シメオネ批判のクロップ監督に、元アトレティコのトリッピアーが苦言 「少しアンフェアだった」

2022.01.28 12:29 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ニューカッスルのイングランド代表DFキーラン・トリッピアーが以前にアトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督を批判したリバプールのユルゲン・クロップ監督に対して苦言を呈した。イギリス『リバプール・エコー』が伝えている。

マンチェスター・シティの下部組織出身であるトリッピアーは、バーンリー、トッテナムなどを経て2019年7月にアトレティコ・マドリーへ完全移籍。シメオネ監督からの信頼を獲得すると、公式戦86試合出場11アシストの成績を残すなど主軸として定着し、昨シーズンのラ・リーガ制覇にも大きく貢献した。

7日にニューカッスルへ加入したトリッピアーは、イギリス『The Athletic』のインタビューに応じると、今季のチャンピオンズリーグ(CL)でアトレティコがリバプールと対戦した際、クロップ監督がシメオネ監督の戦術に対して「ジョレンテ、コケ、サウルのような選手がいながら、自陣深く守りカウンターに徹している。私は別のサッカーを好むよ」とコメントした件に言及。クロップ監督の批判はフェアではないと苦言を呈した。

「少しアンフェアだったと思うね。シメオネはこの11年間、非常に大きな成功を収めてきた。彼は8つのトロフィーを獲得してきたのだからね。だからといって、アンフィールドでプレーする際に、リバプールと互角に渡り合うことはできない」

「誰もがクロップや(ジョゼップ・)グアルディオラのようなサッカーができるわけではないんだ。それは現実的ではない。監督は誰もが、自分のシステムやスタイルを持っているものであり、シメオネは彼らとは違う。そして、シメオネはそれで成功してきたのだからね」


関連ニュース
thumb

契約交渉難航のサラーにクラブOBが警告 「リバプールを去った2、3人の選手を思い出せ」

リバプールのレジェンドであるジェイミー・キャラガー氏が契約交渉が難航しているエジプト代表FWモハメド・サラー(29)に警告した。イギリス『リバプール・エコー』が伝えている。 今季すでにEFLカップ(カラバオカップ)、FAカップを制し、チャンピオンズリーグ(CL)では決勝に進出、プレミアリーグでは最終節まで優勝の可能性を残しているリバプール。イギリスのクラブ史上初となる4冠の可能性を残すなど順調な歩みを見せているが、一方で主力数選手との契約交渉が難航している。 これまでユルゲン・クロップ監督の主軸としてチームを支え続けてきたサラー、セネガル代表FWサディオ・マネ(30)、ブラジル代表FWロベルト・フィルミノ(30)はいずれも契約が2023年6月までとなっているが、ここまで交渉に進展がない状況だ。 このまま交渉がまとまらない場合、契約が残り1年となる今夏に移籍する可能性もあるが、キャラガー氏はフィルミノ、マネに関して残留するはずだと予想。一方で、クラブに高給を要求しているサラーの去就はわからないとしつつ、これまでリバプールを去った選手の現状を見れば残留すべきだと強調した。 「フィルミノは契約満了を迎える来シーズン終了まで、十分な試合に出られないと感じるかもしれない。それでも、リバプールが彼を移籍させるとは思えないね。だから、来シーズン終了後フリーで退団する可能性はある。それが私の見方だ。そして正直なところ、マネは契約延長にサインすると思っている」 「私はサラーにサインしてほしいと切に願っており、そうすべきだとも思う。クロップは良い選手を偉大な選手に変えてきた人物であり、サラーもその一人だ。彼は来たときからとても良い選手だったが、今ではスーパースターになった」 「ジニ・ワイナルドゥムや(フィリペ・)コウチーニョもそうした選手だった。そしてエムレ・ジャンはそこまでではなかったが、この3人は給料面でリバプールからもっともらえると思っていた選手だ。そして彼らは移籍していったが、ここでと同じようにプレーはできていない。これはサラーにとって今後の教訓になるだろう」 「プレミアリーグやクロップ監督、このクラブはサラーに合っている。彼がスーパースターになった場所であり、これまでどこにもなかった場所だ。彼は隣の芝はより青いと思い、リバプールを去った2、3人の選手のことを思い出すべきだろう。給料が大事なら、ワイナルドゥムのようにPSGに行くべきだろうが、リバプールが今季何を成し遂げているか見てほしいね」 2022.05.19 16:59 Thu
twitterfacebook
thumb

「ただただ見事だった」 逆転優勝に望み繋いだ南野拓実を同僚DFも称賛

リバプールの元カメルーン代表DFジョエル・マティプが日本代表MF南野拓実を称えた。クラブ公式サイトが伝えている。 マティプと南野は17日に行われたプレミアリーグ第37節のサウサンプトン戦で共に先発。チームは3日前のFAカップ決勝でPK戦までもつれ込む熱戦を演じたため、ユルゲン・クロップ監督は先発9人の入れ替えを決断した。その試合は先制を許す苦しい展開となりながらも、南野とマティプのゴールで逆転勝利し、首位マンチェスター・シティとの勝ち点差を「1」に詰め、最終節を迎えることとなった。 攻守に印象的な活躍を見せたマティプはインタビューでサウサンプトン戦を振り返った際、控え選手のクオリティを称賛。特に、南野のパフォーマンスを大いに称えている。 「大きな挑戦だったけど、誰が入ったかは問題ではなかった。リズムこそなかったかもしれないけど、最初から彼らが持つクオリティをダイレクトに見せてくれたよ。いつもプレーしているようなパフォーマンスだったし、クオリティを見せつけてくれた」 「(南野は)本当に凄いよ。試合中、彼は常にそこにいて、常に選択肢となっており、相手にとっても脅威だった。彼はただただ、見事だったと思う」 また、マティプはリーグタイトルの行方についても言及。すでに自力優勝の可能性はない以上、チームは最終節のウォルバーハンプトン戦のみに集中する必要があると語った。 「僕たちはただベストを尽くすだけだ。自分たちの試合をすること、それだけに集中しているよ。(ホーム最終戦は)できるだけエキサイティングなものにしたいと思っている」 「僕たちにできるのは、自分たちの試合を見てみることだけだ。ウォルバーハンプトンと対戦するのはとてもタフになるだろう。だから、僕らの集中力は彼らに注がれているんだ。それだけが僕らの変えられること、今やっていることになる」 「ウォルバーハンプトン戦は本当に難しいものになるだろう。もし、僕たちの考えが別のところに向けられているようなら、より厳しい挑戦になるだろうね」 <span class="paragraph-title">【動画】チームメイトも脱帽の南野拓実のニアズドン!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="jJTirxFriW4";var video_start = 229;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.19 13:08 Thu
twitterfacebook
thumb

「すべてはあの男のおかげ」4冠に挑むリバプール、OBはクロップ監督の功績を絶賛

リバプールのレジェンドであるジェイミー・キャラガー氏が、古巣を率いるユルゲン・クロップ監督を称賛した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 2月にEFLカップ(カラバオカップ)優勝を成し遂げたリバプールは、先週末に行われたチェルシーとのFAカップ決勝を制して2冠目を達成。さらに、その決勝から中2日の17日に行われたプレミアリーグ第37節のサウサンプトン戦では、多くのメンバーを入れ替えながら日本代表FW南野拓実らの活躍もあり2-1での勝利を収めた。これにより、首位マンチェスター・シティと1ポイント差で最終節に望みを繋げることになった。 今月末にはレアル・マドリーとのチャンピオンズリーグ(CL)決勝も控えるなど、イギリスのクラブ史上初となる4冠達成の可能性を残すリバプール。キャラガー氏はこうしたチームを作り上げたクロップ監督を絶賛しており、巧みなマネジメント手腕を称えた。 「このチームにはクロップが作り上げた何かがあり、それはスタメンの選手が優れていることだけではない。主力たちはサウサンプトン戦でプレーしなかった。だが、クラブに特別なものがあれば、どんな選手を使っても同じようにプレーしてくれると思えるんだ」 「そうした思いは、リバプールがFAカップをほぼ23歳以下のチームで戦いながら、エバートンを破った数年前から持っている。どんなメンバーであろうと、クラブに一貫しているメンタリティのようなものがある」 「サウサンプトン戦のメンバーも良い選手であるのは理解しているが、彼らが普段試合に出られないのは主軸より劣っているからだ。それでも、クロップがこのクラブで作り上げたものは、彼の期待する水準やメンタリティを備えた選手たちだ」 「言い訳ではないが、昨シーズンは一つのポジションに負傷者が集中してしまい、彼にとって本当に厳しいシーズンだったと思う。さらには新型コロナウイルスで母親を亡くしており、人生で一番辛いシーズンだったと彼は言っていた」 「その後、リバプールは夏に一人の選手(イブラヒマ・コナテ)と契約して、その選手は今夜も先週末も信じられないような活躍をしていた。だからこそ、これまでにないことができるこのポジションにいる」 「リバプールの選手たちは、信じられないほどの称賛に値するだろう。だが、すべてはあの男のおかげなのだ。リバプールは、とてもとても特別な男がクラブの先頭に立っている」 2022.05.18 15:59 Wed
twitterfacebook
thumb

「葬式かと思った」南野拓実のゴール実況にリバプールファン怒り、「アグエロォォォ」でお馴染みの実況者のテンションが話題

リバプールのファンがテレビの実況に激怒している。 17日、リバプールはプレミアリーグ第37節でサウサンプトンと対戦。逆転優勝に望みを繋ぐためには勝利が必要な一戦。負ければ、マンチェスター・シティの優勝が決まるという大一番で、日本代表MF南野拓実は先発出場を果たした。 リバプールの選手としては2020年12月以来、およそ1年半ぶりのリーグ戦先発となった南野。1-0でリードを許した27分に、ジオゴ・ジョタのパスからニアサイドを豪快に撃ち抜くゴールを決めて、同点に追いついた。 FAカップ決勝で120分を戦ってから中2日での一戦に、リバプールはターンオーバーして臨んだ中、12試合ぶりにリーグ戦に出場した南野が決めたゴールに、日本人だけでなく、現地のファンも大きく喜んだ。 しかし、試合の中継をしていたイギリス『スカイ・スポーツ』の名物実況者でもあるマーティン・タイラー氏のテンションに、ファンが怒りを露わにしている。 リーグ優勝の行方も懸かっている大事な試合の担当していたタイラー氏だが、リバプールが追いついた南野のゴール時の実況は「葬式風」と揶揄されるほどテンションの低いものだった。 「1-1、南野は昨シーズンレンタルでプレーしたセント・メリーズに戻り、とても上手い同点ゴールを決めた。南野は喜びを爆発させていません」 負ければ終わるリバプールの同点弾、久々に起用された南野のゴール、さらに古巣相手のゴールということを加味しても、テンションを上げて良さそうなものだが、至って冷静だったという。 一方で、解説を務めたジェイミー・キャラガー氏は「素晴らしい」と叫び、熱量を示したという。 この実況に対してはSNS上でリバプールファンの不満が爆発。「サウサンプトンのゴールとリバプールのゴールの間に、誰かがタイラーを動揺させた?」、「マーティン・タイラーはなぜそんなに落ち込んでいたの?」、「マーティン・タイラーが南野拓実の葬式で朗読しているのかと思ったよ」、「『スカイ・スポーツ』さん、マーティン・タイラーの声を聞かなくて済むように、もっとお金を払ってもいいかい?」と、全く盛り上がらない実況に苛立ちを隠さなかった。 さらに、ドミノピザの公式アカウントも「マーティン・タイラーを少しでも元気づけるために、ピザを届けるにはどうしたらいいだろうか?」と投稿。あまりにものテンションの低さに思わず反応してしまったようだ。 ちなみにこのマーティン・タイラー氏は、10年前にセルヒオ・アグエロの奇跡のゴールでマンチェスター・シティがプレミアリーグで優勝した際の実況を担当しており、「アグエロォォォォォォォ!」と叫んだことで話題となった人物。その点もあり、リバプールファンは許せなかったようだ。 なお、試合はジョエル・マティプのゴールでリバプールが逆転勝利。逆転優勝に望みを繋いだ。 <span class="paragraph-title">【動画】南野拓実の圧巻ゴールも「葬式」と揶揄された実況のテンション</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="tiktok-embed" cite="https://www.tiktok.com/@upthefkinreds/video/7098831151862648070" data-video-id="7098831151862648070" style="max-width: 605px;min-width: 325px;" > <section> <a target="_blank" title="@upthefkinreds" href="https://www.tiktok.com/@upthefkinreds">@upthefkinreds</a> <a title="lfc" target="_blank" href="https://www.tiktok.com/tag/lfc">#lfc</a> <a title="liverpoolfc" target="_blank" href="https://www.tiktok.com/tag/liverpoolfc">#liverpoolfc</a> <a title="liverpool" target="_blank" href="https://www.tiktok.com/tag/liverpool">#liverpool</a> <a title="minamino" target="_blank" href="https://www.tiktok.com/tag/minamino">#minamino</a> <a title="japan" target="_blank" href="https://www.tiktok.com/tag/japan">#japan</a> <a title="fyp" target="_blank" href="https://www.tiktok.com/tag/fyp">#fyp</a> <a title="fypシ" target="_blank" href="https://www.tiktok.com/tag/fyp%E3%82%B7">#fypシ</a> <a target="_blank" title=" original sound - Up The Reds" href="https://www.tiktok.com/music/original-sound-7098831147681598214"> original sound - Up The Reds</a> </section> </blockquote> <script async src="https://www.tiktok.com/embed.js"></script> 2022.05.18 12:15 Wed
twitterfacebook
thumb

「力強いフィニッシュ」同点弾の南野拓実に現地も高評価!「チームメイトの邪魔をしたことも一度や二度ではなかった」と注文も忘れず

リバプールの日本代表FW南野拓実に現地メディアも高評価を与えている。 リバプールは17日、プレミアリーグ第37節でサウサンプトンと対戦。先週末に行われたチェルシーとのFAカップ決勝をPK戦の末に勝ち切ったチームは、逆転でのリーグ優勝に望みを繋ぐべく、メンバーを大きく変更してこの一戦に臨んだ。 南野は3トップの一角で先発出場。リバプールの選手としては、2020年12月19日以来、およそ1年半ぶりのプレミアリーグでの先発となった。 試合は、サウサンプトンに先制を許す苦しい展開になるも、1-0とビハインドで迎えた27分、右サイドからジョー・ゴメスがアーリークロス。これをジオゴ・ジョタがボックス内で収め、動き出した南野へパス。ボックス内右で受けた南野が持ち出して右足一閃。これがGKのニアサイドを打ち抜き、同点ゴールを決めた。 なお、試合はその後にジョエル・マティプもゴールを決め、1-2でリバプールが逆転勝利を収めた。 首位マンチェスター・シティとの勝ち点差を1ポイントに縮めたリバプールの選手には軒並み高評価が与えられるなか、イギリス『リバプール・エコー』は南野に7点(10点満点)の評価。「同点に追いつきたい一心で、力強いフィニッシュを決めた」と評価したものの「チームメイトの邪魔をしたことも一度や二度ではなかった」とポジショニングについては改善を要求した。 また、イギリス『90min』も7点(10点満点)の採点とともに「前半は力強くフィニッシュ。常にハードワークし、何度もいいタッチをしていた」と評価した。 この得点で今シーズンのゴール数を「10」まで伸ばし、二桁に到達させた南野。限られた出場機会の中でしっかりと結果を残している。 <span class="paragraph-title">【動画】南野拓実の強烈フィニッシュをもう一度…!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="jJTirxFriW4";var video_start = 229;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.18 11:55 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly