし、こぼれたボールを拾った小柏が縦に持ち運んでからクロス。中央で興梠が守備陣を引き付けて生まれたスペースに駒井が走り込んで右足を振り抜くと、強烈な一撃が左隅に突き刺さった。 バイタルエリアと裏へパスを使い分けて躍動感を見せる札幌の攻撃陣は14分にも追加点を奪取。左サイドから青木が入れた斜めのパスを大野がクリアミスし、高橋のヘディングも小さくなると、競り合いを制した小柏が流れたボールを拾ってボックス右からクロス。GK谷、大野と触れて跳ね返ったボールが興梠のももに当たってラインを割り、屈指のストライカーはJ1通算160得点目を記録した。 劣勢の湘南にはさらなるアクシデント。町野が高嶺とコンタクトしながらボールをコントロールしようとした際、着地時に右足首を痛めて倒れ込むと、飲水タイムを明けても立ち上がれず、担架に乗せられてピッチを後に。大橋との交代を余儀なくされた。 その大橋は40分に右クロスからダイレクトボレーを見せたものの、1分後にネットを揺らしたのはまたしても札幌。左サイドからの斜めのパスをペナルティアーク内で興梠が収めて落とし、走り込んできた宮澤が右足のボレー。杉岡にディフレクションしても勢いは衰えず、GK谷の手も弾いてゴールへ吸い込まれた。 折り返した後半も立ち上がりかエンジン全開の札幌は復帰戦の小柏がボックス右からフィニッシュ。ハーフタイムに2枚替えを行った湘南も中野がアクセントとなり、チャンスを作るも、やはりアウェイチームがスコアを動かす。 69分、投入直後の福森の左CKから舘のマークを振り切った田中が頭で合わせて追加点を奪取すると、その3分後には、Jデビュー戦となったスパチョークが青木のパスに反応して右サイドのスペースを突いて折り返し、青木が蹴り込んで5点差とした。 今季最多となる5失点を喫した湘南も79分に一矢を報いる。中野がDF2枚の間をグラウンダーで通し、阿部がボックス内でワントラップから右足を振り抜いて加入後初ゴールをマーク。以降も大橋や畑が決定機を迎えたものの、次のゴールを生まれず試合終了。異なる5人で5点を奪った札幌が、大勝で6試合ぶりの白星をつかんでいる。 湘南ベルマーレ 1-5 北海道コンサドーレ札幌 【湘南】 阿部浩之(後34) 【札幌】 駒井善成(前9) 興梠慎三(前14) 宮澤裕樹(前41) 田中駿汰(後24) 青木亮太(後27) 2022.08.07 21:04 Sun
twitterfacebook
thumb

札幌がストライカー補強! 韓国代表FWキム・ゴンヒを水原三星ブルーウィングスから完全移籍で獲得

北海道コンサドーレ札幌は5日、水原三星ブルーウィングスの韓国代表FW金健熙(キム・ゴンヒ/27)を完全移籍で獲得したことを発表した。 キム・ゴンヒは水原三星の下部組織出身。2018年5月から2020年1月までは金泉尚武FC(旧:尚州尚武FC)で過ごし、兵役も終えた状態だ。 これまで水原三星では公式戦106試合に出場し17ゴール7アシストを記録。Kリーグ1では85試合で15ゴール7アシストを記録している。 今シーズンのKリーグ1でも12試合に出場し2ゴール。名古屋グランパスから加入した齋藤学ともチームメイトとしてプレーした。 また、世代別の韓国代表を経験し、2022年1月に韓国代表デビュー。EAFF E-1サッカー選手権のメンバーには入っていなかったが、今後も代表入りが期待される選手だ。 「こんにちは。韓国の水原三星ブルーウィングスから加入しましたキムゴンヒです。最高の監督、素晴らしい選手やフロント、そしていつも熱い応援をしてくれるサポーターと共に、北海道にある素晴らしいスタジアムの札幌ドームで勝利するために来ました。熱い応援の方、よろしくお願いします」 <span class="paragraph-title">【動画】身体の強さを生かした突破、ドリブルの持ち出しからキム・ミヌのゴールをアシスト</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJJS3NWYThsTiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2022.08.05 10:16 Fri
twitterfacebook
thumb

札幌をJリーグ昇格に導いたウーゴ・フェルナンデス氏が77歳で逝去…

北海道コンサドーレ札幌は2日、かつてトップチームの監督を務めたウルグアイ人指揮官、ウーゴ・フェルナンデス氏(享年77)が1日に逝去したことを伝えた。 ウルグアイのモンテビデオ出身のフェルナンデス氏は、現役時代に母国のナシオナルやペニャロール、アルゼンチンのヒムナシア、スペインのテネリフェ、メキシコのプエブラなどでプレー。ウルグアイ代表にも招集経験のある名DFだった。 現役引退後は古巣プエブラやナシオナル、メキシコのドラドス・シナロア、ティグレスといったクラブの指揮官を歴任。 1997年には当時Jリーグ入りを目指していた旧JFL所属のコンサドーレ札幌の指揮官に就任。「チームは家族」の合言葉の下、26勝4敗の見事な戦績を残し、JFL優勝と共にJリーグ昇格に導いた。その後、就任2年目となったJリーグの舞台ではシーズン途中までチームを指揮した。 2022.08.02 17:08 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly