【J1開幕直前ガイド|北海道コンサドーレ札幌】J1定着は果たした中、ミシャサッカーを深化させ中位を脱出し上を目指す

2022.02.19 11:52 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
18日、2022シーズンの明治安田生命J1リーグが開幕を迎えた。

今シーズンから18クラブに戻り、昇格・降格が従来の形に戻ることに。コロナ禍で変則的だったシーズンが、コロナ前の状態に戻ることとなる。

開幕を前に超ワールドサッカー編集部が、戦力分析やシーズンの目標、注目ポイントに加え、Jリーグの開幕キャッチコピーとして発表された「#Jが世界を熱くする」にあやかり、注目選手として世界を熱くしそうな選手をピックアップした。

北海道コンサドーレ札幌
2021シーズン成績:10位(14勝9分け15敗)

◆戦力分析

ミハイロ・ペトロヴィッチ監督のサッカーを継続して5年目。エレベータークラブと言われた時代はもう終わり、すっかりJ1に定着した。今オフもほとんどの主軸をチームに留め、ピンポイントでの補強に。メンバーの構成はほとんど変わらず、昨年からの上積みは大きく期待できる。

軸としては1トップを張ったFWジェイ、そしてシャドーでアタッカーとしてプレーしたMFチャナティップがそれぞれ退団。ただ、そのFWにはミシャサッカーを熟知する興梠慎三(←浦和レッズ)を獲得。チャナティップのポジションには名古屋グランパスのゲームメーカーFWガブリエル・シャビエルを獲得した。

またウイングバックには西大伍(←浦和レッズ)を補強。ピンポイントで戦力を上積みしている。

◆目標

これまでの継続という点、そしてすっかりJ1に定着したことを考えれば、未来を見据えてさらに高みを目指したい。過去には、あと一歩でアジアへの挑戦権を逃したが、やはりトップ3入りは目標として掲げたいところだろう。

そのためにも、チームの課題だった得点力向上のために興梠を獲得したはず。ガブリエル・シャビエルとの新加入コンビがいかにチームにフィットするかが重要だ。

就任1年目に4位に終わったミシャ監督。その後は10位、12位、10位と中位を続けた。ここから1つ上にいくためには、主導権を握る試合で勝ち切ること。戦い方をより深めることで、上を目指したい。

◆Jから世界を熱くしてくれそうな選手
FW小柏剛(23)

Jから世界を熱くしてくれそうな選手には、エース候補のFW小柏剛をピックアップしたい。

プロ1年目の昨シーズンはJ1の舞台で30試合に出場し7得点を記録。今オフには海外からの獲得オファーも届くなど、すでに注目を集めているが札幌への残留を決めた。

また、1月には結果的に辞退となったが日本代表にも初選出。森保一監督からも評価されていることがわかり、飛躍の1年にしたいのは山々だろう。

目指すは2桁得点。そして、チームの軸として決定力を高め、多くの勝利に導くゴールを決められるか。ミシャサッカーも素早く理解したその戦術理解度を生かし、チームを前から牽引したいところだ。

◆注目ポイント

注目は満を辞して獲得したFW興梠慎三の働きだろう。昨シーズンはケガの影響もありながら、試合で起用されたもののわずか1得点。9年連続二桁得点を記録していたことを考えれば、寂しい結果に終わった。

その興梠を敢えて獲得したミシャ監督。浦和時代に大きな貢献をしてくれた選手であることは間違いないが、得点力に期待する一方で、他の目的も考えられる。

マンツーマンという守備は興梠も未経験。ただ、前線から献身的なプレーをし、それでいてゴールを奪うという部分はミシャ監督の下で学んだこと。若手が多いチームにベテランがもたらせるものは大きな注目ポイントだ。2桁ゴールの復活ももちろん注目だ。

関連ニュース
thumb

FC東京がPK2本含む3発で札幌下し4試合ぶり白星【明治安田J1第20節】

明治安田生命J1リーグ第20節、FC東京vs北海道コンサドーレ札幌が6日に味の素スタジアムで行われ、ホームのFC東京が3-0で勝利を収めた。 FC東京は前節のアビスパ福岡戦をドローで終え、連敗はストップした。ただ、小川の移籍によって空いたサイドバックの一枠を埋めた中村が、開始10分で負傷交代となり、代わって入ったバングーナガンデが今節は頭から登場。また、18歳の梶浦がスタメンで起用され、Jリーグデビューを飾った。 対する札幌は、京都サンガF.C.戦を数的不利の中で善戦したが惜敗。今節は出場停止のGK菅野に代わってGK大谷が6試合ぶりに出場。青木も2試合ぶりに先発で起用された。 FC東京は開始1分も経たないうちに流れるようなパスワークからレアンドロが決定機を迎えた。だが、札幌はGK大谷が触れて右ポストにも助けられると、こちらもチャンスシーンを創出。左クロスからガブリエル・シャビエルが頭で合わせた。 しかし、着地の際に足を痛めたか、シャビエルは直後に自ら交代を要求。15分に興梠との交代を余儀なくされた。 足の長いパスを効果的に使い、松木のフィニッシュやアダイウトンのボレーでゴールに迫るFC東京は、紺野の左足シュートが菅のハンドを誘発し、PKを獲得。これをレアンドロが左隅にきっちり沈め、36分に試合を動かす。 ホームチームは前半のアディショナルタイムにも再びPKのチャンスを迎える。ボックス手前で得たFKをレアンドロが直接狙うと、荒木主審は興梠のブロックが手に当たったとしてハンドと判定。ここではアダイウトンがキッカーを務め、GK大谷の逆を突いて左に沈めた。 アンラッキーな側面もありながら2点のビハインドとなった札幌は、ハーフタイムに福森を下げて宮澤を投入。中盤に置き、高嶺を最終ラインに下げた。 だが、次のゴールを奪ったのもFC東京だった。センターサークル内左で荒野のパスをブロックしたアダイウトンはこぼれ球を拾ってルックアップすると、高いポジションを取っていたGKの位置を見て距離はありながらもループシュート。鮮やかな一撃を沈めて札幌を突き放した。 札幌はサイドから反撃の糸口を見いだそうとするものの、時間の経過とともにミスも目立ち始め、もどかしい展開が続くことに。西とミラン・トゥチッチを送り込み、活性化を図るも思うようにチャンスを作れないまま時計の針が進む。 最終盤にはカウンターから青木がボックス左まで持ち込み、左足のフィニッシュを見せるも、GKヤクブ・スウォビィクに阻まれて勝負あり。PK2本を生かしたFC東京が4試合ぶりの白星をつかみ、札幌はまたしても大量失点での黒星を喫した。 FC東京 3-0 北海道コンサドーレ札幌 【FC東京】 レアンドロ(前35) アダイウトン(前49) アダイウトン(後6) <span class="paragraph-title">【動画】自らのカットからアダイウトンが絶妙ループの3点目</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/TodaysGoal?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#TodaysGoal</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/TokyoSapporo?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#TokyoSapporo</a> <br><br>3点目は、冷静に冷静に決めた <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%A2%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%A6%E3%83%88%E3%83%B3?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#アダイウトン</a> 選手!!<a href="https://twitter.com/hashtag/fctokyo?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#fctokyo</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/tokyo?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#tokyo</a> <a href="https://t.co/rEjVXL0EPE">https://t.co/rEjVXL0EPE</a> <a href="https://t.co/4gCuOVtU9g">pic.twitter.com/4gCuOVtU9g</a></p>&mdash; FC東京【公式】7/6(H)札幌戦 #LIFEwithFCTOKYO (@fctokyoofficial) <a href="https://twitter.com/fctokyoofficial/status/1544664248105611264?ref_src=twsrc%5Etfw">July 6, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.07.06 21:27 Wed
twitterfacebook
thumb

漫画『シュート!』・久保嘉晴の「伝説の11人抜き」を小野伸二が完全再現!「そんなにドリブルするようなスタイルではありませんが」

北海道コンサドーレ札幌の元日本代表MF小野伸二がサッカー漫画『シュート!』の名シーンである「伝説の11人抜き」を再現した。 『シュート!』は、週刊少年マガジンで連載されていた人気サッカー漫画。田仲俊彦を主人公に掛川高校サッカー部が全国制覇を目指していく物語だ。その中で主人公の田仲が憧れていたのが、一学年上の久保嘉晴。掛川北高校戦で見せた「伝説の11人抜き」は記憶に残る名シーンだ。 そして今回、原作にも登場したことがある小野が、新作アニメの放送に合わせてモーション・キャプチャーで再現した。 幾つものマーカーを体につけた小野は、軽快な動きを披露。自身のインスタグラムでもその様子を投稿すると、「サッカー漫画『シュート』のアニメ版で、あの久保嘉晴の伝説の11人抜きをモーション・キャプチャーで再現させて貰いました」と報告し、「まぁそんなにドリブルするようなスタイルではありませんが」と笑っている。 小野も「是非アニメをご覧下さい」とした『シュート!』の新作『シュート!Goal to the Future』は7月から放送中。『蒼き伝説シュート!』以来、約28年ぶりの新作テレビアニメとなり、元掛川高校のキャプテンでありイタリア名門チームでも活躍した“世界の闘将”神谷篤司が、今は弱体化した掛川高校に通いサッカー部と距離を置こうとする辻秀人と出会うところから物語が始まっている。 <span class="paragraph-title">【動画】小野伸二が久保嘉晴「伝説の11人抜き」を完全再現!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/CfoFR5uDZ4B/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/CfoFR5uDZ4B/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/CfoFR5uDZ4B/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">小野伸二 / shinji ono(@shinjiono7)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.07.06 21:15 Wed
twitterfacebook
thumb

京都が宮吉の決勝点で連敗ストップ!札幌は数的不利から追い付くも終盤に力尽きる【明治安田J1第19節】

明治安田生命J1リーグ第19節、京都サンガF.C.vs北海道コンサドーレ札幌が2日にサンガスタジアム by KYOCERAで行われ、2-1でホームの京都が勝利を収めた。 前節は曹貴裁監督の古巣・湘南ベルマーレに敗れ、今季2度目の連敗を喫した京都。対する札幌は前節、守護神・菅野が5試合ぶりに復帰し、ガンバ大阪を下して連敗を3でストップした。 両チームが高いインテンシティを発揮した序盤は、次第に京都がボールを握る展開へとシフトしていく。9分、右サイドでゆったりとタメを作った白井が小さく戻して山田が左足でクロスを送ると、相手最終ライン間で待ち受けたピーター・ウタカがフリーでヘディング。渾身の一撃はGK菅野に阻まれるも、こぼれ球を自ら蹴り込んでネットを揺らした。 頼れる男の8試合ぶりのゴールで先制に成功した京都はさらに攻勢を強め、15分には足の長いスルーパスに再びウタカが抜け出す。飛び出したGK菅野はかわされまいとしてたまらずホールディングを冒してしまい、これが決定的な得点機会阻止と判断されてGK菅野にはレッドカードが提示された。 ビハインドに数的不利と、序盤から大きな痛手を被った札幌はガブリエル・シャビエルを諦めてGK中野をスクランブル投入。我慢の時間が続く中で、ビッグチャンスは42分に訪れる。右サイドから斜めのパスを2本使って菅がボックス左へ侵入し、左足のフィニッシュ。GK上福元が弾いたボールに福森が詰めた。 前半の終盤は攻勢の時間を作ったアウェイチームは、ハーフタイムに興梠を下げて青木を送り込むと、後半に入っても両サイドを使った攻撃で主導権を掌握。48分の荒野のシュートは麻田にクリアされるも、55分のピンチを菅がしのぐと、58分についに試合を振り出しに戻す。 金子の仕掛けから右CKを獲得した札幌は、福森のキックのこぼれ球を高嶺が優しく落として菅が右足で低空ミドル。高嶺が左足でフリックするかしないかというスルーがブラインドにもなり、ボールは左隅に吸い込まれた。 勢いの止まらない札幌は古巣対戦となる駒井が2戦連発かと思わせるヘッドを見せる。1人少ない相手に押し込まれ続けていた京都は、川崎のミドルや82分の3枚替えでようやく相手の勢いをそぐと、89分に途中出場の宮吉が古巣相手に値千金の一撃を見舞う。 京都は続いたCKから左サイドでタメを作ると、武田のクロスをゴール正面の川崎がワンタッチで落とし、反応した宮吉が右足で左隅に蹴り込んだ。これが決勝点となり、最終盤にはしたたかに時計の針を進めた京都が連敗をストップ。一方の札幌は1人少ないながらも勇敢な戦いを見せるも、最後に力尽きた。 京都サンガF.C. 2-1 北海道コンサドーレ札幌 【京都】 ピーター・ウタカ(前9) 宮吉拓実(後44) 【札幌】 菅大輝(後13) 2022.07.02 20:39 Sat
twitterfacebook
thumb

「新しい家族が久しぶりに増えました」札幌FW中島大嘉の報告にファンほっこり「末長くお幸せに!」「体調管理お願いいたします」

北海道コンサドーレ札幌のFW中島大嘉の投稿が注目を集めている。 中島は今季のYBCルヴァンカップのグループステージで5試合に出場して4得点を記録。札幌はプレーオフ・ステージでサンフレッチェ広島に敗れて敗退が決まってはいるものの、中島は6月27日にJリーグから発表された、大会のニューヒーロー賞得票上位11名にも名を連ねている。 高さとスピードを兼ね備え、"和製ハーランド"の呼び声も上がるストライカーは6月30日に自身のSNSを更新。「新しい家族が久しぶりに増えました」との投稿を残した。 中島家にやってきた新しい家族は扇風機。満面の笑みでピースサインを決める中島には「他サポだけどかわいいって思って、思わずいいね押しちゃいましたよ」、「大嘉くんの体調管理お願いいたします」、「名前は何て?」、「末長くお幸せに!」などの愛のあるコメントが寄せられている。 中島はリーグ戦でも11試合で2ゴールを挙げているが、ここまではスタメン出場がない。札幌は2日に明治安田生命J1リーグ第19節で京都サンガF.C.の敵地へと乗り込むが、新たな家族を迎え入れた中島の奮起にも注目が集まる。 <span class="paragraph-title">【写真】札幌の中島大嘉が紹介した"新しい家族"</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">新しい家族が久しぶりに増えました <a href="https://t.co/4tbjABEQT3">pic.twitter.com/4tbjABEQT3</a></p>&mdash; 中島大嘉 (@taika_nakashima) <a href="https://twitter.com/taika_nakashima/status/1542482767929548800?ref_src=twsrc%5Etfw">June 30, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.07.02 14:58 Sat
twitterfacebook
thumb

GK東口攻略の札幌が連敗ストップ! G大阪は4連敗で降格圏転落も【明治安田J1第18節】

明治安田生命J1リーグ第18節の1試合が26日に札幌ドームで行われ、北海道コンサドーレ札幌がガンバ大阪を1-0で下した。 ともに3連敗中で、4試合ぶりの白星を狙う11位の札幌と15位のG大阪。札幌はここ3試合で15失点と立て直しが急務の守りに正GKの菅野が復帰した一方で、同じく波のあるシーズンが続くG大阪はクォン・ギョンウォンが出場停止のセンターバックに昌子が戻った。 ペトロヴィッチ監督と片野坂監督の師弟対決としても注目される一戦はリーグで約1カ月ぶりのホーム戦となる札幌が丁寧なビルドアップから攻撃を構築。シュート数こそ少ないものの、G大阪の前からボールを狩りにくる守りもしっかりといなしてペースを握る。 マイボールになっても前に繋いでいけない相手を尻目に優勢続く札幌は20分、最前線の興梠とほぼ横並びでプレーするガブリエル・シャビエルが後方からの縦パスとともに右サイドを突破して左足でネットを揺らして雄叫び。だだ、オフサイドで認められない。 前半の半ばまで攻めに回るシーンが乏しいG大阪だが、28分に山見の浮き球パスに反応した石毛が走力を生かしてラインブレイク。そのままボックス左に抜け出すと、左足フィニッシュに持ち込んだが、ケガからの復帰戦となるGK菅野に凌がれ、モノにできない。 守護神が魅せた札幌はその2分後、2シャドーの一角に入る青木が敵陣中央で後方からのパスとともに最終ラインの背後を抜け出すが、G大阪守護神の東口がさすがのショットストップを披露。その後も攻撃を重ねた札幌だが、要所で存在感のGK東口を崩せない。 復帰2戦目となる東口の踏ん張りで何とか無失点で試合を折り返したG大阪は攻撃で巻き返そうと、U-19日本代表帰りの中村を投入。だが、その後半も早々にGK東口のファインセーブがなければ失点ものの場面を作られるなど、札幌が主導権を握り続けてみせる。 すると、この試合でも中盤で攻守に精力的な動きが光る駒井が51分にドリブルで敵陣中央をスルスルとボールを持ち上がり、右に展開。そのままゴール前にフリーで入っていき、金子の右足クロスからヘディングシュートをゴール左隅に決め、札幌が先制した。 ついに崩れたG大阪は早いうちに追いつこうと、前向きなプレーを増やすが、札幌が最後をやらせない。中村がリンクマンになり、前にボールを持ち込めるようになったG大阪だが、山見の突破力とパトリックの高さに崩しを頼りきりで、相手に対応されてしまう。 結局、守りでも危ない場面をほぼ作らせず、試合を終わらせた札幌がスコア以上の内容で3連敗ストップの勝ち点3。今季初4連敗のG大阪は他会場の結果次第だが、降格圏転落の危機に瀕している。 北海道コンサドーレ札幌 1-0 ガンバ大阪 【札幌】 駒井善成(後6) 2022.06.26 16:10 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly