W杯は「夢のような場所」、堂安律が目指す先は「周りが生き生きする選手」

2022.01.29 12:01 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
29日、日本代表のMF堂安律(PSV)がメディアのオンライン取材でカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選について語った。

27日に行われた中国代表戦で2-0と勝利した日本。最終予選4連勝とし、2位をキープした。

2月1日に行われるサウジアラビア代表戦でも勝利が必要な日本は、28日から再び活動をスタートした。
29日のトレーニング前に堂安がメディア取材に応対。中国戦では終盤に途中出場となったが、途中出場で空気を変えることについて「自分にあるかないかは置いておいて、何かを魅せられる選手はそういう空気があると思いますし、良いプレーをしなくても何かあるなというのは見ている人が感じると思います」とコメントした。

また「それは選手が出せるものではなく、やって来たことを出すだけです。周りが生き生きする選手は魅せられる選手の魅力だと思うので、自分が出たら周りが生き生きしてくるというのは、技術ではないですが、そうなれればと思います」と語り、自身がピッチに立つことで何かを変えられる選手になりたいとした。

堂安は[4-2-3-1]にシステムが変わってからの途中出場となったが、現在の日本代表が採用している[4-3-3]については「[4-2-3-1]のウイングとは違って8番(インサイドハーフ)に2人いるので、自分がそのポジションに入ると重なるので、ワイドに張った方が良いと思います」と、より外に張る方が効果的だと語った。

ただ、「ボランチの選手が8番をやっているので、中に入っても良いのかなとか。なかなか前に来ないので中にとっても良いかなと思います」と、インサイドハーフの選手が高い位置を取らないのであれば、中に入る必要もあるとし、「そこは見ながらやっていると思います」と、状況を見て判断していると語った。

その堂安だが、サイドに張ってプレーした方が攻撃のバリエーションが増えると考えているようで、「僕はサイドとして張って受けた方が、コンビネーションで仕掛けるタイプなので良いと思います」と、一度サイドを受けて、ドリブルで突破するというよりも周囲とのパス交換や連携で突破したいとした。

その考えに関しては、所属チームでも感じているという堂安。PSVでは元ドイツ代表のマリオ・ゲッツェと並んでプレーしているが、「隣にマリオ・ゲッツェ、後ろに良い選手がいて生かされている感じです」とコメント。「出し手が良ければ、受け手が良くなるし、受け手が良く慣れば、出し手も良くなるというのがあります」と、互いに引き上げていくことが可能だと語った。

次節のサウジアラビア戦に向けては「完璧な試合運びをして完璧な内容で勝てれば理想ですが、それが難しいのであれば勝てばよしというサッカーでも良いと思います」とコメント。自身のゴールへの意欲については「毎試合点取りに行っていますし、ギラギラしてない風に思われたらサッカー辞めようと思っているので、見ている人が感じてもらえたらと思います」と、いつでも点を取りに行くつもりだとした。

最終予選の先にあるワールドカップについて堂安は「夢ではあるので、非現実的な世界だと思いますし、普通の人では絶対に経験できない何かがあるので、何かを成し遂げたい夢のような場所です」とコメント。その舞台に立つためにも、ピッチに立った時の躍動に期待が懸かる。


関連ニュース
thumb

「何がなんでも勝とうという信念があった」日本代表を沈めるゴールを決めたフラー、チームを称える「とても団結していた」

コスタリカ代表のDFケイシェル・フラーが日本代表戦を振り返った。スペイン『アス』が伝えた。 27日、カタール・ワールドカップ(W杯)グループE第2節で日本と対戦したコスタリカ。初戦でスペイン代表相手に7-0と大敗を喫しており、勝たなければ敗退するという状況での日本戦となった。 堅守を取り戻したいコスタリカは、立ち上がりからアグレッシブに入ると、日本に支配されながらも持ち前の守備力で攻撃をさせない。 我慢の時間が続く中でも焦れずにプレーを続けると、勝ちにいかなければいけない後半に徐々に前に出て、最後は日本のミスを突いてフラーがゴール。その1点を守り切り、0-1で勝利を収めた。 守備面では日本の左サイドからの突破に苦しめられていたが、値千金の決勝ゴールを決めてプレーヤー・オブ・ザ・マッチに選出されていた。 試合後、全ては勝利のためだったと振り返ったフラー。チームが団結していたと語った。 「ゴールの先にある大切なことは、『勝つこと』だっった。何がなんでも勝とうという信念があった」 「外野がなんと言おうと、僕たちはとても団結していた」 「スペイン戦で何が起きていたかは理解していたし、僕たちはとても傷ついていた。だから、とても団結していた」 <span class="paragraph-title">【動画】日本を敗戦に追い込んだフラーの一発</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/JPN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#JPN</a> 0-1 <a href="https://twitter.com/hashtag/CRC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#CRC</a><br>失点<a href="https://twitter.com/hashtag/Qatar2022?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Qatar2022</a> <a href="https://twitter.com/ABEMA?ref_src=twsrc%5Etfw">@ABEMA</a> で視聴中 <a href="https://t.co/kARaERpdF7">https://t.co/kARaERpdF7</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%A2%E3%83%99%E3%83%9E?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#アベマ</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/FIFA%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97%E5%85%A8%E8%A9%A6%E5%90%88%E7%84%A1%E6%96%99%E7%94%9F%E4%B8%AD%E7%B6%99?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FIFAワールドカップ全試合無料生中継</a> <a href="https://t.co/ZykSW68LNx">pic.twitter.com/ZykSW68LNx</a></p>&mdash; 超ワールドサッカー (@ultrasoccer) <a href="https://twitter.com/ultrasoccer/status/1596830837638860800?ref_src=twsrc%5Etfw">November 27, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.11.28 13:35 Mon
twitterfacebook
thumb

「絶対3バック」「優勝した時のサンフレ」本田圭佑がスペイン戦の4バックは「守れるイメージがしない」と持論、3バックを推奨

カタール・ワールドカップ(W杯)で日本代表のドイツ代表戦、コスタリカ代表戦を「ABEMA」で解説した本田圭佑が、スペイン代表戦に向けての考えを示した。 本音解説が話題となり、的確なプランニング話題となっている本田の解説。忖度なしの思ったことを話すことが、ファンの心に響いており話題となっている。 選手として3大会連続のW杯出場を果たし、その3大会全てでゴールを決めている本田。指導者としても世界の頂点を目指したいという中で、日本にとって目標のベスト8に向けた最初のハードルであるスペインとの一戦の戦い方に言及した。 「4バックだと守れるイメージがしないし、攻めれない。5バックでいって、状況によって強気にマンツーになる可変(3バックになる)が少しでも可能性を高めるベストやと思う」 これまでも4バックの際に押し込まれた結果、サイドハーフが最終ラインに吸収されて6バックになり、攻撃時に押し出せないことをしてきた本田。スペイン戦も同様の考えのようで、しっかりと3バック(5バック)の形を取るべきだとした。 コスタリカ戦の敗戦直後にはスペイン戦の願望スタメンを発表していた本田だが、的を得た指摘であり「絶対3バック」、「これは優勝した時のサンフレ」、「もともと森保さんは3バックが得意だし」と同調する意見が多く見られたほか、「日本代表の監督になってほしい」という声が相次いでいる。 スペインは[4-3-3]のシステムであり、[4-2-3-1]のままで臨んだ場合は噛み合わせが日本にとって非常に難しいこととなる。果たして森保監督はどういう策を取るのか。日本もスペインも負けられない戦いに注目が集まる。 <span class="paragraph-title">【SNS】スペイン代表戦への持論</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">4バックだと守れるイメージがしないし、攻めれない。5バックでいって、状況によって強気にマンツーになる可変(3バックになる)が少しでも可能性を高めるベストやと思う。</p>&mdash; Keisuke Honda (@kskgroup2017) <a href="https://twitter.com/kskgroup2017/status/1597053254369628160?ref_src=twsrc%5Etfw">November 28, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.11.28 12:48 Mon
twitterfacebook
thumb

「高く評価されなければ」日本戦勝利を誇るコスタリカ監督、勝因は「コスタリカのやり方に戻ること」

コスタリカ代表のルイス・フェルナンド・スアレス監督が日本代表戦を振り返った。スペイン『アス』が伝えた。 27日、カタール・ワールドカップ(W杯)グループE第2節で日本と対戦したコスタリカ。初戦でスペイン代表相手に7-0と大敗を喫しており、勝たなければ敗退するという状況での日本戦となった。 堅守を取り戻したいコスタリカは、立ち上がりからアグレッシブに入ると、日本に支配されながらも持ち前の守備力で攻撃をさせない。 我慢の時間が続く中でも焦れずにプレーを続けると、勝ちにいかなければいけない後半に徐々に前に出て、最後は日本のミスを突いてケイシェル・フラーがゴール。その1点を守り切り、0-1で勝利を収めた。 この勝利でグループステージ突破に望みを繋いだコスタリカ。スアレス監督は日本に勝利したことを誇り、チームの態度が良かったとした。 「最も重要なことは、選手たちが持っている能力であり、それを実現するために何をしたかだ」 「日本を打ち負かしたことは、我々にとって高く評価されなければならない。そして我々はまだ夢を見ている」 「最も重要なのは言葉ではなく、態度、つまり我々の集団だと思う。互いに言わなければいけないことを理解していた。トレーニングでは、すべての会話がどうやって前進していけるかだった」 「今日は戦術ではなく、コスタリカのやり方に戻ることが重要だった」 2022.11.28 12:35 Mon
twitterfacebook
thumb

「負けても振る舞いは素晴らしい」「グッドルーザー」コスタリカに悔しい敗戦の日本、敗戦後も整頓されたロッカールームが話題「礼儀正しくやれる日本代表はすごい」

日本代表の試合後の行動が再び話題となっている。 27日、日本代表はカタール・ワールドカップ(W杯)グループE第2戦でコスタリカ代表と対戦。初戦のドイツ代表戦の勢いのままに連勝といきたいところだった。 前半からボールを持って主導権を握った中、なかなかゴールを奪えず。後半も攻め込みながらもネットを揺らせずにいると、守備の連携ミスから痛恨の失点。その後も日本が攻め込むが、0-1で敗戦となった。 グループステージ突破に向けて非常に厳しい黒星となったが、試合後の行動が話題に。敗戦後でも、初戦同様にロッカールームを綺麗に片付け、折り紙の鶴と感謝の手紙を残して去っていった。 この行動をW杯の日本語公式ツイッターが投稿すると多くのコメントが。「負けたとしてもちゃんと礼儀正しくやれる日本代表はすごいな」、「例え負けても振る舞いは素晴らしい」、「負けても姿勢は崩さないところは素晴らしい」、「来た時より綺麗にする!日本の誇り」、「グッドルーザーさすが」と称賛のコメントが寄せられた。 また、海外のファンからも「次は勝利の後にもっとやろう」、「優れたスポーツマンシップに問題はない」、「可愛い」と称賛の声が届いている。 運命のスペイン代表戦は12月1日。今度は勝ってロッカーを綺麗にできるか注目だ。 <span class="paragraph-title">【写真】敗戦後もロッカーを整頓する日本の姿勢</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"> (@FIFAWorldCup_JP) <a href="https://twitter.com/FIFAWorldCup_JP/status/1597006101676949505?ref_src=twsrc%5Etfw">November 27, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.11.28 12:10 Mon
twitterfacebook
thumb

「素人目に見ても上手いの分かる」「レベル違う」三笘薫のドリブルに日本代表ファンも驚愕「もっと見たかった」

日本代表MF三笘薫が存在感を発揮した。 27日、カタール・ワールドカップ(W杯)グループE第2戦でコスタリカと対戦した日本。ドイツ代表との初戦を勝利したこともあり大きな期待感とともに試合に臨んだ。 日本は前半から主導権を握るも相手のスローな展開に合わせてしまいゴールを奪えず。0-0で前半を折り返すと、後半には選手交代でメンバーを入れ替え打開を図る。 MF三笘薫も62分から途中出場すると、得意のドリブル突破でコスタリカ守備陣を翻弄。何度かチャンスを演出したが、中々ボールを受けられず。何度も仕掛けることはできなかった。 だが、数少ないチャンスで良い形を作った三笘にはファンから驚きの声が。「三笘だけレベル違うな」、「素人目に見ても上手いの分かる」、「もっと見たかった」とその突破力に目を見張っている。 ドイツ戦でも途中出場から存在感を発揮した三笘。間違いなく日本の武器になっている。 <span class="paragraph-title">【動画】「レベル違うな」三笘がコスタリカDFをドリブルで抜き去る!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/JPN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#JPN</a> 0-1 <a href="https://twitter.com/hashtag/CRC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#CRC</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BB%A3%E8%A1%A8?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#日本代表</a> がビッグチャンスも決まらず<a href="https://twitter.com/hashtag/Qatar2022?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Qatar2022</a> <a href="https://twitter.com/ABEMA?ref_src=twsrc%5Etfw">@ABEMA</a> で視聴中 <a href="https://t.co/kARaERpdF7">https://t.co/kARaERpdF7</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%A2%E3%83%99%E3%83%9E?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#アベマ</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/FIFA%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97%E5%85%A8%E8%A9%A6%E5%90%88%E7%84%A1%E6%96%99%E7%94%9F%E4%B8%AD%E7%B6%99?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FIFAワールドカップ全試合無料生中継</a> <a href="https://t.co/fVzSZrHeLU">pic.twitter.com/fVzSZrHeLU</a></p>&mdash; 超ワールドサッカー (@ultrasoccer) <a href="https://twitter.com/ultrasoccer/status/1596832745199898626?ref_src=twsrc%5Etfw">November 27, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.11.28 12:00 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly